2018年02月14日

ソロピアノ

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


14-3.JPG


 今日は、昼間は20℃位まで上がって、とても暖かかったですが、早朝は、10℃まで気温が下がっていましたから、その差10℃、、。 これは、こちらでは、とても珍しいことです。

 湿度は低めだったので、放射冷却で、夜は、結構また冷えてきました、、。

 昨日は晴れていましたが、今日も、まあまあ晴れ間が出て、太陽が出ましたので、夕方ちょっと用事で出た時に、夕焼けの写真を撮って、今日のブログに使いました。

 昨日も一昨日も、音楽の話、、というか、ジャズピアニストBill Evansのソロピアノとか、そういう話を書きましたが、クラシックでは当たり前の、ピアノの独奏。 クラシックでピアノ音楽といえば、独奏が当たり前と言って良いくらいなのですが、ジャズの世界では、今でこそ、有名なKeith Jarett とかがいて、ソロはそれほど珍しくはないのですが、その昔は、わずかな例外をのぞいて、ソロピアノのアルバムはとても珍しかったそうです。

 いま、Keith Jarett の名前を出しましたが、そのKeith Jarettでさえ、アメリカのレコード会社で、ソロピアノのアルバムを出そうとしたら、どこでも出してもらえず、当時はまだマイナーだった、ドイツのECMレコードが、やっと出してくれた、、という話があります。

 さすがに最初のソロアルバムは、普通の一枚のLPでしたが、その後、三枚組とか、二枚組のライブのソロアルバムを出して、それがヒットしたので、とても話題になりましたし、ジャズの世界というか、レコード業界では、1970年代の話ですが、「ソロピアノブーム」的な状況になりました。

14-2.JPG


 これは、業界の制作者側から言わせれば、実は、ソロピアノって、とってもリリースしやすい、、。

 つまり、コンサートでも、スタジオでもいいんですが、とりあえず、ピアノがあって、演奏者がいて、マイクを2本立てれば、とりあえず簡単に録音できてしまう、、というところがあって、エンジニアとか、プロデューサーにいわせれば、ミキシングとか、めんどくさい作業がとても少ないですし、ということは、それにかかる経費も少なくて済む、、というわけなんです。

 実際その後たくさんのソロピアノのアルバムをKeith Jarett は出していますが、ほとんどがライブレコーディング、、。 それもコンサートのライブなんですね、、。 これって、特別にスタジオをとったりする必要がなく、ライブのツアーに、とてもシンプルな機材を持って同行して、毎回録音して、そのなかから、良いテイクを選んでアルバムにすれば良い、、、というわけで、制作コストとしては、とても楽チンな、やり方です。

 Keith Jarettの場合、完全な即興演奏ですから、毎回内容はまちまち、、、極端な話しを言えば、出来不出来もいろいろあるわけですが、良い演奏だけを集めて、アルバムにするわけで、いってみれば音源の「いいとこ取り」でアルバムがつくれるわけですから、制作者側からすれば、とっても美味しい企画です。

 スタンダード曲も演奏しませんので、著作権料を支払うこともない、、。 これ、アルバムがたくさん売れると、たった一曲でも、数百万もの著作権料が発生することがあるので、そういう心配もないというのは、本当美味しいです。

 Keith Jarettは、たまに、アンコールで、知名度のある曲を演奏することがあるみたいですが、そういう曲は、ソロピアノのライヴアルバムには、ほとんど、いや、私の知る範囲では、全く入っていません。

 いってみれば、ああいうソロピアノは、レコード会社にとって、いわば、「金のなる木」と、いってもよい感じなのですが、誰でもソロで演奏すれば、お客がたくさん入って、それを録音すれば、アルバムが売れる、、というわけではないので、まあ、制作者側の企画と、演奏者の才能の賜物、、といえることは言えます。

 しかし、美味しいアルバム制作であることには違いありません。

14-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1503)

音楽(91)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年02月13日

昨日の続きの超マニアックな話し。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


13-1.JPG


 今日は久しぶりの快晴。 やっと、お天道様を拝むことができて、ホッとました、、。

 昨日は久しぶりに、「この一枚」という事で、書きましたが、昨日書いたBill Evans のアルバムですが、それなりの評価を得て、ある程度経済的な成功もあったのか、その後のジャズ界のソロピアノブームの先駆け的なものになったのでは、、?という推測ができますが、BIll Evans は、それ以前に、ソロではないのですが、ベースやドラムを伴わないアルバムを出しています。

 それは、1963年に出した、「Conversations with Myself」と、67年に出した「Further Conversations With Myself」の二枚です。 日本語のタイトルが、「自己との対話」、「続自己との対話」というそのアルバムは、ピアノの2台による多重録音で、一度録音した自分の演奏にあわせて、もう一度演奏して重ねる、、という、オーバーダブ方式で、作品を作っています。

 これが、どの程度人気が出た、、あるいは、評価されたのかは、わからないのですが、私が聴く限り、ちょっと音数が多く、ちょっと落ち着きがない音楽、、に聞こえます。

 ところが、この文章を書くために、ネット上で、この二枚のアルバムに関して、いろいろ調べてみたら、なんと、63年に出した、「Conversations with Myself」は、64年に、彼の初めての、グラミー賞の受賞作品というだけでなく、ダウンビート誌でも絶賛されていることがわかりました。そういった事情で、二作目の「続自己との対話」という作品も制作されたのでしょう。 

13-2.JPG


 個人的には、そこまで素晴らしい音楽には聴こえなかったのですがね、、、´д` ; 。 今度、改めて、聞いてみましょうかね、、って言ったって、今ののCDがどこに置いてあるのか、はっきりわかりません、、という体たらくですが、、(笑)。

 それから、今回調べて、とても面白い情報を仕入れることができました。それは、、この「Conversations with Myself」は、なんと、あの有名なクラシックのピアニスト、Glenn Gould の所有していたピアノ、「steinway cd 318」を使って、レコーディングされているのだそうです。

 これはある意味、大変びっくりしましたが、Gould と、Evans は親交があった、、ということは、知っていましたが、これは、Bill Evans が、今日書いている「Conversations with Myself」や、昨日の「 Alone」を発表した、ヴァーヴレーベルから、Gould の所属しているCBS レコードに移ってから、、だと思っていたのですが、「Conversations with Myself」のレコーディングで、Glennのピアノを使っている、、ということは、それよりもはるか前から、彼らが接触をもっていたということなのかもしれません、、。

 Gould は、CBSレコード所属で、Evansは違うレコード会社ですから、二人が親しくない限り、ピアノを使わせてもらうことは、難しい気がしますし、、。

 しかし今回このブログを書いて思ったことは、あの様なある意味難解な、、というか、バンド編成でないアルバムが評価されて、グラミー賞を受ける、、というところは、当時のアメリカは、今とはずいぶん違う世相というか、業界の体質は、ずいぶん商売より、芸術寄りだったのかな、、?、と思いました。

 マニアックな事を書いていたら、すっかり更新の時間が遅くなってしまいました。

  今日のブログは、しばらく書いていない、「Glenn Gould」のカテゴリーにしましょう。

13-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1503)

音楽(90)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Glenn Gould

2018年02月12日

この一枚 vol,35、 Bill Evans Alone

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


12-3.JPG


 昨日のブログで、もうすぐ2000回目のブログになる、、、(って言ったって、まだ100日くらいありますが)と書きましたが、最近のこのブログの傾向としては、いろいろなカテゴリー(11種類)(コーナー)を作っている割には、だいたいが「日記」で書いています。

 中には1年以上も書いていないカテゴリーもあったりして 、、、。 なので、今日は、たまたまブログ書きのBGMとして選んだアルバムの事を書いてみよう、、と思いました。

 「この一枚」というからには、お気に入りというか、皆さんに推薦できるアルバムについて書く、、というコンセプトなのですが、今日ブログ書きのBGMに選んだアルバムは、わたしのPCの中に入っている音楽。

 個人的なコレクションというか、そこには、実はあんまりたくさんのアルバムは入っていません。 まあ、でもそれなりの数でないこともないのですが、それほどは多くありません。

 エンジニアという仕事柄、音質もなのですが、内容の素晴らしい音楽を、アルバム単位で、普段から聴きたい、聴いた方が良い、、というか、聴かなければならないのではないのか、、?、というふうに思っていて、そのようにして、選んだものだけが、PCの中には入っています。

 そういうわけで、普段何気なく聞いているアルバムは、すべて、「この一枚」で取り上げても構わない、、というような内容の作品です。

12-2.JPG


 というわけで、今日は Bill Evans のアルバム、「Alone」を取り上げますが、このアルバム、タイトル通り、ソロピアノ、、。 今でこそソロピアノ、つまり、ジャズピアノの、伴奏なしの作品って、珍しくはありませんが、当時としては、ソロピアノは、まあまあ珍しいタイプの フォーマットなんです。

 特別な例外としては、アート・テイタム(Art Tatum)のソロアルバムが大量にありますが、あれは例外中の例外、、。 

 クラシックでは、基本ピアノ曲といえば、ソロ=独奏で、ソロは全然珍しくありませんが、バンド形式の音楽が主の、ジャズの世界では、特にジャズ全盛期の時代では、特別なものでした。

 アート・テイタムの場合、ビルエバンスより、20年も前に生まれていますし、スイングスタイルというか、両手を縦横無尽に使って演奏する(ジャズとしては初期の)タイプですので、あえて、ベースや、ドラムなどがいない無伴奏スタイルが、彼の音楽性を生かすことができたということなのだと思います。

 ご存知の通り、Bill Evans はほとんどのアルバムが、ベースとドラムを従えた、トリオのスタイル、、。彼自身も、普段ジャズクラブで演奏している、トリオのスタイルをもっとも愛していたようですが、このアルバムよりずいぶん前の作品で、何曲か、ソロのトラックを発表しているように、ソロ演奏もかなり好きだったようです。

 ピアノトリオの演奏でも、長めの独奏から始まって、バンド演奏に入って行く、、というスタイルで、しばしば演奏していますし、実は「ソロが大好き」と言って良いのかもしれませんが、アルバム一枚のソロ、というと、セールス的には難しい、、という判断もあり、このアルバムを出した1968年が最初のソロということになったのだと思います。

 このアルバムは当時、グラミー賞も受賞していますし、そこそこの成功を納め、その後のジャズ界のソロピアノブームの先駆け的な作品になったようです。そして、第二弾として、レーベルは移籍していますが、1977年に「Alone again」というタイトルのソロアルバムを、再び発表しています。

 先日知り合いの方と、Bill Evans の話をした時、「Alone again」は、聴いたことがあるが、「Alone」は聴いたことが、まだない、、という話を伺いましたが、もうずいぶん前の作品ですし、最近では、知名度が下がっているのかな、、という気もしましたので、今回取り上げてみました。

 「この一枚」、なんと、1年ぶり以上の久しぶりの投稿になりました。

 このブログの過去の、Bill Evans 関連の記事 ↓http://soboro.sblo.jp/pages/user/search/?keyword=bill+evans&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis

12-1.JPG


71BToLp9aCL._SX450_.jpg


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1502)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | この一枚

2018年02月11日

今日は何回め、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-3.JPG


  昨日、ブログの日記が1500回目と書きましたが、正確には1501回目でした、、、。まあ、どっちでも、いいんですけどね、、、(笑)。5年以上書いていますから、当然そのくらいになりますよね、、。

 試しに、他のカテゴリーも合わせて、何回というか、何日分書いているのか計算してみたら、これまでに、1888日、そして、今日で、1889日目なんですね、、。2000日の時はなんか、イベントやろうかな、、とか、こういうこと書いて、やった試しがないんですが、、、。

 ちなみに、2000日まで、あと111日、、、ですから、あと4ヶ月弱、、、。 どうせまた、その日を過ぎてから、気がつく気がします、、、(笑)。

 そう思いながら、ブログの投稿のサイトをよく見てみたら、「記事数1889 」という風に、ちゃんと書いてありましたので、そこを時々見ておけば、2000回目は見逃さずに済むかもしれませんが、それを見るのを忘れる可能性は、低くない、、気がします、、´д` ; 。

 でも、個人的には、この何年か=2000日弱って、長かった、、、気がします。 いろいろあったからね、、(涙)(笑)、、。 ン〜そうですね、、10年弱くらいな感じ、、、^^; 。

 いつもは仕事場で、そして、旅先で、いろんなところで、いろんな気持ちで、書きましたね〜、、、って、なにげに、もう2000日モードってわけではないのですが、、(笑)。

 そもそも、このブログ、、CMSレコードっていう、超マイナーレーベルのホームページの中にある、CD販売、営業促進ブログなのですが、このブログ書きだしてから、リリースしたアルバムが4枚ですが、ここのところ、3年近く、新作を出していません。 正確にいえば、「だしていない」というよりも、「出せていない」、、ということなんですがね、、、(汗)(笑)。

11-1.JPG


 さっき書いた「(涙)(笑)」も、今の「(汗)(笑)」という書き方、両方とも、自虐的ですが、「涙」と、「笑」の間が、あきすぎで、気持ち悪いですが、、、。「( 」、、かっこが一文字扱いなので、こうなってしまうんですね、、。 (涙 笑)って、すれば、いいんですかね、、、?。

 まあ、どうでもいいか、、、(笑)そんなこと、、。

 でも、なんでこんなこと気にするかというと、やはり、ブログは読みやすいほうがいいので、、。文字間とか、改行とか、うまくいっていないと、読みにくいですし、なんか、楽しくない、、、って、私、編集者ではなくて、レコーディングエンジニアなんですがね、、、。

 でも、このブログに関しては、編集発行人ですからね、、、完全に、、。 主宰細川は、何にもしないので、、、(笑)。 私がやるしかない、、!(笑)。

 音のこと考えたり、文章のこと考えたり、ジャケットのこと考えたり、写真のこと考えたり、、もうホント、貧乏暇なしの典型です。

 貧乏とか書いたら、レーベルの宣伝には、全く逆効果、、デスネ!!。

 今日はこの辺にしておきます、、、´д` ; 。

11-2.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1502)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月10日

さくら

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


10-3.JPG


 昨日のブログは、夜中の2時の更新。 今日はだいたい定刻の更新になりましたが、ず〜っと書いていますが、テンション低めは続いています。

 テンションは still 低めですが、気温は、昨日も今日も高め、、。 今日の最高気温は24℃!!になりました。 でも、明日の予報は最高気温16℃で、最低が16℃、、。

 一日中16℃って、すごいですが、今日の24から、いきなり16℃っていうと、8℃も下がるわけですから、絶対「寒く」感じるに決まっています、、´д` ; 。

 予報では、来週の火曜は、最低気温9℃、、ということで、これは、こちらにしては、またまた寒いですが、いわゆるこちらの、「冬」的な気候は、2月いっぱいなのかな、、、どうかな、、?、まだよくわかりません。

 ちなみに、そんななか、こちらの桜の花は、昨日の暖かさもあって、満開、、というところが多いです。 昨日のブログの2枚目に載せた写真は、その写真ですが、桃色の、桃か、紅梅みたいな花ですが、あれは、こちらの桜。 ヒカンザクラという種類らしいです。 多分、こちらには、ソメイヨシノの木はないみたいです。

10-2.JPG


 本州の桜が、どのぐらいの気温で開花するのか、わかりませんが、いわゆる、桜開花前線みたいなことを天気予報で、いうことがありますが、たぶんこちら、沖縄は亜熱帯なので、そういう事とは関係ないのだと思います。 こちらの桜は、ソメイヨシノみたいに、花びらが散る、、ということは、基本的になくて、咲き終わると、花ごと、ボテッと、地面に落ちます。

 でも、幹自体は、桜独特の文様、、というか、凸凹があり、いかにも桜という見かけですし、桜の木や、花の匂いもします。

  今日は暖かいですが、雨が降っていますが、こちらの桜は、ソメイヨシノと違って、雨に濡れて、花びらが散ってしまうことはなく、そのかわり、美しい桜吹雪、、みたいなものも、見ることはできません。路面や、池の水の上一面に、花びらが落ちて、絨毯のように見える風景は、残念ながら、こちら沖縄では存在しません。

 このブログに載せるために、満開の桜の花の写真を撮りたいのですが、天気が悪く、雨もふっていては、そういう写真はなかなか撮れません。 青空をバックに、あの桃色の花の写真を撮ったら、さぞかし綺麗な気がするのですが、この季節では、なかなかそういうシュチエーションに恵まれる日は少ないです。

 晴れる日があっても、たまに雲間から、太陽がのぞく感じで、その瞬間に立ち会うことは、不可能ではありませんが、それほど簡単なことでもありません。 諦めずに、桜が咲いているうちに、その機会を狙ってゆきたいとは思っていますが、、、。

 撮れるかな、、(笑)。 

 今見たら、なにげに、このブログの日記、1500回目なんですね、、今日は、、。 1500かあ〜、、。

10-1.JPG



大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1501)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

遅くなりましたが、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


9-2.JPG


今日は、久しぶりに、暖かかったです。
昨日までの寒さが嘘のよう、、。最高気温は21度くらいまで上がりました。

夜の10時を過ぎても、まだ19度もある、、。昨日までかなり寒かったので、ものすごく、暖かくかんじました。厚着をして、いつものように出かけたら、暑くて、戻って着替えたりして、。

まあ、でも寒くなくて、嬉かったです。

そういえば、今日昼間、あるSNSをみたら、福井県で、ものすごい積雪で、除雪している映像をみました。
沢山のひとが働いている事業所で、雪で、お昼ご飯のお弁当が、届かなくて、急にオニギリをたくさん造ったりして、大変だったみたいで、こちらは15〜6度で、寒いのどうのと言っていますが、雪国は、本当に大変なんだなと、思いました。

9-1.JPG


とかなんとか書いていたら、今日は、いつのまにか、日付けがかわってしまっていて、ナンダカナ、(^^;)。

昨日も今日も、なんだか、忙しくて、いろいろやっているうちに、かなり遅くしまいました。

まあ、なんだか、今日は書くことなくて、何気に困っているのですが、まあ、こんな日もあります。

さあて、明日、明後日、月曜日は、世間は連休中ですが、このすきに、仕事をすすめておくことにしましょうかね、、。

すみません、今日はこんな感じで、、、(笑)。

明日は何か、面白い話しを、、、(^^;) 。

9-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1500)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月08日

忙しかったです、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-3.JPG


 今日も寒かった、、、っていうか、寒いです、今も。 寒さが続くので、だんだん慣れてきましたが、寒いですね、、、。

 昨日はちょっと晴れましたが、今日は多分、全然晴れなくて、どんよりでした、、。多分来年になれば、慣れるのだと思いますが、今年はまだ無理、、、。

 閉塞感、ハンパないす、、。 

 なんか、今日は、朝から忙しくて、、気がついたら、夕方になった感じです、、こういうことって、私の場合あんまりありませんが、今日はそんな感じでした。 ところで、夕方人と電話で話していて、知ったのですが、来週の月曜日は、祝日で、土日月と、連休なんだそうですね、、。

 いつものことですが、知りませんでした、、^^; 。 まっ、いいんですけどね、、、(笑)。

 なんか、そういえば、打ち合わせの日にちとか、相談していた時、月曜がどうのこうので、休み、、みたいなことを言っている人が居ました。 それは、その人が休みなのではなくて、世の中が休み、、、ということだったのですね、、。

 毎度書いていますが、私の場合、フリーランスというか、いろいろ拘束されていませんので、人が働いている時に休んでいる時もありますが、逆に、皆さんが休んでいる時、、というか、時間とか、そういう時でも、普通に働いている時もあります。

 なので、日曜日を休日として、楽しみにしている、、みたいなことはありませんし、連休だから、どうのこうの、、ということも、ほとんどありません。 だいたい、飛行機代とか、世間のお休みの日は、高いですし、休日とか、祝日とかって、どこに行っても混んでいますよね、、?。

 なので、自分の休日は、世間の休日と違う方が、いろいろと便利が良い時が多いです。 まあ、お友達とか、会社勤めの人とは、昼間とか、普通の日は、遊んだりは、しにくいですが、、、。

 まあ、あんまり友達とかは居ないんですが、ね、、(笑)。

8-2.JPG


 ところで、昨日のお好み焼きモーニングの話ですが、「朝からお好み焼きなんて、ありえない、、。」という人もいるみたいですし、もしかしたらそういう人が多いのかもしれませんが、よく考えてみたら、お好み焼きって、小麦粉とか、玉子、野菜(キャベツとかネギ)とか、肉とか、出汁とかが入っているので、栄養というか、品目的には悪くない食べ物だな、、と思います。 なにげに、バランス取れている、、、。

 そう思いませんか、、?。っていうか、そうですよね、、(笑)。

 例えば、ご飯と、お味噌汁、魚の焼いたやつ、それにお漬物、とか、パンと玉子とベーコンと、サラダ、、みたいないわゆる、よくある、朝食メニューに入っている、材料と同じようなモノが、あのお好み焼き一つに、しっかり入っていますよね、よく考えてみたら、、。

 なかなか優れものですね、、お好み焼きって、、、!。 そういう、いろんなものを、一皿で、食べられる、、。つまり、いろいろな栄養素を、シンプルに摂取できるというわけで、とても素晴らしいじゃないですか、、。

 でも、あのソース味っていうのが、朝食には向かない、、っていうことなんでしょうか?。お好み焼きっていうと、飲み屋さん的なところで食べるもの、、っていう、概念が、朝食=お好み焼き、、という、図式を拒否する要因なんでしょうね、、。

 「お好み焼き」に罪はないんですがね、、朝食の座に座らせてもらえない、、、。

 なんか、お好み焼きが、かわいそう、、、(T . T)。

 って、どんだけお好み焼き好きなんや、、、?、われ、?。

 お好み焼きの話を書くときだけ、頭が、関西弁になります、、、。 (笑)。

 ほな、今晩は、この辺で、失礼させて、もらいますは、、、♪( ´▽`) 。

8-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1499)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月07日

お好み焼きモーニング

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


7-3.JPG


 昨日のブログの最後の方に書いた、お好み焼きの話、、。 関東では、それほど頻繁には食べない、お好み焼きですが、私は大好きです。

 その後、あれから、どうしても気になって、「お好み焼き モーニング」のキーワードで、検索してみました。

  そうしたら、、、ありましたよ、やっぱり、、それも愛知県に、、、。
 そのお店は、「お好み焼きカフェ」と名乗っていて、普通のモーニングセットもあるのですが、お好み焼きモーニングもありました。

 まあ、そういうお店もあるだろうな、、っと、割とそんなにびっくりしませんでしたが、サイトをはじからはじまで見て、びっくりしたのは、こういう文章が書いてあるんです!!。


「厚さ3cmのフレンチトースト、お好み焼き、お好み焼きサンド、そしてトースト、全てのメニュー注文を頂いてから、お客様の目の前の鉄板で焼いています。見て楽しんで、食べて満足して頂きたく思います。」


 なななんと、、。喫茶店というよりは、鉄板焼き屋さんなのでしょうね、、。それに、「お好み焼きサンド」って、なんなんでしょう、、?。 パンの間にお好み焼き、、?。これって、なかなか、面白そうですっていうか、かなり変ですが、このお店もしかしたら、結構美味しいような、気がします。 でも、不思議なのは、お店の外観は写真を見る限り、普通の喫茶店なんですよね、、。

7-2.JPG


 しかし朝から、のんびり、お好み焼きが焼かれるのを見る、、って、なかなか優雅ですが、、。 いったいどんなお客さんがくるのでしょうね、、。お年寄りとか、、、?。 それか、あさから、お好み焼き食べたいので、仕事前に早起きして、、、?。

  「どんだけお好み好きやねん、、!!。(お好み焼きだけに、関西弁のツッコミ?!)」
 人のことあんまり言えませんが、、(笑)。

愛知、というか、名古屋の喫茶店文化は、有名ですが、その一種のオルタネートバージョン的な、お好み、鉄板カフェ的なお店なんでしょうか、、?。

 他にも、ネットで見る限り、大阪とか、広島にも、喫茶店で「お好み」を出しているお店があるみたいですが、朝から、お好み焼きを出しているのかは、不明です、、。

 でも、お好み焼きと、コーヒーとか、紅茶が合うのかな、、?、、という疑問はあります。 やっぱ、ビールとか、お茶とか、、そういう感じのような気がしますが、、。でも、上に書いた、お好み焼きカフェがのっているページには、お好み焼きの横に、果物のオレンジとか、真っ赤なスムージーみたいな飲み物が、、、。

 いろんな組み合わせがあるものですが、合うのかな一体、、?。

 しかしもう、こうなったら、いつか行ってみたいです、、鉄板焼きカフェ!、、。
 そんときは、ブログで、紹介しますね、、(笑)。

  本当に行くと〜、、?(笑)。 なぜか、九州弁!。

7-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1498)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月06日

朝から、、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


6-1.JPG


 なんか、昨日は、「寒い寒い、、」なんて言うタイトルで、ブログを書きましたが、今日も相変わらずの天気、、。 昼間の気温は、日差しが出たので、少し上がりましたが、まあ、大して変わりません。

 やっと陽射しが出たので、喜んでいましたが、打ち合わせに出た、午後3時頃には、結構曇ってしまっていて、あんまり、、というか、太陽の光にはあんまり当たれませんでした。

 何気に、風もなかったので、超厚着して出かけたら、体調も悪くないせいか、あんまり寒さを感じなかったのですが、これって、少し慣れた、、ということなのかもしれません。まあ、でも、こちらにしては、非常識なくらい、厚着しているんですけどね、、(笑)。

 何しろ、インフルエンザとか、風邪とか、そういうのに、かからないぞ、、!っという、「目標」、、、って、いつ立てたのかわかりませんが、(笑)、そういう感じなので、できるだけ体をいたわって、、、。

 そもそも、歳だし、、、。 一応健康みたいですが、気をつけないと、、ネ!!。

 って、いうか、今日は何気に「ハイ!」ってほどでもないんですが、なんか、ストレス溜まると、ローになって、落ち込むときと、ハイになるときがありますが、今日は、「ハイ」の方、、。 ハイの方が、ローより良い気がしますが、それがそうでもなくて、今日は打ち合わせに持って行く大事な資料を、うっかり忘れて、現場に着くまで気づきませんでした。

 まあ、まさかのために、バックアップというか、もう一つ持って行っていたので、ギリギリセーフではありましたが、ナンダカナ〜、、、という感じになってしまいました。

 なんかぼけているだけで、決して、ハイ、、ではないのか、な、、?。でも、なんか、落ち着きない感じなんですよね、、。

6-2.JPG


 だるい感じとかはなくて、なんか、ふわふわする感じ、、。これって、もしかしたら、朝ごはんに、ふわふわのお好み焼きを食べたせいかな、、、。 もちろん自作ですが、、、。あさから、お好み焼きって、普通たべないですよね、、。朝の7時にお好み焼き、、キャベツとか、ネギとか、豚肉とか、、が入った、、。

 よくわかりませんが、ハイなせいが、お好み焼きかどうかは別にして、多分、朝の7時から、お好み焼き食べている人って、多分、日本じゅう探してもいない気がします。だいたい、朝からやっているお好み焼きやさんってのが、ないでしょ、、。 まあ、コンビニとかに売っているやつを、朝飯で、、という人は、探せばいるかもですが、、。 

 朝から、出汁と(これは、多目的で、前日仕込み)粉と玉子とか、混ぜて、紅生姜刻んで、、とかって、その時は何にも考えていなかったんですが、なんとなく異様、、かもしれません。なぜって、合理的な理由は説明できないんですが、、、。

 でも、もしかしたら、今思いついたのですが、広島とか言ったら、お好み焼きモーニング、、なんてえのを出しているお店があるような気もします。 讃岐の喫茶店では、うどんモーニング出してるとこありますからね、、。

 ここで、「お好み焼きモーニング」という検索ワードで、探してみようかな、、、と、ちょっと思いましたが、もう今日のブログも、くだらない内容とはいえ、ずいぶん長めの文章になったので、この辺で止めます、、´д` ; 。

6-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1497)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月05日

寒い寒い、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


5-1.JPG


 今日は、寒い!!、、。 全国的にそうでしょうが、こちらも、本当寒い、、。

 最高気温12℃、、、。って、どこが寒いの、、?。こっちは氷点下だよ、、。全然寒くないじゃん!!、、っと言われそうですが、20℃を下回ると、みんな寒い、寒いと言っている、沖縄で、12℃っていうと、もう大変です。 その上、今日も雨、、、なんです。 文字通り、冷たい雨って、感じで、人が歩いていません、あんまり、、。

 本当におかしな話だと思われるかもしれませんが、この気温だと、体感温度(って言わないかもしれませんが)が、1℃とか、0℃って感じで、凍えます。 なんども書きますが、この気温で、凍えるって、適切じゃない表現かもしれませんが、そういう感じがするのだから、仕方ありません。

 去年はそう感じなかったですし、去年は、ここまで寒くなかったですが、二回目の沖縄の冬は、去年より寒いですし、こちらの気候に体が慣れたので、余計に寒く感じます。でも、一つだけ良いところがあるとしたら、気温の変化が少ない日が多いこと、、。 一昨日とか、は、5〜6℃の差が、1日の中でありましたが、今日は、最低が9℃で、最高が12℃なので、それほど差がなくて、まだマシなのですが、、、。

 こんな寒さは、あと数日続くようで、ホント、参ってしまします。

 
5-2.JPG


 でも、まあ、まだ、2月の初旬ですからね、、これからまだまだ寒い日はあるのでしょうが、、。

 そういえば、昨日鍋焼うどんとか、食べたいな〜みたいなこと書きましたが、そうしたら、知り合いが、SNSにあげてましたよ、写真を、、。 広島に住んでいる人ですが、仕事で、大阪に行って、讃岐系のお店で、鍋焼きうどんを、、、。 ただ「うどん」っていうだけでも、すごく食べたいのに、鍋焼きですよ、、鍋焼き、、。

 実は今月大阪に行くので、あの鍋焼きうどん食べたいです、、ホント、、。 そのお店があるところの近くまで行きますので、是非行きたい、、と今は思っていますが、、まだまだ、大阪も寒いのでしょうね、、、。

 こういう寒い時に、鍋焼きうどんとか、お好み焼きとか、土手焼きとか、そういうの食べると、あったまるのでしょうね、、、。そのまえに、寒い時にお腹がすくと、とっても寒いですよね、、。 これ、私だけではないと思うのですが、全然お腹が空いても、寒くない、、という人もいるんですよね、、。羨ましい、、。

 そう、そういえば、それで思い出しましたが、世の中インフルエンザが大流行していますよね、、。

 個人的には、この冬まだ、一度も風邪らしい風邪もひいていませんので、インフルエンザが、ひたすら怖いです。A型になった後に、B 型になる人もいたり、C型っていうのもあるそうで、、、。 ホント怖い怖い、、、。なんとか、暖かくなるまで、回避したいところですが、なかなかそれは難しそうですが、、、。

 今日は、外に出ていませんので、後程、寒い中、食料を仕入れに、買い物に行かなければならないのですが、そのあとは、手をしっかり洗って、うがいをして、、しっかり予防をしなければ、、、。

  しかし、それまでに雨だけは、やんでほしいですけどね、、´д` ; 。

5-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1496)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月04日

仕事と息抜き。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


4-3.JPG


 今日は最高気温13℃。こちらちしては、かなり寒い温度で、しかも、雨、、、。 べつにそんなに雨は嫌いでもないのですが、毎度書いていますが、雲が厚く、薄暗い空で、テンションは低低なまま、色々と忙しく、奮闘しています。

 でも、不思議なのは、雨が降っている割に、湿度は低め、、。 

 気温、湿度、そして、私のテンションも、低めで、どんよりしていて、ナンダカナ〜という感じですが、急な仕事が入り、無理やりテンション上げたくて、頑張っていますが、無理な感じです、、、´д` ; 。 っという感じで、ブログで、愚痴って、欲求不満解消、、、って、できるんでしょうか?、、(笑)。

 来週は、まだまだ寒くなるらしく、ちょっとくじけそうですが、つくづく、去年より今年の冬は寒いな〜と感じます。さすがに、こちらで雪はありませんが、なんだか、温かいものが食べたくなりますね、こう寒いと、、。 
 このぐらいの気候だと、本来なら鍋焼きうどんとか、食べたいですが、こちらには、うどんのお店がほとんどないので、それは無理、、。自分で、鍋やって、うどん入れれば、なんとなく、代償行為できそうですが、、、それも虚しい。 売っているうどんといえば、乾麺か、冷凍ですしね、、。

 とか言って、のんびり食べ物の話とかして、遊んでいる場合ではないのですが、忙しい時だからこそ、美味しいもの食べて、頑張りたいものです、、が、これがなかなか思うようにゆきません。

4-2.JPG


 美味しいうどんのお店と、香り高い、深入りのコーヒ豆をいれるお店が近くにあったら、さぞかし、仕事もはかどることでしょう、、、って、本当かな、、?、、(笑)。

 今日のブログは、この、「(笑)」ってのが、多いですが、だいたいこれが多い時って、あんまり調子よくないです、、(笑)、、って、またまた出てきてしまいましたが、(笑)。まあ、でも、良い仕事をするためには、良い息抜きというか、うまい具合にストレスを解消しながら、ときどき息抜きをしながら、仕事をしなければなりません。

 ただただ、根を詰めて、頑張っても、私の経験では、あまり良い結果は出せない気がします。言葉は悪いですが、要するに、良い形で、仕事をサボる時間を作るということが、とっても大切です。

 会社勤めではありませんから、仕事を、何時からはじめて、何時に終わる、、という決まりがありませんから、そういうスケジュールは自分で決めなければなりませんし、休む、、というか、息抜きの時間の摂り方次第で、仕事の作業効率が、全く変わってしまいます。

 基本的にマイペースで作業をしてゆく仕事ですので、これが会社員みたいな、勤務体系におかれたら、いったいどうなるのかな、、?とおもいますが、おそらく、全くダメな感じで、ろくな仕事はできない気がします。

 さあ、そろそろ、仕事に戻りますよ〜、、、って、何気にテンション上がって来たかな〜、、、?。

 無理、( ;´Д`) !!!!!。

4-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1495)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月03日

最近食べた麺 114 ソーキそば

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


3-1.JPG


 今日は、1月14日以来の「最近食べた麺」。

 かなり間が空いてしまいましたが、それはそれほど麺を食べていない、、ということが最大の理由です。自分で、何か麺をつくって食べる、、ということは、ありますが、あんまりお外で麺をという機会は、最近減っています。

 こちらへ来て、住むようになって、なぜか沖縄そばをほとんど食べなくなりましたが、その理由はあんまりはっきりしません。 「あ〜沖縄そばたべたいな〜」という風にあまりならないのですが、昨日は、寒かったせいもあり、なんとなく、「久しぶりに食べてみようかな、、」という風になった、と言えばなりましたので、久しぶりに食べました。

 沖縄そばといえば、当然こちらが本場の食べ物で、食べたことがない方に、超簡単に説明すれば、ラーメンと、うどんの中間みたいな食べ物です。 どうしてそういう説明になるのかというと、ソーキという、豚のあばら肉を煮た物が入っていて、ラーメンチックな平打ち細めの麺(でも白っぽい)を使っていますが、ほぼ必ず、カツオ出汁がはいっていて、和風な感じもしますので、なんというか、ラーメン、とは違い、なんか、和風な感じもある、、というところからで、そうかと言って、具材にメンマみたいなものは入っていません。 

 今回の麺のように、ソーキだけが入っているところもありますが、大概のお店では、必ずと言って良いほど、かまぼこが入っているので、やはり、和風な感じがするわけです。

3-2.JPG


 この沖縄そばという食べ物、実は、それほど古い食べ物ではないらしく、まあ、言ってみれば、一種の創作料理的なもので、文献によると、本土から来た商売人が、遊郭がある地帯で、中国人の料理人に作らせて、店を始めた、、というのが最初らしいです。

 手軽に、遊びに行く前にたべたり、仕事をする前にちょっと、、みたいな軽食として、定着して、現在に至っているようで、その後、沖縄全土に広まった、、、ということらしいです。

 現代の沖縄では、おそらく、外食店舗の中で、一番多い業種なのではないのか、、というくらいたくさんのお店がありますが、まだ私はその一割にも、行っていません。 おそらく、沖縄そばは、九州にある、ラーメン店よりはるかに多い数が存在しているような気がします。多分、ラーメン屋さんとうどん屋さんを足したくらいの数というか、社会的な位置を持っている気がするんです。

 つまり、沖縄の人たちにとって、麺といえば、ラーメンとか、そば、うどんではなく、「沖縄そば」というのがいちばんポピュラーな食べ物みたいなんですね、、。

3-3.JPG


 近年こちらでは、ラーメン店がとても増えていて、沖縄そばの地位を脅かしているのかな、、?と少し思ったりしますが、ラーメン店と名乗っていても、沖縄そばも出していたり、ラーメンの麺が、まるで、沖縄そばのような麺だったりと、こちらの人にとって、沖縄そばの存在の大きさというものを強く感じます。

 ラーメンでも、うどんでも、日本そばでもない、沖縄そばの麺の特徴は、一言で言ってしまえば、茹で置きの麺ということになります。つまり、沖縄そばのお店では、基本的に工場で、造らせて、そこで、茹でられた麺を仕入れていて、それを、おみせで、お湯に通して温めて、スープの入った丼に入れる、、という提供のしかたをしています。

3-4.JPG


 でも、茹で置きだから、美味しくない、、ということはそれほどなくて、あの独特のごそごそした麺の食感は、それなりの特徴があり、沖縄そばらしさの強いキャラクターになっています。本土のうどん屋さんでも茹で置きの麺をつかっているところはありますが、沖縄そばとの食感の共通点は、ほとんどありません。

 沖縄そばは、コシを出すための、かんすいが入っていますし、茹でた後で、保存用に、油をまぶしているので、うどんとは、見かけの太さも違いますが、基本的に異なる種類のめんである、、ということが、はっきり言えます。

 よく考えてみると、世界的に見ても、こういうタイプの麺って、あんまりないのかもしれません。乾麺の場合、そうめんが、油が混じっていますが、沖縄そばは基本的には、麺の中には油ははいっていません。

 おそらく、これは、私の想像ですが、温度の高いおきなわで、茹で置いた麺が痛むのを防ぐために、油でコーティングして、空気に触れないようにしているのではないのかな、、と思います。

 麺の話は、つい文章がながくなってしまいますね、、(笑)。

3-5.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1494)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2018年02月02日

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


2-2.JPG


 今日も曇天、雨も降っていて、なかなかの閉塞感でした。気温もかなり低めで、だんだん慣れてきましたので、寒さは感じませんが、15℃くらいで、マフラーとかしています、、(笑)。

 でも、ホント、雲が厚くて、一日中薄暗い、、、。 これ、なんとかなるわけない、のですが、なんとかして欲しいです、、(´Д` ) 。

 天気も気持ちも晴れなくて、相変わらずのローテンションなのですが、昼間出かけて、打ち合わせとかあって、人に会うと、ちょっと、気がまぎれるというか、テンションちょい上がりますが、まあ、大したことはありません、、(笑)。

 ところで、最近とある、ブログ的なものを読んで、ものすごく面白かったのですが、その文章はメチャクチャにくだらないというか、自虐だったり、下品だったりするのですが、なかなかああいう風には書けないな、、とおもいました。
 いくら面白くても、あそこまで書くというのは、勇気がいりますし、本当にああいう風にかいたら、多くの人は引きまくって、読者は減ってしまうきもしますが、ホントすごかったです、あの文章。 けっこう勉強になりましたが、、しかし、世の中には、いろんな人がいるものです。

 このブログも、「勝手に書くブログ」と題して、かなり勝手に書いていますが、あれに比べたら、まだまだ、甘い、、(笑)。いやあ、本当に面白かったのですが、ある意味、あれは、全く参考にはなりません、、、(笑)。

2-3.JPG


 今日のブログの1枚目の写真、猫ですが、こちら沖縄の街角には、何気に、猫ちゃんがたくさんいます。何をどう食べているのかわかりませんが、多分野良なのですが、けっこう太っています。 公園なんかに、すごい数の猫がいつもいて、じゃれあったり、昼寝していますが、ああいう猫って、どんなもの食べていて、どんなところで、寝ているのでしょうか?。

 あれだけの数の猫が生活してゆくためには、かなりの量の食物が必要だと思いますが、猫に餌をやっている人は、私の見る限り、誰もいません。猫がキャットフードを買って食べるわけありませんし、一体どういう風に 食物を確保しているのか、、、。

 普段は、のんびり昼寝したり、じゃれ合っていますが、いざとなれば、狩猟本能を発揮して、ネズミとか採っているいるのかな、、、。あんなにたくさんの猫がいて、食べ物の奪い合いにはならないのでしょうか、、?。

 どなたか、野良猫の生態について詳しい方、教えてください。

 そういえば、なにげに、いつの間にか、2月になっていますね、、。1月は早く終わった感じがします、(笑)。

2-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1495)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月01日

観葉植物

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


1-2.JPG


 昨日は夜中にどんどん気温が上がり、20℃くらいまで上がり、その後雨が降り出しました。それからだんだん温度が下がって、昼過ぎには、15℃くらいにまでなって、こちらにしては、結構寒くなりました。

 雨はその後止みましたが、夕方近くからまた降り出しました。

 実は雨はそれほど嫌いではないのですが、こういう風に雨が降ると、植物たちは喜んでいるのかもしれません。そういう風に考えて、部屋の中に置いている観葉植物を外に出して、雨に当てたりしますが、その後、取り込むのを忘れて、外に出しっぱなしに、、、。 そうなると、部屋の中がちょと寂しい感じになりますが、結局そのままにしてしまっています。

 まあ、問題はないと言えばそうなのですが、それでは、観葉植物の意味がない、ですよね、、?。どうしようかな、、、(笑)。 外に出している植物は割と普通に葉っぱがあって、いわゆる観葉植物なのですが、部屋の中にずっと置いてあるものもあります。 それは、いわゆる、「エアープランツ」と呼ばれている、ちょっと変わった植物。 多分砂漠地帯の植物だと思うのですが、不思議な形をした植物。

 根っこはほぼなくて、葉っぱと茎の境目もなくて、あんまり水もやらなくて良いもの、、。 不思議なエイリアンみたいな形状をしています。ご存知の方はわかるとは思うのですが、人によっては、針金や紐や糸みたいなもので、吊り下げていたりして、なんか、植物というよりも、、「モビール」みたいな感じ。

 一応植物なので、緑色をしていますが、はたして本当に生きているのかどうかわからないような物体なのですが、これを購入してから一年以上は経っていますが、少し形が変わっていたり、確かに少しづつ大きくなっていたりはしています、、。水をあげる時は、霧吹きでその植物を濡らしますが、その水滴は、かなり短い時間で、その植物の体の中に浸透して行くようです。

1-1.JPG


 あんまり手入れをできないでいた、忙しい時に、もしかして、これって、もう枯れてしまっているのは、、と思ったりしましたが、どうやらそうでもなくて、ものすごく少しづつですが、成長しているようです。

 よく見ると、細い腕のようなところに、小さな裂け目というか、割れ目みたいなものができていて、そこから、枝分かれして、あたらしい腕のようなものができつつあります。でも、ものすごくゆっくり成長しているので、この割れ目みたいなものが本当に枝分かれして行くのは、かなり先、、。 多分半年くらい先なのではないのかと思います。

 これって、寿命がどれくらいあるのかどうかわかりませんが、目に見えて大きくなってゆくのは、何年もかかるのかもしれませんが、かなり少しづつですが、確実に成長はしているようです。根も茎もはっきりとは別れてはいないので、テーブルとか、録音機材の上に放置していますが、なんとも不思議な生きたインテリア小物みたいな状態で、部屋の中で、生息しています。

 手のひらに乗るくらいの大きさなので、つい床の上に落ちて、行方不明になってしまったこともありますが、そのあいだも、元気に生息(?)していてくれたみたいです。こういうタイプの植物は、初めてなのですが、これはこれで、面白いですし、あんまり手入れをしなくても、枯れないので、私のようなズボラ者にはちょうど良い、観葉植物です。

1-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1493)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月31日

写真

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


31-1.JPG


 昨日は少しだけ晴れて、久しぶりに写真をとりましたが、今日はまた曇り、、。 今日は、あんまり寒くはないのですが、かなり雲が暑くて、なんか、なんか極端なはなし薄暗い感じ。

 昨日は、いさんで写真を撮りましたが、今日のブログの写真はその時撮ったもの、、。

 二枚目の写真は、最近撮った中でも、私の好きな感じなんですが、、普通に見ている人からすれば、「これって、なあに?」という感じで、わけわからない写真かもしれませんが、なかなか気に入っています。
 これは、ただ、ものの影が、地面のコンクリートに写っているだけの写真ですが、当たり前な話ですが、これは、陽射しがないと影ができないので、撮れない写真です。

 まあ、無理やり、ライトとかつけて、影を作れば、撮れないこともないかもしれませんが、本当にライトをつかったりしたら、ものすごく大変ですし、太陽とは光の質も強さも全然違うので、こういう風にはとれません。 それに、この写真がなにかお金を生むとかそういう次元の話ではないので、現実的には照明をつかってこういう写真は無理、、です。 そういうわけで、太陽の光は本当に尊いものだな、、と思います。

 そういえば、県産のキャベツを買いましたが、やはり、日照時間が少ないので、緑色がすごく少ないものでした。 それに、本土の野菜の価格が高騰しているので、なぜか、関係ないはずのこちらのキャベツの値段まで上がってしまっています。 まあ、相場というものはそういうものなのかもしれませんが、、。

31-2.JPG


 三枚目の植物の写真は、以前にもこのブログで使った青いはなですが、前に真夏に撮った時は、とてもたくさん咲いていましたが、植物はけして枯れていないのですが、今回は少ししか咲いていませんでした。 というか、真夏と同じ花が咲いている、、というのも、亜熱帯ならではですが、さすがに花の数はかなり少なかったですね、、。

 この花は全然匂いはしないのですが、なんか、青くて、小さくてかわいい花で、気に入っていますが、路地を入った集合住宅の入り口に咲いていますが、雑草なのか、誰かが種を植えたものなのか、、。

 他の場所では、まだ見ていませんので、誰かが植えているものなのかもしれませんが、なんか、雑草っぽい感じもしますが、本当のところはわかりません。

 さすがに、真冬なので、一年中花があちこちに咲いている沖縄ですが、今が一番花は少ないのかもしれません。ハイビスカスも、咲いていないことはないのですが、数はすくないです。それに、咲いていることは咲いていますが、ちょっと萎れたような感じになっています。

 ブーゲンビリアもちょっと少なめですが、ハイビスカスほどは少なくなくて、あちこちで咲いています。

 花は、赤や桃色、黄色などの色が多いのですが、この写真の花は青色で、なかなかめずらしい花です。本土にある花だと、桔梗とか、竜胆(りんどう)とかが、青い花ですが、これはなんという花なんでしょうかね。

31-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1492)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月30日

太陽

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


30-3.JPG


 今日、昼頃空を見てみたら、久しぶりの晴天でした。

 陽射しが恋しい、、、と毎日のようにブログに書いていましたが、作業続きで、完全に運動不足でもあり、久しぶりに、お外へ、、、。

 昼過ぎで、晴れている割には、それほど暖かくはなかったのですが、久しぶりにそれなりの距離を歩きました。そして、ただ歩くだけではもったいないので、写真も、、。特別なところに行ったわけではないのですが、あちこち歩き回って、いろいろと撮影しました。 とった枚数は、84枚でしたが、なかなか面白い写真も撮れました、、って言ったって、いつも通りの、影の写真とか、空とかがほとんどなんですが、、(笑)。

 でも、陽射しがあったのは、私が出かけて、一時間ほどで、すぐにまた、曇ってしまいましたが、。

 ナンダカナ〜、、せっかく久しぶりの日光浴だったのですが、まあ、少しは日に当たれたので、よかったのですが、、。 昔、テレビで、ロシアとか、ああいう寒い地域の人が、陽射しが出ると、一斉に外に出て、日光浴をする、、という話を見ましたが、これほどに陽射しに、自分が飢えるような環境にいるようになるとは、その時は想像していませんでした。

 一年のサイクルで、長年冬は寒くても日光に当たる、という風に体質ができていて、まだ二回目のこちらの冬ですから、無意識のうちに、日光に当たろうとする気分になっているのだと思います。

 いつも書いていますが、亜熱帯地域で、一年中あったかくて、陽射しもずっとある、、と思っていらっしゃる方が多いみたいですが、沖縄の冬は本当に、曇りと雨が多いです。

30-2.JPG


 今日のブログの写真には載せていませんが、あるところで、休憩していたら、そこのすぐ近くにある木に花が咲いていました。 あっ梅かな、、とおもったら、そうじゃなくて、桜でした。 もうこちらでは、桜が咲き始めているんです。 しかも、その桜は、こちらでよく咲いている赤というか、ピンク色の花びらと、白い花も咲いていて、だから梅かな、、と思ったわけですが、同じ木から、色の違う花が咲いているというのも、不思議な話です。 

 でも、こちらのどこにでも咲いている、ブーゲンビリアの花は、やはり、同じ幹から、複数の色の花が咲いていることが、時々あります。こういうことって、突然変異なのでしょうか、それとも、亜熱帯地域では、そういうことがしばしばあるのでしょうか、、?。ちょっと理由はわかりませんが、まだまだ寒いのに、桜の花をみて、ちょっとだけ和みました。

 昨日も一昨日も、ちょっと真面目な話を長々と書きましたが、とてもたくさんの方達が読んでくださったみたいですが、まあ、医者も人間ですし、お金も稼がなければならないことは間違いありませんし、聖人君主のような人格、生き方をしている人はほとんど居ない、、というのは、わかってはいるのですが、なにか、もうすこし、折り目を正して欲しい、というか、初心に返って、診療にあたって欲しい気がします。

 中には、大真面目に、お金を稼ぐことが一番の目的で、医療に関わっている人も、居る、ということも、否定できませんので、そのあたりは、なんとかならないものなのかな、、と、思いますが、、。

 こればかりは、私の力では、全く、どうにもできません、、´д` ; 。

 今日は面白いことを書きたいなと、思っていましたが、それほど面白い話は、なんにもかけませんでしたね、、。
 そんじゃあ、またあした〜、、。

30-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1491)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月29日

そんなこと言われたって、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


29-3.JPG


 沖縄地方は今日も曇天で、そろそろ太陽の光を拝みたい気分なのですが、、なかなかの閉塞感と、ず〜っと続いている低いテンションのせいもあり、ナンダカナ〜という感じが続いています。

 仕事柄、プロのミュージシャン以外に音楽が好きな人、、もしくは、音楽を演奏、つまり、楽器を演奏する人たちによく会いますが、その中に、医師とか、歯科医師とか、そういう職種の人も結構います。 そして、そういう方達と、たまさか親しくなることもあるわけですが、ある程度以上の回数会ったり、、それなりに個人的な話とか、気を許すような仲になった時に、かれらが、示し合わせたように、必ず発する言葉があります。

 それは、、、「医者を信用しちゃいけませんよ、◯◯さん、、」という言葉。

 みなさん、真面目な顔で、あなたのためを思って、、と、そういう感じで、おっしゃります。

 これは、まあ、親切心の賜物で、社会的にある程度信頼されていたり、尊敬されている事が多い医者という職業ですが、それほどでもないんですよ、、実は、、というニュアンス。 なのですが、わざわざそういうことを、病気などの話をしているわけでもないのに、個人的に言ってくる、、というのが、まあ、現実を表しているのだと思います。

 そんな話をされた時、最初は、どういう風に返答してよいものか、困っていたのですが、そのうちに、慣れたもので、「大丈夫ですよ、、こう言っては失礼かもしれませんが、全然信用していませんから、、」というと、だいたい、相手の親しいお医者さんは、無口になる、、というか、今度はあちらがどういう風に返答してよいかわからなくなるみたいです、、(笑)。

 昨日から、医療現場の利益優先主義、保険行政の問題みたいなはなしを偉そうに書いていますが、何気に今日もその続きを書いていますが、本来医療というものは、人間の健康を守り、豊かな人生を過ごすことに寄与するためにあるものです。

29-2.JPG


 医療の進歩は日進月歩で、以前は治すことができなかった病気を治したり、いろいろな新薬ができたりして、技術の発展は、どんどん進んでいるのだと思います。技術の進歩には、研究が必要ですし、その研究には時間も経費もかかります。つまり、お金の存在は医療の世界においても、当たり前に、いや、人の命に関わる分野ですから、尚更に、その存在というものは無縁ではいられない世界なのだと思います。

 医療、医学の世界にかかわらず、世界的に資本主義の嵐は、依然吹き荒れており、人間のしわせのためにしているはずの研究開発が、いかにして、効率よくお金を生むことができるか、、というところをクローズアップして行われているというところは、世界大恐慌=リーマンショック以降、その傾向に拍車がかかっている、というところがあります。

 私が、ここで、何を、どう書こうが、そのながれ、動きを、どうすることもできませんが、専門家の導く、道にそのまま従うのではなく、いろいろと、自分自身の頭で考えて行動する、、という気持ちが大切なのだと思いますし、もし、健康を害してしまったときには、できるだけ、お金に縛られずに診療をしている、医師に、自分の体を預けられるように、普段から、アンテナを張りつつ、生活していなければならないのかもしれません。

 きょうは、少し楽しい話を書くはずだったのですが、無理でしたね、、(笑)。

 今日のブログの写真は全部青空ですが、こちらの天気は正反対、早く青い空を拝みたいものですが、今年の冬はいつもより寒く、そして、陽射しが少ない、閉塞感が、去年より多い冬のようです。

 暖かさより、明るい陽射しが欲しい、、そんな風に思いますね、この冬は。

29-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1487)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月28日

健康の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


28-3.JPG


 このブログ、大体いつもは、夜の7時頃更新していますが、今日はこれを今書き始めたら、もう8時近くに成っています。
 いつもと違う時間になることは時々ありますが、旅先とか、出かけている時以外で、そうなることは滅多にありませんが、今日はその滅多にない、出かけてないのに、更新が遅くなっているパターンです。

 ところで、フェイスブックとか、いろいろそう言うSNS的なもので、いろいろな人がいろいろな場所で、いろんなことをしていることを知ることがでいますが、今日も見て思ったのですが、真冬のせいもありますが、インフルエンザも含め、いろいろと、健康を害している人が多い、、。

 風邪とかならまだマシなのですが、いろいろと、怪我だとか、様々な、病気というか、疾患で、手術とか、入院とかをしなければならない人の話を見るにつけ、健康であることのありがたみを強く感じます。でも、それと同時に、もし自分がそういう立場になったら、、とうことを考えると、いろいろ考えさせられることがあります。

 元来、割と、健康には自信というほどはなくても、まあ、病弱ではない、、というところで、なんとなく、健康、、と言って良い、状態が長年続いていますが、年齢のこともあり、いつまでもそういうわけには行かないかもしれない、、ということを意識しつつ生活しています。

 世の中いろいろな病にあふれていて、ストレスが原因なのか、体質なのか、先天的なものなのか、後天的、つまり、生活習慣によるものなのか、いろいろと患い、医療機関のお世話になっている人はたくさんいますよね、、?。

 以前、コレステロール値や、血圧に関する話を書いて、必ずしも薬を飲まなくても良いのに、医療機関の処方箋によって、薬を飲まされている事実がある、、ということを書きましたが、 ちょっとしたきっかけで、ある医療機関に、その手のところには、何年も行っていなかったのですが、顔を出す機会がったのですが、どこでもそう、、というわけではないのかもしれませんが、どうも、やはり、医療機関は、病を直す、、というよりも、病人を造り上げる方に、尽力しているように感じます。

 検査をして、その結果を見て、何か投薬したり、疾患の可能性があるところを、見つけて、「健康になる」という方便をもって、お金を稼ぐ、、ということに、専心しているということは、残念ながら、否定することはできません。

 
28-1.JPG


 多くの方は知っているか、ある程度想像していらっしゃるかもしれませんが、多くの医療機関の場合、何かと言えば、投薬、、、。 とりあえず薬を飲ませようとする、、。 多くの人は健康に不安があるので、医療機関に足を運びますので、国家資格をもった医師が「これこれこうです、、だから、こうしましょう」という感じで、認定したことは、あまり疑わない、、というか、多くの場合鵜呑みにしてしまいますが、あれをすんなり受け入れていたら、ほぼ健康な人でも、簡単に病人に認定されてしまいます。

 この文章を、どれだけの医療関係の人が見ているのかわかりませんが、薬を買わせたり、何かの検査をすることによって、当然経費が発生し、そのことで、医療機関の採算が成立しているわけですが、「念のため」というある意味親切心をもって、言っている様に聞こえる検査や、投薬って、ほとんどがただの商売なんですよね、、、。

 言ってみれば、レストランで、「今日のオススメは?」と訊いたら、高いワインを推薦されるみたいな、、、。

 患者、もしくは健康に不安をもっている人に、専門家が「これはこうしたほうがよい、、ですよ」と言えば、「よろしくお願い致します」みたいなことになって、言ってみれば言いなりになりますが、その手の医療行為のほとんどが、本当は必要ない、ということの方が多いというようなことは、その手の仕事をしているひとなら、本当は知っているはずです。

 本当に病に犯されているなら、一刻もはやく、治療しなければならない、、それは当然ですし、手遅れ、、にならないように、というのが、医療の常識なのでしょうが、本当に必要な治療って、外科的な施術以外には、今行われている医療行為のかなりのものが、不要もしくは、過度に収益を追求する行為を正当化する、方便でしかしかない気がします。

 これを飲め、と言われた薬を飲んで、かえって、体調に支障をきたし、今度はこれ、その後また、、という風に飲まされる、、。 いってみれば、薬漬けの医療現場が、この国の医療関係者の生業と、国の納税を支えている、、という、ある意味完全な気違い沙汰が、毎日平然と行われている、、。

 保険行政は、国民のためではなくて、大きな利潤を生み出す、医療機関のためあるのではないのか、、という風にも思うほど、おかしなお金の動きがたくさんあります。

 昨日に引き続き、なんか、シリアスなブログ、、なんか、書くことないと、こんな風に、本当のことを書きたくなってしまうんですよね、、。 

 明日はなんか、もう少し楽しい話を、、。

28-2.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1489)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月27日

タブロイド

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


27-2.JPG


 昨日に引き続き、低めの気温と、曇天でした。先週から続いている、底テンションは、天気のせいもあって、だら〜んと、継続、、。今日は夕方まで外に出ていませんので、余計にだら〜んとしています。

 昨日と、一昨日のブログで、「口は災いの元」みたいなことについて書きましたが、時々、日本のマスコミが、政府要人とかが、不意に発した発言を手玉にとるように、取り上げて、問題視して攻撃することがあります。

 要職にあるものにとって、発言は常に注目されていて、不用意にした一言が大きな問題になる、、ということがあった時、大抵わたしは、基本的には、なんだかくだらない、枝葉末節について、騒いでいるようにしか見えない時がほとんどです。
 最近はテレビはほとんど見ていませんし、それほどそういうことに詳しいわけではないのですが、そういう発言をした大臣が、果ては辞任させられるようなことがあると、これがまさに「口は災いの元」なのだと思いますが、「本当にそうまでしなければならないのか、、」とおもうことがほとんどです。

 テレビのコメンテーターや、評論家が、コメントを求められたとき、いかにも、常識人を気取って、その発言について、のべるわけですが、私個人的には、「あんたそんなに偉いのか?」っと思うことが多いです。

 マスコミと、時の権力者との関係は、いまや、マスコミが完全にコントロールされているはずなのですが、そのマスコミが情報をリークして、大臣に限らず政治家を、辞職に追いやる、、というやり方は、なにか、裏があるとしか、私には思えません。

27-3.JPG


 芸能人や、議員の不倫の問題についての報道についても、わたしは、すごく違和感をもっています。

 ああいった、個人的な問題を、ひたすら社会的な「悪」として、とらえ、メディアを使って吹聴する、、というやり方に、一般大衆が違和感を覚えていなことが、まったくおかしなことで、社会の中の病巣を感じます。

 人間、何をしても良い、、とは思いませんが、人殺しをしたわけでもないのに、あれほどに糾弾され、おとしめられる、、ということは、私には異常な感じがします。

 国民の民度がマスコミのそれに比例する、もしくは、それに色濃く反映されるとしたら、近年のマスコミのその手の報道の仕方には、極めて下劣な、国民性が出ているということを、否定できる要素は少ない気がします。
 もしそうでないにしても、ああいった報道(と言えるのかわかりませんが)を喜ぶ大衆が少なからず存在することは、マスコミ各社の動きをみれば、間違いないということは、はっきり言えると思います。

 私などは、そもそも、メディアにたいして、なんの希望や、権威も期待しいないので、「またやってるな、、(笑)」という感じで受け流していますが、一般の人、良識ある方々が、いつのまにか、ああいった、低レベルのタブロイド紙的な次元の報道に慣れてしまうことによって、この国の良識や、価値観のレベルが、確実に下がってしまう、、。 そういう事を危惧しています。

 今日はなんか、マジメなこと書いてる、、?。なんか、あった、?。

 ベツニナンニモ〜、、、(笑)。

27-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1488)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月26日

これも言葉の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


26-3.JPG


 今日はもう1月の26日で、あと数日で、1月も終わりか〜、、早いな〜という感じで、今年も12分の一もう直ぐ終わり、、。
 日本列島は、ものすごい寒波が来ていて、先日の東京に引き続いて、今度は、名古屋あたりが結構な雪景色になっているようですが、沖縄も、こちらにしては、かなり寒い気候になっています。

 こちらの寒さ(?)にもずいぶん慣れてきたので、以前ほどは凍えていませんが、まあ、それなりに寒いです。今日はの深夜0時の15℃が最高気温で、その後どんどん下がり、いまは13℃台まで下がっていて、こちらの皆さんは、みんな「寒い寒い」と言っています。

 0℃とか、マイナスの気温のところにいらっしゃる方々からすれば、二桁あるんだから、寒いうちに入らない、、と言う風に思われるかもしれませんが、いつもが暖かいところなので、体感温度はかなり低く感じる人がほとんどで、夜になって風も強めに吹いてきましたので、余計に寒く、歩いている人は、寒い時にする独特の姿勢、、背中を幾分丸めて歩いています。

 ところで、昨日素晴らしい音楽家が、人格も優良とは限らない、、、みたいな話をちょっと書きましたが、昨日のエピソードでは、その人の人格までは完全には推し量れませんが、音楽だけではなく、ちょっとした性格の一端に触れることで、その音楽家の実像に近づくことができたきがするわけですが、その一端が、なんというか、あんまり愛すべき感じじゃなかったら、やっぱり多少は引きますよね、、(笑)。

26-1.JPG


 人間だから、だれでもいろんな面を持っていますし、いつも聖人君主、、というわけにはいかないのは、わかりますが、なんというか、そういうギャップを見知ったときって、なんか、「意外で微笑ましいな、、」とおもうこともあれば、「なんか、がっかりしたな、、」ということもあるのかもしれません。

 そういう意味では、音楽家でも、歌を歌う人とか、スタープレーヤーみたいな人って、人の目にさらされる機会が多いですし、個人的な話をつっこまれることは、有名人ほど多いのかもしれません。逆に言えば、一般の演奏家みたいな人は、音楽自体がそこそこ有名な人でも、その人のパーソナリティーみたいなものは、一般人というか、聴衆はほとんど知らないことが多いですよね、、。

 年齢や、背格好以外の情報って、外国の人ならなおさら、ほとんどありません。 外国の人だと、場合によっては生死の確認もとれないことがあって、ホント情報はかなり少ないです。

 そんな感じのところ、昨日書いた話はライヴの模様を撮影した映像で、けっこう雄弁に話しているのですが、なんか、こう、嫌らしい、、(ってスケべじゃなくて)かんじとか、かっこつけた、なんか、見栄っ張りな性格みたいなところが気見えたので、私自身愉快な感じはしませんでしたが、まあ、あれが残念ながら、そのミュージシャンに実像を表しているのでしょうね、、。
 
 その人物と、個人的な付き合いがなければ、全然気にならないというか、知り得ないその人の性格ですが、そういうものをちょっとだけでも垣間見たときって、意外と強烈な印象、、とまではいかないまでも、それなりに強い印象を持ってしまいます。

 やっぱ、口は災いの元、、?。 ってことかな、、。

26-2.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1487)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月25日

ことばの話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


25-2.JPG


 昨日、方言の話を書いて、同じ日本人同士でも、コミュニケーションが難しいのだから、外国の人とは、もっと大変だ、、と書きましたが、これは、ケースバイケースな所があります。

 何が言いたいのかというと、昨日書いた様な誤解って、ある程度コミュニケーションができているから、かえって起こることなんだと思うんです。つまり、例えば、外人と日本人の場合、言葉に不自由なところがあると、感情に直接触れるような、コミュニケーションはあまりできない、、。 

 お互い、相手の言っていることが100%わかるわけではない、あるいはどのぐらい理解しているのか、少しというか、ある程度不安がある、、という場合は、基本的におかしな表現とか、間違った言葉の使い方をしていても、それをそのまま受け付けるわけではなくて、ある程度間引いて、、というか、相手の真意を推し量って理解してあげようとするところがあると思うんです。

 簡単にいえば、言葉が不自由だと、なかなか喧嘩になりにいというところがあります。

 かつて、知り合いで、ちょっと、物言いが悪くて、何かとトラブルになる人がいたのですが、その人が、アメリカに渡って何年も住んでいて、現地の人とうまくやっているらしいと、聞いたとき、「あれ、心を入れ替えたか、人間がずいぶん変わったのかな、、」と思ったのですが、帰国したその人物に訊いてみると、その人は英語が苦手で、あちらに何年いてもあんまり話せなくて、未だに不自由している、、といっていました。

 要するに、細かい話とか、意思の疎通ができないので、かえって喧嘩になりにくかったということなんだと思います。日本では、酔っ払ってよく喧嘩をしていた人物ですが、あちらでは、酔っても、酔っていなくても、コミュニケ−ションがあんまり成立していないので、喧嘩にはならなかったみたいです、、(笑)。

25-1.JPG


 そういうことを考えれば、つまり、過度に相手に期待しないで、ニュートラルな感じのコミュニケーションをすれば、言葉の誤解はかなり少なくなると思うのですが、まあ、それができたら、苦労しないですよね、、(笑)。 近親者、親や、兄弟、夫婦とか同士の場合、つい気を許して、不用意な発言をして、喧嘩になる、、ということはよくあると思いますが、これは、親しい間柄だから起こる次元の話ですよね、、。

 なので、初めてあったもの同士が、生きなる喧嘩になる、、ということは、素面の場合あんまり考えられませんし、どちらかが話の上で、憤慨していても、我慢して何も言わなければ、トラブルになることもないわけです。

 まあ、できれば、誤解とか、相手に嫌な思いをさせないで、あるいは自分が嫌な思いをしないでコミュにケーションできればよいのですが、いつもそういう風にできるとは限らないというわけなのでしょう。

 言葉を知っていれば、意思の疎通ができて、いろいろなコニュニケーションができるわけですが、いってみれば、言葉は刃物みたいなもので、使い方を間違うと、怪我をする、、というところがありますよね、、。まあ、外国語に関しては、トラブルが起こるくらいの理解と話すスキルがあれば、かなりのもの、、ということになるのでしょうが、そこまで行くのはなかなか難しいですよね、、。

 かつて、外国に長年住んでいた日本人の友人が、あるミュージシャンのライヴに行って、話し方が、いんぎん、というか、なんかかっこつけていて、嫌な感じがした、、といっていましたが、わたしはそのミュージシャンにそういう印象は持っていなかったのですが、そのミュージシャンのライヴビデオを見て、喋っているのをきいたら、たしかに、「この人、何かっこつけてるんだ、、?」という印象はもちました、、(笑)。

 知らなくていい情報だったのかな、、と思いつつ、ああいう見栄っ張りなところが、その人の厳格な、、もしくは、かくしゃくとした音楽の雰囲気を作り出しているのかもしれないな、、と思いましたが、その後、あんまり以前のようには、熱心には彼の音楽を聴かなくなりましたね、、(笑)。

 口は災いの元、、、?。

 音楽だけでは、その人の細かい性格とかは、わからないですが、その方が幸せといううこともありますね、、。

 ナンダカナ〜、、、。

25-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981



日記(1486)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月24日

いまさら書く話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


24-1.JPG


 一昨日のブログを何気に読んでいたら、方言の話を書いていて、明日もそういう事を書きます、、みたいなことを書いていましたが、次の日(昨日)は、全く違う話を書いていました、、(笑)。

 ナンダカナ〜、、、、。   まあ、誰も、文句は言っていない気がしますが、方言の話に興味を持っていた、これを読んでいらっしゃる方が、「あれ、、?」となっていたかもしれません。 ごめんなさいm(_ _)m 。

 でも今更、また書くのもなんですが、、日本全国いろんな言葉があって、面白いです。 小さな島国ですが、東西に広がっているので、そういう風に言葉が違うのかもしれませんが、代表的によく言われるのが、関東と関西のちがい。 これは、言葉を聞いたらすぐわかる大きな特徴ですよね、、。

 でも、昔はこの違いが、大きな壁というか、意思の疎通に障害になったり、違和感を感じたり、、ということはありましたが、いまは、メディアのおかげで、それぞれの言葉を、頻繁に聞いていますから、それほどの違和感は感じずに、すんなり受け入れているという人が多いのかもしれません。

 私が子供の頃に、関西から東京に引っ越してきた子が学校のクラスにいて、なんとかして、必死に関西弁もしくは、関西アクセントで話さないようにして、シックハックしているのを見て、いまでも、記憶に強く残っています。 その子は、もともとは関東の生まれなのですが、数年間関西に親の仕事の関係で、引っ越していいて、その後また戻ってきたのですが、多感な少年時代ですから、完全に関西の言葉を吸収していて、当時の関東の感覚をしっていますから、すごく自分の話す、関西弁が恥ずかしかったのだと思います。

24-2.JPG


 でも、その前に、関東から、関西に行った時に、もしかしたら言葉のことで、それなりに、いじめられていたりしていたのかもしれませんね、、。 とにかく、苦しそうにしていたのを、なぜか強く覚えています。

 実は、かく言うわたしも、九州に行ったばかりのの時、あんまり、テキパキとした関東弁を話すと、相手が違和感を持っている事に気付き、なんか、居心地がわるくなり、変な言葉、関東弁じゃなく、でも、九州弁はできないし、、、っていう、訳のわからない言葉で話していたことがあります。

 そのとき、仕事関係の人と話したことが、いまでもはっきり覚えているのですが、関東でつかう、「あのさ〜」、「そんでさ〜」みたいな、「さ〜」という語尾の表現がすごく、違和感がある、、というか、気持ち悪い、、という話をききました。 なにか、すごく、カッコをつけて話しているように聞こえるそうで、それがひたすら「嫌らしく」感じる、、と、私より一回りくらい年上の福岡の方にそういう話をされたことがあります。

 「そんでさ〜」とか、そういう「さ」という表現は、ごく親しい間でしか使わない表現なので、そういう年上の仕事関係の方には使っていませんでしたが、自分も普通にそういう言葉は、使っていましたので、「へ〜っそうなんだ、、」と思いながら、「気をつけなければな、、」と思ったものです。

 「さ〜」という言葉の語尾は、とても親しい間柄の人にしか使わない、ある意味、親愛の情をはらんだ表現だと思うのですが、その言葉が九州福岡の人には、とても違和感がある表現、、、いいかえれば、親愛の情とは、正反対の失礼な感じがするというのが、不思議というか、びっくりしましたが、そう思うのだからしかたありません。

 その後も、もっと、それも私より若い人から、九州から、東京に仕事で行ったら、打ち合わせているひとから、「◯◯さんは、◯◯だからさ〜、、◯◯なんでしょ〜?」とかいう感じで、話をされて、なんだかすごく馬鹿にされた、、という話をききました。「なんで、いったいあんな話し方をされなければいけないのか、、?」と、その人かなり怒っていました。

 でも、その話し方って、多分、いや、間違いなく、心を許して、友達と話す感じで、話した、つまり、もちろん感じをわるくしようと思って話したわけでは、絶対なくて、むしろその反対の親愛の情が入っていると思うのですが、言葉を受け取った人間は、かなり苛まれてしまったということで、同じ日本人同士なのに、親しみを込めて話したら、敵意を持たれた、、という、まあ、一種の誤解なのですが、言葉って、難しいですね、ほんと、、。

 同国人同士ですら、そういう誤解があるのですから、外国の人とのコミュニケーションはもっと難しいのでしょうね、、。

24-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1485)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月23日

雪とか、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


23-2.JPG


 やっぱり、昨日の東京の雪はすごかったみたいですね、、。 毎度書いていますが、すごかったって言ったって、雪国の人から、言わせれば、「あんなの雪のうちに入らない、、」という量ですが、20センチは積もったところがたくさんあったということで、交通は大混乱。

 あれ、道を、普通に除雪車で、しっかり除雪すれば、難なく車は通れるはずなのですが、年に一度か二度の為に、そういうものを用意しておく予算は、明らかにもったいないですし、まさか、その時だけ雪国から持ってくるわけにも行きませんよね、、。

 そういうわけで、もう雪のなすがまま、、、。 知り合いの参加する、アルバム発売記念ライブが、メンバー全部揃って、ライブハウスに来ていたみたいですが、肝心のお客さんが来ることができないので、中止になっていましたが、プロらしく悪天候にもかかわらず出勤してきたミュージシャンは可愛そうですし、よりによってその日が、アルバム発売記念ライヴというのも、とってもとっても残念な話しです。

 でも、いつもの話ですが、次の日が晴れれば、あっという間に雪は溶けて、「昨日はなんだったんだろう、、」という風になりますが、今回もそうでした。 でも、仕事から家に帰れない人はたくさんいたみたいで、ビジネスホテルは、多くのところで満員だったみたいです。

 ああいうことなら、最初から休日にすれば良いと思うのですが、なぜかそうならない、、。 どうしてナンでしょうね、、?。ただでさえストレスは溜まっているのに、夜遅くまで家に帰れないのは、大変ですよね、、。ビジネスホテルに泊まった人は、お金は会社が出してくれるのでしょうか?。 翌日の出勤は近くて楽でしょうが、、、どうなのかな、、。

23-3.JPG


 でも、そういう日って、子供達は外に出て、雪合戦したり、雪だるま作ったり、、。 最近の子はしないのかな、、?、どうなんでしょうか、、。

 ちなみに、今日の沖縄は、どんより曇っていました。 もっとも、こちらの冬らしい天気。寒くないけど、どんよりと曇って、日差しがない、、。 これって、何日も続くと嫌になります。 雪もなく、凍えるほど寒くもならないって、とてもありがたいことですが、そんな環境にも慣れると、だんだん贅沢なことを言うようになるので、人間って、ホント勝手ですよね、、。

 夏と違って、湿度も少なめなのですが、陽射しがないのが、私個人的には、とっても寂しい、、。 じゃあ、本土の冬みたいに寒くても、くっきりと晴れて、カラっ風が吹く気候はどうなのかというと、、。
 まあ、嫌いではないんですけどね、、、´д` ; 。先日東京で、そういう気候を体験した時には懐かしかったですが、、ね、、。 でもやはり暖かい方がいいかな、、、(って、どっちやねん!!(笑))。

 冬は冬らしく、、で良いのかもしれませんが、、、。 歳とると、いろいろ辛いんです、、(笑)。寒くて、たくさん着ていると洗濯物が増えますが、その辺は暖かいと少ないのでいいかなあ、、。


 明後日くらいから、また少しこちらは、寒くなるようです、、。 って言っても最低気温13〜4℃ですが、これが、結構寒く感じるんですよ、暖かいのに慣れると、、、。

23-1.JPG




大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。


2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981

日記(1483)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月22日

お出かけとか、いろいろ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


23-3.JPG


 引き続き、テンション低いまま、今日は午前中から、大雨の中お出かけ、、、。

 出かけてすぐはそうでもなかったのですが、15分くらいの間に、大雨になりました。でも、その後嘘のように止みましたが、ずっと曇りでしたね今日は、、。 でも、寒くなくて、上着着て、あるいていたら、ちょっと汗ばむくらい、、。 

 そのご、湿度はかなり下がりましたので、快適でしたが、もう使わなくなった傘を持って移動するのが、億劫でした、、。 ビニールの安もんの傘でも、大事に使うので、必ず持って帰ります。 とか言って、よく無くす人なので、昔、失くさないように、高い傘を買ってみたら、すぐに電車の中におき忘れて、もう、ずいぶん前の話なのに、とっても、悔しい記憶が、なかなか消えません。

 あんな高い傘買わなければよかった、、、´д` ; 。

 そういえば、その高級傘を失くした東京のあたりは、雪で大変みたいですね、、。 雪国の人から見れば、全然たいしたことがない雪なのですが、年に何度か、多少降り積もると、あの大都市の交通網は、大混乱します。多分今夜あたり、仕事から帰る人が足止めを食らったり、コンサートや、イベントが中止になっているに違いありません。

 こういう時って、地下鉄沿線に住んでいれば、昔は大丈夫な事も多かったんですが、いまは、地上を走る電車との乗り入れとかがあって、便利になっている分、こういう非常事態(?)のときは、いろいろ面倒みたいですし、駅をでてからも、広い東京、皆さん駅前に住んでいるわけではないので、なかなか帰宅できなかったりしますし、バスも、タクシーも開店休業状態で、何十分も、いや、一時間ちかく、歩いて帰宅する人もいるかもしれません。
 もしかしたら、雪の中、歩きながら、とか、電車がなかなか来ないホームとかで、スマホで、このブログを読んでくださっている人も、いるかもしれませんが、気をつけて、帰ってくださいね、、。 

23-2.JPG


 毎度の話になりますが、地球温暖化、、という言葉を聞くようになって、ずいぶん経ちますが、本当に温暖化ってしてるの、、?という疑問がありますがその辺は全くわかりません。 IT化とか、いろいろの科学技術のおかげで、いろいろと、人間のわがままが通る時代になっていると思うのですが、天気というか、気象のことは、空任せ、、というか、全く自由にはなりませんよね、、。 ところが、中国で、砂漠のあたりに雨を降らせる実験をしているという話をきいたことがありますが、果たして本当のことなのかどうか、、。

 そういう事をした場合、海とか、空とかって、全部繋がっていますから、他の地域の気象状況に影響を与えたりしないのかどうか、、?。

 もしかしたら、近年の梅雨時期の九州の豪雨とかって、その影響だったりしたら、ものすごく迷惑な話ですが、実際のところはわかりませんし、そういう情報は、隠ぺいされますからね、、、。

 沖縄の場合、夏はスコールみたいな、豪雨が昼間や夕方にあることが多かったですが、去年の夏はそういう雨の降りかたが、ほとんどなかったですね、、。 いわゆる、バケツをひっくり返したような雨、、。あれが降ると、ゴミがたくさん落ちている道が、すっかり綺麗になってしまうのが不思議というか、すごいな、、と思います。

 あれが、人為的に掃除したら、経費がたくさんかかるでしょうが、、、。でも、あのゴミが、ぜんぶ海に流れてしまう、、と思うと、ちょっと心配にもなります。

  昼間は20℃、そして、いま、夜の7時すぎは、18℃の沖縄から、いつもの、とりとめのないブログをお送りしました〜。

23-1.JPG


日記(1483)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月21日

てんしょんひくいまま、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


21-2.JPG


 引き続き、テンション極低のまんま、日曜日になりました。テンション低いので、「あ〜書くことないな〜」という、毎度のやる気ない感じの書き出しで、始まりましたが、、まあ、なんとか最後まで書きます、´д` ; 。  とか言って、こういうときに限って、意外とながながと書いたりすることもあるので、自分でもよくわからないところがあります。

 今日はず〜っと曇りだったのですが、湿度が高くて、寒くはないと思い外へ出たら、歩いたりするだけで、なんだか、暑い、、というか、汗ばむ感じ、、、。まあ、寒いよりいいんですけどね、、(笑)。

 そういえば、昨日の言葉の話、、、。最終的に方言の話になりましたが、方言という言葉、もともとどういう風にして、こう言う字になったのかわからないのですが、それぞれ地元には、いろいろな方言がありますが、そういう言葉を使うことが、ちょっと恥ずかしい、、、みたいな風潮は、どこにでもありますが、あれって、どうして何でしょうか、、?。 

 それとともに、標準語的な言葉は、なにか、かっこいいみたいな、、と同時に、よそよそしい感じも持っているのですが、そういう、言葉に対する概念って、どうして出来上がったのかなぁ、、と疑問を持つことがあります。
 言葉である以上、いろいろな地域の人が、集まっても、意味が通じることが大切なところはありますが、今の時代、ほとんどの地域で、昔ほどは言葉の差異がなくて、大体通じるわけで、もし、「あれっ」と思う表現があっても、前後の流れがわかっていれば、話の内容は無理なく通じます。

 でもなんか、正式な場所に出たときに、あんまり方言は使わないほうが、、、みたいなところがあるのは、間違い無いですよね、、?。

21-1.JPG


 例えば、地方の国立大学の付属病院とかに行くと、なぜか、誰も方言を使っていなくて、みんな標準語だったりしますが、あれって、どうして何でしょうか、、?。それから、大きな会社とかの地方統括の支店なんかも、あんまり、方言を使っていないところが多いです。 それは、まあ、中央からきた人が働いているせいもあるでしょうが、ほとんどが地元出身の人にもかかわらず、標準語ばかり使っていることに、わたしは違和感を感じます。

 あと、たまに、地元の人でも、都市部の中心に生活する人のなかに、やはり、家庭では方言を使っていないという人にも、何度かあったことがあります。 なにか、これは、方言は程度の大小はありますが、「悪しきもの」、、みたいな概念がある気がしてならないのですが、それって、不思議というか、変な感じがします、私には、、。 なんで、地元の言葉を愛さないのかな、、。 正直にそう思います。でも、それには、いろいろな事情があるのかもしれませんが、、。

 沖縄の場合、過去に、地理的条件が違う関係上、日本の典型的な言葉と、違う言葉、言ってみれば、琉球語を使っていたので、米国からの返還時に日本の中央政府が、方言(琉球語)禁止的な政策をとり、学校などで、強制的に標準語を話させた、、という文化弾圧的な事実があり、これは悲しい、そして、けしからんことなのですが、辛くも、そのおかげで、九州からきた私がいきなり、標準語で話しても、通じさせてもらっているというところがあります。

 もちろん島国のせいか、こちらの人たちは、方言的な言葉を別に恥ずかしいとは思っていないようで、お年寄りどおしが会話しているのを聞くと、私などほとんど内容がわからない言葉をつかっています。

 このことは、ある意味素晴らしいことですが、これは、日本の中でも、とても珍しいことかもしれません。本土でも、田舎に行けば、そういうことがあるのは知っていますが、沖縄の場合、大都会でも、お年寄りどおしは、ネイティブの言葉を使って、堂々と会話していますし、お年寄り向けの広告などでは、そういう言葉で、アナウンスも読んでいるのを、なんども体験しました。

 テンション低いと、話が真面目になるのかどうかわかりませんが、明日もこういうことを書こうかな、、と思っています、(笑)。

21-3.JPG


日記(1482)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記