2017年10月26日

寒さの話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


 
26-3.JPG


 台風が少しづつ近づいているということですが、今日は大体晴天でした。

 心地よい風もあり、沖縄にも秋が来た、、という感じなのですが、最高気温は26℃を超えましたから、他の地域と比べると、まだまだ暖かい、、というか、ちょっと暑い、、。

 台風は沖縄本島直撃、、ということはなさそうですが、こちらに向かっているのは確かなんでしょうが、少し力が弱くなっている気がします。このまま弱まりつつ、東の方向に向かってくれれば、良いのですが、はたしてどうなりますか、、。友人が本州から週末にこちらに帰ってくる予定なのですが、もし東寄りに進路がかわると、飛行機が飛ばない可能性がありますね、、。

 こちらの予報では週末は雨、、いうことになっていますが、、どうなるかは、まだよくわからないですね、、。

 本州や九州では、秋が深まり、、というよりは、冬が近づいており、随分冷え込んできているようです。もう11月まで、一週間ありませんから、それも当然ですが、私は11月末頃に、九州に行きますので、「寒いのだろうな、、」と、いまから、気になっているのですが、こちらよりすごく寒いということは、間違い無いと思いますので、しっかり防寒してあちらに行かなければなりません。

26-1.JPG


 11月半ばくらいまでなら、まだましなのでしょうが、後半というか、末ちかくになると、かなり冷え込んでくると思いますので、ちょっと辛いかもしれません。お仕事で、室内で、録音するだけですから、すごく寒いということはないのでしょうが、暖かいところに住んでいると、寒いところに行くだけで、なんだか心配になるから不思議です。

 でも考えてみると、仕事とはいえ、あまり温度差のあるところを行ったり来たりすると、身体にはあまり良くないのかもしれません。去年真冬に本州に行った時には、寒い、、というより、なんか、冷蔵庫の中にいるような感覚がありました。もちろん寒いには違いないのですが、まだ沖縄に来て、1年弱でしたが、体が変化してきていたのでしょう、、。

 それまでの寒い、、という感覚とちがう不思議な感覚でしたが、悪寒がするという感じでもなく、嫌な感じでは決してなかったのですが、不思議な感覚を覚えました。今年の冬も同じように感じるのでしょうか?。

 ちょっと怖いような気もしますが、まあ、そのときになるまで、どんな感じになるのかは、わかりません。

26-2.JPG


日記(1404)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月25日

散歩

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


25-1.JPG


 昨日から今日にかけて、なんともカラッとして気持ち良い天気でした。

 めったにない低湿度で、夜も快適だったので、珍しく散歩に出ました。 沖縄の場合昼間は多少カラッとしていても、夜になると、湿度が高くなることがほとんどなのですが、昨日はとても快適、、。

 かなりの距離を歩きました。あとで、スマホの歩行距離をみたら、7〜8キロは歩いていましたので、良い運動になりました。
 こちらは、車を使っている人が多いので、歩いている人というのは、近所に住んでいる人ぐらいしかいません。 なので、あまり明るくない路地を歩いていると、歩いているものどおし、珍しがって見たりします。 いつも行かない地域もグルッと回って行ってみましたが、心地よい風も吹いていて、どこを歩いても快適でした。

 そんな快適な気分で歩いていたら、だんだんお腹が空いてきて、お店を探しながら歩いていたら、日本全国いろいろなところにあるチェーン店のお店にうっかり入って、担々麺(一番下の写真)を食べてしまいましたが、気分が良かったせいか、まあまあ楽しめました。

 なんか、なにげに懐かしい味がして、「チェーン店って、だからイヤなんだ、、」という感じにはなりませんでした。あのチェーン店では、数年前に、東京の下町で食べましたが、昨日の方が美味しかった気がします。気のせいかもしれませんが、、、。

25-3.JPG


 ある地区を歩いていたら、路地にたくさんの飲食店があって、どこも夕飯時でお客がそこそこ入っていましたが、どこに入ろうかなかなか決まりませんでした。 なぜ決まらなかったのかというと、、見慣れた地域なら、初めて行ったお店でも、客層とか、インテリアや、エクステリアを見れば、だいたいお店の傾向というか、良いお店かどうか、わかるのですが、沖縄では、まだ全くそういう傾向がわかりません。


 そういう理由で、偶然入ったチェーン店の担々麺屋さんでしたが、腹が立つことがなかったので、良かったです。 まわりは、個人経営のお店ばかりなので、頑張っていたのかもしれません、、(笑)。

 ところで、最近ブログの写真で、飛行機から撮ったものをよく使っていますが、これは、特に意味はなくて、まあ、写真不足なんです。ここ一ヶ月以内に7回くらい飛行機に乗りましたから、退屈しのぎに撮った写真がたくさんあるというのも理由ですが、使いたいような写真をあまり撮っていないといういうことが、一番の理由です。

 通常旅に出ると、いろいろなところで、写真を撮ることになるのですが、移動が多かった割に、時間がないことが多くて、あまり写真を撮ることができませんでした。

25-2.JPG


日記(1403)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月24日

「涼しくなった話と、匂いの話」

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


24-1.JPG


 このところ、台風の話のブログが4日間も続きましたが、今年最後の台風だろうな、、と思っていたら、台風22号というのが、発生していて、どうやら沖縄に向かっているようです。

 まだ遠くにあって、この先どうなるかは、わかりませんが、今週の金、土には雨マークが予報にあるので、こちらに上陸ということになるのかもしれません。

 ところで、やはり、台風が去った後には、ずいぶん涼しくなりましたね。今朝方の気温は23℃でしたから、かなり、涼しくなってきました、、というか、冷え込んできました。

 最高気温も低くなってきていて、25℃でしたから、かなり過ごしやすかったですし、湿度も最高で、60%くらいでしたし、最低湿度は40%台前半。 これはこちらとしては、かなりの低湿度と言って良いと思います。洗濯物もすぐに乾きましたね、さすがに今日は、、。

 でも、そのせいか、乾燥肌になっているみたいで、両方の腕や、背中や肩が、痒い、、。痒いので、爪を立てて、ボリボリ掻いていますが、一向におさまりません。こういう時って、軟膏とかを、普通塗るんでしょうが、薬大嫌いなので、風邪薬をはじめ、薬の類はなにもありません。

24-3.JPG


 そういえば、温度が低くなったので、さすがにエアコンを切り、窓を開けていますが、いろんな近所の匂いが入って来ています。 タバコの匂い、料理の匂い、、なんだかわからない匂い、、。

 鼻はいい方なので、いつも、「これはなんの匂いかな、、?」と鼻をヒクヒクさせていますが、私にとっては、良い匂いでも、そうでない匂いでも、わずらわしいことが多いです。あんまり匂いがきついと、たとえ良い匂いでも、ストレスになります。

 一番辛い匂いは、実は、、臭い匂いより、よくない素材を使った料理の匂いなんです。活きの悪い魚を、質の悪い醤油で煮込んでいる匂いとか、最悪です。そういう煮魚の匂いって、こちら沖縄に来てからは、あんまりかいだことはありませんが、、。

 匂いといえば、近所の匂いではありませんが、車に乗った時に、芳香剤とか、香水とかが、強い匂いをはなっていると、もう大変、、というか、辛くてしかたありません、。「いい匂いだから平気でしょ?」と言われることが多いですが、あれはもう、私にとって拷問です。

 耳元で、大きな音を、ガンガン鳴らされているのと一緒。とても辛いことなのですが、なかなか私以外の人には理解してもらえません。車のエアコンの吹き出し口につける芳香剤がありますが、あれがある車で、助手席に座っていると、もう最悪です。匂いから逃げられない、とても辛い空間になります。

 臭い匂いでなければ、平気というわけではないのです、、´д` ; 。

24-2.JPG


日記(1402)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月23日

台風一過

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


23-2.JPG

            雲の上
  
昨日は台風が去っていましたが、日差しと共に、雨も風もありましたが、今日は、本当の台風一過、、、と言う感じがしました。

 昼過ぎからは、爽やかな風と共に、かなりの低湿度で、40%台前半まで乾きましたので、気温が26℃あっても、かなり過ごしやすかったです。 湿度は、日が暮れても低くて、いまは、52%。これはこちらではかなり低い湿度です。

 気温は25℃くらいなのですが、こういう気候だと、沖縄の方は、「肌寒い」という人が、多いです。私などは、「ちょうど良い気候じゃん」と思いますが、いつも高温多湿のこちらの感覚はそういうもので、無理もありません。

 この気候、決して長くは続かず、湿度がまた、高くなるのでしょうが、こちらの秋から冬は、意外にも、日照時間が少ないです。 つまり、晴れの日が少なくて、曇りや、雨の日が多いんです。

 寒くないのはありがたいのですが、もう少し晴れの日が欲しいな、、と思っても、思い通りにはなりませんので、ちょっと残念です。 あの、寒いけど、カラッと晴れる、日本の冬の感じはありません。車の中や、窓際にいれば、日差しで、ポカポカ、、、という冬の楽しみは期待できません。

23-3.JPG

                地上の風景

 そのかわり、終始、15℃前後の気温で、寒さ、、というのとは無縁なのですが、私のような人間には、陽射しが欲しくなる一方で、こちら、地元の方は、15℃くらいの気温で、「寒い寒い、、」と言っています。 こちらに来たばかりの頃、「沖縄は冬は寒くなくていいですね」と言ったら、「いや、普通に寒いですよ、、」と言われたので、「えっ気温は何度くらいになるのですか?」と尋ねたら、「15℃くらい」といわれたので、「全然寒くないじゃん」と思いましたが、こちらの気候になれると、15℃でも、十分に寒さを感じるようになります。

 でも、真冬に、本州とか、九州に行くと、とても寒く、まるで、冷蔵庫に入っているような感覚になりますが、こちらに帰ってくると、やはり、「暖かいな〜、、」としばらくは感じます。 こちらで、生まれて、育った人が、本州の真冬を体験したら、さぞかしダメージを受けるでしょうし、海外の大都市に行ったら、間違いなく、大阪や、東京よりかなり寒いので、「人間の住むところではない、、」と思うに違いないと思います。

 日本の場合、東北や、北海道でない限り、世界平均で見たら、かなり暖かめの冬ということが、言えますが、中国の北京とか、韓国のソウルとか、は明らかに、緯度の高い北にありますしかなり、凍える寒さですよね、、。

 とか書いている私は、いままで、北海道とか、冬の中国や、韓国、真冬のヨーロッパにはまだ行ったことがないので、そういう環境に身を置いたことがありませんので、そういうときに行ったら、かなりダメージを受けることになるのかもしれません。

 ヨーロッパの北東部、ロシアも含む、旧共産圏にも足を伸ばしたことはありますが、いずれも、温暖な6〜9月くらいの季節で、あちらの冬は未体験なので、行ってみたいという気持ちはありますが、もう一度は、亜熱帯に住んでしまっているので、実際に寒い季節にヨーロッパに行ったら、嫌いになって、もう行きたくなくなるかもしれませんね、、、(笑)。

23-1.JPG

                     謎の料理


日記(1399)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月22日

台風通り過ぎました。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


22-3.JPG


 台風は通り過ぎました。 こちらでの台風は、初めての経験でしたが、直撃ではなかったので、それほどはひどくなかったのでしょうが、やはり、かなりの風の強さでした。

 雨はそんなに強くなかったですが、人に聞いた話ですが、一般に、こちらでは、台風の時雨より風が強い事が多いそうです。

 一夜明けて、今日の昼間、、かなり日差しが出ていましたが、かなり強い風も、同時に吹いていました。まっすぐ歩けないくらいの強い風が、時折吹いていて、昨日の夜と同じくらいの風でした。もう台風は、通り過ぎたし、雨はないのかな、、?と思っていたら、夕方雨もパラパラ、、と。しばらくは、台風の影響があるのでしょうが、、。

 本州では、週末のいろいろなイベントが中止や、延期になっているようですが、、。

 昨日の暴風のなか、欠航になった飛行機に乗るはずだった人たちは、今朝の飛行機で、帰ることができたのでしょうか?。でも、仮に乗れたとしても、到着地の天候が悪いと着陸できない、、ということも考えられます。

22-2.JPG


 きのう私が打ち合わせした方は、東京から来たのですが、もしかしたら那覇空港に着陸できない可能性があって、そのときは、羽田に戻るかもしれないということを、了解して、飛行機に乗ったそうです。まだ、台風がそれほど近づいていなかったので、なんとか、着陸できたらしいです。

 そういうときって、帰りの燃料も積んで、飛び立つので、機体が重くて、燃費が悪いそうで、効率が悪い飛行になるのだそうです。航空会社も、台風が来ると、いろいろ損害があるのですね、、、。

 でも、運良く着いたから良いようなものの、目的地につかないで、また空港に戻ってしまったら、料金は返してもらえないし、とても高い遊覧飛行代になりますね、、。遊覧飛行といっても、天気は悪いので、眺めは全然良くありませんから、狭いところに詰め込まれて、機体が揺れて、よっぽど飛行機が好きな人以外は、全く楽しくない、ただの苦行なのかもしれません。

 そういう諸々の事を、覚悟していなければ、離島には住めないということなんでしょうね、、。

 あんまり考えていませんでしたが、、´д` ; 。

22-1.JPG

    生姜焼き

日記(1398)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月21日

台風きてますが、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


21-3.JPG


 沖縄から、小宮山英一郎が、台風情報をお伝えします、、、(笑)。

 現在のところ、雨はなく、強い風が吹いていて、歩行困難な状況です、、。 って、まあ、冗談ですが、雨がないのは本当で、昼間は降ったり止んだりでしたが、いまは降っていません。おかげで、本日の昼間の打ち合わせの後は、ほとんど濡れずに帰って来れました。

 でも、天気図を見ると、まだ、台風は通り過ぎては居ないんですよね、、。なのに、風は強くても、雨はなし、、。おそらくは、明日の朝でもまだ、台風は、沖縄本島の東あたりにいるのでしょうが、どっちみちこちらに上陸することはないのでしょうが、、。

 もしかしたら、明日の朝は、大雨だったりするのかな、、?、、それはない?、、でもわかりませんよね、、。まあ、出かける用事はないので、別に構わないんですけど、、。

 昨日も書きましたが、まだ、沖縄の台風を体験していなくて、去年も、今年の夏も台風が一回だけ来ているのですが、その時はこちらにいなかったんです。

 ちなみに、さっき、台風情報をお届けします、、みたいなことを書きましたが、もし、私が気象予報士の免許をもっていたとしても、気象予報士、一個人が、公の場所で、台風の進路や、予測をすることは、禁じられているそうです。 やはり、人命に関わることがある、台風に関する予報は、慎重に、、というのが、気象庁のスタンスみたいです。

21-2.JPG


 たぶん、だから、ある程度、ちょっと大げさな予報が、発表されているような気がするのは、そのせいなんだと思います。過ぎたるは、及ばざるが如し、、というのは、気象の世界ではない言葉なのかもしれません。

 おそらく、こちらは、直撃しませんが、本州は、たぶん間違いなく上陸しますので、被害が心配されますが、どのくらいの風邪や、雨が降るのか、ということは、専門家からみても、全くの未知数なんだと思います。

 なんか、雨は本州の方がたくさん降っているようですし、すぐ横に台風がある沖縄で、雨が降っていないというのは、不思議ですし、そういう台風が与える状況というのは、よくわからないという事なんだと思います。

 なにしろ、相手は自然現象ですから、膨大な過去のデータを使って、コンピューターで、予測しても、そうそう簡単には、動向はわからないのかもしれません。

 素人の私が、単純に考えると、もうかなり気温が下がっている本州に、台風が到達しても、冷たい空気の影響で、弱体化してしまうような気がするのですが、どうでしょうか、、。

 そうだといいのですが、、。

 
21-1.JPG


日記(1399)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月20日

台風が来る、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


20-3.JPG


 10月も後半になるのに、台風が発生していて、本州に上陸するらしいのですが、沖縄も、ちょっとかする、というか、すぐ近くを台風が通るので、天気が下り坂です。 

 こちらの予報では、日曜日まで、雨マークが出ていますが、台風というと、湿度が上がって、モワッとするという風な印象なのですが、こちらはいつも湿度がたかめなので、「台風がくるんだな、、」という体感はあまりありません。

 気象庁の発表では、一応、超大型で、力が強い、、とうことになっていますが、事前にそういう情報があっても、それほどでもない、、ということが多いですよね、、。 これは、「たいしたことない」という予報を出して、ひどいことになっては、いけない、、ということで、多少大げさに予報を出しているのだと思いますが、天気図や、衛星画像を見る限りは、なんだか、恐ろしくでかい台風ではあるように見えます、、(⌒-⌒; ) 。

 どうなるのかな、、、?。 

 あと数日で、こちらにかなり近づきますが、そのころは、もう10月も終わり近く。 実際のところ、沖縄は10月中に台風が来るということは、ないわけではないそうなのですが、本土の方にこの時期に台風が来るのは、珍しいことかもしれません。

20-2.JPG


 この台風、さすがに、本州を直撃しそうですが、これが去った後は、がくんと、ものすごく寒くなるのでしょうね、、。そして、多分沖縄も、かなり涼しくなるに違いありません。

 今日のブログの写真は、飛行機の窓から撮った写真ばかりですが、快晴ではありませんが、まあまあ天気が良い時の写真。 雲の上に機体が上昇して、眼下の雲海みたいなものが見えますが、台風が来ると、どんな景色になるのでしょうか?。やはり、ある程度高度が上がると、雲がなくなって見えるのでしょうか、?。

 台風が近づいている、昼間に、それを意識して飛行機に乗ったことがないので、ちょっとわかりませんが、、。

 実を言うと、明日の昼間打ち合わせがあって、出かけなければならないのですが、予報は大雨。 こういうときって、仕事ですから、出かけますが、大雨で、ビショ濡れになってしまうのでしょうか、、?。まあ、寒くないので、まだマシですが、あんまりビッショリだと困りますし、あんまり風が強いと、歩くのにも苦労したりして、、。

 実を言うと、まだ、台風が近づいた時、この沖縄にいたことがないので、それが心配です。


20-1.JPG


日記(1398)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月19日

おでん

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


19-1.JPG


こ、小宮山です、、、!(笑)。 やっと沖縄に戻ってきました。

 福岡では、懐かしい友達にあったり、あんなものや、こんなものを食べたり、いろいろと、楽しい時間を過ごして参りました。

 実は今日、飛行場に行く時間を間違えてしまい、搭乗出来ないかも、、というところだったのですが、機体の整備の関係で、出発時間が遅れた関係で、なんとか、無事乗り込むことができました。

 しかし、当たり前のことですが、あちらは涼しかったですね、、。

 もうすっかり秋、、という感じで、長袖じゃないと、ちょっと寒い、、という気候でした。そんな温度で、数日過ごしていましたから、こちらについたら、きっと暑いぞ、、と思っていたのですが、、空港を降り立ってみると、、、随分こちらも先週にくらべ、涼しくなっていました。

 まあ、でも、まだ最高気温は30℃くらいあるんですけどね、、、(笑)。 最低気温が、25〜6℃になっていますので、随分先週よりは涼しいです。

 福岡の気温が、最低気温は16〜7℃でしたので、こちらの真冬の気温。 私には随分涼しく、いや、少し寒くさえ感じました。ずっとなんだかんだと雨も降っていましたし、しっとり、、というよりは、なんというか、寒々しい感じがしましたが、銭湯のお湯に浸かって、温まったりして、それなりに快適に過ごすことができました。

 
19-3.JPG


 台風が、本州に近ずいている、、という情報もあったので、また、足止めを食らうのでは、、という不安も感じましたが、無事に戻ってくることがでいて、よかったです。

 九州は来月も行くのですが、そのころは、すっかり秋から、冬に変わっていることでしょうから、寒いのでしょうね、、。どのぐらい寒いのか、、ちょっとはっきり予想できない、、というか、もう、11月がどのくらいの気温になるか、はっきり覚えていませんが、、風邪をひかないようにしなければなりません。

 先週までは、こちらでは、海水浴をしていた人もいたみたいですが、そういう人はもういないかもしれませんが、、この気温なら、泳げないこともない気もしますが、、、。 どっちみち私は、運動も、泳ぐのも苦手ですし、好きではありません。

 そういえば、沖縄のコンビニって、9月ぐらいから、普通におでんを売っているのですが、「こんな暑いのにおでん食べる人いるのかな」と思っていたら、結構買っている人がいるんですよね、、。

 暑い時に食べるおでんって、どんな感じなのかな、、?。

 わたしは食べる気はしませんがね、、コンビニだしね、、´д` ; 。

 コンビニといえば、アイスクリームの売り場というか、ケースに、9月ぐらいになると、ほとんどフルーツ系がなくなって、チョコとか、コーヒーとかのアイスが増えるのって、どうしてなんでしょうか?。

 一応季節感ということはわかるのですが、暑い沖縄なら、10月ぐらいまで、フルーツ系を残しておいて欲しいです。その辺の融通がきかないのは、如何なものか、、、?と思うのですが、そう思いませんか、、?。

 ナンダカナ〜。

19-2.JPG


日記(1397)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月18日

最近食べた麺 110 中華そば と 替え玉

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


IMG_3241.JPG


みなさん、ご無沙汰しています!、しばらくお休みしていました、CMSレコードエンジニアの小宮山です!、(笑)。

主宰のピアニストの細川が、ブログを代行していましたが、今日からまた、いつも通り私、小宮山が、かきます!。

と言う訳で、今日は、10月6日以来の、「最近食べた麺」。

前回の「最近食べた麺」は、大阪のうどんでしたが、今日は、福岡の 中華そば です。

中華そばと言うと、いわゆるラーメン的な食べ物ですが、地域によっては、いわゆる豚骨ラーメンと区別するために、醤油味のラーメンを、わぞわざ 「中華そば」と言う呼称で言っているところもありますが、福岡など、北部九州では、豚骨ラーメンを、日本蕎麦と区別して、 「中華そば」と呼んでいるお店もうあるので、 「中華そば」の定義は難しいです。

IMG_3239.JPG


ところで、今日取り上げる 「中華そば」ですが、これは、鶏と、魚介系の出汁で仕上げた、醤油味の非豚骨ラーメンです。

細かい話ですが、この「非豚骨ラーメン」と言う言葉は、ラーメンなら、豚骨が当たり前と言う九州、福岡において、近年いろいろなラーメンを出すお店がたくさん出来て営業する様になってから、よく使われるようになった言葉という気がします。

IMG_3237.JPG


それで、今日取り上げるお店は、なんどか、このブログにも登場している九州では、珍しい部類に入る、いわゆる非豚骨ラーメンのお店。
店主は、福岡出身ながら、7〜8年前にあえて、鶏出汁のラーメン店を始めた方なのですが、改良に改良を重ねて、日々格闘している、私に、言わせれば、ラーメン界のレジスタンスの様な人です。

IMG_3244.JPG


麺も自家製で、お店の中で毎日つくっています。
麺を自家製にすると、いろいろな麺をつくる事ができる反面、選択肢が多くなり、スープとの相性を考えると、ラーメン全体の完成度を、高くすることが、かえって難しくなる、と言うところがあります。

そんな、難しいコンセプトに挑戦している店主ですが、ここ数年、長年の苦労の甲斐があって、かなり高い完成度を実現しており、毎回の来店を私は楽しみにしています。

お店のどこにも、書いてはないのですが、出汁は天然成分だけ、、、つまり、化学調味料は入っていませんが、ここのスープは、実にコクと旨味と、良い香りがあります。

そして、そのスープにぴったり、、と言うか、バッチリ合った麺が創り出す、このお店独自のラーメンの世界は、世界中探しても絶対にない、第一級の日本の味なんじゃないかと思います。

今回は、めずらしく、替え玉(麺のお代わり)をしたのですが、ちょっとした発見がありました。

中華そばの麺は、細めのちぢれ麺なのですが、替え玉で、入ってきたのは、平打ちの極細麺でした。この麺が、独特の、良い意味での、粉っぽさ、粉の香りを感じる、上質な素麺の様な麺でした。

通常は、替え玉をすると、スープがちょっと薄まって、味がボケてしまう事が多いので、タレや薬味を足したりするのですが、しっかり出汁がでているので、なにもしなくても、とても美味しく、替え玉をいただけます、と言うか、また、ちがった、別の料理として楽しむ事ができます。

私は、本来替え玉否定派なのですが、こういう替え玉なら、大歓迎です、、^_^ 。

IMG_3245.JPG



日記(1379)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(110)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2017年10月17日

深まる秋

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


IMG_3086.JPG


細川です、まだ引き続きブログを書いています。

昨日の夜は、温度が下がって、16℃になりました。これから秋が深まる感じがしますが、この、16℃と言う気温は、沖縄なら、真冬の気温です。

ところで、沖縄は、まだ最高気温30℃、最低気温が26℃と言うくらいの日が続いています。たしか、例年の今頃は、もう少し涼しくなっているはずですが、今年はまだ、海水浴ができると言って、泳いでいる人がいます。

いまが、10月の半ばですが、いつまでそういう気候が続くのでしょうか。

IMG_3139.JPG


九州と沖縄の今の温度差は、最高気温で8℃ほどもあり、九州から沖縄に行くと、かなり暑く感じる事でしょう。

私がこちらにきてから、ずっと、雨でしたが、今日は午前中から雨は止んでいました。 その後晴れ間が出てなかなか良い天気になりました。

こちらは、すっかり秋の様相で、涼しい、ではなく、寒い、、と言う気候に近づいていますが、キンモクセイの香りも、あちこちでして、秋と言うより、冬がちかづいているという感じもします。


IMG_3251.JPG


日記(1396)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(107)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月16日

休日

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


IMG_3247.JPG


昨日、一昨日につづいて、いつもの小宮山に代わって、私、細川がブログを書いています。

昨日の、移動と、演奏、その後の打ち合わせと、とても長い1日を終えて、昨日の夜遅くに床につき、ゆっくり休みました。

今日は、世の中週始まりの月曜日でしたが、たった2日とは言え、かなりのハードスケジュールでしたので、自主的に安息日としました。
できるだけ仕事のことを考えずに、休息と気分転換をする、、と言う事で、のんびり過ごしました。

お昼は、お気に入りのお店に行き、中華そばを食べて、その後やはり大好きな喫茶店で、コーヒーと、カスタードプリンを頂き、新聞や、雑誌の紙面をゆっくりと、眺めながらゆったりと、時間を過ごしました。

IMG_3237.JPG


その後、安息日と言いながら、私も、小宮山もお世話になっている、福岡大名のジャズ専門レコード店、キャットフィッシュレコードさんに、行き、いろいろな話をしました。

音楽の、はなし、CDのはなし、業界よもやま話など、結局、仕事寄りの話にもなってしまいましたが、割と長い間そこで過ごしました。

その後、夕方過ぎに、休日の仕上げに、お気に入りの銭湯に行ってきました。

大きな湯船に浸かりながら、のんびり過ごす、休日を満喫しました。

IMG_3206.JPG


日記(1394)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月15日

名古屋から、九州、熊本へ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


IMG_3197.JPG


と言うわけで、今日も小宮山に代わって、私、細川がブログをかきます。

昨日のお寺での演奏は、一部が、小濱さんのクインテット。テナーの小濱さんと、アルトは東京から池田篤さん、ベースは島田剛さん、ドラムは、倉田大輔さんと言うメンバー。
一昨年の暮れにもこのメンバーで名古屋で演奏しました。演奏した、妙法寺のご住職は、サックスを演奏されるので、小濱さん、池田くんとも、縁が深い方で、このお寺でのコンサートを、もう20年も、続けていらっしゃるそうです。

そして、二部が、小濱さん率いる、ザ サックスジャズ オーケストラの皆様との共演でした。サックス ジャズオーケストラの皆さんとは、9月30日にも演奏をご一緒しました。慣れない大編成で、私的には、楽譜にかかりっきりということが多かったのですが、今回は、前回より、楽しく演奏できました。

今日は、早朝から宿をでて、名古屋駅経由で、空港に向かいましたが、朝の7時前にもかかわらず、日曜のせいか、名古屋駅はものすごい人で、ごった返していました。
空港も同様で、手荷物検査所には、長い行列ができていました。

なんとか、時間通りに、飛行機が飛んで、福岡に着いたのが、午前10時前。少しだけ遅れたので、予定の新幹線には乗れずに、一本後の便で、熊本に向かいました。

熊本駅からは、アルトサックスの伊澤隆嗣さんの車にのせてもらって、今日の昼間の仕事場所、熊本県球磨郡の多良木町までゆきました。

IMG_3154.JPG


岐阜県の、山の中というか、穏やかな、田舎から、名古屋を経て、飛行機で、九州の都会の福岡に着き、そこから、また熊本県の、かなり奥の方に、、。

別に、山間部や、農村部での演奏を専門にしている訳ではありませんが、たまたま2日連続で、そういった環境で演奏すれことになりましたが、移動距離の長さ、滞在時間の短さは、スケジュールがタイト過ぎて、せっかく気持ちのよいところにいったのに、ちょっともったいなかったです。

実は昨日の岩村町も、今日の多良木町にも、温泉があり、時間に余裕があれば、それを楽しめたはずなのですが、それができなかったのは、とても残念なことです。

IMG_3194.JPG


日記(1394)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

沖縄から、本州へ(昨日のブログ)。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


IMG_3157.JPG


突然ですか、CMSレコード主宰の、細川です。

今日は、小宮山が休みなので、私が、ブログを書きます、と言っても、日付けが変わってしまっていますが、、。

今日は、朝沖縄を出て、名古屋へ、、。でも、目的地は、名古屋ではなく、岐阜県でした。

先日からこのブログにも、掲載していましたが、今日は、岐阜県の岩村町のお寺、妙法寺で、サックス奏者、小濱安浩氏率いる、クインテットと、サックス ジャズオーケストラの皆様とのコンサートが、ありました。

沖縄から、わざわざ呼んでいただかけるということは、大変有り難いことですが、会場の岐阜県岩村町は、長野県との県境から、それほどはなれていない、場所です。

一旦沖縄より遥かに都会の、名古屋についてから、風光明美な、岐阜県の田舎まで列車を乗り継いで、全工程7時間程の長旅をしました。

IMG_3213.JPG


空港から私鉄で、名古屋の金山(かなやま)まで行って、そこから、JRに乗り換えて、1時間以上乗って、そのあと今度は、単線、二輌編成のローカル線にのって目的地に近い駅に着いたのですが、このローカル線が、なかなか味わい深い列車でした。

IMG_3216.JPG


ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、沖縄には、電車は走っていません。戦前には、島全体に、線路が張り巡らされていたらしいのですが、米軍の爆撃で全て破壊され、割と最近できたモノレール以外は、バスや、車しか、交通機関は、ありません。

なので、普段の生活では、列車に乗る機会は全くありません。

のんびりと、田畑や川沿いに走る列車の旅は、これから仕事、、という場合でも、それなりに楽しめるものです。
天気は、良くはなかったのですか、国籍こそ、日本でありながら、全く文化が違う沖縄で、普段みる景色と全く違う、日本の典型的な、田舎の風景は、歳のせいか、とても癒されます。

やっと着いた。岐阜県の、岩村駅には、今日の主催者方が、車で迎えに来て下さっていました。

演奏場所のお寺に着いて、リハーサルのあと、夕食をいただきましたが、これまた、車窓から見える景色と同様、とても、日本らしい、素材と味わいで、舌鼓をうちました。

演奏者や、コンサートスタッフの為に手造りで、用意してくださった、献立の、数々に、仕事に来たことを一瞬、わすれるほど、楽しみました。

演奏後は、打ちあげが、あったとおもいますが、私は、明日の飛行機がはやいので、車で駅まで送っていただき、電車で、名古屋まで、でました。

明日は、朝早飛行機で、九州福岡まで、飛んだあと、熊本の山奥に向かいます。

IMG_3218.JPG


IMG_3209.JPG


10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄

10.15.sun
熊本県多良木音楽祭

石倉ステージ 14:20 〜 伊澤隆嗣 (as ss) 細川正彦(p)

お問合せ:たらぎ音楽祭実行委員会 0966-42-1257 https://www.facebook.com/taragi.musicfes/




日記(1394)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月13日

真面目なブログの次の日には、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


13-1.JPG


 なんか、ここ数日CDの話とか、コンサートチケットのはなしとか、、いろいろ書いていましたら、だんだん内容がシリアスになってきて、文章も硬くなってきてしまっていて、私の本来の気真面目なところが出て(←ウソ)しまっていたので、なんだか、チャチャラしたブログを書きたくなりました〜、、(笑)。

 というわけで、今日のブログの写真、1枚目は、先日本州に行った時に乗った飛行機の窓から写した一枚。 上空何メートルなのかわかりませんが、やっぱものすごい景色、、というか、こういう風景は、地上では見ることはできませんよね、、。

 あの飛行機の小さな窓から、たまたま窓際の席に座ることができたので、携帯で撮った写真なんですが、周りを見ると、そんなことをしている人は、多分いなくて、なんだか、初めて飛行機に乗った人、、みたいでちょっと恥ずかしかったですが、まあ、そんなこと気にすることもないのですが、そういうバカなことを意識しました、、(笑)。

 前にも書きましたが、この窓から見える上空の景色って、LCCに乗ろうが、普通の飛行機に乗ろうが、ファーストクラスだろうが、ビジネスクラスだろうが、同じ景色がみえるわけで、そういう意味では、こういう写真を撮るなら、LCC に乗ったほうが、お得感があるのかな、、?とも思いますが、どうでもいい話かもしれませんね、、(笑)。

13-2.png


 それから、二枚目の写真は、これ、福岡のラーメン屋さん『◯なもこ◯』で出している「肉宇宙」という変な名前の、肉うどんのような、中華そばなんです。麺とお汁と、肉と、薬味のネギだけ、、。 自家製麺、をつかった個性的な一種のラーメンなんですが、これは、もうラーメンでもうどんでもない、なんだかわからない、食べ物なんですが、美味いか不味いか、、?と訊かれれば、美味しい麺料理でしたが、なんか不思議な感じがしますね、これ。 器は、わざと、うどんっぽいのを使ってます。

 ちなみに、福岡県では、うどんと言えば、「ごぼう天うどん」、、つまり、ゴボウのてんぷらの乗ったうどんとか、甘辛く煮た肉をのせた、いわゆる、「肉うどん」とかが、うどんやさんのスタンダードメニューですが、これって、関東や、関西では、それほど見ないメニューなんですよね、実は。

 あちらで、全然ない、、ということはないにしても(ないお店の方が多いデス)、全然スタンダードメニューではないんです。なので、当然、よくお昼にサラリーマンのおっさんがオーダーしている、「にくごぼう」のうどん、、つまり、ごぼうのてんぷらと、肉が両方入ったうどん、なんていうのも、東京などでは、滅多に食べられない、メニューなんですよ、、。

 だから、私は思うのですが、九州以外からきた観光客の人には、変なラーメンを食べさせるより、うどんやさんに行って、「肉ごぼううどん」を博多の味として、紹介したほうが、良いと思うんです。

 個人的には、「肉ごぼううどん」は、甘辛く煮た、肉の汁が、うどんのダシと、てんぷら両方にまわってしまって、なんだかわからない味になるので、たまには食べても良いですが、それほど、「好き」ということはないんですが、あの甘辛、脂っぽいうどんって、他の地域から来た人には、なかなかインパクトがあって、面白いのじゃないのかなと、思います。

 最後の写真、これは近所にある、スパイスカレー屋さん。

 沖縄には、そういったタイプのお店はほとんどないので、とても貴重なお店なのですが、そこの、ゴマ風味の豚の入ったカレーです。 生の紫玉ねぎのスライスが、強烈に主張していますが、味は、そこまで、ネギくさくないです。 欲を言えば、もう少し、コクが欲しかったですが、スパイシーで、なかなか美味しかったですよ、、。 

 店主は、山口県出身の方で、大阪や、福岡にも住んでいたらしく、私の知っている、福岡のスパイスカレー屋さんにも随分行ってたみたいです。

 そんじゃ、今日は、ここで、おしま〜い、、!。

13-3.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄

10.15.sun
熊本県多良木音楽祭

石倉ステージ 14:20 〜 伊澤隆嗣 (as ss) 細川正彦(p)

お問合せ:たらぎ音楽祭実行委員会 0966-42-1257 https://www.facebook.com/taragi.musicfes/




日記(1394)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月12日

コンサートのチケット料金のはなし。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


12-1.JPG


ここ数日、CDアルバムの値段の話とか、いろいろ書きましたが、ライブとか、コンサートのチケットの話をちょっと書いてみたいと思います。

海外に行って、コンサートや、ライブに行ったことがある方なら、大まかに、日本より、あちらの方が、値段が安いことが多いと言うことは、ご存知だと思います。

日本の場合、特に海外から来た演奏家のライブやコンサートの料金が、特に高めなわけですが、それを聴く人たちは、「海の向こうからわざわざ来ているから」と思っている方が多いと思いますが、日本の興行関係の会社の利益率は、異常に高く、それが高いチケット代の原因になっているのが、現実です。

CDアルバムの価格もヨーロッパや、アメリカに比べ、日本は高いと言う事を、以前のブログに書きましたが、コンサートや、ライブのチケットも、高め。

要するに、音楽が、気軽に楽しめる娯楽と言うよりも、やや贅沢なものと言う位置づけになっているというという事なのだと思います。

12-2.JPG


そう言うことは、ほとんどの海外から来る演奏家は知らない、と言うか、関与していないわけですが、興行主の大きな利益から、ほんのおこぼれをもらって、日本以外の場所で演奏する時より、高いギャラをもらっています。

私の大好きなバイオリニストで、このブログにもよく登場する、ギドン クレーメル氏は、ここ何年も、日本の大手の呼び屋を通さず、演奏するホールをチケットの予約場所として設定し、安価なチケットの値段で、来日公演を実現しています。

彼の様な一流の演奏家が、その様な、型破りなことをしたのは、驚きですが、これは、聴衆のみならず、実は演奏する会場にもメリットがあります。

大手の興行主が、招聘する、海外の一流アーティストのコンサートを、会館が、催すためには、実は、抱き合わせで、他の沢山の演奏家のコンサートを主催しなければならないことがあり、それが、またチケット価格の高騰にもつながっています。

我々聴衆は、催しを、お金を払って受け入れるしかない立場ですが、より良い音楽を、適正な価格で聴くことのできる環境が、さらに増えることを、願いたいものです。

なんか今日は真面目な雰囲気のブログだな、、(・_・; 。

12-3.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄

10.15.sun
熊本県多良木音楽祭

石倉ステージ 14:20 〜 伊澤隆嗣 (as ss) 細川正彦(p)

お問合せ:たらぎ音楽祭実行委員会 0966-42-1257 https://www.facebook.com/taragi.musicfes/




日記(1394)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月11日

CDの値段って、、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-3.JPG


 昨日のブログに書いた、CDアルバムの制作コストと、販売価格の話をもう少し書きたくなりましたので、書いてみようと思います。

 そういう業界にいるのに、そういうことを、あまり真剣に考えたことがなかったのですが、なんでも、物を売る場合は、その原価とか、製造コストというものを意識して、価格を決めると思うのですが、CDアルバムの価格を見てみると、必ずしもそうとは限らない、、というより、少し計算のしかたが違うのかな、、?と思います。

 というか、もともと、特殊な採算のとり方をしているのかどうかわからないのですが、ほかの物品に比べると少し値段のつけ方がちがう、、。

 例えば、ラーメンなら、材料の値段と、光熱費とか、器の値段とか、、お店の総合的な採算コストを考えて値段を決めますし、チャーシュウ麺なら、その分、お肉の値段だけ、高くなるという風な感じで、価格が決まっています。

 でも、CDアルバムの場合、オーケストラのアルバムも、ソロピアノのアルバムも基本的には同じ値段。バンドのCDでも、ゲストが入っているから、値段が高いということはないですよね、、?。
 まあ、ラーメンとか、食品と違って、CDは一度音源が完成してしまえば、大量に生産できるという違いはありますが、何万枚とか、何十万枚も売れるアルバムなら、多少の制作コストの高さは、枚数が売れれば吸収できるはずですが、それほどたくさん売れる訳ではない、CDアルバムも、売れるものも、基本的にそれほど、売値は変わりません」。

 ちなみに、日本ではなく、海外のマーケットに置けるCDアルバムの価格は、日本より少し安いです。おそらく、日本のように、2500円という値段をつけると、買う人は敬遠してしまうかもしれません。だいたい日本より2〜3割は新譜でも安い、、という印象があります。 ついでにちょっと書くと、コンサートとか、ライブのチケット代も、海外では、日本よりかなり安いことが多いです。

 日本は島国で、他国と隔離された状態にありますので、独自の価格設定がやりやすいということもありますので、売る側が、高めに、、一種の贅沢品としての、値段設定を最初にして、販売を始めた、、というのがその原因になっているのだと思います。

11-2.JPG


 でも、そういうことが、景気が後退した時の、消費に大きな影響をあたえてしまう原因の一つになっていることも、否定できません。もうすこし値段がやすければ、買いやすい価格になっていれば、売れにくさ、消費の鈍化を防げたかもしれません。

 書き始めの内容と文章の中身がだんだん違ってきてしまいましたが、CDは、大量生産できる商品とはいえ、やはり、売り値のつけ方が特殊な商品であることは間違いありません。

 比較的、CDアルバムと似ているというか、大量生産も可能な、書籍の場合と比較してみると、同じページ数でも、写真が多いとか、装丁にお金がかかっているという理由で、かなり高めの価格がつけられている本はたくさんあると思うのですが、CDの場合、ブックレットのページ数が多くても、基本的に値段は一緒であることがほとんどですよね。
 それどころか、二枚組となると、2500円×2の5000円にはならず、4500円とか、安めの値段になっていることが多いですよね?。あれって、どうしてなのか、、?。

 本なら、ページが多くなると、必ず、値段もあがって、それなりに高くなるのに、CDだと割安になる、、、。 それから、リイシューとはいえ、CDの場合の全集物とかになると、さらにお得になることが多いですよね、、。 本の場合、全集物が特にお買い得という感覚はありません。

 単行本のハードカバーとか、ケースに入っている、分厚い物だと、一冊5〜6000円もするものも、珍しくありませんし、それを全て揃えると、20万円近いものも、ありますし、最近のデフレ傾向も、あんまり、書籍には関係ない感じがします。

 なんか考えれば考えるほど、CDの値段設定って、謎が多い気がします。

 どうでもいい話かもしれませんが、今日の写真は、どれも気に入っています、、(笑)。

11-1.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄

10.15.sun
熊本県多良木音楽祭

石倉ステージ 14:20 〜 伊澤隆嗣 (as ss) 細川正彦(p)

お問合せ:たらぎ音楽祭実行委員会 0966-42-1257 https://www.facebook.com/taragi.musicfes/




日記(1390)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月10日

アンサンブルの大小に関係なく。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


10-1.JPG


 昨日一昨日と、クラシック音楽、それも、大編成のオーケストラの録音の話を書きましたが、よく考えてみると、オーケストラは人数多いので、演奏するだけで経費が普通のアンサンブルより、かかります。

 だからと言って、その分、CD一枚あたりの値段を高く設定して販売できるかというと、そういうわけには行きませんから、昨今の経済状況の中では、その制作は、ますます難しくなっているに違いありません。

 ピアノのソロや、ヴァイオリンのソナタ、ヴァイオリンと、ピアノ伴奏にくらべ、指揮者や、オーケストラの人件費が高いので、バイオリン協奏曲のCDは、一枚6000円にします、、なんていうことになったら、そのアルバムは、なかなか売れなくなってしまうでしょう。

 オーケストラの人員を減らすわけにはいきませんから、やはり、経費を節減するとしたら、録音や、ミキシングにかかるお金を減らすしかないのかもしれません。

 クラシックの世界で、どんな編成の音楽に人気があるのかと、考えてみると、これは、やはりオーケストラということになるのでしょうが、それがどうしてなのか、、ということは簡単には説明できませんね、、。

10-3.JPG


 小編成の室内楽や、器楽曲より、大編成で、絢爛豪華、、ということが、人気に繋がっているという解釈もできますが、、。 ピアノを演奏している人や、勉強している人は多くて、オーケストラの音楽に比べて、極めてシンプルな編成でありながら、ショパンとか、ベートーベンとか、そういう作曲家の作品のコンサートや、CDは、多分人気があるということは、容易に想像がつきます。

 ジャズの世界では、いわゆる、小編成が人気の中心で、やはり、ビッグバンドでなければ、、という話は、あまり聞きませんが、クラシックの世界の場合は、やはりオーケストラに人気がありますよね、、。

 それも、多くの場合交響曲と言われるジャンル。 長い演奏時間と、大きな編成、時には合唱まで入って、100人を超えるアンサンブルもありますが、曲が長くて、編成が大きければ、音楽の質が高くなる、、ということは、もちろんないわけですが、なぜか、軽薄短小の逆、、、という世界が好かれている、、というのは、レコード会社や、音楽事務所の宣伝のせいで作り上げられた価値観というような気がします。

 コンサートをやるにも、録音をするにも、経費がかかるプロジェクトを、芸術的に素晴らしいものとして、宣伝して、成功に導く、、という業界の手法なのかな、、とも思いますが、はっきりそれを断言することも、にわかにはできません。

 うちで、オーディオを使って音楽を聴く立場にたって、想像してみると、コンサートチケットが高い、海外の一流オーケストラの演奏を、2500円くらいで買った、CDアルバムで、楽しめれば、それはお得感がありますよね。

 今回初めて、こういう考え方をしますが、NHK交響楽団のCDが、1500円で、ヴィーンフィルのCDが4000円する、、ということは一般には、ないわけで、これは、考えてみたら、ちょっと不思議な話ですね。

 そういう意味では、レコード業界というところのお金の計算というか、価格のつけ方って、ちょっとふしぎなところがありますね、、。リリースして時間が経ったアルバムを、廉価版として安く販売するのはわかりますが、演奏者や、編成によってかかる経費が違うはずなのに完成したCDアルバムはほぼ同じ値段ということは、そこにはいろいろなトリックがありそうです。

10-2.JPG

   回鍋肉と、油淋鶏の定食

CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1390)

音楽(82)
エンジニアの独り言(66)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年10月09日

最近のクラシックレコードについて−2

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


9-3.JPG


 今日は、10月の9日ですから、今年も残す所、あと3ヶ月未満ということで、もう、年末や、来年の話も、ちらほら。こちらは暑いので、秋らしさとか、年末が少しづつ近ずいているという、実感がわきませんが、こうしている間にも、刻一刻と、年末に近づいています。

 昨日書いた、昨今のクラシックレコードの音質の話ですが、これは、主に大編成、、つまり、オーケストラを使った収録において顕著な話で、小編成の作品に関しては、それほど質が落ちている、、ということはなく、むしろ、新しいテクノロジーを使って、質が向上しているものも、ないわけではないようです。

 私が昨今の、すべての作品をチェックできているわけでは、もちろんありませんが、景気の後退と、それ以上の、世界的なCDの売り上げ不振が、確実に、レコード会社の制作費を減少傾向に導いており、作品の全体的な内容と、音の質は、残念ながら、上昇傾向にはない、というのは、否定できないというのが、私の認識ではあります。

 ここで言えることは、交響曲や、協奏曲など、オーケストラを使って、ホールで録音するような制作物は、演奏者の人件費や、指揮者のギャラ、大規模な録音機材の設置とオペレーションをしなければならない関係上、どうしても、大手の会社の独壇場とはいいませんが、小さな事業者では、なかなか手を出しにくい、分野であり、大手のレコード会社は、それぞれ、長年にわたって、構築してきた独特の、収録とミキシングのノウハウを持っていました。

 そのノウハウから出来上がっていたサウンドは、コンサートホールの最良の席で聴くよりも、音楽がくっきりと聞こえる、一種の仮想現実で、そういった音質に慣れてしまうと、ほとんどのホールで、生で聞いた演奏が、かなり遠くに感じたり、鮮度が悪く感じるほどでした。 

 これは、ブルーノートや、ECMの録音が、ライブハウスで聴くジャズバンドの演奏よりも、仮想現実的な、リアリティーをもっていて、録音と、ミキシング技術で、生演奏とはまたちがったリアリティーを追求して、CDアルバムを、生演奏に比べて、より付加価値を持たせた、音楽作品として成立させるためのテクニックを使っているのと、同じような、再生芸術としての世界を追求した結果だと言って良いと思います。

 ある意味人工的な、仮想現実の世界に、慣れてしまっている私のような者は、ワンポイント(2本のマイクで、簡易的にステレオ収録した)収録した、オーケストラの録音には、やはり、物足りなさを感じてしまいますし、オーケストラだけならまだしも、ソリストのいる協奏曲の演奏では、やはり、ワンポイント収録では、バランスや、リアリティーに、不満が残ります。

 大手のレコード会社のオーケストラの収録方法は、ワンポイントなどの、そこまでシンプルな収録方法で、予算をガッツリ節約しているわけではないのですが、かつての録音のような緻密な仕上がりのものは、ほとんどなくなってきていると言って良いと思うのですが、それは、技術の問題というよりは、やはり、予算の問題で、以前のような大掛かりな、装置を使って録音をし、長時間のミキシング、、つまり、仕上げに時間をかける予算がない、、という事情からきているのだと思います。

9-2.JPG


 私は、クラシックの録音の専門家ではないので、完全にクラシックの収録方法を把握しているわけではないのですが、出来上がった作品を聞けば、従来の、というか、ひと昔前の収録方法や、仕上げの方法(ミキシング)を採用していないことは、すぐにわかります。

 例え、マイクの数が少なくても、現代の最新技術である、DSD収録をすれば、また違った意味でのリアリティーを追求できることを否定できませんが、あの技術はまだまだ使う側の経験値が低いので、演奏と、曲、そして、録音会場をかなり選ばなければ、従来の方法を使った、よくできた録音を凌駕することは難しいと思います。

 小編成の場合は、かなり優秀な録音もDSD収録のなかにも存在しますが、これもまた、従来の方法で追求していたリアリティーとはまたちがった次元の音質で仕上がりますので、いろいろ難しいものがあります。

 そもそも、DSDも含む、ハイbit、高サンプリング周波数の収録、、いわゆるハイレゾの音質が良いとか、音楽的であるか?、、ということに関しては、従来の方法にくらべ、絶対に音質が優良である、、、そういう作品ができるか否かと訊かれれば、まだまだ、新技術で、実験の域を出ていないところも多いと、私は思います。

 言い換えれば、それほどに、過去の録音技術の膨大なノウハウが、様々なかたちで、優秀な音楽作品の制作に貢献して来たわけで、人材や、予算を削って、それと同じものや、それ以上のものができる、、、というはずがあるわけもない、、と思うのが、普通だと思います。

 そういうわけで、オーケストラの収録に関しては、大雑把に言って、70〜80年代に完成したノウハウを、予算の関係で規模の縮小をした現場で録音した音源は、以前のような、芳醇な音で、楽しめるような仕上がりで聴くことは難しくなっていると、言わざろう得ません。

 現代の録音機は、デジタル化して、アナログや、デジタル初期に比べ、信じられないほどに、かなりコストダウンできていますが、それでも足りないほど、作品制作のバジェットは極端に下がっていると言えるのだと思います。悲しいことですが、これが現実で、この状況は、今のままでは、未来永劫、続いてゆくしかなさそうです。

 いくら「エンジニアの独り言」でも、マニアックなこと書きすぎましたかね、、、(笑)。


9-1.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄

10.15.sun
熊本県多良木音楽祭

石倉ステージ 14:20 〜 伊澤隆嗣 (as ss) 細川正彦(p)

お問合せ:たらぎ音楽祭実行委員会 0966-42-1257 https://www.facebook.com/taragi.musicfes/




日記(1392)

音楽(82)
エンジニアの独り言(66)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2017年10月08日

最近のクラシックレコードについて。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-1.JPG


 今日は、レコーディングエンジニアとして、最近のクラシックレコードについて、ちょっと書きたいと思います。

 話のきっかけは、今日の午後3時ぴったりの時刻に、お知り合いの方から電話がきました。

「某バイオリニストの某ヨーロッパの名門レーベルからの10枚組全集が、中古で、かなり安く売っているのですが、これ、お買い得ですかね?」というのが、その電話の内容だったのですが、そのバイオリニストは、アジア系の素晴らしい人で、私も彼女のアルバムを何枚か、所有して、愛聴していましたので、おそらくは、新品の10分の一くらいの値段でしたので、購入することをお勧めしました。

 こういう全集物というのは、バラバラに発売したものを、後年セットとして、販売するもので、多くの場合、少し前の録音ということが多いのですが、これもその例に漏れず、70年代から、80年代くらいの録音のものがまとめられています。

 中古屋さんには、よく、こういったセット物が置いてあって、一度購入した人がなんらかの事情で、売りに出したものも多いのですが、倒産した販売店に在庫として売れ残っていたものが、出回ることもよくあります。値段の高いセット物を、仕入れたはいいが、なかなか売れないということもよくあるのです。

 今回のものは、どなたかユーザーが売りに出したもので、外箱は結構傷があったらしいのですが、中身、、つまり、CD盤自体は、綺麗な状態だったようです。これが、アナログ盤=LPレコードの場合、開封して、聞いていれば、必ず小さな傷がありますし、再生してみれば、雑音も少なからず出てしまっていることがほとんど。そこへ行くと、CDの場合、よっぽど大きな傷がないかぎり、新品と変わらない音で再生できますし、多少の傷があっても、再生するときにエラー補正機能が働いて、雑音が出ることはほとんどありません。

8-2.JPG


 この全集を出した大手レーベルは、歴史あるレコード会社で、大変有名なレーベルですが、去年私が買った、同じレーベルの最近の録音の、他のバイオリニストのコンチェルトのCDは、残念ながら、あんまり音質がよくありませんでした。
 それはどうしてなのかというと、最近はCDアルバムの売れ行きがわるいので、録音に、昔のようなお金も、時間もかけていない、、というのが、その理由だと思うのですが、なんでもこの分野は、新しい方が良い、、という時代は、残念ながらもう終わってしまっているということなんだと思います。

 そもそも、その大手、名門レーベルは、もう実質的には、解散していて、そのブランドを、現存する大きな会社が買い取って、そのライセンスというか、意匠を使って商売をしています。 おそらくは、もともと制作に関わっていた、熟練した録音技術者は、もう引退しているか、退社しており、一昔前の、大きな利益が望めるような、緻密な生産体制はもう、とっくの昔になくなっています。

 非常に残念なことですが、多くの名門レーベルはなくなっているか、身売りして、実質的には存在しておらず、「◯◯レーベル」という名前の元、発表している最近のCDアルバムは、すべて、ローコストで生産されていて、実質的には、名前だけのレーベル名が一人歩きしているわけです。

 これは、ジャズの世界でも、全く同じことが言えて、「Verve」とか、「Blue Note」などのレーベルから出ているアルバムでも、プロデューサーはおろか、エンジニアまでも、レーベルが実質的に活動していた当時のスタッフは、だれも関わっていない、言ってみれば、包み紙だけ老舗の物で着飾われた、厳しい言い方をすれば、完全な「パチ物」なんですよ。

 そういう意味でも、一昔前の良き時代の、しっかりした生産体制のもと、制作されたアルバムは、中古で、安価に手に入れられるなら、お買い得、、と、間違いなく言えるわけです。 ナンダカナ〜。

 こんなことを、堂々と書いてしまっていたら、CMSレコードのアルバムも含めて、最近のアルバムが、ますます売れなくなってしまうかもしれませんね、、。

 あっ、でも我がCMSレコードは、小さなレーベルなので、今も昔も、、、って言っても十数年の歴史しかありませんが、手抜きなしの制作スタンスで、ずーっと、良いアルバム造りに、携わっていますよ〜、、( ´ ▽ ` )ノ 。 新作しばらく出てないけど、、、´д` ; 。

8-3.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1391)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2017年10月07日

沖縄の秋。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


7-1.JPG


 今日は、相変わらずの最高気温32℃。 でも昼間の湿度は50%台まで下がって、風もあったので、ものすごく暑い、、という感じには、なりませんでした。

 酒井さん、やっぱこの、湿度とか、温度の話は、最初に書かないと、のりが出なくて、ブログがかけません、、(笑)。って、酒井さんって誰、、?(笑)。

 というわけで、暑めなのに、秋を感じる、沖縄ですが、先日の中秋の名月は、曇りと雨で、見られませんでしたが、昨日夜は、満月っぽい月を見ることができました。 あくまでも、満月っぽい、、デスガ、^^; 。満月に見えないことはなかったデスよ。

 そういえば、日月と、連休らしいですね、、。月曜は、体育の日。

 体育の日といえば、秋の行事、運動会を思い出しますが、、。この暑い沖縄でも、運動会するのかな、、。

 ところで、今日は久しぶりに、時々行く食堂に行ったのですが、時々は行くとは言っても、しばらくこちらにいなかったこともあって、かなり久しぶり、、。

 「お久しぶりで〜す」なんて、挨拶をして、食券を買って、日替わり定食をお願いしたら、少しだけど、小さなお刺身が、サービスで付いてきました。 なんか嬉しい、久しぶりに来たのに、サービスなんて、、。その店は、ビルの中にあるのですが、多分個人経営のお店。

7-2.JPG


 沖縄は暖かいところで、のんびりしている、、という話も聞きますが、知り合いが、学生時代に、旅行できたら、旅館の人に、明日は山に登る予定を伝えていたら、頼んでいたわけではないのに、次の日の朝、お弁当をもたせてくれたそうです。もちろん無料で、、。

 つまり、のんびりしていると同時に、いろいろ情に厚いところもあるみたいですね、、。そのほかに、他の人に聞いた話ですが、雨が降ってきたら、宿の人が、駅まで車で送ってくれたとか、、。

 私はまだ、そういう経験をあまりしていませんが、田舎の方だと、そういうことが多いのかもしれません。私の、久しぶりに来た、お客に、お刺身サービス、、というのも、そんな、沖縄らしさなのかもしれません。

 ちなみに、お刺身は小さなマグロと、鯛のような魚が3枚ずつ。小さいので、それほどの量はありませんが、ちゃんと大根のツマと大葉や、レモンと、わさびが、ついていました。「鯛のような魚」と書いたのは、「この鯛に似ているお魚はなんという名前ですか?」と尋ねたら、「あか◯◯」と教えてくれましたが、初めて聞いた名前で、わすれてしまいました。こちらの海に泳いでいる、魚だと思うのですが、比較的、脂が乗っていて美味しかったです。

 こちらにしては、脂が乗った、あのお魚、もしかしたら、こちらの秋の味覚なのかもしれませんね、、。

 実はこのお店、以前も、丼物をオーダーしたら、小さめのてんぷらの盛り合わせを、サービスでつけてくれたことがありったことを、今思い出しました。


7-3.JPG

  本州の田舎の風景   

CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1391)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月06日

最近食べた麺 102 うどん かやくご飯セット

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


6-1.JPG


 今日は、9月21日以来の「最近食べた麺」。

 せっかく沖縄以外の地域に行ったのだから、是非、沖縄では食べられないものを、、ということで、。大阪生野区で食べた「うどんについて書きたいと思います。 

 生野区といえば、コリアンタウンがあり、そっち系の食べ物の宝庫、、と言って差し支えないと思うのですが、個人的には、「うどん」不毛の地、沖縄からきたので、一度くらいは「おうどん」を食べたいな、、とおもっていたところ、偶然見つけたお店に入ってみました。

 関西では、とうぜん、蕎麦より、圧倒的にうどん、、というのが定番なのですが、最近は、ラーメンや、カレー、牛丼など、大衆的な外食の種類が増えて、昔ほどは、うどん屋さんは見かけなくなってきています。

 外食産業では、「産業」という呼び名がある通り、個人店より、圧倒的に、法人店舗の飲食店が、都市部を中心に増えていて、なかなか今のご時世、大きな街に行くほど、個人経営のお店というのは珍しくなりつつあります。

 そんなわけで、個人店を見つけるにはどうしたら良いのか、、、。 これは、個人的体験にもとづくはなしですが、まず、裏通りをチェックというのが、私の中で鉄則となっています。 これは、裏通り=人出が少ない、、、それから、少し家賃が安いなど、なかなか法人系が出店しにくい立地ではないのかな、、という判断によるものです。

6-3.JPG


 このうどん屋さん、平屋の建物で、路地を入って、2分ほど。 路地を入る手前には両側に、派手な飲食店があり、ちょっと見には、その存在すら、気づく人が少ないのでは、、というロケーションにありました。

 昔ながらの、のれんと小さな看板が、遠目に見えて、「なんのお店かはわからないけれど、なんかお店があるな、、」と思った時点で、旅の荷物を抱えつつ、通りの奥まで、とりあえず進んでみました。そうしたら、「うどん屋さん」の看板、そして、お昼のメニューが入り口に張り出してありました。

 これといって特徴のない、うどん店だったのですが、私は何かを感じて、入りました。たしか、もうお昼の時間は過ぎていて、ランチタイムも終わりという頃、、もしかしたら、入ったら、「もう終わりなんですよね」という事を言われても仕方がない時間でした。

 入ってみると、お客が二人、、。 カウンターとテーブルに飛び飛びに一人ずつすわっていて、うどんを食べていました。 カウンターの中に、シンプルな厨房があり、生麺から茹でたうどんが、ザルの上にのせてあったり、てんぷらを揚げる油の器がはっきりと見えました。でも、揚げ置きのてんぷらは、なしなので、注文があってから揚げているに違いがありません。

 「これはいけそう!」、、と、瞬間的に思ったわけですが、厨房を切り盛りしているのは、スナックのママ的な小綺麗で、上品な中年の女性。 ここは、寡黙な感じの職人さんを期待したかったので、ちょっとあれっと、思いましたが、もう入ってしまいましたし、まあまあ良さそうな雰囲気なので、お昼のサービスセット、「かやくご飯セット」をオーダーしました。

 「かやくご飯」という文字を見ると、関西に来たな、、と私は思うのですが、あえて、てんぷらの入ったものではなく、それをオーダーしたのは、旅行者だからかもしれませんが、まあ、定番である、、ということもありますし、おつゆの味が天婦羅の油で変わらずに味わえるという目算もありました。

 しばし待って出てきたうどんは、最初の写真のようなものでした。 手作りの卵焼きと、わかめと、かまぼこが具材でしたが、かまぼこが、見たことのないタイプのの色と、形。 これについては、どうして、こういう色と形なのか、関西のうどんにはこれが定番なのか、?、それとも、この地域の特徴なのか、、など、いろいろな想像が浮かびましたが、初めて行ったお店で、そこまではなかなか尋ねられませんでした。

 味はいたってシンプル、見かけ通りのでしたが、うどんのおつゆは、関西にしては濃いめの色なのかもしれません。そして、かやくご飯は、しめじがたくさん入っていて、ご飯の硬さも、なかなかいい感じでした。そして、小皿に入っていた、昆布の佃煮と、たくあんずけが、なんとも、上品で美味しかったです。

 うどんは、手打ちではなさそうでしたが、是非また行って、あのかまぼこについて、質問したり、揚げたてのてんぷらが入った、おうどんを食べてみたいと思います。

 旅先で、一時、ホッとさせてくれる、良いお店でしたね。


6-2.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1390)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2017年10月05日

Jascha Heifetz (ヤシャ・ハイフェッツ) の話 とか、いろいろ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


5-1.JPG


 東海、関西地区を経て、きのう沖縄に戻りましたが、少し思ったより涼しくて、ホッとしています。

 ところで、大阪でお知り合いの方にお会いしたのですが、その方は、このブログを読んでくださっていて、意見をくださいました。このブログ、ほとんどの場合、今日もそうですが、必ず暑いとか、湿度がどうの、、とか、、そういう記述があるのですが、その方がおっしゃるには、毎日のように、そういう感じで気候の話が出てくるのが、イラっとするのだそうです、(笑)。

 まあ、わからないではないのですが、一応日記ということで書いていますので、そういう風に、今日の天気、、みたいなことを書きたい、、。 っていうか、他に書くこともあまりないので、それで、紙面を埋めている、、?、、というわけではないにしろ、それほど、というか、ほとんど問題意識はなく、そういうことを書いています。

 個人的には、「別に構わないじゃん!」というところなのですが、もしかしたら、これを読んでくださっている、他の方の中にも、「そんな、あんまり興味ない、湿度とか、温度とかのこと、書かれてもね、、」という方がいらっしゃるかもしれません。 

 でもかきたいな、、( ´ ▽ ` )ノ 。    なんてね、、。

 さて、ところで、昨日書いた、Jascha Heifetz (ヤシャ・ハイフェッツ) の話。

 もともと私の場合、バイオリンとバイオリン音楽が大好きで、いろいろ聴いているのですが、ハイフェッツは、もちろん巨匠というか、大家で、有名な方なのですが、それほど、たくさんは聴いていませんでした。

 ところが、沖縄のジャズクラブ、Parkers Mood のオーナーで、ギタリストの城間功介氏が、大のハイフェッツファンということもあり、以前より意識してハイフェッツの演奏を聴くようになりました。彼から聞いた、ハイフェッツの話で、私が全く知らなかったことで、とても面白い話がありますので、ここで、ご紹介したいと思います。

 それは、彼が、環境に優しい電気自動車に興味を持っていたそうで、そのために私財を投じて、研究所まで、つくっていたそうです。

5-3.JPG


 エコブームの現代ならまだしも、当時、1950年代にそういった研究を、音楽家の彼がしていた、、ということが、本当に珍しいことだと思います。世界中で演奏し、たくさんお金を、稼いでいたとはいえ、いったいどのぐらいの資本で研究していたのかな、、思いますが、当然彼が没した後にはその研究機関はなくなってしまったのでしょうね。

 ハイフェッツは、バルト三国のリトアニアの出身。私の大好きな、ギドン・クレーメルはラトビアの出身ですから、やはり、あの辺りの音楽的なレベルは、相当高いのでしょうね。以前は広大なソ連邦の一部として存在していた国々ですが、もちろん以前は独立した国家で、ソ連邦崩壊後は、再びそれぞれ独立した国として存在していますが、ソ連邦の一部だったおかげで、ハイフェッツも、クレーメルも、世代こそ違いますが、大国ロシアの優秀な教育を受けることができたということができます。

 ハイフェッツは、レニングラード(サンクトペテルブルグ)、クレーメルは、モスクワと、勉強した場所も時代も違いますが、ロシアのバイオリン教育のメソッドを継承している音楽家と言えると思います。

 ハイフェッツは、レオポルト・アウアーに師事し、クレーメルはオイストラフに師事。よくかんがえてみれば、アウアーは、ハンガリー系ユダヤ人、ハイフェッツもユダヤ系ですし、オイストラフも、クレーメルも同じくユダヤ系ですから、やはり、バイオリン音楽のせかいでは、ユダヤ系の人材が、演奏史をつくってきたと言って、差し支えないという気がします。

  アウアーは、若い時にヨアヒムからも教えを受けていますから、ハイフェッツはヨアヒムの孫弟子ともいえますが、ヨアヒムも、アウアーも、いったいどんな演奏をしていたのか、とても興味がありますが、時代が古いので、録音がないのが、残念です。

5-2.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1390)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(107)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年10月04日

Jascha Heifetz (ヤシャ・ハイフェッツ)の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


4a-2.JPG


 みなさんこんばんは〜 本州の秋を満喫して、思いっきりリフレッシュしてきた、CMSレコードエンジニア、小宮山英一郎です!。

 さ〜リフレッシュしたので、思いっきりマニアックな話を書くぞ、、っと思いますが、、(⌒-⌒; )。

 突然ですが、今日はバイオリニスト、Jascha Heifetzz (ヤシャ・ハイフェッツ)について書きたいと思います。いつも、バイオリニストといえば、Gidon Kremer の話ばかり書いていますが、ちょっとあるきっかけがありまして、あらためて、ハイフェッツの演奏をCDで聴く機会がありました。

 ハイフェッツ(1901年2月2日〜1987年12月10日)といえば、言わずと知れた今世紀最大の、名バイオリニストなわけですが、改めて聞いてみると、いや、ほんと巧い、、。

 もちろん演奏のことなんですが、クラシック業界というと、近年、というか、ここ30年くらい、いろいろな名手というか、コンクールを勝ち抜いた演奏家がたくさんいて、技巧家だらけという気がしていたのですが、ひさしぶりにハイフェッツの演奏を鑑賞して思ったのは、彼より巧い人って、現代でも、そうは、居ないな、、、ということ。

 久しぶりに聞いたのは1950年代、かれがアメリカに亡命してからの録音なのですが、脂の乗った、50代の演奏ということもあるのかもしれませんが、とにかく、テクニックは完璧ですし、なんというか、気品溢れる、堂々としたパフォーマンスは、まさに巨匠、、という感じなんですね。 彼が亡くなったのは1987年ですから、できることなら、一度くらい、生を聞いてみたかった、、というより、聴かなけりゃいけなかったな、、と、思いました。

4-a1.JPG


 あと今回聴いたCDで気づいたことは、カデンッアも興味深かったということです。

 それは、ベートーベンのコンチェルトを聞いたのですが、多くの人がヨアヒム、あるいは、クライスラーのコンチェルトを演奏しているに対して、かれは、師匠のレオポルト・アウアーのモノを自分で編曲して演奏しています。それで、そのカデンッアなのですが、意外にも、Gremer が演奏している、シュニトケの書いたオリジナルのカデンッアに似ているところがたくさんあるということなんです。

 それは、例えば、同じニ長調のブラームスのコンチェルトのフレーズを引用している箇所があるのですが、それは、そのままシュニトケのカデンッアにも存在していて、これは、パロディー好きのシュニトケが、わざと挿入したものだと、長い間思っていたのですが、そうではなくて、ロシアのバイオリン演奏家として、そして、教育者として、歴史に残っている、レオポルト・アウアーの発想であるということが想像できるわけですが、これって、結構びっくりしました。 もしかしたら、ハイフェッツの考え、、ということもありえないことではないのですが、、。

 逆の言い方をすれば、シュニトケ、あるいは、クレーメルが、アウアーや、ハイフェッツに敬意を表している、、という意味もあると思うのですが、どうでしょうか?。

 ここまで書いて、ふと思ったのは、クレーメルの師匠のオイストラフは、どんなカデンッアを弾いているのかな、、ということ。 というわけで、 YouTube で探してみると、、彼は、クライスラーの版を使っていました。 我が道を行く、、という感じで、人の真似を極端に嫌うクレーメルが、あえて、アウアーや、ハイフェッツの影響下にあるカデンッアを演奏しているのは、どうしてなのか、、ちょっと興味がありますが、それは本人に聞いてみなければ、わかりませんね、、。

 はなしがクレーメルの話になってしまいましたが、やはり、フェッツが、皆と同じような、カデンッアを弾いていない、、とうのは、やはり巨匠の証ではないのかと思います。

 それにしても、アルバムのライナーを見ると、日本の音楽評論家は、あまりにもカデンッアに無知で、そのことに触れていないことが多いので、情けないな、、と思います。

 というわけで、ハイフェッツの話、今日はこの辺で終わりま〜す。

4a-3.JPG


    ハイフェッツとは、関係ない、名古屋の台湾混ぜ麺

CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄



日記(1389)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(107)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz





posted by えんこみ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

大阪で、、(昨日のブログ)。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


3-1.JPG

     大阪の秋の空

 細川です。 携帯の充電器を某所に置き忘れ、昨日の夜、そして今朝も、ブログの更新ができませんでした。トホホ。

 なので、先ほど戻った沖縄で、これを書いています。

 大阪は演奏はなかったのですが、いつもお世話になっている、ジャズ喫茶、放出の、「ディアロード」さんに、お邪魔して、オーナーの酒井さんと、いろいろなお話をしたりして過ごしました。

 そして、夜は、九州時代からのお友達、K さんと合流して、夕ご飯を食べました。K さんは、以前福岡にお住まいで、その後転勤で東京へ、そして、ことしのはじめから、郷里の大阪住まいになったので、ぜひお会いしようということで、待ち合わせました。

 彼は、以前里帰り中にも、サキソフォンの武井努さんとのライヴに来てくださったり、とても、音楽が好きで、なおかつ、とても詳しい方、それからかなりの健啖家で、話していてとても楽しい方です。

 行こうと思っていたところがあったのですが、時間の関係で、無理だったので、飛び込みで居酒屋さんに入ったのですが、そこが大当たり。なかなか良いお店でした。

 その後宿に戻ったのですが、彼に渡そうと思っていたおみあげを、渡すのを忘れていたことに気づき、今日の昼間に再び合流して、せっかくだからと、オススメのラーメン屋さんに行きました。

 なので、ちょっと、小宮山の「最近食べた麺」的に、レポートしてみたいと思います。  

3-2.JPG


 そのお店は、大阪の中心部、谷町6丁目にある、醤油ラーメン店でした。お昼で、すこし並んでしましたが、割とすぐ入ることができました。

3-3.JPG


 ラーメンは写真の通りの、オーソドックスな、醤油味で、大阪らしい、独特の、お好み焼きなどに通ずる、甘みとコクがある、味でした。麺は、とってもツルツルで、出す直前に厨房で、なんどもかなり高く麺を持ち上げて、スープとなじませている、という丁寧な仕事が、印象的でした。

3-5.JPG


 黒豚の炊き込み御飯は、お昼限定で、ちょっと濃いめの味付けが、薄味のラーメンともよくあっていて、美味しかったです。

3-4.JPG


 帰ってきた那覇の気候は、比較的涼しく、湿度も低めで、思ったより、過ごしやすくて、ホッとしています。

 今日の分のブログは、後ほど、小宮山で、、いや、小宮山が書きます(笑)。

CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が、岐阜県
であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1388)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(107)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月03日

名古屋 2 (昨日のブログ)

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


IMG_3023.JPG


また、更新が次の日になってしまいました。
名古屋2日目、今回の演奏の最終日は、ラブリーでの演奏でした。

メンバーは、テナー小濱さん、ドラム倉田大輔さん、ベーシストは、初共演の、東京から安藤昇さん、それに、名古屋の若手、トランペットの平手裕紀さんでした。

初共演のメンバーによる演奏は、緊張感がありますが、それと同時に、どんな音楽が、いったい出来上がるのか?という期待感もあります。
ベースの安藤さんは、色々なところで、何度かお会いしているのですが、仕事ではない、セッションでの演奏の経験はありましたが、本番で共演をするのは初めてでした。

ラブリーと言うお店は、名古屋の老舗。名古屋のみならず、東京をはじめ、全国から色々な演奏家がきて、毎日演奏しているお店で、地域以外の人達にもよく知られているお店。

IMG_3039.JPG


毎日演奏が行なわれている場所の場合、ピアノも酷使されていることが多く、演奏がしにくい楽器であることが多く、かなり苦労することも多いのですが、ラブリーのピアノは、メインテナンスに気を使って下さっていて、そう言ったストレスが少なく、弾きやすいピアノです。

今回の演奏は、さすがに、初顔合わせのメンバーによるものだったので、最初の方では、緊張がはしる場面も多かったのですが、次第に打ち解けて、緊張感に一体感が加わった、スリリングな音楽を演奏することができる様になりました。

昨日のブログにも書きましたが、名古屋には優秀な若手が多く、来る度に、彼らの成長ぶりを見ることができて、とても勇気付けられるのですが、今回も、トランペットの平手さんの演奏には、とても感心しました。

ジャズと言うジャンルの中で、トランペットと言う楽器は、サキソフォンと共に、花形ですが、それを演奏することはとても難しく、日本全国を見渡しても、それなりにしっかり演奏することができる演奏家は、ほんのわずか、と言うより、ほとんどいません。

これは、演奏者本人の才能と努力だけでなく、その地区の音楽的な環境も大きな影響を、与えると、思いますが、やはりそういう意味でも、名古屋のジャズシーンには、沢山の色々な刺激があるのだと思います。

今日は、演奏はないのですが、名古屋から大阪に向かっています。

IMG_3049.JPG


CMSレコード主宰、ピアニスト細川正彦の演奏が岐阜県であります。

10.14.sat
第20回妙法寺チャリティーJazzコンサート
「九州北部豪雨災害復興支援チャリティー」
妙法寺  お問合せ:0573-43-2275
恵那市岩村町911-2
小濱安浩(ts)・池田篤(as)・細川正彦(p)・島田剛(b)・倉田大輔(dr)
+The Sax Jazz Orchestra feat.大窪玄栄




日記(1387)

音楽(82)
エンジニアの独り言(62)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(107)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記