2017年11月21日

中華料理、、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


21-2.JPG


 昨日のブログで、ドラッグストアにいったら、中国の人がお客さんでたくさん来るので、店員さんも中国の人がほとんどだった、、という話を書きました。

 中国といえば、私たち日本人に、もっとも馴染みがあるのは、中華料理。 中国料理とも言っていますが、これは、もちろん中国大陸で生まれた料理です。長い歴史の中で、当然日本という国にも中国の文化はいろいろと影響を受けていますので、料理もというか、食文化もそれないりに大陸の影響を受けています。

 一番私たちに馴染みが深いとものといえば、やはりラーメンですが、ラーメンはもはや、日本の料理といっても良いもので、中国の影響で、日本でつくられ、本場にはないタイプのレシピで、改良され、いまや、中国にも逆輸入されていて、日本にあるチェーン店が、あちらでも支店を出していたりします。

 これは、中国発祥の麺料理が日本人の創意工夫で、ブラッシュアップされ、本場でも受け入れられているという話です。 これは、ヨーロッパのクラシックや、アフリカの音楽の影響の元、アメリカでできあがったジャズという音楽が、日本をはじめ、世界の国で頻繁に演奏され、愛されている、、ということにも似ています。

 先ほど、中国からの観光客がたくさん沖縄だけではなく、日本各地にたくさん訪れているという話をかきましたが、彼らが日本に来て、何を食べているのか、、ということを考えると、意外にも日本の中華料理をほとんど食べていないんです。

 それは、せっかく旅行に来たのだから、わざわざ中華料理を食べなくても、良い、、という風に思っているということもありますが、実は、日本の中華料理は、中国大陸で食べられているものと、随分ちがう料理である、ということもある様です。

21-1.JPG


 どういう風に違うのか、、というと、私が中国大陸に一度も行っていないので、はっきりと具体的なことを書けないのですが、かつて、中国から来た音楽家たちと仕事をして、親しくなったときに、彼らが言った言葉をはっきりと覚えています。

 それは、日本の中華料理は「中華料理じゃない」というもの、、、。

 つまり、中国で彼らが毎日食べていた、料理と随分味が違うみたいなんです。
 私の知っている範囲で言うと、たとえば、ラーメンというか、中華そばの麺は、日本では黄色っぽくて、コシがあり、縮れていることも多いのですが、あちらでは、全くそうではなく、白くて、まるで冷麦のようなもので、コシもあんまりないものが多いです。私は大陸は行ったことはないのですが、台湾は何度か行ったことはあって、麺もたくさん食べましたが、平打ちのものも含めて、小麦粉にかん水などを入れて、コシや硬さを出したものはとても少ないです。

 とは言っても、広い中国大陸ですから、地方によっても全く違う味付けや材料でつくられているのでしょうから、これが中華料理だ、、とか、これは中華料理ではない、、といような明確な基準がどれだけあるのかは、はっきりとは言えないのかもしれませんが、、。

 かつて仲良くなった中国の演奏家で、湖南省出身の打楽器奏者がいたのですが、彼が言うには、「日本の中華料理は醤油の味ばかりする、、」という言葉がありました。

 湖南省は中国の東南部の内陸の地方なのですが、四川省のお隣、、。 なので、唐辛子を多用するらしく、四川料理に使う唐辛子は湖南省で、栽培されたものが多いそうです。その彼が言った、「醤油の味ばかりする」という言葉は、例えば、豚の角煮とか、野菜炒めとか、という料理では、醤油を一切使わないということでした。

 醤油の味がしない、野菜炒めや、豚の角煮というと、全く想像がつかないのですが、かつて福岡にいたときに食べた、山東省から来た人たちが作った料理でも、炒め物は全く醤油の味がしなくて、塩分は塩だけだったので、その、打楽器演奏家が言ったことはあながち嘘ではないのかもしれません。

 なので、そういう日本風の中華料理(?)は、大陸から来た多くの人たちに、馴染みがない、、あるいは、旨さを感じない料理、、いいかえれば、本場の中華料理とは、違うタイプの料理であるという可能性は高いので、それを食べることはしないのでないのかな、、と思います。

 これは、アメリカに行って、日本料理店にいって、なんだか訳のわからない料理を食べたという話も聞きますが、そういう類の本場の人たちにいわせれば、よくわからないアレンジがされているという事なのかもしれません。

 私の仕事に関係のある話で言えば、アメリカのレコーディングエンジニアが、日本のニューミュージックの録音とミキシングした時に、「どうして、フォークソングみたいなコード進行なのに、ファンクみたいなリズムの伴奏がついているのか理解できない、、」という疑問をもったという話を聞きましたが、そういう感覚に近い話なのかもしれません。

 ニューミュージックの歌詞が日本語で理解できない、、というならわかりますが、リズムやアレンジに関しても理解できない、不思議な音楽だ、、と感じることは、中国の人が、豚の角煮に、なんで、醤油味がするんだ、、?という感覚に近いものがあるのかもしれません。

 こういう、文化的な誤解みたいなことで、新しい料理や、音楽が出来上がる事があって、そのこと自体には面白みがある話ですが、それぞれのルーツを知っている人にとっては、そのように面白がってばかりもいられない話なのかもしれません。

 
21-3.JPG


日記(1425)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月20日

見かけじゃわからない。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


20-1.JPG


 今日は11月の20日で、もうあと10日で、今月も終わり、、。ということは、今年も、あと一ヶ月と10日しかないんですよね、、、

 年の暮れとか、クリスマスとか、正月とか、、、そういう行事というか、そういうのが、もう目の前に、、。

 こちらもだんだん寒くなってきていて、最高気温は22℃あまり、、。暑いという言葉は、さすがにもう、誰も言わなくなってきていますが、この時期になっても、時々27〜8℃になることがあり、その時はやっぱり「暑いな〜」という風になります。

 先日このブログで、それほど寒くないのに、マフラーとかダウンジャケットとかを着たりするけれど、さすがに手袋はしている人を見たことはない、、、ということを書きましたが、昨日衣料品店(って、最近あまり使わない言葉ですが)にいったら、一応手袋が少しだけですが売っていました。

 べつに売っているからといって、沖縄で使うということではなくて、本土とか、旅行とかで行って、使う人が買うのかもしれませんが、、。

 買い物といえば、先日ドラッグストアに、日用品を買いに行ったときに、いつも行かないお店に行きました。それはなぜかというと、いつも利用していたお店が閉店してしまったからなのですが、こちらのドラッグストアとか、百円ショップって、旅行者の人がとても多いんです。

 見るからに旅行中のかっこをした人とか、が多いのですが、それも、中国の人がとても多いです。百円ショップもそうなのですが、もしかしたら、ああいうお店が、あちらには少なのかな、、と思うぐらい、中国から来た人が買い物をしています。でも、ほとんどの百円ショップの商品が中国で生産されているんですけどね、、。

20-3.JPG


 まあ、それはもともと知っていたことなのですが、あるものを買おうと入った、そのドラッグストアで、初めて行ったお店なので、品物がどこにあるのかわからず、探していたのですが、広い店内で、時間もあまりなかったので、お店の人に場所を尋ねました。 若い女性の店員さんだったのですが、なぜか、尋ねたのですが、キョトンとしていて、返事が返ってきません、、。 「おかしいな、、」とおもって、よく見てみると、胸の名札には、中国人らしい名前が、、。

 今時は、どこにいっても、物販に限らず、飲食店や、いろいろなところで、外国人が接客をしているので、別に中国の人がお店にいても、なんにも珍しくはないのですが、そのひとはどうやら、日本語があまりわからないらしいのです。 「仕方ないな」とおもって、白衣を着た、他の店員さんに尋ねたのですが、その人も中国人でしたが、中国語なまりの日本語でしたが、すぐに対応してくれました。

 レジで清算して商品を買って帰るときによく見てみると、どうやら、ほとんどの店員さんが中国人のようで、それどころか、お客のほとんどが、中国の人、、。ようするに、別に中国人専用のお店、、、というわけではないのですが、お客さんの大半が中国から来た人、、ということで、その人たちにために、中国語で対応できる店員で、お店を運営しているみたいでした、、。

 レジのひとも、日本語はできましたが、中国人でしたし、逆にいえば、中国人向けのお店をしていれば、業績は安泰ということなのでしょう、、。

 しかし、そうまでして、徹底して中国人対応のお店造りをするほど、中国のひとがお客に多いんですね、、。もしかしたら、私が知らないだけで、日本の他の地域でも、そういうお店が多いのかな、、?。

 今日は、中国人観光客の話を書いて、食べ物話を書きませんでしたが、あすは、ちょっと、中国人関係の、食べ物の話を書いてみようかなと思っています、、(笑)。

20-2.JPG


日記(1424)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月19日

今日は、少し寒かった。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


19-3.JPG


 今日は今朝方かなり気温が下がりました。といっても19℃でしたが、こちらで、20℃を下回ったのは、初めてな気がします。その後少し温度は上がりましたが、21℃未満で、相変わらず温度差が少ない気候です。

 少し風が強かったのと、湿度が低かったので、初めて涼しいではなく、ちょっと寒いな、、と感じました。  でも、時折陽射しが出ていたので、爽やかな感じがしました。買い物のついでに、写真を撮りましたが、今日のブログの写真はその時のものです。

 3枚目にうどんの写真がありますが、これは昨日からの流れで、ついに我慢ができなくなり、ショッピングモールのなかにある、チェーン店(でも一応本場讃岐本店の)で食べたものです。 このお店、讃岐(香川県)で、小麦粉を練って寝かせたものを、冷蔵保存しながら、全国各地の支店に配送し、各店舗で、製麺しているのですが、お昼のピークに近い時間に行ったせいか、かなり茹でてから時間が経っていて、麺はあまり美味しくはありませんでした。

 ちなみに、全国の街道沿いにある、◯◯製麺という名前のお店は、ウチワの生産でも知られる、香川県の地名を使っていますが、本社は讃岐ではなく、関西の会社のチェーンです。でも、あのチェーンは、小麦粉から、各店舗で、こねて、製麺しているので、なんというか本格的な製麺所の機能を各支店にもたせた、なかなかよく考えられたお店です。

19-2.JPG


 先ほどの私が行ったお店もそうですが、全てアルバイトで運営できる、麺を打つ職人いらずの、機械化された営業形態で、賢く運営されていますが、茹でる時間や、タイミングはそれを任される人材次第なので、そこが最大の大きな問題です。

 うどんは、できるだけ茹でたてをだしてほしいのですが、アルバイトの人はなかなかそこまで細かな対応は、一応研修を受けているのでしょうが、できませんし、ピーク時にお客を待たせると、回転が悪くなり、業績の悪化にもつながりますので、その辺りはなかなかうまくいきません。

 そこをしっかりできる人材を一人、入れるだけで、かなりお店のグレードが上がるのですが、なかなかそこまでして運営できないのが、アルバイトを使ったチェーン店の限界ということなのかもしれません。

 まあ、でもよく考えてみると、日本全国や、沖縄のような離島でも、四国の讃岐うどんが食べられるということは、ありがたいことで、上に書いたようなチェーン店はそれなりに頑張っている、、ということは言えますし、本場で食べたことがない人は、それほどの厳格さを、讃岐うどんの品質に求めていない、、というところがありますからね、、。

 なんか、結局うどんの話になってしまいました、、、(°_°) 。


19-1.JPG


日記(1423)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月18日

うどん

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


18-2.JPG


 昼間忙しくて、ぼーっとしていたら、いつもの更新の時間過ぎてしまいました。

 去年もこちらで過ごしているはずですが、11月の半ばを過ぎているのに、まだ暖かいので、冬の感じはしませんし、もうすぐ年末、、もしくは正月という感じもしません。

 いまは夜の8時過ぎですが、気温は20℃くらい、昼間は24℃くらいでしたが、一瞬26℃にまでなって、やはりちょっと暑かったです。いろいろと、今までの人生で経験していない環境ですから、まだまだ全然なれない、、。

 よく言えば、新鮮な感じなのですが、なんか不思議な浮遊感というか、所在ない感じが続いています。

 慣れないといえば、食生活に関して、、。 麺類、特にうどんが好きな私なのですが、こちらは、うどんやさんが、ほとんど無い、、。全国チェーンのお店は街のはずれにありますが、街の中には「うどん」という文字は見当たりません。

 一軒だけ、個人経営と見られるお店があるのですが、「これはうどんじゃない!!!」というようなうどんを出していて、ものすごくがっかりしました。

 今日、本州から来た方と、うどんについていろいろお話をしたのですが、讃岐まで何度もうどんを食べにいった話とか、その他、他の地域のうどん文化の話をしていたら、やるせないほどうどんが食べたくなりました。もう1年半をとっくに過ぎているのですから、いい加減にこの環境に慣れても良い、、と思うのですが、これに関しては、まったく慣れません。

18-3.JPG


 そういえば、お蕎麦が、まあまあ美味しい店を見つけたので、時々行っていて、そのそばの写真を昨日のブログに使いましたが、そこは、本格的なそば屋さんなので、まったくそば以外の麺はありません。 昔は、関東地区では、そば屋さんでも、うどんを出していたりして、食べようと思えば、たとえ美味しくはなくても、「うどん」という食べ物は食べることはできました。

 そのそば屋さんは、本州の関東地方から移住してきたお店なのですが、もしかしたら、頼めば、うどんを打ってくれないかな、、ということを、いま思いつきましたが、それほど常連ではないので、それは頼めませんし、もし常連になっても、その願いは叶うかどうかはわかりません。

 九州のうどんやさんで、そばを出しているおみせがあって、うどんのお汁にそばを入れて提供しているのですが、「これはちょっと違うな、、」とという風に感じます。でも、この際、そばのお汁にうどんが入っていても、文句は言わないので、実現してほしい、、、そんなことを、真剣に考えています、、(笑)。

 ダシの類は、自分で作ることがありますが、麺自体を作る、、ということは、聖域というか、素人がやるべきではない、、という考えがありますので、いちどもやったことはありませんが、いっその事、うどんを自分で打ってみようかな、、ということも考えるようになってしまいました。

 うどんというものは、純粋に、小麦粉と、塩と、水だけでできていますから、材料的には、素人でも作ることができないことはない、、という食べ物ではあります、、。

 どうしようかな、、、´д` ; 。

 こんな話で、ブログが終わるのって、ナンなんですが、今日はこれでおしまい、、、、^^; 。

18-1.JPG


日記(1423)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月17日

奴隷ではなくても、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


17-1.JPG


 昨日のブログで、「自分の時間が少ない人生って、極論いえば、そんなの奴隷みたいなものだ、、」という、ちょっと過激なことをかきましたが、読んでくださっている方から、FBの方に、コメントをいただきました。

 そのコメントはなかなか秀逸なものだったのですが、私が思うに、誰しも初等教育をはじめとして、学校に通いますが、そ時間は、社会に出るための大切な研修期間という意味のある時間でもあると思うのですが、授業だけでなく、いろいろと、団体行動の中で、拘束を受けますよね、、。

 もちろんそれもまた、教育活動の一環なのだと思いますが、私にとっては、少なからずストレスになりました。例えば運動会の練習とか、卒業式の練習など、長い時間をかけて、極端に言えば、北朝鮮のマスゲームみたいに、統率されて、均整のとれた団体行動を強いられる、、。

 これは、社会の中における、一個人として、行動規範みたいなものを身につける教育なのだと思いますが、これに従うことに何の疑問も持たずに行動することによって、一つの奴隷化が行われているのだと思います。奴隷化という言葉がおかしければ、無個性化というか、自分の意思で行動することを、無意識のうちに抑制する精神が育てられる、、。

 これはいってみれば、事務員要請教育の一貫であり、人畜無害な人間を作り出す、別の言い方なら、国家のために無意識のうちに尽くす善良な国民教育のシステムなんだと思います。
 この政策は、その後の高等教育や、大学で完成するわけですが、これが教育機関の国による認可に代表される、一つの統制的方法で、よく言えば、それが日本の社会の統制をとっている事なのだと思います。

17-3.png


 個人の個性や意思をあまり発揮せず、一個人として、社会に奉仕して生きてゆく、、。

 もちろん政治的にも体制に従順な人間が創り上げられるわけだと思うのですが、周到なそれらの政策によって、学校を出て、社会に出ても、多くの人が、個人の意思をもつよりも、会社など組織のなかで、有能に働く気質に育てられており、自分の時間を持つことよりも、それ以外のことを志向するような人が多い気がします。

 クラシック音楽に例えれば、ソリストよりも、オーケストラの一員(特に弦楽器セクション)に向いている気質と言えると思うのですが、事実、海外のオーケストラで、優秀な日本人演奏家を多数見ますが、ソリストとなると、かなり少ない人数しか、日本人演奏家には存在していません。

 この事実は、もともと持っている気質によるものも否定できませんが、日本の教育のシステムの成果(弊害)、、ということも、確かに言える気がします。

 奴隷とは言わないまでも、強いものに従順にしかも優秀な形で従う、召使的な性向は、平均的な日本人に確かに強く存在する気質というところがある気がします。


17-2.JPG


日記(1423)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月16日

秋の到来、、か、、とかと全く関係ない話も、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


16-2.JPG


 今朝は結構それなりに冷えました。

 昨日もその前の日も、かなりの歩行距離があり、熟睡、、というか、昨日は気がついたら寝ていて、明け方に寒くて目が覚めました、、(笑)。

 もしかして、冷房を入れっぱなし、、?、かなと思ったら、ぜんぜんそうではなくて、ただ、外気温が21℃なだけでした。だんだんと、こちらの冬の気候に近づいてきたのですね、、。涼しくなると、エアコンを入れないでも、暑くないのですが、湿度が高いときは、少し困ります。

 エアコンで、暖房をすれば、湿度は下がりますが、全然寒くはないので、それは、ちょっと、、、。設定温度をさげて、冷房をするか除湿モードにすれば、湿度はさがりますが、寒くなりますしね、、。

 今日は、いまいち書くことがない、、、なあ、、´д` ; 。 このブログ毎日書いていますが、考えてみたら、来月で、丸5年すぎて、6年目に入ります。初めてのブログを改めて見てみたら、、、、。 短〜い、、、。

 なんかだんだんと長文になっていって、今くらいの文章量になってきたのですが、、。最初のブログは、あきれるほど短くて、、びっくりです。 長ければ良い、、とも思いませんが、最初のブログは、短すぎだと思います。

 あれじゃ、ブログというより、お知らせコーナーというか、ネット掲示板的な、、?。

 時々ブログを見て、「長すぎて無理です」と言われることがありますが、別に無理な人は読んでもらわなくていいです、、(笑)。っと毒のあることをかきますが、ホントそうなんです。
 なんでも手軽に、見ればわかる、、音楽の世界で言えば、何にも知らなくても楽しめる、、とか、そういうことには興味ないですし、そういうものしか受け付けない人にも、興味ありませ〜ん。

 なので、わざと長ったらしく、、、っていうか、大した内容ではないのかもしれませんが、伝えたいこと、読んでいる人に考えて欲しいこと、、などを、ある程度の文章量を使って書いているつもりです。

16-1.JPG


 ほんの数行で、素晴らしいメッセージが伝えられる、、、としたら、それは素晴らしいことですが、私はコピーライターではありませんし、本職のライターでもありません。

 世の中、ほとんどの媒体には、文字制限がありますから、書きたいことがたくさんあっても、なかなかかけないんですよね、、。人と人、話し合わなければ分かり合えないこともあるように、ある程度の長さ以上の文章でなければ、伝えられないこともあると思うんです。

 そういうものを、理解できない、もしくは理解する気の無い人たくさんいるのですが、本当にそれでいいのでしょうか、、?。

 「いろいろ毎日忙しいから、そういうものを読んでいる暇はないんです、、」という人が多いと思うのですが、「本当にそんなに忙しいんですか、、?」音楽を聴く時間もない、テレヴィを見る時間もない(私はみなくていいですが)、、。 そういう生活をしている人ってたくさんいるのかもしれませんが、そういう時間の使い方で、ずっと人生続けても構わないんですかあ〜、、?。

 何気に今日は、説教くさい文章になっていますが、、別に、なんかあったわけではありませんヨ、、、(笑)。

 自分の時間が少ない人生って、いくらお金がたくさん稼げていても、私にとっては、あんまり意味ありません。極論いえば、そんなの奴隷といっしょ、、なんじゃないのかな、と思っています。

 さっさと仕事片付けて、どれだけ自分のしたいことして、人生楽しめるか、、、これが人生の醍醐味なんじゃないでしょうか、、?。

 こんなこと言ってるから、お金稼げないんでしょうが、、。

 まあ、話元に戻りますが、このブログそこまで価値あるものでもないので、適当にスルーしてください、、(笑)。

 って、え〜いまさら〜、、、?って感じですが、まあ、そんなものです、このブログ。  

 へへ、、(笑)。

16-3.JPG


日記(1422)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月15日

まだ暑い、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


15-1.JPG


 今日はいろいろ用事があって、午前中からお出かけしていましたが、結構暑かったです。しばらく秋冬的な天気で、曇りなのかと思っていたら、結構日差しが強く、空はからっと晴れていましたね、、、。

 そのせいか、昼過ぎには26℃近くまで気温が上がってしまいましたので、ちょっと打ち合わせ兼、昼食に入ったお店で、かき氷なんぞを食べましたが、さすがに、今年最後のかき氷なのかもしれません、、。 でも、こちら沖縄では、特に、かき氷とか、氷ぜんざい(単にぜんざいと呼ぶこともおおい)は、夏のメニューという風に決まっているわけではありません。

 ちなみに、今日のブログの1枚目の写真も、2枚目の写真も、本日の撮影です。なかなかの晴天ぶりがわかる写真でしょう、、(笑)。なので、じっとしていれば、まあまあ、暖かいという感じの天気なのですが、湿度低めでしたが、食事したり、歩いたりしていると、それなりに汗ばみました、、。

 それでも、樹木によっては、色づいて、落葉している様な植物もあったりするのですが、例によって、綺麗な花が咲いているものもあったり、、。一年中何かしら花が咲いている、、というのがこちらの風景なんですね、、。

 明日の予報を見ると、最高は24℃になっているので、今日よりは涼しいですが、最低気温は21℃ですから、気温差たったの3℃で過ごしやすいのですが、これも、まあ、こちらのいつもの感じなんです。

15-2.JPG


 この気候ですが、衣料品店に行くと、普通にダウンジャケットが売っているのが、不思議な感じなのですが、なぜか売っています。こちらのダウンジャケットの着方は、中が半袖とか、薄めのシャツで、その上に、オシャレ感覚で、ダウンを羽織る、、みたいな感じなんです。それも、なんだか、変な感じなのですが、、そういうスタイルがこちらのやり方なので、仕方ありません。

 月末に本土に行きますが、もうかなり寒いでしょうから、なにか、厚着をして行かなければならないでしょうね、、。どんな服装にしようかな、、、。 でも実は、この間九州に行ったとき、マフラーを買ってきたので、割と薄めの服装をして、首にマフラーを巻いておけば、とりあえずなんとかなる気もします。そして、向こうに着いてから、あちらにおいてある、冬服の上着に着替えれば、大丈夫なんじゃないのかな、、と思っています。

 実は、安物だったのですが、去年まで使っていたお気に入りのマフラーを、旅先で無くしてしまっていて、他のあんまり使っていないマフラーを首に巻いていたのですが、好みの柄のものを手に入れました。でも、沖縄にいる限り、使う用はない、、と思います。でも、これから、年末とか、来年とかになると、それほど寒くなくても、沖縄でも、マフラーとか、ストールを巻いた人を見ることがあります。

 皆さん、冬のオシャレがすきみたいですね、、。 暖かいところだからこそ、そういう遊びを楽しんでいるのかもしれません。 さすがに、手袋は見たことはありませんが、、、(笑)。

15-3.JPG


日記(1421)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月14日

進歩していない、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


14-1.JPG


 昨日は久しぶりに麺の話を書きました。
 
 でも、今日はまた、ヘッドフォンとかの話、、。 もう飽きました、、?(笑)。

 というわけで、いくら便利な時代になっても、音楽の場合、最終的にスピーカーとか、ヘッドフォンとか、そういう物理的なものというか、アナログなものに通して、耳で聴かなけれは、音楽を楽しめないんですよね、、。

 文章とか、画像とかは、地球上の、、いや、宇宙でも、いろいろなところに送って、いろいろなディスプレイで、見ることができますが、音は、もうワンクッションあって、必ず再生機というか、まあ、スピーカー的なものが必要ですから、ちょっと面倒くさいですね。

 もう少しすると、脳に電極を直結して聴く、、なんていうことになるのかどうか、、、。

  もしなれば、ヘッドフォンとか、イヤホンがどうの、、という問題はなくなりますが、、。 でも、そういうことになるのは、もう少し先、、という気がします。

 実現した場合のことを考えてみると、人それぞれ体調というか、健康状態で、音の聞こえ方がちがう、、とか、そういうことになるのではないでしょうか、、。でも、人それぞれの聞こえ方は、きっと、その人個人しかわからないので、あんまり気にならないのかな、、?。 それか、聴力検査として、脳につないだ電極から、いろいろな周波数の音を入力して、脳波を検査するとか、、、。その結果わかった、特性を加味して、再生機側で、音質というか、音調を補正して、より音楽が楽しく聴けるように調整する、、とか、、?。

14-2.JPG


  そうなると、電気屋さんとか、量販店とかじゃなくて、もう医療行為なので、病院でやるようになるのかな、、(笑)。でも、いま、メガネとか、コンタクトレンズとかも、お店で、検眼しているところがありますから、電気屋さんに片隅に、音調脳波測定調整業(全くの架空の名称ですが、、笑)の人が、常駐していて、測定してもらうようになるのかもしれません。

 そうなるまでは、最終的な音の出口の質というものは、とても大切で、一昨日も書きましたが、再生機の質と、ヘッドフォンのレベルがもう少し合わなければ、非常にもったいない現状は変わらないのかもしれません。

 例えば、テレビが、地デジになって、ブラウン管から、プラズマ(死語?)とか、液晶その後、有機ELになって、制作されている画質にふさわしい、ディスプレイが登場したわけですが、音声の方は、なかなか進歩しない、、ということが確かに言えます。まあ、テレビについているスピーカーや、アンプはそれなりに進歩しているとは思うのですが、なぜヘッドフォン、イヤホンの類はそういう風になって行かないのでしょうか、、?。

 あくまでも、簡易的なもの、間に合わせのために聴く機器として、値段も安いですし、お金がかけられないので、質もそれなり、、?。 

 でも、実際には、それほど高額ではないものでも、しっかりとバランスのとれた音質のものが、全くない、というわけではないので、全てがそういう風に、、とはゆかないまでも、もう少し平均レベルは上がっても良い気がするのですが、、。

 電気店に行って、テレビのディスプレイを見ると、昔のブラウン管のテレビに比べ、それほど、大きさや、値段、メーカーによっての色の違いがあるとは思えませんし、制作した映像の再現性はそれなりに高くなっていると思うのです。出る熱の量や、消費電力は少なくなっていますし、重さや、厚さも、画期的にコンパクトになっている、、。

 これほどの進歩をしているのに、ヘッドフォンの類はどうなんでしょうか、、?。 やはり、基本的に、昔のまんま、、という感じがするのですが、どうでしょうか、、?。

14-3.JPG



日記(1420)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月12日

ヘッドフォンとイヤホン

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


12-1.JPG


 今日は最高気温が23℃で、最低が21℃という、こちらにしてはかなり涼しい温度でしたが、一日中どんより曇りでした。
 1日の気温差が少ないのは、こちらの特徴で、春でも夏でも冬でも、1日の温度差は、大きくても6〜7℃くらいしかありません。こちらの人は20℃前後になると、「寒い」とかならず言い出しますが、私はまだまだ、、、ただ涼しいだけな感じがします。

 ところで、昨日に引き続いて、i ◯od的なもの、デジタルオーディオプレーヤーにつかう、ヘッドフォンとか、イヤホンの話ですが、、。

 先日も書きましたが、せっかくクオリティーの高いプレーヤーに付いているイヤホンは、とても安物で、とても使い物にはならない、、ということは書きましたが、お店に行くと、とてもたくさんのヘッドフォンやイヤホンが陳列されていたり、場所によっては試聴ができるようになっています。

 あれだけたくさんあるわけですから、よりどりみどり、、というか、あの中にはそれなりに使えるものが多いのではないのか、、と、思いたいのですが、実は残念ながらそうでもありません。
 以前にもこのブログに書きましたが、オーディオプレーヤのほとんどが、なぜか従来のオーディオメーカーから出ておらず、業界的に、コンピューター周りのサウンドギアを作るメーカーと、従来から存在しているオーディオメーカーは、全く別の会社、、ということが多いです。

 そうかといって、ヘッドフォンをつくるメーカーは全く、オーディオプレヤーの会社の製品を研究していない、、ということはないと思うのですが、多くの製品は、再生機器として、高いレベルの、デジタルオーディオプレーヤーにそぐわない、あまりよくない製品がほとんどです。

 ここで、改めて書きますが、「ポータブルの再生装置だから、それほどのクオリティーではないし、そんなに良いものを使う必要はない、、」ということは、全くないほどのレベルに、携帯電話や、デジタルオーディオプレーヤーの品質がなっているのに、ヘッドフォンや、イヤホンの市場は、ほとんどが、旧態然とした、簡易的な再生を念頭にしか置いていない製品しか出していない、、と私は試聴して思います。

12-2.JPG


 昨日も書きましたが、なぜかほとんどの機種が低音が出過ぎ、、。 低音がたくさん出ていると、良い音に感じる人が多いからなのか、どうなのかわかりませんが、簡単に行ってしまえば、バランスが悪い商品がとても多いですし、低音を増強して出ることを売りにしている機種も少なからず見受けられますが、再生機器自体は、昔のように、特定の帯域が強調されたり、不足しているようなものはほとんどありませんので、みだりに低音を増強して鑑賞すると、確実にバランスはおかしくなります。

 安い商品、1万円以下の商品ならまだしも、比較的高額な製品にも、そういうおかしなバランスのものがあるのが、私には全く理解できません。あんなもので、聞かれてしまっては、私のような仕事のものにとっては、たまったものではありません。

 何が言いたいのかというと、昔なら、再生機器の弱点、、つまり、バランスの悪さなどを、ヘッドフォンで、ある程度是正して音楽を聴く、、みたいなところがあったわけですが、現代のデジタルオーディオプレーヤーは、そういうことは必要のない、優秀な帯域バランスで、出来上がっているわけで、できれば、モニター的なフラットな特性のヘッドフォンが望ましいのに、そういう製品はとても少ないんです。

 オーディオメーカーが、古い考え方で、未だに商品をつくっていること、そして、今時のPCオーディオ系のメーカーが安いコストで、優秀な製品を作っていること、、この二つの矛盾した現実を、ヘッドフォンや、イヤホンの市場を眺めても、痛感せざろうえません。つまり、ヘッドフォンがプレーヤーに比べ、値段が高いわりに、良い音の物がない、、。

 それと、イヤホンは発音ユニットを直接耳の穴にいれますので、やはり低音が強調されすぎることは多く、これは、耳の穴の形に個人差があるので、そのあたりも、とても難しいところがあります。でも、女性を中心に、ヘアースタイルを気にすると、頭にすっぽりと被せる、ヘッドフォンは最初から、選択肢からもれてしまうことまあって、なかなか難しいところです。あと、イヤーインタイプは、やはり、耳にダメージを与えることが多いので、それも気をつけなければなりません、。 通勤電車などでは、まわりがかなりの騒音なので、つい大きなボリューで聴いてしまいますが、あれはかなり、耳に良くない鑑賞法です。

 できれば、周りに音漏れが多い、セミオープンではなく、密閉型のヘッドフォンが室外での鑑賞には望ましいです。音の良いものもありますし、耳へのダメージが少ないです。

 別に多少音が悪くて構わないので、ある程度の再生品質で、使いやすくて、それほど高くないもので良い、、という意見の方が多いのかもしれませんが、それでは、せっかくの優秀な再生機が、宝の持ち腐れになってしまいますので、、、なんとか、してほしいな、、と思います。

 イヤホンは、そういうわけで、普段は使っていませんが、ヨーロッパのメーカーのもので、比較的安いモデルを聞いたら、まあまあだったものがあるので、そのラインナップで、高めの商品をチェクしようと思っていますが、まだそれはできていません。

 値段の面では、再生機が安くても優秀になっているので、ヘッドフォンは1万円前後のものを使わないと、せっかくのプレーヤーの性能を生かすことができません。でも、どんな製品でも、1万円以上なら、安心というわけではないところが、現在の市場の「ナンダカナ〜」というところです。

12-3.JPG


日記(1419)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月11日

ラジオの話、沖縄の気候の話、イヤホンの話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-1.png


 昨日の夜中、日付が変わってから、ラジオを聴いていた(新しいi ◯odで)ら、11月11日は、ポッキーの日、、なんてことを言っていましたが、なんだかどうでも良い話です、、(笑)。

 こういう◯◯の日って、いろいろな業界の会社が、イメージアップとか、簡単に言えば宣伝の為に勝手に決めるのでしょうが、それを、ネタに困ったマスコミとかが、取り上げるということなんでしょうね、、。ちなみに、昨晩聴いていたラジオはポッキーの会社がスポンサーみたいでしたから、まあ、しょうがないですね、。

 ラジオが聴けるようになって、早速聴いてみましたが、上に書いたような、どうでも良いような情報がほとんど、、。 NHKのFMとかなら、ヨーロッパのクラシックのコンサートとかを、放送しているので、どうせ聞くなら、そういうのを聴いたほうが楽しいかもしれません。

 今日の沖縄地方は、曇り。 実は秋とか冬って、こちらは、本当に曇りの日が多いです。常夏の島、台風も来るけど、抜けるような青空が一年中、、というイメージをもっている人が多いですが、秋冬の日照時間は、意外にも少ないんです。本土の様に、カラッと晴れて寒いのと、曇りでも暖かいのと、どっちが良いか、、?といわれると、微妙ですが、、。

 でも、ずっと曇りが続くと、私的には、ちょっと辛いです。その閉塞感って、日差しを浴びることでしか、払拭できない感じがするので、とても忍耐が必要です。まあ、そのうち慣れるのかもしれませんが、、。慣れるまではけっこう辛いかもしれませんね。

11-2.JPG


 今日のブログの1枚目と2枚目の写真は、最近の沖縄の空ですが、これから、秋から冬にかけては、こういう空はあまり見ることができなくなります、、、と、思うと、もっと写真に撮っておけばよかったな〜とも思いますが、もう遅いですね、、、´д` ; 。

 デジタルオーディオプレーヤーの新しいのを手に入れて、ラジオ聞いたり、入れた音楽をシャッフルにして聞いてみたり、いろいろ試していますが、やはり、音質が素晴らしい、、。

 ところで、前にもちょっと書きましたが、この手のプレーヤーには、必ずというか、オマケでイヤホンが付いてきますが、これってほとんどの場合ホント、オマケ的な粗悪品なんです。 基本的にヘッドフォンとかイヤホンで聞く機器なので、「やはり一応つけとかなきゃね、」という感じで、付属品として付いてきますが、あれって本当に安物で、音が悪いです。

 せっかく本体が素晴らしい音質なのに、あれで聞いたら、ぜんぜん良さがわかりませんよね、、。でも、意外に、「まあ、これってこんなものだよな、、」と思って使っている人も多くて、本当に残念極まりない話です。
 まあ、メーカーも、付けておいて、あんまり音質が良くないので、あんまり使わないでください、、ということも言えませんからね、、(笑)。
 あんものならつけないで、その分安くしてもらいたいと思うほどですが、あれをつけなくても、数百円しか安くはならないと思います、そのぐらいの安物です。 デザインは結構いいんですがね、、。

 ちなみに最近の i Phone についているヤツは、ずいぶんマシになってきているみたいですが、、。それでも、まだオマケの域はでていないかも、ですが。

 で、もって、じゃあ、良いヘッドフォンとか、イヤホンってないのかな、、と思ってお店に行ってみると、実にたくさんのモデルが陳列されていたり、試聴もできるようになっているのですが、ほとんどが50歩100歩の代物が多いです。もちろん値段の安いものはやはりイマイチですし、、。 高額なものでも、ほとんどの機種が低音が出過ぎ。 あんなので、長時間聴いていたら、マジで、耳が悪くなってしまいます。

 じゃあ、どうしたらいいんですか、、?良い音で聞く為には〜、、っていう疑問が当然出てきますが、、続きは明日に書きましょうかね、、、。

 
11-3.png


日記(1414)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月10日

FMラジオ

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


10-3.JPG


 今日はずっと湿度高めで、蒸し暑く感じましたので、一旦切ったエアコンのスイッチを再びオン、、。先週から今週前半にかけての低湿度は快適で、それに慣れてしまった体には、そこまで、湿度があがっているわけではないのですが、結構不快な感じがして、ほぼ曇りだったこともあり、なんだか、沈み気味の気分でした、、。

 今日は11月10日ということで、今年もあと一ヶ月と半分ちょっと、、なんですね、、。

 そんななか、ジメジメで、ちょっと感じるだるさを緩和したいと、昨日書いた、届いたばかりの小型のデジタルオーディオプレーヤーに入れてある、モーッアルトのSinfonia Contcertante (ヴァイオリンとヴィオラの二重協奏曲)をかけてみましたが、爽やかな、弦楽器の音が、カラッとしたヴィーンを思い出すような、優雅な音楽と音質が、部屋の空気感をおもった以上に快適なものにしてくれました。

 そのデジタルオーディオプレーヤーですが、メーカーが小型の機種を絶版にしてしまい、2年前に発売したものなのですが、もう、新品では手にはいりません。 さらに大きな容量の機種だけが、ラインナップに残っていますが、その機種より、今回送られてきた機種の方が優れているところが、一つだけあります。

 それは、大型の現行モデルにはない、FMのチューナーが付いているんです。簡単にいえば、FMラジオが聴ける、、ということだけなんですが、これって、私にとっては、結構アドバンテージがあります。それは、テレビの類を持っていませんし、ラジカセみたいなものはあるのですが、アンテナを折ってしまっていて、FM放送が入らないので、聞けないんです。

10-2.JPG


 それに、外出しているときにも、FMラジオが聴けるのも、退屈しのぎにもなりますし、なかなか便利です。何しろ、超小型で、4cm × 7.5 cmで、厚さ数ミリ、重さは31g ですから、おおかたのポータブルラジオよりはるかに小さくて、軽い、、。 ラジオがこんなに小さくてもびっくりなんですが、それに、高音質のCDプレーヤーを超える音楽再生機能がついているなんて、、。 大型のデジタルプレーヤーと一緒に、旅先に持って行けば重宝することは間違いありません。

 新しい型のプレーヤーは、インターネットのラジオが聴けますが、wifi 環境がなければ、それは無理なので、普通にどこでもラジオが聴けるというのは、ありがたいのですが、なんで、最新機種はその機能を省いてしまったのでしょうか?。ボーディーが大きいんだから、いくらでもそういう部品を入れることはできるはずなのですが、、。

 まあでも、この小型のプレーヤーは16Gしか容量がないので、私の場合音楽を圧縮しないでいれるので、せいぜい30枚弱しかアルバムがはいりませんので、そこはちょっと問題ですが、、まあタダでもらったものですからね、、、(^^;; 。あと問題があるとすれば、旅の荷物に4cm × 7.5 cmの超小型のプレーヤーを入れると、どこに入れたかわからなくなってしまうことでしょうか、、?。なにか袋みたいなものに入れて、充電のユニットと一緒にカバンに入れるというのが良いのかもしれません。 

10-1.JPG


日記(1417)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月08日

テレビ

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-3.JPG


今日は、晴天でしたが、久しぶりに湿度高めで、かなり暑く感じました。気温も少し高めでしたから、体感温度が高くて、ジメジメしましたので、久しぶりに、エアコンのスイッチをいれて、冷房しました。

 最高気温が27℃くらいになりましたので、まあ妥当かと思います。

 ところで、昨日はちょっとお出かけして、出先で入ったお店で、かなり久しぶりにテレビを見ました。

 まあ、30分くらいでしたでしょうか、夕方のニュースショーとか、CMとかをのんびり見ていました。自分のところにテレビはないので、ほとんどテレビを見る機会はないのですが、夕方となると、尚更で、私の記憶の中では、この1年半くらいの間で、初めてだったかもしれません。

 だいたいテレビを見る、、というと、お昼ご飯を食べたお店とかで、眺めることがおおいので、夕方とか、夜は、こちら沖縄のテレビはほとんど見たことがありません。

 昨日入ったお店には、私以外にお客はいなくて、あとお店にいたのは、オーナーとアルバイトの女性だけ、、。私以外の人も、じっとテレビを見ていました。

 とても大きな画面のテレビでしたが、私は、テレビがめずらしいので、真ん前に陣取って、ジーっと見ていましたが、まさか、そのひとが、普段テレビを見ていないとは、思ってはいなかったでしょう、、(笑)。

8-1.JPG


 夕方の番組で、天気予報がながれましたが、やはり、今年は例年より暑さが続いている、、ということを、アナウンサーが伝えていました。でも、印象的だったのは、「残暑」という言葉を使っていなかったこと。もしかしたら、残暑という概念とか、言葉は、こちらにはないのかもしれません(本当のところはわかりませんが)。

 もしかしたら、暑中見舞いとかも、あんまり言わないのかも、、。今年はいつまでも暑いと、昨日か一昨日も書きましたが、去年の12月の29日に、気温が29℃まで上がったのを覚えていますから、去年もそれなりに暑かったのか、よくわかりませんが、まあ、亜熱帯ですからね、、(笑)。

 あと、テレビを見て気づいたことは、CMなのですが、結構地場の企業のCMがたくさん流れていること、、。普通地方だと、視聴率が高い夕方の時間帯は、東京のキー局発の大企業のCMが流れるのが多いのですが、、。 流れていたのは、沖縄制作でも、そこそこ凝った演出のCMが多くて、オリジナルの音楽もつくっていたりして、「へ〜こんな感じなんだ、、」と思いました。

 お店に置いてあったテレビの音量は、それほど大きくなくて、小さめに流れていましたので、CMの音質とかそういう細かい部分は、それほどよくわかりませんでしたが、音がちょっと地味だな、、と、仕事柄思いましたが、そんなことを考えながら、」画面を眺めていたら、昔自分が関わった、、、というか、音楽を制作、そしてナレーションのミキシングまで担当した、全国放送のCMが流れたんです。

 そうしたら、そのサウンドというか、音質はクッキリしていて、ほかのテレビCMよりしっかりと、唄の声も、ナレーションも伴奏もよく聞こえました(ちょっと自慢、^ ^)。 ちょっと、誇らしい気持ちになりましたが、もう10年以上前に作業した音源に、出先の初めて行ったお店で、また出会うとは思いませんでした。

 お店の人は、初めて来た客が、やけに食い入るようにテレビの画面を見ているな、、と思ったでしょうか?、、(笑)。


8-2.png


 テレビを見ながら食べた、沖縄では必ずスパゲッティについてくる、トースト

日記(1413)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月07日

つづく言葉の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


7-1.JPG


 なんか、今日は暑いです、、。 きっと湿度がすこし昨日より高めというのがその理由なのでしょうが、、。 
 まあ、涼しいというより、寒い、、という気候に近づいてきてきている、本土に比べれば、まだまだ暖かくて、ありがたいことなんでしょうが、昨年より、暑さが続いている気がします。

 言葉の意味、とうか、使い方が昔と違ってきている、、という話を昨日も一昨日も書きましたが、本来あんまり良い意味で使わない言葉を、良い意味でも使うという話。

 その言葉が使われるようになった頃は、それなりの意味づけを持って使われていたのでしょうが、そういう概念が長い時間を経て、変わってゆく、、ということは、今までにも、もしかしたらたくさんあったのかもしれません。 時間をかけて、変化してきた言葉を、それが当たり前のように感じつつ使っていたところへ、違う使い方に出会って、ちょっとびっくりした、、ということなんでしょうね、、。

 本来あまり良い意味でない言葉を、度を越した、、という意味で良い意味で、使う言葉って、いろいろ考えてみたら他にもありました。

 例えば、バカ、馬鹿という言葉は、頭が悪いという意味が本来なのでしょうが、ある言葉にそのバカをつけて、著しくそのことに、精通している、みたいないい方ってありますよね。

 「ブルースバカ一代」っていう、B級グルメブログを書いていらっしゃる友人がいらっしゃいますが、あの、「ブルースバカ」って、ブルースがすごく好きで、好きでたまらない、ブルースがその人の生き方だ、、みたいな意味で、ブルースが、バカらしいとか、そういう馬鹿にした意味ではありません。

 これは、本来悪い意味しか持っていない言葉を、良い意味で使っている、、というか、誉め言葉というか、ブルース万歳!、、みたいな意味ですよね。

7-2.png


 そんなことを考えていたら、昔、ジャズのコンサートの演奏のライブビデオをみていたら、そのビデオは、ピアニストのMichel Petruccianiとギターの Jim Hall そして、サキソフォンの Wayne Shorter が演奏しているのですが(CDの方はこのブログでも取り上げましたが)、ピアノのPetrucciani が、Jim Hall を観客に紹介するときに、なんと、こともあろうか、「Mother Fucker !」という言葉を使っているんです。

 この言葉、ある意味、非常に下品な言葉で、本来、ぜったいに、公衆の面前では使ってはいけない言葉なんですが、おそらく、Jim Hall 氏を、度を越して素晴らしい、最高の共演者として、崇め奉るいみで、全く正反対の言葉をあえて使っているんだと思うのですが、言われた本人は、キョトンとしているかと思いきや、不愉快な表情をしていて、まったく、洒落を理解していない様子だったんです、(笑)。

 その場面を探そうと思って、YouTube などを探してみたのですが、やはり誤解を受ける表現のせいか、以前は商品化されていた映像ですが、削除されたか、編集されているのか、その場面をみつけることはできませんでした。

 生前のMichel Petrucciani の悪ノリしてしまった場面だったわけですが、やはり、あれは、Jim Hall さんには冗談だったとはいえ、失礼な言い方であることは、間違いありません。 まあ、それを聞いた観客は、それなりに受けてはいましたが、なかには、「なんていうことを言ってるんだ!」と怒っていた人もいたかもしれません。

 その場面は、もしかしたら、地方のジャズ喫茶に行って、当時発売されたレーザーディスクか、それをコピーしたものを見ることができれば、見ることができるかもしれません。

7-3.png

           新そば

日記(1412)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月06日

つづく言葉の話、変態について。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


6-1.JPG


 ここのところ、リミッターがかかったみたいに、気温のグラフの折れ線グラフが、26℃で、頭を打っていて、午前中温度が26まで上がると、それ以上は上がらずに、しばらくグラフは水平に推移して、その後、下降という感じの温度変化。 湿度も低めで、風もあり、なんか、とても過ごしやすい日が続いています。

 昨日は、「こだわり」という言葉について、私なりの見解みたいなことを書きましたが、本来言葉というものは、時代によって、使い方がかわることがあるので、いろいろな解釈、使用法があるのだと思います。

 「こだわり」という言葉に関しては、本来あまりよくない意味で使われていたものが、それほど悪くない、というか、どちらかというと、良い意味で、使われだしてきていて、私のような古いタイプの人間が、それに馴染めていない、、ということなのだと思います。

 この「こだわり」という言葉ほどは、一般的に使われているわけではないのですが、他にも、「え〜」っと思った言葉の使い方に出会ったことが何年か前にありました。

 それは、「変態(へんたい)」という言葉について、、。

 「変態」という言葉を辞書で引くと、@ 形や状態が変わること。また,その変わった形や状態とか、A 「変態性欲」の略。また,その傾向のある人、とか、B 動物が成体とは形態生理生態の全く異なる幼生(幼虫)の時期を経る場合に,幼生から成体へ変わること。また,その過程、、というのが出ていて、まあ、これはだれでもしっている意味なんですが、この、「変態」ということばを、人に使う場合、A の変態性欲のほうの意味に普通になると思うのですが、最近では、どうやら、そうでない意味で使うこともあるらしいんです。

 その使い方に出会ったのは、行きつけの飲食店で、食べ物の味や、味覚についての話を店主と、私以外のお客さんと、3人で、穏やかに話していた時に、店主が私を、もう一人のお客さんに紹介するときに、「この方も◯◯さんというて、かなりの変態なんですよ、、」って、いう言い方をしました。

 私は、その瞬間結構ビックリして、「えっ、俺が変態だって、、?」とおもいながら、平静を装っていたのですが、やはり、びっくりして、というか、動揺しているのがわかったのか、店主が、「変態って言ったって、変態のことじゃないんですよ、」と言って説明してくれたのですが、それは、つまり、味覚とか、味に対する感覚がマニアックというか、細かい味までわかる、、とか、よく言えば、繊細な感覚を持っている、、という感じの人を、「変態」と呼ぶことがあるらしいんです。

 まあ、これ、言ってみれば、誉め言葉、、なんですよね、、。 そんな話をしていないないのに、いきなり「変態」呼ばわりされて、動揺してるわたしって、もしかして、ホントは「変態」なのかもしれないですが、(笑)、まあ、それは置いておいて、、´д` ; 。

 その後、動揺している私を、落ち着かせようと、その店主の方は、この方は、なかなかの「変態さんで」、、と、「さん」をつけて、柔らかい表現にして、私のことを気遣ってくれました、、(笑)。

6-2.JPG


 その後、私より、若い、、その店主くらいの年齢の人に、「変態」という言葉の使い方について、何人か訊いてみましたが、味覚に関してだけでなく、マニアックな関係の話をしている時、度を越した、、、まあ、つまり人並みはずれて、詳しいとか、程度が著しい人を、誉め言葉で、「変態」と呼ぶことがある、ということを確認しました。
 べつに、その店主を疑っていたわけではなく、確認で、人に訊いてみたわけですが、言葉というものは、いろいろな使い方があるものですね、、。

 あとからかんがえてみると、変態という言葉に、「さん」をつけて、「変態さん」ということも、結構おかしくて、笑ってしまいましたが、昆虫の変態と、変態性欲いがいにも、「変態」という言葉のつかいかたがあったなんて、、まったく世の中って、わからないものですね、、(笑)。

 この、変態という言葉、人に使うばあい、基本的に変態性欲をあらわすわけですが、これも、「こだわり」という言葉と同じく、あまりよくない意味のはずが、良い意味に使われている、という例なのですが、現代は、こういう、よくない意味の言葉を、良い意味で使うのが、はやっているのかな、、?。

 そして、その理由というか、そういう使い方をしだしたのは、どういう人達なのかな、、ということが、少し気になります。 ならない人もいるのかもしれませんが、こういう話をきっかけに、変な使い方、もしくは、以前とは違う使い方をするをする言葉について、それ以来興味があるんですよね、、。

6-3.JPG


  炒飯のスープです。

日記(1412)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月05日

こだわり、って、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


5-1.JPG


 今日は朝方は、けっこう涼しくて、気持ちよかったんですが、日中は、26℃まで気温が上がって、それなりに暑かったのですが、湿度は低くて、風もあったので、まあまあ快適でした。

 昨日まで、快調にいろいろ書いてきましたが、今日は、なんだか、書くことないな〜という日です。そういう時は、お休みしちゃえば、、?っとよく言われますが、それができたら、苦労しません、、とか、言うほど、実は書くことにこだわっては、いませんが、、。

 と、ここまで、書いて、今書いた「こだわって」の「こだわる」という言葉のことについて書こうかな、、と思います。

 なんか、この「こだわる」という言葉、辞書を引くと、
@ 心が何かにとらわれて,自由に考えることができなくなる。気にしなくてもいいようなことを気にする。拘泥する。
A 普通は軽視されがちなことにまで好みを主張する。
B 物事がとどこおる。障る。
C 他人からの働きかけをこばむ。なんくせをつける。

「辞書 バージョン 2.2.1 (169) Copyright コピーライトマーク 2005–2014 Apple Inc.All rights reserved.より、、」

 と書いてあります。  なにが言いたいのか、、というと、ようするに、この「こだわる」という言葉は、本来、あんまり良い意味ではない言葉なんだと思うんです。なので、できれば、「こだわり」はないほうが良い、、はずなのですが、、。

 なんか、職人とか、芸術家とかが、ポリシーを貫く、、みたいな時にも、なぜか、「こだわる」ということば、最近よく使うことが多い、気がするのですが、それが、なんか、気持ち悪い、、。

 例えば、褒め言葉で、「◯◯さんは、こだわりがつよいですからね、、」とか、私も、生業の、録音について、「いろいろ機材にこだわってらっしゃって、良い音を創っていらっしゃる、、」みたいなことを言われることがあるんですが、それって、なんだか、ほめられていない気がするんです。

 っていうか、ほめるときには、本来使ってはいけない言葉だと思うんです。

5-2.JPG


 なのに、いつの頃からか、ほめ言葉に使うようになったんだと思うのですが、私にはとても気持ち悪い表現です。

 別に、バカにして、わざわざその言葉を使っているわけではないと思うのですが、やっぱり、嫌な表現に感じる。 だいたい、例えば「機材にこだわる、、」っていわれても、それは、私の仕事上の表現で、それを使うのは、ある意味当たり前、、。だから、けして、こだわっているわけではありませんし、むしろこだわりはない、、。 ハズなのですが、、。

 これ、多分、広告のコピーか、テレビのスクリプトの影響だと思うのですが、間違った言葉の使い方が、メディアに乗ることで、正しいことになってしまった、、。 もしくは、あるいは、わざと間違った言葉の使い方をあえてして、内容を強調した表現が、定着してしまった、、のかもしれません、、´д` ; 。

 「そんなの、どうでもいいじゃん、、、気にならないよ、、」という人が多いと思うのですが、私は気になりますし、「どうでもいい」とは、全然思いません。 これって、気にならない人たちからすれば、「こだわる」という言葉に『こだわっている』状態なんだと思いますが、、(笑)。

 「言葉は、正しく使いましょう、、」という、大それたことを言うつもりではなく、「その表現って、気持ち悪いので、ヤメテネ、、」ということなんですが、、。

 なんか、昔、レトルトカレーの宣伝で、有名シェフが出ていて、「こだわりのチン!」といって、電子レンジのボタンを押している、映像をみたことがありますが、あの、「こだわりのチン!」というのは、いいというか、面白いと思うんです。

 名料理人が、インスタント食品の宣伝に出て、ギャグで、「こだわりの、、」というところが、逆説的で面白い。 
 ただの普通の宣伝に、有名シェフが出て、「これは美味しいですよ!」と言ったら、この人嘘くさいな、、?という風に、「いくらもらってこれ言ってるんだ?」って思いますが、あの「こだわりのチン!」というのは、ウイットに富んでいていて面白かったと思うのですが、それ以外に、軽はずみに、「こだわり」という言葉を使わないでほしいな〜、、、と思いませんか?。

 くだらない終わり方ですみませんが、今日も、無事書き終わりました〜、、(笑)。

5-3..jpg


日記(1411)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

いろんなお店、不思議なお店。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


4-1.JPG


 11月ももう4日なんですね、、。早い、、、。

 なんだか、気がついたら、もうすぐお正月になってしまいそう、、。 んな訳はないのですが、、なんかそんな気もしてきます。

 ここのところ、ハイテクがどうの、デジタルオーディオプレーヤーがどうしたとか、理屈っぽいというか、めんどくさい話が多かったので、今日はちょっと、食べ物の話を、、、。

 って言っても、またどうせ、理屈っぽい話になるのかもしれませんが、、。

 今日は、珍しく、タイトルを決めてから、書き始めましたが(いつも大体書いてからタイトルをつけます)、最近感じていることに、この不況下にもかかわらず、なんだか、変わったお店、、つまり、変わったジャンルのお店が増えているな、、と思うんです。

 それは例えば、「まぜ麺専門店」。 まぜ麺っていうのは、中華麺をタレで和えた、汁なしラーメンみたいなもの、、。 ラーメン屋さんのメニューであるところもありますが、沖縄の那覇には、普通のラーメンとかは、全然ない、まぜ麺専門のお店(それに関する過去のブログ→ http://soboro.sblo.jp/article/180272523.html http://soboro.sblo.jp/article/178280065.html)が何軒もあります。 観光地だから、、?、、とか、いろいろ考えますが、割と、保守的な感じのする沖縄の食なので、どうして、まぜ麺専門店が多いのか、ちょっと説明がつかない感じがするんです。 だいたい、汁なしラーメンとかって、食べたいと思いますう〜?、、私は食べたいと思いますが、、(笑)。

 先日まで、あった、二郎系のラーメン屋さんが閉店したのですが、そのあとにできたのが、これまた、まぜ麺屋さん、、。 福岡も新し物好きな割りに、味覚に関しては保守性が強い場所ですが、そのせいか、つけ麺専門店はあっても、まぜ麺専門店は、ない気がします。一軒だけ、油そば専門をうたっている店がありますが、あそこはちょっと、、苦手、´д` ; 。

 そういえば、沖縄で意外だと思ったのは、二郎系のラーメン屋さんも以外と多いんです。麺の太さが、沖縄そばに似ているから、、かな、、?とか、いろいろ考えましたが、理由はよくわかりません。

4-3.JPG


 そんな話をブログに書こうと、いろいろネット上でみていたら、東京に、変わったお店が、、。

 それは、煮干しパスタ専門店。 

 煮干しパスタって、どんなものなのか、、、。煮干しのだしを使った「煮干しラーメン」っていうのは、有名ですが、、。 どうも、煮干しの出汁をベースにしたタレで和えた、パスタみたいです。

 具材は、細かく切った赤玉ねぎと、海苔と、チャーシューとか、うずらの卵。なんとも斬新ですが、これが、なかなか美味しいらしいです。 いままでに、いろいろなものを食べてきているので、大体味は想像できそうなきがしているのですが、いまいち、うまく思い描けない、、。

 無理やり想像していたら、無性に食べたくなってきましたが、、写真みて、見かけと、想像している味では、いまいち食べたいとは思はないんですが(どっちやねん!!)、、でも、なんか食べてみたい、、なあ、、。 っという感じなんですが(笑)、東京じゃなかなか、、、でも、今年中に行くかもしれない用事が、ないこともないので、行ったら、トライしてみたい、、ですね、、(笑)。

 それにしても、いまどきに、変わったメニューのお店、独特のメニューの専門店とかを出す勇気はすごいな、、と思いますが、よく考えてみると、メニューを絞っている方が、ロスが少なくて済むので、安心なのかな、、という気もしてきました。

 食べるほうとしては、経営とか関係ないので、思いっきり突飛な感じのお店を出してもらっても、面白いからいいんですけどね、、、♪(´ε` )。

煮干しパスタ専門店、なくなる前に、食べておかなくちゃ、、^^; 。 そんなこと言ったら、お店の人におこられますが、、(笑)。

4-2.JPG


日記(1412)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月03日

自分のやり方で、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


3-3.JPG


 昼ごろ、知り合いからのメールで、祝日今日はだということを知りました、、(笑)。

 まあ、毎度のことなんですが、ちょっと恥ずかしい、、、。考えてみれば、11月3日ですから、文化の日、、なんですよね、、。 しかも、今日が金曜だから、土日と、連休、、。 だったんですね、、。

 なんか、今日は、朝、静かだな、、と思っていました(寝てたけど)。

 天気が良いので、気温が上がって、27℃くらいになって、ちょっと暑かったですが、湿度は低め、、。まあ、快適な感じでした。
 先日の台風で、延期になっていた、秋の運動会とかが、今日は開催されているらしいです。天気良し、湿度低しで、絶好の運動会日和ですね、、今日は、、。 私は運動嫌いですが、、(笑)。

 実はここ数日、ちょっと面倒臭い案件があり、ある文書を作成しなければならないのですが、それがなかなか進みません。今日こそは、、と思うのですが、今日は、ちょっと昼間出かける用事があって、夜遅くにならないと、それには取りかかれそうにありません、、。 っていうか、だから、今日ブログは、昼間に書いていて、あとで、いつもの時間にアップする予定、、なんです。

 ところで、昨日まで書いていた、ハイテクの話、、。 いろいろ技術の進歩で、様々なことが出来るようになっているのですが、何も、だからといって、必ずそれを利用しなければならない、、ということもないんですよね、、。 全然やらないというと、なんだか勿体無い気もしたりするのですが、、。

3-2.JPG


 実は、この話の発端になっている、デジタルオーディオプレーヤーの大容量なやつに、所有するGidon Kremer 音源を いれて、聴く、、という計画について、私より、そういうことに詳しい人に相談してみました。

 そうしたら、その方は、i pod 的なものではなくて、pad の方を勧めてくれました。その理由としては、操作性とか、スマホと連携して、パソコン的な使い方をして、音楽だけでなく、ブログとかも、それでやれば、便利なんじゃないのか、、?ということなんですが、確かに、pad 的なものって、容量も大きいですし、出先でスマホで、ブログ書くの画面小さくて大変だな、、とか、いろいろ悩みを抱えていましたので、ある意味、なかなか良い案を出してくれたな、、と思いました。

 、、、が、そもそも、そんな大きなものを、使うという予定にしていなかったのと、音楽だけのこと、それも、Kremer 音源だけの話を考えていたので、なんとなく、面食らってしまいました。

 ホント、ハイテクって、使い方に、選択肢が多くて、いろいろ大変ですね、、っていうか、やっぱりまだまだ、そういうことに慣れていないので、いったいどうしたら良いのか、なかなか決められません。

 何もどう使って、どんなことをするのか、、って、自分が一番わかっているはず、、と思っていましたが、ハイテクが絡むと、よくわからなくなってくる、、。 これって、もう、何にもしないほうがよいのかな、、っと、投げやりな感じにもなってきます、、。

 昨日書いた米国の友人は、なにもかも、クラウドに預けて、いつでもどこでも、なんでも、、という感じにしていて、ある意味すごく便利。 もちろん、日本とか、アメリカとかっていう、垣根もなしなんですよね、、。 だから、行ったり来たりしていても、不便はなし、、ということなんだな、、と関心もしますが、、自分がどうするかというと、、。

 これなかなか、難しい話ですよね、、、こまったナ、、、( ;´Д`) 。


3-1.JPG


日記(1410)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月02日

便利なんですが、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


2-1.JPG


 今日はちょっと、暑かった、、27℃近くまで、気温が上がりました。

 涼しい、、と言っても、まだこのくらいの気温はありますが、明け方に22℃くらいまでさがると、少し寒く感じますね、、。

 昨日まで書いた、デジタル関係のいろいろの話、、、。 今日は、そのマイナス面についても書こうかな、、と思っていたのですが、ブログを読んでいる海外の方から、個人的にメールをいただいたので、ちょっと、それについて書きたいと思います。

 その方は、たくさんのCDアルバムを持っていらっしゃったそうですが、ほぼ全て、二年くらいかけてデータ化して、CD盤自体は処分してしまったらしいです。 そして、昨日までの文章には一切登場しなかったことですが、データとして、読み込んだ、音楽を、いわゆる、クラウドサービスっていうやつに預けているのだそうです。 

 クラウドサービスって、なあに?、、、という方も、いらっしゃるかもしれないので、とても簡単に説明すると、、、。 つまり、読み込んだデータを、パソコンの中のハードディスクとか、スマートフォンに保存しないで、ネット上のサーバーにすべて、アップロードして、管理するというやり方です。
 このやり方のメリットとしては、ネット環境があれば、いつどこに居ても、そのデータにアクセスすることができる、、ということ、。 そして、機器の記録媒体にはほとんどデータが入っていないので、いろいろと便利というかんじでしょうか。

 つまり、携帯電話をもっていれば、どこでも、そのデータを呼び出すことができる、、つまり、どこでも、膨大な量のデータ化された、音楽を聴くことができるというわけなんですね、、。そのぐらいの大量のデータということになると、預けるのに多少のお金はかかりますが、その利便性にくらべれば、それほどのコストではない、、ということなんでしょう。

もちろん、家のPCでも、ネットさえあれば、データにアクセスできます。

2-2.JPG


 あ〜あの曲を聴きたいけども、今持っている、このスマホには、入っていので、聞けないな、、ということはない、、というわけです。

 ちなみにその方は、他に音楽を聞く手段として、定額の聴き放題サービスにも加入していて、それもあわせると、スマホから、かなりの数の曲にアクセスできるわけで、これは、かなり今日的な音楽の楽しみ方と言えると思います。

 でも、その定額制の、音楽配信サービスっていうのが、私たちが作っているような、CDアルバムの売れ行きに大きな影響を与えている、、ということは、間違いありません。 

 安価なコストで、ジャンルに関係なく、たくさんの曲が聞けるということで、わざわざCDを買う人が激減しているということは、事実なわけですが、それは、すごく当たり前のことですよね、、。

 やれ、やれ、なんとも、、ハイテクのマイナス面を書こうかな、、なんて言っていましたが、このマイナス面は、音楽ユーザーにとって、ではなく、私たち製作者側にとっての、マイナス面の話に、辛くもなってしまいました。

 でも、CDを置くスペースも、オーディオセットもなにも持たなくても、どこでも簡単に、好きな音楽に触れることができるって、昨日書いた、まさに「SF的」な、未来的な、現代の最先端の状況ではないのかな、、という気がします。 

 ちなみに、わたしはそこまで、割り切って、ハイテクを使いこなす勇気とか、なんだかわからないいろいろはなくて、まだまだ中途半端な使い方しかできていないので、なんだか恥ずかしい気もしますが、、。

 ちなみに、データ化された、写真でも音楽でも、文章でも、クラウドサービスをつかえば、パスワードをいれて、ログインすれば、他の場所や、機器を使っている人とも、共有できたりして、便利なことずくめなのですが、その辺を、何にも考えないで、サクッと利用することって、どうしたらできるのかな、、、?、、という、なんというか、鈍臭い疑問を持っているのが、私みたいな、古いタイプのおじさんナンでしょうね、、´д` ; 。

 しかしまあ、便利な世の中になってるんですね、、、って、またハイテク礼賛の文章になってるし、、、。

 ナンダカナ〜、、、。

 そういえば、写真不足で、今日使っている写真は、今日慌てて撮影した写真なんですが、、。

 たあだそれだけ〜え〜。

2-3.JPG


日記(1410)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月01日

SFの世界、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


1-1.JPG


 このブログは、CMSレコードのホームページの中にあるブログなので、音楽とか、オーディオの話を中心に書く、、という大義名分のもとに、書き始めましたが、ご存知の通り、実際にはいろいろな、、というか、食べ物話とかが、多かったりします、、(笑)。

 昨日は、PCオーディオとか、デジタルオーディオプレーヤーの話を書こうとしていたにもかかわらず、PCそのものの、現代の位置というか、パソコンが、いま置かれている立場みたいな話に、自然となってしまいました。

 コンピューターで、未来の社会は変わる、、というようなことが、私が子供の頃、これからコンピューターが普及しだす、、というころに、未来の話として、あくまでも、SF的な未来像が言われていました。

 ところが、現実にはそういうSF的な話よりも、さらに、早いテンポで、時代というか、技術は進んでいってしまっているところがあり、オーディオメーカーは、まったくそれに乗り遅れてしまっているという現実があると書きましたが、その予想されていた未来像と、やや違うことになった理由の一つになっているのが、スマートフォンの発達です。

 随分前、携帯電話に、日本のメーカーがカメラをつけた時、まだスマホはなかったですが、個人的には、「そりゃ、電話に簡易的なデジカメをつけることはできても、そんなの使う人っているのかな、、?」と、思っていました。ところが、実際にはこれが大好評、、。主に遊びの分野での使用法がメインだったと思うのですが、これが、現在のスマホのカメラ、、というか、万能スキャナーみたいな機能に繋がっているんですよね、、。
 スキャナーという言い方をしたのは、写真を撮る道具としてだけでなく、ビデオや、QRコードの取得とか、とにかく、周りにある情報をスキャンニングして、デジタル化する道具に、携帯電話につけた簡易デジカメが、短い間に格段の進歩をしていったという意味なんです。

1-3.JPG


 そして、スマートフォンが登場して、言ってみれば、社会生活をしている皆んなが、持っている電話に、パソコンの機能が、もれなくプラスされただけでなく、音楽を聴く機能とか、先ほど書いた写真やビデオを含む、スキャナー機能も備えて、一大情報端末としての機能が、あの小さな物体に集約されて、それを人々が使いこないている、、という状況になりました。

 これは、コンピューターが普及して、時代が変わる、、という、予想されていた、SF的な未来像以上の、進歩というか、革新的な技術の進歩であるということは、間違いなく言えると思います。

 多くのSF小説などで、携帯電話と、パソコンは必ず登場しますが、卓上のディスプレイと、キーボードに、主人公がパスワードなどを入れて、操作する場面は出てきましたが、全てが携帯端末で、事足りてしまい、これほどシンプルになる、、というような、予想された未来を描いていた小説や、映画はなかったような気がします。 もしかしたら、それは想像がついても、映像作品として、絵面(えずら)のインパクトがないので、描かれていなかったということも考えられなくはないですが、、。

 将来、携帯(スマートフォン)があれば、パソコンも、デジカメもビデオカメラも、テレビもCDプレーヤーも、そして、もちらん加入電話もいらない、、、という世の中に、いつの間にかなっていた、、というのは、少なくとも私には予想はついていない世界でした。

 小型の端末=簡易的なもの、、である、、という概念は、小型のトランジスタラジオや、カセットのウオークマンが登場した頃の当たり前の概念でしたが、現代においては、決してそうではない、、ということは、スマートフォンの音楽再生機能の性能の高さが証明していますが、それを認識している人が、まだまだ少ない、、という事は、ここ数日のブログで書いています。

 手のひらに乗るような小型のスマートフォンが、いろいろな機能を持って作動している事自体、今は当たり前と思っている人がほとんどですが、これはまさにSF的な世界である、、と思っているのは、私のような中年のおっさんだけなのかもしれませんが、まさか、その端末に、昔は数百万もするような、録音再生機と、さして変わらない性能が、組み込まれていると気づいている人は、まだそれほど多くはないのではないでしょうか、、?。

 なんか、ハイテク万歳、、みたいな、能天気な、文章を書いているようですが、ハイテク(死語?)で得られたもの、失われたもの、、みたいな感じで、文章が、明日は書けないかな、、っと思っています。

 うまく書けるかな、、、´д` ; 。

1-2.JPG


日記(1409)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月31日

音楽とPC をめぐる環境の話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


31-1.JPG

  デジタルオーディオの未来を見据える、猫の瞳、、、んな訳ないか、、´д` ;       
                 
 10月は今日で終わり。

 昨日は随分涼しかったのですが、今日は、25℃くらいまで、気温が上がりましたので、少し汗ばみました。昨日は涼しいというより、肌寒かった感じがしましたが、本土に比べれば、20℃以上はありましたので、まだまだ暖かい沖縄です。

 昨日と一昨日かいた、デジタルオーディオプレーヤーの話。フェイスブックの方に、実際にお店で使っていらっしゃるユーザーから、貴重なご意見をいただき、いろいろと、参考になりました。

 このブログにも、コメント欄はあるのですが、やはり、FBの方がコメントしやすい方が多いようです。

 そのコメントにも書いてあったのですが、今の若い世代は、デジタルギアを使いこなしている方が多いと思ったら、スマホを使うようになって、パソコンを使っていない人が増えているそうで、それは意外な気もしましたが、考えてみれば、私が旅先で、スマホで、ブログ更新してるように、もはや、ネット環境を使用するのに、パソコンは是非ものではなく、スマートフォンで、十分だ、、と思っている人が多くなってきているということは、ある程度理解できます。

 確かに、多くのパソコンは、スマートフォンより高いですし、スペースもそれなりに必要になってきますし、若者の一人暮らしの、小さな部屋には、パソコンより、スマートフォンの方が似合っているのかもしれません。 考えてみれば、メール、フェイスブック、YouTube、Instagram など、どれをとっても、スマホで十分にできるものばかりですよね、、。Instagramなんて、パソコンでもみることはできますが、投稿は、スマホからしか出来ませんし、若者たちにとって、もはや、パソコンは、過去のものになりつつあるのかもしれません。

 なので、音楽も、わざわざデジタルオーディオプレーヤーではなく、普通にスマートフォンに、読み込ませて聴いたり、ネットからダウンロード購入したりしている人が多いのかもしれません。家でも、わざわざコンポとかに繋がないで、部屋の中でもイヤホンとかヘッドフォンとかで、聴いていて、そのほうが、騒音問題もありませんしね、、。

31-2.JPG


 実際に、いまだに、スマホは機種が新しくなるたびに、カメラや、オーディオ再生の性能は上がっていて、この分野は伸び代があるのだなということを、感じます。

 ちなみに、最近では、専用のアプリを使って、PCがなくてもスマホや、デジタルオーディオプレーヤーなどに、CDの音楽を入れ込めるタイプのドライブがあったりもしますので、ますます、PCの居場所はなくなりつつあるのかもしれません。

 なんだか、デジタルオーディオプレーヤーの話が、PC不要論になってしまっているような気がしてきましたが、私はそこまでのことは考えていません。でも、実際に、そういうものがなくても、デジタルオーディオが楽しめるようになれば、より、手軽に、良い環境で、音楽が楽しめるようになることは、まちがいありません。

 そもそも、従来のオーディオメーカーが、その辺りのことを、しっかり未来を見据えて、研究、開発していれば、よかったのに、昔から作っている、CDプレーヤーなど、旧態然とした機器が売れなくなることだけを恐れて、かまけて来ただけに、訳のわからない状況に業界がなってしまっていると言って良いと思います。

 いわゆる今回話しているデジタルオーディオプレーヤーの類で、旧来からのオーディオメーカーが出しているのは、SONY だけだと思いますが、あのメーカーはあのメーカーで、Windows のPC 、「Vaio 」の製造販売をやめて、Vaio のブランド自体も、売却してしまっています。実際、SONYという家電、あるいはオーディオメーカーが作ったPCは、ファンはいたものの、PCの専門家からは、かなり酷評されていましたし、実際、トラブルもかなり多かったようです。

 電気製品というひとくくりでは、従来のオーディオ機器と、PC は同一には製造も、メンテも論じることは不可能な、まったく別の分野の代物である、、ということなのでしょう。

 各々の分野に関しては、開発者側より、ユーザー側の方が、よっぽど、順応性がある気がしますが、ここ数日書いている、音楽を聴く環境に関するデジタル化に関しては、まだまだ、発展途上というきがします。

 素晴らしい新時代の技術の恩恵を、一般の人が良い形で、受けることで、音楽という、芸術文化も、より良い形で、今日的な存在感を持って、楽しめるようになるのだと、私は思っています。

 なんか、文章硬い、、っていうか、真面目すぎ、、?ですが、マジでかいてますよ、、コレ、、( ^_^)/。

31-3.png


日記(1409)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月30日

マニアックな話(昨日のブログ)。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


29-1.JPG


 今日は久しぶりに、ブログの更新が遅くなりました。 

 夕方に少し出かけたのですが、出先で、会った人たちと、このブログに書いている様な、マニアックな話をしていたら、やたらと盛り上がってしまい、ついつい長居して、夜遅めの時間に戻ってきたのですが、いろいろ用事をしていたら、こんな夜中に更新することになってしまいました。

 マニアックな話というのは、いろいろでしたが、一つは、このブログでもかなり昔に描いた、ニコライ・メトネル(Nicolai Medtener)という作曲家の話でした。

 普段バイオリン音楽以外はあまり聴かないのですが、数年前にNicolai Medtenerの事を知り、彼の曲をとても好きになりました。ピアノ音楽の作曲家なのですが、ショパンとか、リストとかと、それほど時代は変わらない人の割に、非常に知名度が低い(特に日本では)人なのですが、とても素晴らしい曲を書いています。

 そんな話から始まって、こちら沖縄ではまだまだ知り合いの少ない私なのですが、とても興味深い話を色々とできたので、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 実は今日は、昨日書いた、デジタルオーディオプレーヤーの話の続きを書こうと思っていたのですが、今書いた話で、随分文字数がいってしまいましたので、短めに書きますが、デジタルオーディオプレーヤーは、小さくて、手軽なものですが、とても大きな可能性を持ってる機器だといます。

29-3.JPG


 これは、パソコンを使ったシステムもそうなのですが、小さなスペースを使って、そして、低予算でありながらも、高音質で、利便性の高いシステムを構築できるという意味では、とても画期的なものだと思うのです。
 昔ながらのシステム、つまり、レコードとか、CDをプレーヤーで、再生するシステムは、ディスクをその都度取り出しプレーヤーにいれて、再生しなければ音楽を聴くことができませんし、それらの収納場所を考えながら、音楽鑑賞する場所の環境を整えなければなりません。

 ほんの数枚のディスク、いや、数十枚のディスクしかもっていなければ、それほど問題になることがないかもしれませんが、それ以上を所有して、それらを収納しつつ、それを入れ替わり立ち代わり再生するためには、スペースの問題や、その都度出し入れする手間の問題のほか、いろいろと、面倒な所作をすることが、音楽鑑賞をするにあたって、当たり前につきまといます。

 LPレコードの場合、常に音楽と雑音が同時に再生されてしまいますし、CDプレーヤーのデータ読み出し性能は、リアルタイムに音楽を再生するには限界が見えていて、せっかくのデジタル化された音源の魅力を発揮するには無理があります。 そのうえ、昔ながらの再生機器は、つねに、故障という問題と隣り合わせで、経年変化以外にも、使う環境により、読み取りの正確さには大きな差異があり、なかなか思うような性能を発揮してくないことが、よくあります。

 その点、デジタルオーディオプレーヤーや、PCを使ったシステムは、いろいろな問題を回避できると同時に、高い利便性と、高音質をてにいれることができるにもかかわらず、いまひとつ普及していないという現実があります。 

 続きは明日でしょうか、、。

29-2.JPG


日記(1407)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月28日

デジタルオーディオプレーヤー

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


28-1.JPG


 台風は一応過ぎ去ったみたいです。さすがに風が強かったのですが、建物の中にいたので、あんまり実感はなかったです。土曜日ということもありますが、お店や、事業所はほとんど休みになったみたいです。

 ところで、昨日書いた私の、「デジタルオーディオプレーヤー(◯ Podみたいなヤツ)にたくさんGidon Kremer の音源を入れて聞きたい」計画ですが、まだ本当に実行に移すかどうかは、決めてはいませんが、できれば、やりたいな、、と思っています。

 世間では、この「デジタルオーディオプレーヤー」ってやつは、簡易的というか、ポータブルの、持ち歩き用のきゃしゃな、、=あんまり高音質ではない再生機と思われている節がありますが、実は全然そんなことはないんです。

 これは、一応録音及びミキシングのエンジニアとして言わせてもらいますが、昔から、、というか、アナログ再生時代、いわゆる、ウオークマンとか、そういうカセット再生装置が、ポータブルで、手軽に音楽を屋外で楽しめる機器として、持てはやされていましたが、最近の「デジタルオーディオプレーヤー(◯ Podみたいなヤツ)」というものは、単にそれのデジタル化されたもの、、と思われているところがありますが、実は、そういうものと言えないこともありませんが、随分違うものなんです。

 要するに何が違うのかというと、クオリティー、、音質が全然違うんです。もちろん良い意味で、、。あんな小さな、ものがそんな高音質なわけがない、、というユーザーが多いと思いますが、あれはかなりの高音質設計になっています。

 ところで、多くのデジタルオーディオプレーヤーユーザーが、音源を、ソフトウエアで、圧縮してプレーヤーに入れ込んでいると思うのですが、それは、プレーヤーのメモリーの節約のためですよね、、?。

28-3.JPG


 つまり、圧縮していれれば、より多くの曲を、一台のプレーヤーに入れられるということで、そうしているわけですが、当然圧縮すれば、ある程度音質は落ちてしまいます。 中には、パソコンにCDを読み込ませる段階で、自動設定で圧縮しているので、圧縮していること自体を意識、、というか、認識しないで、読み込んで、それをプレーヤーに移して聞いている人も、たくさんいるみたいです。

 確かに、極端に音質が落ちるわけではないのですが、私などは、できればそういう音質では聴きたくないので、圧縮しないで入れています。私の所有しているデジタルオーディオプレーヤーは、64ギガの容量ですから、圧縮しないで、CDをいれても、100枚くらいは、いれることができます。

 これが、パソコンだと、ハードディスクがいまは1テラとか、そういう大容量のディスクを使うことができますので、1000枚以上のCDを入れることが可能になっているはずなんです。

 実際、マニアックなユーザーの場合、たくさん持っているCDをすべて、パソコンのハードディスクに入れてしまって、CDは処分している人もいますし、しまいこんで普段はほとんど、CDには触らないで、音楽鑑賞をしている人もいます。

 何が言いたいのかというと、せっかく、マスターテープにかなり近い音質でデジタル化されている音源があるのですから、CDより高音質で聴くことのできる、PCを中心としたシステムで聴くほうがより音楽をあるべき姿で楽しめるのではないのかな、、とおもいます。

 家ではそういうシステムで聞いて、外に出た時、旅先や、自然の中などで、聴くときは、デジタルオーディオプレーヤーを使って鑑賞すれば、一昔前には考えられないクオリティーで、いろいろな場所で、音楽を楽しむことができます。

28-2.JPG


日記(1406)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月27日

今日は長文です。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


27-2.JPG


 今日は台風が近づいて、気圧が低いせいか、ボ〜ッとしていました。 まあ、だいたいボ〜ッとした人間なんですが、、(笑)。

 ボ〜ッとして過ごしていたら、気がつけば、10月ももう終わり近くなんですね、、。27日ですから、、。来月は11月ですから、今年もあと二ヶ月しか残っていないんですね、、、。

 あと二ヶ月かあ〜、、、。 だからどう、、っていうわけではありませんが、、。

 暖かいところにいて、気温26℃で、あと二ヶ月で、「正月、、?」って感じなのですが、ボ〜ッとしているうちに、すぐにお正月になってしまうんでしょうね、、。 あと二ヶ月で、正月という感じは、まだこちらの気候に慣れていないので、実感ないです。全然冬じゃない感じなので、、。

 ところで、このブログ、日記のように毎日書いていますが、この「日記」というカテゴリー以外に、「音楽」、とか、「エンジニアの独り言」とか、「アルバム紹介」とか、「この一枚」とか、「Gidon Kremer」とか、「Glenn Gould」とか、「最近食べた麺」とか、いろいろな題材の分類があるんですが、最近は、「日記」以外はほとんど書いていないんでよね、、。「最近食べた麺」だけ、時々書いていますけども、、。

 なぜ書いていないのかというと、自分でもよくわからない(笑)のですが、多分ボ〜ッとしているから、、(笑)今日はこればっか、、ですが、、´д` ; 。 まあ、でも、そもそも、ボ〜ッとしながら考えた分類なんで、ボ〜ッとしているわけで、、、(シツコイ?)。

 あんまり根拠ないのかな、、。でもそのわりには、なんども書いていますよね、それらの分類というか、カテゴリーで、、、。

27-1.JPG


 それで、急に関係ない話になりますが、デジタルオーディオプレーヤー(◯ Podみたいなヤツ)に、大好きなGidon Kremer の音源を、もってるCD全部入れて、聴きたい、、と思って、今日そういうお店に行って訊いてみたら、新しい、その手の機械の場合、改造というか、拡張ができないんだそうです。

 まったく某(◯ップル)社ってヤツは、意地悪いんだから、、!って思って頭にきました。メモリー拡張のついでに、中に入ってる、充電池も、新品にして、、とか、いろいろ夢が膨らんでしましたが、、無理ということで、、。

 それで、、どうしようかな、、、と思っていたら、旧型のデジタルオーディオプレーヤー(◯ Podみたいなヤツ)の充電池交換して、メモリーの容量を、128ギガまで増やしたヤツを、そのお店で売っているということがわかりました。値段は、改造するよりは、高いんですが、新品を買うよりははるかに安い、、。 充電池も交換してあるので、なかなか良いなと、思いました。

 128ギガあれば、圧縮しないで、いれても、持っているKremerのCD150枚以上は、楽に入る計算になります。

 古いデジタルオーディオプレーヤー(◯ Podみたいなヤツ)は、コンバーターとかイマイチかと思いきや、かえってその頃の方が、音が良いという話もありまして、お小遣いを貯めて、購入したいと思っていますが、某(◯ップル)社のサイトをみると、128ギガのバージョンの新品の値段が、結構安いんですよね、、。前は64ギガどまりだったのに、いまは128ギガがあるんですね、、。旧型改造の128ギガの方が安いことは安いのですが、、、。 ん〜 悩むう〜、、、。

 なんで、そんなことをしたいのかというと、150枚以上あるCDをいちいち探して、プレーヤーに入れて聴くのって、結構手間ですし、まして、出先で聴くということになると、無理ですよね、、。せっかく集めたKremerのアルバムをもっと頻繁に聴きたいな、、と思っているんです。

 ただ、いざ機器を購入して、、まずパソコンに読み込むとなると、結構な手間と時間もかかるので、かなり面倒な作業になると思うのですが、、。でも、一度読み込めば、あとは、楽なはずなんですが、、。

 150枚を読み込むって、どのくらいかかるんだろう、、?。 1日5枚やって、150÷5だと、30日、、〜って、結構大変ですね、、(^^;; 。でも、やるしかないですが、、。

 今日は久しぶりに長文になりましたが、興味ない人にはどうでも良い話でしたかね、、?。

27-3.JPG


日記(1405)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月26日

寒さの話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


 
26-3.JPG


 台風が少しづつ近づいているということですが、今日は大体晴天でした。

 心地よい風もあり、沖縄にも秋が来た、、という感じなのですが、最高気温は26℃を超えましたから、他の地域と比べると、まだまだ暖かい、、というか、ちょっと暑い、、。

 台風は沖縄本島直撃、、ということはなさそうですが、こちらに向かっているのは確かなんでしょうが、少し力が弱くなっている気がします。このまま弱まりつつ、東の方向に向かってくれれば、良いのですが、はたしてどうなりますか、、。友人が本州から週末にこちらに帰ってくる予定なのですが、もし東寄りに進路がかわると、飛行機が飛ばない可能性がありますね、、。

 こちらの予報では週末は雨、、いうことになっていますが、、どうなるかは、まだよくわからないですね、、。

 本州や九州では、秋が深まり、、というよりは、冬が近づいており、随分冷え込んできているようです。もう11月まで、一週間ありませんから、それも当然ですが、私は11月末頃に、九州に行きますので、「寒いのだろうな、、」と、いまから、気になっているのですが、こちらよりすごく寒いということは、間違い無いと思いますので、しっかり防寒してあちらに行かなければなりません。

26-1.JPG


 11月半ばくらいまでなら、まだましなのでしょうが、後半というか、末ちかくになると、かなり冷え込んでくると思いますので、ちょっと辛いかもしれません。お仕事で、室内で、録音するだけですから、すごく寒いということはないのでしょうが、暖かいところに住んでいると、寒いところに行くだけで、なんだか心配になるから不思議です。

 でも考えてみると、仕事とはいえ、あまり温度差のあるところを行ったり来たりすると、身体にはあまり良くないのかもしれません。去年真冬に本州に行った時には、寒い、、というより、なんか、冷蔵庫の中にいるような感覚がありました。もちろん寒いには違いないのですが、まだ沖縄に来て、1年弱でしたが、体が変化してきていたのでしょう、、。

 それまでの寒い、、という感覚とちがう不思議な感覚でしたが、悪寒がするという感じでもなく、嫌な感じでは決してなかったのですが、不思議な感覚を覚えました。今年の冬も同じように感じるのでしょうか?。

 ちょっと怖いような気もしますが、まあ、そのときになるまで、どんな感じになるのかは、わかりません。

26-2.JPG


日記(1404)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月25日

散歩

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


25-1.JPG


 昨日から今日にかけて、なんともカラッとして気持ち良い天気でした。

 めったにない低湿度で、夜も快適だったので、珍しく散歩に出ました。 沖縄の場合昼間は多少カラッとしていても、夜になると、湿度が高くなることがほとんどなのですが、昨日はとても快適、、。

 かなりの距離を歩きました。あとで、スマホの歩行距離をみたら、7〜8キロは歩いていましたので、良い運動になりました。
 こちらは、車を使っている人が多いので、歩いている人というのは、近所に住んでいる人ぐらいしかいません。 なので、あまり明るくない路地を歩いていると、歩いているものどおし、珍しがって見たりします。 いつも行かない地域もグルッと回って行ってみましたが、心地よい風も吹いていて、どこを歩いても快適でした。

 そんな快適な気分で歩いていたら、だんだんお腹が空いてきて、お店を探しながら歩いていたら、日本全国いろいろなところにあるチェーン店のお店にうっかり入って、担々麺(一番下の写真)を食べてしまいましたが、気分が良かったせいか、まあまあ楽しめました。

 なんか、なにげに懐かしい味がして、「チェーン店って、だからイヤなんだ、、」という感じにはなりませんでした。あのチェーン店では、数年前に、東京の下町で食べましたが、昨日の方が美味しかった気がします。気のせいかもしれませんが、、、。

25-3.JPG


 ある地区を歩いていたら、路地にたくさんの飲食店があって、どこも夕飯時でお客がそこそこ入っていましたが、どこに入ろうかなかなか決まりませんでした。 なぜ決まらなかったのかというと、、見慣れた地域なら、初めて行ったお店でも、客層とか、インテリアや、エクステリアを見れば、だいたいお店の傾向というか、良いお店かどうか、わかるのですが、沖縄では、まだ全くそういう傾向がわかりません。


 そういう理由で、偶然入ったチェーン店の担々麺屋さんでしたが、腹が立つことがなかったので、良かったです。 まわりは、個人経営のお店ばかりなので、頑張っていたのかもしれません、、(笑)。

 ところで、最近ブログの写真で、飛行機から撮ったものをよく使っていますが、これは、特に意味はなくて、まあ、写真不足なんです。ここ一ヶ月以内に7回くらい飛行機に乗りましたから、退屈しのぎに撮った写真がたくさんあるというのも理由ですが、使いたいような写真をあまり撮っていないといういうことが、一番の理由です。

 通常旅に出ると、いろいろなところで、写真を撮ることになるのですが、移動が多かった割に、時間がないことが多くて、あまり写真を撮ることができませんでした。

25-2.JPG


日記(1403)

音楽(82)
エンジニアの独り言(63)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記