2013年03月18日

グールドの秘密、、? 3

そらうみ.jpg

 一昨日のブログで、グールドのコンサートの、ゴルードベルグ変奏曲の録音について、彼の実像に迫る上で、重要な意味があると書きました。
 その意味とは、つまり、彼が、コンサートでは絶対にできない表現方法=録音技術(編集など)を駆使して作品をつくっていたわけで、一曲丸々、途切れる事無く演奏して、それが記録として残っていて、それを聴く事ができること自体が、とても珍しい事だと言えるわけです。
 当時はそのコンサートに来ている聴衆も含めて、やがて彼のコンサートでの生演奏が聴けなくなる、なんて言う事は想像もしていなかったでしょうが、クラシック演奏家としては、異例の暴挙(?)を実行してしまったわけです。
 
 ただ実像に迫ると言っても、「録音が全てである」、として公開演奏を拒否してしまった音楽家ですから、ある意味そこに実像があるわけで、彼自身にとっては、それらの記録は実像ではなく、ただの実演以上ではなかったのかもしれません。

そらら.jpg

 
 録音における編集作業を「邪道」とみる、実演至上主義の演奏家や、聴衆も確かに存在していて、編集無しの録音に、尊い魅力を感じる方も居る様です。ですが、私は録音技術者としての仕事柄として、だけでなく、実演の魅力以上に、音楽を録音し、それが最終的に商品になるまでに、色々な行程を経る事に関して、特に違和感を感じてはいません。
 むしろ、いろいろな行程を経て、つくられる事により、地球上の、いろいろな場所やシチェーション、時間や季節、その他の条件に左右される事無く、素晴らしい曲や、演奏家のパフォーマンスをより良い状態で、楽しめるとしたら、歓迎されるべきことだと思っています。

 いずれにしても、編集なしの、生の演奏そのままのパフォーマンスを、1959年のゴールドベルク変奏曲の録音からは聴く事ができるわけで、今となっては、とても貴重な記録であり、グレン・グールドの『実演』を知ることができる、数少ない音源と言えるでしょう。
 
 バッハの曲で、半音階的幻想曲とフーガ ニ短調, BWV903という曲があるのですが、グールド氏は前半の幻想曲だけ録音して、フーガを録音する事無く、亡くなってしまいました。私の大好きな曲なので、フーガを録音してから、天国に行ってほしかったです。
 半音階的幻想曲とフーガ ニ短調とCDの外側にかいてあったので、購入したら、中のブックレットに「フーガは収録されていません」なんて書いてありましたが、ソニーレコードさん、詐欺的商法ですヨ、、、(._.)...。

あ.jpg
 CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Glenn Gould

2013年03月17日

グールドの秘密、、? 2

すな2.jpg
 グールドは32歳を過ぎてから、コンサート活動を止めて、スタジオで録音した演奏をアルバムにすることが、彼の唯一の音楽活動になっていたわけですが、それに際して、彼はレコード会社と話し合って、いつでも自由に録音出来る、彼専用のスタジオを準備してもらっていたらしいです。
 その時すでに若くしてスタープレーヤーになっていたとはいえ、それは他の多くの演奏家達には望むべくも、けしてかなえられる環境ではなかったはずです。
 
 録音に専念するようになってからのグールドのアルバムの録音データを注意してみてみると、ある事に気付きます。
それは録音の年月日がばらばらというか、曲によって、楽章ごとに順番に録音する事をしなかったり、短い曲でも何日にもわたって録音していること。それから一つの曲集でもその組曲の作品番号によって、全然違う日に録音されています。
 平均律クラヴィーア曲集では、一曲のなかで、プレリュードとフーガを全く別の日に録音している曲も、沢山あります。

すな.jpg

 
 平均律クラヴィーア曲集に関しては、他のピアニストの場合、1、2巻あわせても3~5日位で、全曲を録音していることが多い様で、非常に忙しい作業になります。しかしこれは予算やスケジュールの制約から、致し方ないことで、これが慣例的に行われているわけです。
 
 それに対してグールドは、言ってみれば好きな時に、好きなだけ、録音する事ができたわけで、非常に恵まれていたと言う他ありません。
1963-03-hank-parker-owned-by-sony-music-02.png あの複雑なフーガを十分に吟味しながら、少しづつ録音できたら、本当に楽ですし、自分のベストパフォーマンスを記録できるに違いありません。そのうえグールドは、その吟味して録音した音源に飽き足らず、沢山のテイクを長時間かけて編集していたらしいです (^_^;) 。
 最初は技術者に任せていた作業を、最終的に自分でテープにはさみを入れ、行っていたようで、あるインタビューで、「本当は編集違いで、同じ曲のアルバムを何種類か出したい」なんていう発言もしています。
 
 グールドの場合、ミスを隠す為の編集ではなく、音楽的な方向性を考えての、色々なテイクの結合を行っていたとは思うのですが、緻密で、一本筋のとおった彼の音楽が、沢山の録音テイクや、編集の賜物であったことは間違いないようです。

 現代のハイエンドの制作現場においては、クラシック音楽でも、ほぼ当たり前になっている音源の編集ですが、まだそれが頻繁に行われていなかった頃から、より良い作品作りの為に、積極的にグールド氏はそれを行っていたということです。
CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Glenn Gould

2013年03月16日

グールドの秘密、、?

そらびる.jpg


 このブログも気がつけば4ヶ月目に入りました。いつも読んでいただきまして有難うございますm(_ _)m 。

 4ヶ月以上毎日更新して、ネタには随分困っていますが、意外にも、カテゴリーをつくった割には、まだ一回しか取り上げていない、Glenn Gouldの事を書きたいと思います。

 前回は、グールドといえば、いつもバッハとともに話が進められる事がおおいので、あえて違う内容にしましたが、今日は素直に彼の演奏したバッハのお話です ^^; 。
 バッハが鍵盤楽器(チェンバロ)の為に作曲した作品のほとんどを録音しているグールドですが、彼が演奏したバッハといえば、一番有名なのは、ゴールドベルク変奏曲ですよね、、。デビューしたばかりの1955年の録音と、50年の短い人生を終える少し前に、録音した演奏と、二つのアルバムがあることは有名ですが、実はもう一つの録音があるんです。
 
 それは1959年のザルツブルグの音楽祭での、コンサートでのライヴ録音なんです。私は随分前に、そのCDを手に入れて、愛聴していたのですが、あるとき友人に貸したきり、どこにあるかわからず行方不明になってしまいました。借りた本人も忘れてしまっている上に、私も誰に貸したか覚えていないんです、、。これを読んでいらっしゃる中にいらっしゃったら、ご一報下さい(無理かな^^;)。

1959-don-hunstein-owned-by-sony-music .png


「CBSのスタジオにラーメン三つね、、一つネギ多めでオネガイします〜」と言っているかどうかは、わかりませんが、電話をするグールドの写真 (^_^;) 

 
 


 
 そのCDが戻って来ることは、もう諦めているので、新しく手に入れるべく探していたのですが、もともとボックスセットの中の一枚なので、それだけ手に入れる訳にゆかず、購入できずに寂しい思いをしていたんです。
 
 そうしたら、今日偶然に、中古CD屋さんで発見したんですよ、、、!(^o^)/ そのアルバムを!!しかも格安で。日頃の行いが良いので(ウソ(-_-;))、神様が巡り会わせてくれたんだと思います。
 グールドという人は32才から一切のコンサート活動をやめたので、音源の数が決まっていて、この様な音源はあまり無いんです。

 コンサートの演奏、しかもこの曲の様に長い曲を、続けて演奏した記録というのは、グールドの場合とても貴重なんです。それは、音源の希少性以上に、グールドという音楽家の実像に迫る上で、重大な意味があるんです。その重大な意味とは、、? 明日に続きます (・_・;) 。   CMS Records web site  http://cms-records.biz
そらくもき.jpg
posted by えんこみ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Glenn Gould

2013年01月11日

Glenn Gould  Mozart; Schoenberg: Piano Concertos

光7.jpg

 こんにちは、CMSレコード、エンジニアの小宮山です。
みなさん、グレン・グールドというピアニストをご存知でしょうか? ジャズ系の音楽をお聴きの方にも、知っている方が、いらっしゃるかもしれません、、。クラシックの世界では有名な人で、沢山のアルバムが出ています。
 この人の変わったところは、14歳から演奏活動をしているのですが、30歳の頃からコンサート活動をやめて、50歳で亡くなるまで、一切の公開演奏をせず、レコーディングに専念してしまったことです。

GG.png

 バッハの演奏で有名な人で、ほとんどの鍵盤楽器の為の曲を録音していますが、その他の作曲家の作品も、いっぱい録音しています。
とても個性的な音楽性と、演奏スタイルで、何かと話題が多い人で、彼に関する本もたくさん出ていて、評論や彼自身の著作、書簡集なんかも出ています。
 演奏家、音楽家というより、文化人、芸術家という感じで、特殊な位置にいる人物と言えるでしょう。
 
 私のまわりにもグールドファンを自認する人がいますが、意外と音楽より、評論など本を通じての知識、情報が多い人が多い気がします。中にはグールドってバッハ以外にも録音していたんですね、、、なんて言う事をいう人も居ます。
 私は仕事柄、詳しいせいもありますが、ファンならば、もう少し、音楽そのものを聴いてほしい気がします。

 ここに取り上げるのは、数年まえに初めてCD化された、モーツアルトとシェーンベルクのピアノ協奏曲で、彼が演奏活動をやめる2年前の録音です。
 
 この演奏を聴いて、私が感じるには、後の多くのスタジオ録音に比べて、調律の違いもあるかと思いますが、ピアノの音色が、明るく澄んでいて、良い意味で、グールドらしく無く、閉じた孤独な感じではなく、多少普通な (^_^;) 、外に開かれた感じの音楽を聴く事ができます。
 
 このアルバムでは、選曲のカップリングこそ、とても珍しいものですが、モーツアルトにしろ、シェーンベルクにしろ、素直な、というか、グールド独特の突飛な表現や、変わったアプローチを感じない、正統的な雰囲気の演奏をしています。
 
 シェーンベルクのコンチェルトは、あまり演奏されない曲ですが、私が知っている、ブレンデルや内田光子さんの演奏と比べても、良く練られた解釈で、技術的にも素晴らしく、指揮のWalter Susskind氏の裁量もあるのでしょう、とても説得力のある演奏になっています。

CMSレコード HP http://cms-records.biz/

Glenn Gould; Walter Susskind: CBC Symphony Orchestra 

41vkeLvVKCL._SL500_AA300_.jpg
posted by えんこみ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Glenn Gould