2014年04月20日

Kremer のマジック

20-1.jpg


 昨日はKremerのことについて、3月以来、今年2回目の投稿をしました。

 昨日書いたこと、Kremer の魅力というか、私の好きなところ、、といったことを書いたわけですが、そのことを感じるか、感じないかで、Kremer の音楽の聴き方は随分違うと思うんです。 私が思うに、欧米に比べ、Kremer 氏の人気が今一つな我が国での彼の評価のされかたというものが、そのへんと関係ある様な気もします。

 世界中のほとんどの演奏家は、例えば、きのう書いたBach の無伴奏ヴァイオリンパルティータのような、いわゆる難曲を演奏する場合、演奏することで、精一杯というか、技術的にかなりの修練を要求されるので、とても苦しい立場に追い込まれると同時に、過去の名演奏家の演奏を少なからず意識しての演奏ということになるのだと思います。
 その点、Kremer氏の場合、そもそも、演奏することに対する考え方というものが、ほとんどの演奏家とはどうも違うようなところがあります。

 以前コンサートのプログラムによせた、彼の書いた文章に、「どんなに優れた演奏でも、それと似た演奏を自分がするということには、全く興味がない」という意味のことをかいていました。 私が思うに、彼が自分の演奏スタイルというものを考えた時、音色、技術、テンポや、アーティキュレーションなど様々な音楽的な要素をすべて、自分らしいやり方で、表現するということを、一番に考えながら、訓練したり、演奏活動を行ってきたのではないか、、と思うのです。

20-2.jpg


 そのことの根拠として、彼の演奏は、モスクワ音楽院で師事していた、ダヴィッド・オイストラフとあまりにも似ていない、、という点は見逃すわけにはいきません。同時期に、同じくモスクワ音楽院でロストロ・ポーヴィッチに習っていたKremerと同じラトヴィア出身のチェロのマイスキーが、あまりにも師匠と似た演奏スタイルであるということと、そのことは対照的ですらあります。

 マイスキーの場合、失礼ながら、いわば完全にポーヴィッチのコピーと言っても差し支えない演奏で、厳しいことを言えば、個性というものが全く感じられないのに対して、Kremer の我が道を行く、、、というポリシーは、彼にとっては当たり前なのかもしれませんが、特筆すべき点でありますし、彼の著書のなかで、師のオイストラフは、「可能なかぎり生徒の個性を尊重してくれた、、」という著述があるとおり、そのような恵まれた環境のなかで、Kremer 氏は自分のキャリアを着々と積んでいったのかもしれません。

 ことクラシック音楽に関して、我が国の音楽ファンは超が付く程の保守派で、Kremer が世界的に活動する前に早々と我が国でした演奏に対して、一部の専門家をのぞいて、おおむね冷ややかな反応だったということを、私は昨日のことの様に覚えています。 

 いまから20数年前に行われた、ピアノのアファナシェフとKremerの東京新宿で行われたリサイタルは、わずか数十人の聴衆しかおらず、舞台に登場した彼らが、さすがに客の少なさを見て、落胆の表情をうかべていたことをわたしは忘れてはいませんが、その環境で、かれらは、それを跳ね返すかの様に、フランクや、ショスタコーヴィッチのソナタの、火の出る様な熱演で、私を圧倒させてくれたことも、ハッキリおぼえています。

 Kremer氏は私にとって、昔から、いつもとちがう、何かの非日常空間に連れて行ってくれるマジックの様な力をもった演奏家であり続けてくれています。

20-3.jpg




 来週水曜から、べースデュオシリーズ第二弾、中島教秀、細川正彦 Duo「Duologue」の発売記念ツアー vol.2 関西の部があります。

広島 4月23日(水)サテンドール 中区堀川町1-16 082-241-0693
鳥取 4月24日(木)すし銀 鳥取市弥生町281-3 0857-27-4593
岐阜 4月25日(金)アイランド・カフェ 岐阜市一日市場北3-7 058-213-7505
福井 4月26日(土)マロンパラダイス 坂井市春江町江留上昭和139 0776-51-6800
奈良 4月27日(日)ミセスK 奈良市法蓮町632-2 デュエット山末ビル2階 0742-23-0789
徳島 4月28日(月)ジャズ・クラブ Jun 徳島市籠屋町1-16 088-655-0303
大阪 4月29日(火祝)ガス灯(我巣灯) 大阪府豊中市本町4-2-57 06-6848-3608


それと、ツアー番外編として、名古屋の素晴らしい演奏家の皆さんとのセッションがあります。詳細は以下に。

4月30日(水)20:00〜
キャバレロクラブ 名古屋市東区東桜2-15-28 小島ビル1F 奥 052-931-0914
細川正彦 Session 小濱安浩(ts)加藤雅史 (b)倉田大輔(ds)細川正彦 (p)


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 ■アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3


CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Gidon Kremer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93612179

この記事へのトラックバック