2013年11月20日

食堂

20-4.jpg


 今日は、私の今いる福岡に東京から友人が仕事でやってきました。

 夜の飛行機で東京にトンボ帰りということでしたが、せっかく近くに来たのなら、夕飯でも、、、ということになりました。その方は以前福岡に何年か住んでいた事があり、何カ所かで、一緒に食事をしたことがありました。でも随分前の事なので、どこに行ったのかは、全く覚えていませんでした。

 私は昨日から県外に出ていましたので、メールでやり取りしながら、「どこに行きましょうか?」と尋ねました。すると。その方は、「あそこに行きたいんですよ、、え〜と箱崎の食堂」、、。みたいな返信が、、、。あ〜箱崎の食堂ね、、、。最近あまり行っていないんですが、昔は毎日の様に行っていたお店です。 

 あの人とあそこに行ったという記憶がイマイチありませんし、普通の定食があるお店で、わざわざ旅先で行く様なかんじのおみせではありません。それでも現地集合という事で、福岡市東区箱崎にある、お酒と食事の店、「箱崎」で、待ち合わせました。

 その方に訊いてみると、以前福岡に住んでいた頃、私に車でここまで連れて来られたそうなんです、、。ここは日替わり定食が600円で手頃な値段な上、専用の無料駐車場があり、夜は、深夜2時まで営業しているとても珍しいお店で、以前はわたしのお気に入りで、誰彼かまわず、いろいろな人を、誘ってここにきていました。
 久しぶりに来てみると、今日の日替わりは「とり南蛮とカキフライ、それにジャガサラダ」と書いてあります、、。
 これで600円。
 
 下がその写真なのですが、とり南蛮というのはいわゆるチキン南蛮でした。あまりにも盛りが良いので、何が何だか解らない写真になっていますが、小振りにきったチキン南蛮とカキフライが二つ、よく見えませんが、レタスの裏には、手造りの具沢山のポテトサラダが、お茶碗一杯ほど、、。これにきんぴらの小鉢とみそ汁、たくあんの組み合わせです。

20-1.jpg


 一緒に行った方にきいてみると、以前私とここに来てから、何度か個人的に食べにきていて、東京にいてもここの味が忘れられず、時々夢に出て来る、、のだそうです。 「夢にまで見る」とはスゴいですね、、。とにかく福岡に来るなら、もつ鍋でも、博多ラーメンでもなく、ここに来たかったのだそうです。

 ここの料理は、一切造り置きなし、既製品の使用もなしの純手造り、野菜や食材もほとんど国産のみ使用で、できたてが運ばれてきます。もちろんお味噌汁もダシをチャンととっていますし、キャベツにかかっているドレッシングも必ず手造りですし、とにかく手抜きが無いんです。今日の付け合わせのポテトサラダには、リンゴの角切り、レーズン、人参、キュウリ、ソーセージなどがたくさん入っていて、ボリュームばかりではなく、味もとても美味しかったです。この内容で、600円はあり得ません!。

20-2.jpg



 まあ近くに大学があったりするせいもありますが、安くて美味しく、量もあり、とにかく魅力的なお店です。ちなみに、わたしあまりチキン南蛮は得意ではないのですが、きょうのここのチキン南蛮は、私がいままで食べた中で一番おいしかったですよ、、。
 
 東京からきたお知り合いのKさんも、とても満足していらっしゃいました。

 こういうお店は本当に貴重だと思うのですが、老夫婦がやっているので、この二人が引退したら閉店してしまうのだと思います。できれば長く続けて欲しいですね、、。

20-3.jpg


■ お知らせ
 好評のべースデュオシリーズ第二弾「Duologue」中島教秀、細川正彦Duo CD発売記念ツアーVol.1。
 関西から、ベーシスト中島教秀さんを迎えて九州内5カ所で行います。九州ではなかなか聞けない、名手の演奏を、お近くの方は是非おいで下さい。
12/2Mon 熊本 おくら
/ 3 Tue 熊本 エスキーナ・コパ
  / 7 Sat 佐賀 シネマテーク
/ 8 Sun 小倉 Big Band
/ 9 Mon 福岡 New Combo
Album「Duologue」 試聴 You Tube



CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81025100

この記事へのトラックバック