2013年07月19日

渡り鳥のように、、?

19sora.jpg

 
 昨日のブログで、夏の暑さから、私たちの祖先の話まで、短い文章の中で、話がどんどんすすんで行ってしまいましたが、もし本当に夏を避けられるのであれば、北半球の夏の時期に、南半球に行けば、冬なので暑くはないですよね。
 
 そうすればエアコンも何もなくても快適に暮らせます。これは、話のうえだけの、荒唐無稽な話ということもできますが、考えてみたら、渡り鳥なんていうのは、季節毎にいろいろな場所に飛んでいって、快適に暮らしているんですよね、、。人間がそれをやろうとすると、飛行機に乗ったりして行かなければなりませんが、渡り鳥は自分たちの力だけでそれができる、、。

 これはスゴい事だと思うのですが、ちがった角度から考えてみると、とてもおおきな体力を使ってまで移動するより、その能力を使って、気候に適応する力を身につけた方が、楽だったかもしれない気もするのですが、、。動物の進化って不思議ですね。
 いくら渡り鳥といっても、実際には北半球から南半球という様な長距離の移動をしている鳥はいないのでは、、と思って調べてみれば、なんと、北極地域から、南極まで移動をしている鳥もいるのだそうです、、。すごいですね!。

19sora2.jpg


 ここで素朴な疑問。お金持ちで、なおかつ仕事をしていない人で、いくつか家を持っていて、季節に応じて移り住んでいる人とか、いるんでしょうかね、、?。もし居たら聞いてみたいのですが、やっぱり快適で良い生活なんでしょうか?

 なんだかんだ言ったって、一年の間暑かったり、寒かったりして、四季があるので、ある種の生活感みたいなものがあるのだと思うのですが、、どうなんでしょう。渡り鳥にも言葉ができるなら聞いてみたいです「あんたたちそれで、楽しかと?(なぜか九州弁)」と。

 まあでも、あこがれはありますよね、寒く厳しい冬に、温かい南の島でくらして、暑い夏は、からっとした、北欧かどこかで、のんびりと汗をかかないで暮らす、、。ワンシーズンくらい試しにやってみたいです。まあ普通に考えたら無理ですがね、、。
 でも一度だけあるんですよ、梅雨の間結構長い間、日本にいなかったことが、、。でもあの頃まだ若かったので、今ほどは蒸し暑いのが
苦手ではなかったんですよね、、。

 老後は冬は南の島、夏は北欧、という夢をもって、残りの人生がんばってゆきましょうかね、、、(^_^;) ... 。

  そういえば、おとといから昨日にかけて、CMSレコードのHPのニュースの欄が、プログラムのミスで、表示されなくなった時間がありました。更新作業中のミスでしたが、いまは復旧しています。ご迷惑おかけしましたm(_ _)m 。

19sora3.jpg


CMS Records web site  http://cms-records.biz/
posted by えんこみ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71072450

この記事へのトラックバック