2013年04月14日

影の写真とグールド

4/13かげ2.jpg
今日は少し暖かかったですね。

花粉とか、PMナントカは、少しは減ったのでしょうか。

 最近はもっぱら影の写真に凝っていますね。この写真、いつでも撮れる様で、この角度でこの様な感じに、太陽が影をつくることは、そんなにありません。

 ここのところ、いろいろ仕事以外でも音楽を聞いています。

 
 先日買った中古CDのグールド。あれを聞いてから、すこしづつ他のグールドのアルバムもきいています。自宅とは離れた場所に置いてあったグールドのCD50枚くらいを、仕事のついでに行って、持って来ました。

 グールドは、かつて、とにかくたくさん聞きました。今から十数年前、仕事以外では、半年以上グールドしか聞かなかったことがあります。ここ数日聞いていたグールドは、コンチェルトなどが多く、一番多いピアノのソロをほとんど聞いていませんでした。

4/13かげ.jpg
 
 そして今日久しぶりに聞いたのは、バッハの「イギリス組曲第4番」。先日書いた「グールドの秘密」というブログに書いた様に、何回も録り直しているのではないかと思い、ブックレットをよく見てみました。
 そのデータが下のもの。

( Recording : Eaton's Auditorium、Toronto, Canada,
December 14 & 15, 1974, May 23 & 24, 1976 )
 
 やっぱりやっていましたね、、。
 
 20分 7楽章のこの曲を、4日間もかけていました。しかも最初の2日と後の2日は一年以上あいています。その甲斐あってか、演奏はとても緻密かつ、ダイナミックで、私はグールドの録音の中でも、かなり好きな方です。
 録音の音質も独特のクリアーさがあり、すがすがしく、今の季節にぴったりな気がします。録音は12月と3月なんですけどね(^_^;)。

 本来ピアノの為に書かれていない曲(バッハのこの時代まだピアノは発明されていませんでしたので、チェンバロ用)を見事に魅力あるピアノの曲として演奏しています。ピアノに関しては、高音部の独特のハスキーな感じが、スタンウエイ独特の魅力を感じます。

 
4/13グールド.jpg
posted by えんこみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Glenn Gould
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64868430

この記事へのトラックバック