2013年02月07日

熊本の讃岐うどん

花5.jpg

 熊本に行って参りました。街の中心部に讃岐うどんのお店が新しく出来ていたので、入ってみました。お店の名前は「凡蔵」。「ぼんぞう」と読むのかと思ったら、「ぼんくら」なのだそうです。大胆な名前ですね (^_^;) 。
 
 福岡ではここ数年、讃岐系のお店が増えていますが、熊本ではそれより少し前から讃岐うどんのお店が、郊外に点在していました。
熊本のうどんは、福岡のへろへろ系のうどんに比べて、少しコシがあるうどんが多いので、讃岐系のうどんが、もしかしたら受け入れられ易かったのかもしれません。
 市内の中心部のアーケードの中に、讃岐のチェーン店、「はなまるうどん」があったり、郊外ですが(画図地区)讃岐の名店「おか泉」で修行した方が、「てるやま」というお店をされていて、讃岐のメニューをそのまま出していたりします。
 
 調べてみると、この「凡蔵」というお店、かつて市内にあり、一度、福岡県寄りの荒尾という町に引っ越したらしいのですが、中心部の鶴屋デパートの地下に支店を出していたそうです。もしかしたら今もまだあるのかもしれませんが、確認はしていません。今回行ったお店は、中心部の、通り町筋、日航ホテルの横と言う、町のど真ん中で、とても立地が良いところにあります。
SH3C0244.jpg

 今日は「肉汁つけうどん」というこのお店の一押しメニューをいただきました。
 つけ汁は、ちょっと変わった、薄く切ったごぼうを、す揚げしたものと、肉、それに角切りの茄子、ネギなどが入った、個性的なものでした。うどんの麺は若干細めながら、とてもきれいで、角がすっきりと立った、とても気合いの入った、本場讃岐と比べてもかなりレベルの高いうどん麺でした。薬味もショウガ、白ごまなど讃岐らしさが感じられる本格的な感じです。
SH3C0243.jpg

 普通の汁のあるうどんも、いりこ、昆布が効いていて、色の薄い醤油を使った、どちらかというと、讃岐の、都会で食べられている、タイプのうどんのおつゆの様です。
 
 入り口にうどん用の小麦粉の袋が沢山積んでありましたので、手打ちでは無い様ですが、麺はここでつくられている様です。お昼のピークを随分過ぎた、2時過ぎにお店に入りましたが、しっかりと、茹でたての麺が出てきましたので、とても美味しく食べることができました。是非また来てみたいです。 こういうお店、福岡の中心部にもほしいですね、、、。
CMS Records web site http://cms-records.biz/


posted by えんこみ at 03:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
美味しそうなうどんですね!つけ汁に茄子やごぼうの素揚げとは、相性抜群ですねるんるん小宮山さんのブログを見てると、いつもお腹がすいてきて困ってます…
Posted by カリフラワー at 2013年02月07日 23:59
カリフラワーさん、コメントありがとうございました。九州の讃岐うどん屋さんでは珍しい、「鍋焼きうどん」もあったので、次回食べてみたいと思っています。
Posted by えんこみ at 2013年02月08日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62129036

この記事へのトラックバック