2013年02月01日

Paul Desmond Desmond Blue この一枚 vol.10

飛行機雲.jpg

 今日は「この一枚」、エンジニア小宮山が、かくれた名盤をご紹介しつつ、そのアルバムについて独自の視点で書いてゆきます。

 ポール・デズモンドといえば、先日亡くなったデイヴ・ブルーベックのバンドで活躍し、名曲「テイク・ファイヴ」の作者として知られている人物です。その後の活動は70年代のCTIレーベルでの諸作が有名ですが、60年代にも良い仕事を残しています。

 このアルバムは簡単に書いてしまうと、いわゆる with Strings的なアルバムで、管弦楽+ジャズバンドの形態で、スタンダードナンバーを演奏していますが、実に粋なアレンジと選曲でムーディーに聴かせてくれます。

Paul Desmond Desmond Blue  Bluebird RCA

1. My Funny Valentine 3:55
2. Desmond Blue 3:43
3. Then I'll Be Tired Of You 4:07
4. I've Got You Under My Skin 4:43
5. Late Lament 4:11
6. I Should Care 3:51
7. Like Someone In Love 4:13
8. Ill Wind 3:50
9. Body And Soul 4:53      Recorded at Webster Hall, New York, New York between June 19, 1961 & March 15, 1962.
                 Engineer Ray Hall

 CDアルバムのブックレットには、ギターのジム・ホール以外、アレンジャーやメンバーの記載が無く、長年不明だったのですが、今回これを書くにあったって、色々調べてみましたところ、面白いことがわかりました。

 まずプロデューサーはGeorge Avakian、コロンビアからワーナー、RCAへと渡り歩いた、ジャズの名プロデューサーです。オーケストラの編曲と、スタジオでの指揮をしているのが、Bob Princeという人で、私は今まで知らなかった人ですが、なぜかこの人はバレーや演劇の音楽を多く書いているのですが、ジャズの仕事以外では「Robert Prince」という名前で仕事をしています。
 
 このアルバムでは勿論ポール・デズモンドが主役なわけですが、アレンジャーのボブ・プリンスという人の素晴らしい仕事が、とても大きな割り合いを占めています。その他に、興味深いのはべースが曲により、全くタイプの違うGene ChericoとMilt Hinton の二人を使い分けていることです。ドラムも三人が担当していて、Connie Kay, Bobby Thomas, Osie Johnson が叩いています。

 それと、ここでもう一つ注目したいのは、レコーディングエンジニアーの「Ray Hall」です。有名なブルーノートのルディー・ヴァンゲルダーほどの知名度はありませんが、とても良い仕事をしています。
 
 個人的には同業者としては、ピアノの音質ではヴァンゲルダーより、この人の音の方が好きです。Bill EvansのVerve盤、(fl)のジェレミー・スタイグが入った「What s New」なんかもこの人の仕事です。楽器の音をとてもナチュラルにとらえたクリアーな録音は、私にとって、とても音楽的な気がします。
 
 このアルバムにはピアノは入っていませんが、素晴らしいバランスで、録音されており、レイ・ホール氏の音楽的な貢献度は、とても高いといえるでしょう。オーケストラ全体のバランス、エレキギターとの混じり方、べースとドラムがくっきり聞こえているため、リズミックなシーンでも編成が大きいにも関わらず、ビートが死なず、とても魅力的な空間を造り出しています。イージーリスニングとしても、真剣に聴くジャズアルバムとしても、とても質が高いアルバムです。

Paul Desmond (alto saxophone); Bob Prince (arranger, conductor);

George Marge, Robert Doly, Paul Winter, Stan Webb, Phil Bodner, Romeo Penque (winds);
Albert Richman, Tony Miranda (French horn);
Charles Libove, Arnold Eidus, Anahid Ajemian, Harry Glickman (violin); Harry Zaratzian, Alfred Brown (viola); Alan Shulman, Harvey Shapiro (cello);
Gene Bianco, Gloria Agostni (harp); Jim Hall (guitar); Gene Cherico, Milt Hinton (bass); Connie Kay, Bobby Thomas, Osie Johnson (drums). Producer: George Avakian.

51vxEDvRhrL._SL500_AA300_.jpg
posted by えんこみ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | この一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61909831

この記事へのトラックバック