2012年12月21日

Kenny Kirkland この一枚 vol.1

光.jpg  

エンジニア小宮山が、とっておきのアルバムをご紹介する「この一枚」というコーナーが、何のまえぶれも無く、 ^^; 今日、始まりました、、(^_^;) 。CMSレコード HP http://cms-records.biz/

 記念すべき第一枚目は、「Miroslav Vitous First Meeting(ECM 1145 )」です。ピックアップするアーティストはアルバムのリーダー、ロスラフ・ビトウスではなく、ピアノを弾いている、ケニー・カークランドです。
 彼は一般的には1985年のスティングの「ブルータートルの夢」のレコーディングとツアーメンバーとして、ブランフォード・マルサリスらと共に、知られていますが、それ以前にも様々なアルバムに参加しています。
 
残念なことに、1998年に43年の短い生涯の幕を閉じていますので、その実力の割には録音の数はあまりにも少なく、それらの記録はとても貴重なものと言えるでしょう。
 
 有名なところでは、1983年録音のウイントン・マルサリス 「Think of One」で若干22歳のリーダー、マルサリスの手兵として、脇をかためていますが、他にはブランフォード・マルサリスとの諸作、70年代後半から、80年代初頭にかけては、意外にも日本人ミュージシャンとも活動しており、トニー・ウイリアムスやミロスラフ・ビトウスとともに、山口真文(ts)さんのリーダー作「MABUMI」や、日野皓正さんのアルバムや渡辺香津美さんの「To Chi Ka」にも参加しています。
 
 このECM盤ではケニー本来のクリアーなタッチが、優秀な録音によって、見事にとらえられています。他に同じメンバーによる「Miroslav Vitous Group」というアルバムもあります。

E1145g.jpg
Miroslav Vitous bass
John Surman soprano saxophone, bass clarinet
Kenny Kirkland piano
Jon Christensen drums     

Recorded May 1979   ECM 1145
posted by えんこみ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | この一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60919737

この記事へのトラックバック