2012年12月18日

インターリュード ♫

木.jpg

今日は、CMS-1001、記念すべきCMSレコード第一作目の「Interlude」を紹介させて下さい。HPの方には、いまのところ試聴のページがないので、こちらの方に5分半程のダイジェスト版のmp.3ファイルをアップしましたので、これを聴きながらお読みいただけると幸いです。
 このアルバムは2004年の12月に録音しました。熊本の阿蘇近く、標高400メートルにあった当時のCMSスタジオで、夜の9時〜午前3時くらいまでかかって、のんびり収録したと思います。
 12月の山の上ですから、外は氷点下、地面は凍っていました。ストーブの薪をくべながら、一曲録ってはプレイバックを聞き、珈琲を入れて、また一曲。池田篤、細川正彦のデュオツアーのあと、アルバムをつくるというよりは、思い出作り、記念に録音しておこう、という感じの録音だったと記憶しています。
 アルバムが出来上がった後は池田篤氏のホームページのみでの扱いで、細々と販売していましたが、幸運にもディスクユニオンさんからの問い合わせがあり、取り扱ってもらえることとなり、より多くの方達に聴いて頂ける様になりました。
 当時、池田氏は1936年製造のビンテージ楽器「CONN 6M」を吹いており、今となってはそういう意味でも貴重な録音と言えるかもしれません。
 このアルバムは記念すべきCMSレコード第一作目であると同時に、シーンから遠ざかっていた、ピアニスト細川正彦が旧友池田篤の協力を得てこそ実現できた、復帰記念の作品であり、今につながる、音楽活動のきっかけとなった作品です。

CMSレコード HP http://cms-records.biz/

 CMS-1001.gif 
 試聴ファイルは、Fingers in the Wind(R Kirk)、Wee Free (Ikeda)、Blue Zoo (Ikeda)、You Only Know What I Know (Ikeda)からのダイジェストです。
posted by えんこみ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60852401

この記事へのトラックバック