2012年12月13日

べースデュオシリーズについて ♫

夕焼け.jpg
エンジニアの小宮山です。CMSレコードの事務所は九州の福岡にあるので、どうしても福岡の話題が多くなりますね。昨日書いたカレー・レインボウも福岡のお店ですし、、。私の様に関東出身の者にとっては、福岡のスパイス料理事情はとてもさびしいものがあり、十年以上とてもスパイスに飢えた状態にあったのですが、去年から今年の春くらいにかけて、福岡はスパイシーカレーのお店の出店ラッシュで、喜んでいます。
 
 今日はかねてから、麺&カレーブラザーの泰クンとの間で懸案になっていた、「ガラム」というお店に行ってきました。
カウンターだけ十人くらいの広さのお店でした。私はガラムカレーというお店の名前がついたカレー、泰クンはキーマカレーを注文しました。私のカレーは、いわゆるカシミールカレーという感じのチキンカレーでした。キーマカレーは注文があってから、ひき肉をスパイスで炒める丁寧なレシピでした。
 
 味はなかなか美味しかったのですが、私の感想としては、「これ、普通にインド料理じゃない!」というものでした。ナンはないものの、チャイやタマネギのアチャル(漬け物のの様なもの(これは魚系のダシが入った個性派でしたが))もあって、普通のインド料理な感じです。ちまたの評判としては、「明日の福岡のカレーを暗示するカレー」とか「うますぎる!」とかいろいろ聞いていましたが、福岡にはまだインド料理を食べた事がない人達が沢山居るんだなーと思いました。今度行ったときにはほうれん草とチーズのカレーを食べてみたいと思います。

きのう書いた、「納浩一 細川正彦デュオ「Little Song Book 緑彩色(CMS-1007)」ですが、べースデュオシリーズというシリーズの第一作でして、今後の予定としては、京都在住で、全国的に活躍する船戸博史と細川正彦(P)のデュオ、かつて東京で活躍し、現在は関西を中心に活動する重鎮ベーシスト、中島教秀と細川正彦(P)のデュオの2作があり、どちらも録音は済んでおります。今後のリリースにご期待下さいm(_ _)m 。

今日は特別にmp3ですが、納浩一 細川正彦デュオ「Little Song Book 緑彩色」から「夢見ることを」試聴できるようにしてみました。よろしかったらお聞き下さい。 CMSレコードHP http://cms-records.biz/

posted by えんこみ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60744148

この記事へのトラックバック