2022年06月09日

日本と欧米のどこが違うのか、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。

9,-1.JPG


 今日も曇天の沖縄ですが、どなたかのFacebookの投稿で、蝉が鳴き出した、、ということで、梅雨明けも近いのでは、、?というものを見ました。本日も梅雨の割には気温がかなり低めでした。

 話は変わりますが、昨日のヨーロッパの録音スタジオの話ですが、昨日記事に書いたスタジオは、どこも割と郊外、、というか田園地帯だったり、避暑地だったりするわけですが、これって日本ではあまり考えにくい立地ですよね、、?。 ジャズレコーディングで有名なアメリカのスタジオ Rudy Van Gelder Studio も郊外の林にかこまれたところに立地しています。

 街中ではないところにスタジオを建てるメリットを考えると、地代が安いという他に、密集していないところでは電源の状態が良いということも考えられます。一方で、そういう場所には都会から行くと、少し遠いというデメリットもありますが、やはりメリットの方が大きいということで、そういう立地にスタジオを作るという事なのでしょうが、なぜか日本ではそういう立地にはほとんどスタジオがありません。

 日本の皆さんはほとんどご存知ないと思うのですが、米国やヨーロッパなどの比べ、日本の音楽ビジネスは利率が高いのですが、その理由はCDやレコードなどの販売利益を、日本の場合、レコード会社がかなり多めに取っていて、その割合は欧米の10倍以上にもなるのです。そういう意味では、日本の大手のレコード会社のスタジオが都心にあるというのも、ある程度理解できますが、音楽界や演奏家や作曲家などからすれば、これはとても大きな問題ではあると思うのです。

9,-2.JPG


 海外の場合、メージャーなバンドや、アーティストが成功してアルバムなどが売れて、お金が入ってきた場合、単純計算をしてもこちら日本の10倍以上の利益がありますから、多くのメジャーになったアーティストは、しばらく活動を休んだり、自分たちでスタジオをつくったりして、次の活動に備えるわけですが、日本の場合利益は、レコード会社や、事務所に取られてしまい、アーティストに入ってくる金額は、本当に少ないです。

 これが、メージャーな音楽家ではない人たちや、スタジオミュージシャンとなると、生活するのがやっと、、という金額しか支払われていません。
 スタジオの話を書いていたはずが、日本の芸能音楽界を糾弾する文章になってしまいましたが、これは嘘でも誇張でもない話で、音楽愛好家の皆さんにも、少しは知っておいてほしい話です。
 こういった環境からは、世界に通用する音楽家が日本から出てこなくても、全くおかしな話ではないわけで、日本の芸能音楽界の病巣とでもいって良い話です。
 海外の音楽家が世界で経済的な利益を上げて得る利益と、最初から利率が低い日本の音楽家が、国内向けの作品で事務所やレコード会社の搾取された後のわずかな利益の差は、話にならないほど少ないはずです。

 日本の大手のレコーディングスタジオの機材面での充実ぶりは、その音楽性の低さと反比例するかのような充実ぶりで、海外の一流スタジオに比べ見劣りするどころか、どこよりも素晴らしい機材が揃っています。でもそこで録音される音楽や、仕上げられる音源は、音質的にも音楽的にも海外と比べかなりレベルが低い音源がほとんど、、というか、海外のクオリティーを超えたという話を聞いたことはありません。

 機材の問題ではなく、レコード会社や事務所に都合の良い人材だけが業界で活動しており、そういった人材や、その周りのエンジニアも含めた人たちの創り出す音楽自体が、日本という狭いマーケットだけに向けて発信されており、その質は島国そのもので、海外で広く通用するものではありません。

 私のような、業界の片隅で細々と活動している者が色々書いても、なんの影響力も無いのでしょうが、たまにはこういうことを書いて、一般の方々にも事実を知って頂きたかったので書きました。

9,-3.JPG


CMS レコード主宰 細川正彦の演奏情報 


トリオHTK 10 thライヴ (終了)

2022年 5月29日日曜日 at AZAT FANFARE 21:00〜 

那覇市 安里1-1-60 太永ビル3F https://fanfarefanfare.tumblr.com/
メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds


九州ショートツアー(終了)
2022年 4月22日金曜日
熊本 おくら
細川正彦トリオ 田川遊人 b 木村良来 ds
〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12 ‭096 325 9209‬

2022年 4月23日土曜日
佐賀 シネマテーク
辻 元重 gトリオ 田川遊人 b 細川正彦 p
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 0952-28-6708

2022年 4月24日日曜日
福岡 New Combo
細川正彦トリオ 森しのぶ b 上村計一郎 ds
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22  092-712-7809



CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。



(サブスクリプション Subscription)

Apple Music

amazon prime Music

Spotify https://open.spotify.com/search/Masahiko%20Hosokawa

LINE MUSIC

Google Play Music

kkbox

レコチョクBest

ひかりTVミュージック

dヒッツ月額コース

AWA

rakuten music



(ダウンロード Download)



iTunes Store

amazon music

ORICON

mora

レコチョク

dミュージック

Music Store

ひかりTVミュージック

dヒッツ

replay

Google Play

ドワンゴジェイピー

OTOTOY

mysound

着信★うたbyKONAMI







日記(2911)

音楽(141)

エンジニアの独り言(74)

アルバム紹介(6)

この一枚(42)

Gidon Kremer(47)

Glenn Gould(29)

最近食べた麺(193)

ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)

ランダム再生の楽しみ(2)





 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。



  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、

第一弾、納浩一「Little Song Book」

第二弾、
中島教秀「Duologue」



シリーズ第三弾(完結編)

船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@



お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。





 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  

 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。

                               

■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3



CMS Records web site  http://cms-records.biz

posted by えんこみ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189591031

この記事へのトラックバック