2021年05月28日

Bob Moses のアルバム「When Elephants Dream Of Music」について(昨日のブログ)。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


27-2.JPG


 いろいろあって、昨日はブログかけず仕舞いでしたが、次の日に書こうと思っていたら、もう夕方近くの午後3時過ぎになってしまいました。
 
 昨日の分のブログに書いた「Bob Moses」はPat Metheny のデビューギタートリオのアルバムのメンバーでしたが、そのメンバーだったベースのJaco Pastorius のような世界的知名度を得るには至っておらず、特に日本ではあまりにも有名ではないわけですが、彼は彼なりに勢力的にその後も活動をしていて、リーダーアルバムもたくさん出しているようです。

 1983年にリリースした「When Elephants Dream Of Music」は、かなりの意欲作です。そのアルバムは当時のアメリカの新興レーベル「Gramavision」からリリースされていて、Pat Methenyをプロデューサーにむかえています。別々に活動していても、二人の音楽家としてのリレーションシップは続いていたのですね、、。
その後このアルバムは、 Ra kalam recordsというレーベルから2019年に再発されていて、それが配信サイトに上がっていたので、聴くことができました。。

 そのアルバムに入っているメンバーがものすごい布陣です。ざっと書くと、、、。

Acoustic Bass – Michael Formanek
Alto Saxophone – David Gross (2)
Bass Flute – Jeremy Steig (曲: B5)
Contrabass [Electric], Clarinet, Tuba – Howard Johnson (3)
Cornet – Terumasa Hino
Drums – Bob Weiner (曲: A4)
Drums, Voice, Percussion [Humdrums] – Rahboat Ntumba Moses*
Electric Bass – Paul Socolow (曲: B1), Steve Swallow
Electric Guitar – Bill Frisell
Percussion – Aiyb Dieng, Joe Bonadio
Percussion, Voice – Naná Vasconcelos
Synthesizer – Lyle Mays
Tenor Saxophone – Jim Pepper
Tenor Saxophone, Soprano Saxophone – Doc Halliday
Trombone, Bass Trombone – Barry Rogers
Trumpet – Chris Rogers
Vibraphone, Marimba – David Friedman
Voice – Bemshi Shearer* (A3, B5), Jahnet Levatin ( B5), Jeanne Lee ( B5), Marion Cowings ( A3, B5), Paula Potocki ( B5), Sheila Jordan (A4)
Engineer – David Baker Liner Notes – Gil Evans
Front Cover Art– Bob Moses

 名だたる名プレーヤーが山ほど参加していますし、エンジニアは、David Baker ですし、ライナーノーツはGil Evansが書いています。こんな話題性があるようなアルバムでも、様々な事情で、私をはじめ多くの音楽ファンたちが、全然知らない、、というのが、とっても勿体無い話ですが、これが現実なんですね、、( ´Д`)。

 2019年再発ですが録音は80年代でありながら、サウンドクオリティーはかなり高いです。とても入り組んだ形の楽曲、たくさんのゲストプレーヤーなど、かなりの時間をかけて録音し、ミックスの手間もかなりのものだったのではないかと思います。その音楽はまだ最後まで聴けていないのですが、一言で言えば、プログレ的な多様性を感じます。

27-3.JPG


 いろいろ調べてみると、リリース当時はアメリカと日本、そしてドイツでも発売されているようですが、私はこのアルバムの存在は全く知りませんでした。その後、1993年にアメリカで再発され、近年は先ほど書いたRa kalam recordsというところから、2019年に再発されています。 いろいろありながらも、廃盤にならずに、再リリースされているところがすごいというか、Bob Mosesの底力なのかな、、とも思います。

 実は今回、Bob Moses氏の消息を知りたくなったのは、You Tubeで見た、70年代のGary Burton グループの映像を見てからなのですが、そこから、Pat Methenyのデビューアルバムにつながり、検索してこのアルバム「When Elephants Dream Of Music」にたどり着きました。

 ここまでたどり着くことは、音楽配信サイトの存在なしにはできませんでした。ああいう配信サイトというものは、世界の音源ライブラリー、、言って見れば国会図書館のような施設に、直接インターネットを使って、アクセスして何百万曲というライブラリーをいつでも鑑賞できる、素晴らしいシステムだと思います。

 音源はどんなにお金と時間をかけて制作しても、それが聴衆の耳に届かなければ、その存在は全く無いものと差して変わらないということになってしまいます。利益の配分など、まだまだ音楽配信には様々な問題もありますが、この仕組みは音楽を鑑賞するという意味においては、とても優れた仕組みであり、ある意味革命的な部分もたくさんあります。

 この仕組みがこれから、いろいろな意味で改善され、より良いものとして、世の中に浸透してゆくことができれば、音楽文化にとって、大きな貢献をすることになるでしょう。

27-1.JPG


CMS レコード主宰 細川正彦の演奏情報 



2021年 7 8月 ライヴスケジュール

 7月16日 金曜日 大阪 梅田 ジャズオントップ 
  〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15−17 ACTV 06-6311-0147
 ピアノトリオ 山本 学 bass 弦牧 潔 drums 細川正彦 piano

 7月17日 土曜日 大阪 放出 ディアロード 
 〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309
 ピアノトリオ 山本 学 bass 弦牧 潔 drums 細川正彦 piano


 8月25日 水曜日  名古屋 キャバレロ クラブ
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914
 ピアノトリオ  加藤雅史bass 大森ひろ drums 細川正彦 piano


大森ひろ"The Drummist" レコ発ツアー 細川正彦p トリオ 加藤雅史ba 大森ひろds

 8月26日 水曜日 岐阜 アイランド カフェ 〒502-0911 岐阜県岐阜市北島5丁目3−5 058-213-7505

  8月27日 木曜日 大阪 八戸ノ里 バー蓄音機 〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪5丁目6−5 06-4307-0080

8月28日 金曜日 高知 Panchos(パンチョス) 〒780-0841 高知県高知市帯屋町1丁目2−1 088-823-0647

  8月29日 土曜日 兵庫 明石 Pochi
 〒673-0892 兵庫県明石市本町1−1−2丁目 ローソンストア100明石本町店 B1F

トリオHTK 4thライヴ  (終了しました)

4月8日木曜日 at GROOVE 21時〜

メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds

〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977




関西東海地区ツアー 2021 (終了しました)。


3/3 水曜日 19:30〜 2set
大阪  蓄音機(八戸ノ里)

ピアノ トリオ
ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪5丁目6−5 06-4307-0080

3/5 金曜日 開場6:30pm 開演7:00pm
神戸 Big Apple
船戸博史b 細川正彦 Duo
〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通3丁目14−14 トーアハイツ B-1
電話: 078-251-7049

3/6土曜 18:30〜2セット
名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ
加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914


3/7日日曜 18:30〜
岐阜 アイランド カフェ
ピアノトリオ
加藤雅史b 大森ひろ ds
〒502-0911 岐阜県岐阜市北島5丁目3−5 058-213-7505

3/8 月曜 19:30〜
大阪  聰音(さとね)
武井 努 Duo
〒541-0052 大阪市中央区安土町1- 4 -11 エンパイヤビルB1F 06-4963-3520

3/10日 水曜日 19:30〜 2set
大阪 グラバー邸
ピアノ トリオ
ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒540-0012 大阪市中央区谷町5丁目7-3タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963

3/11日 木曜日 19:00.〜 2set
神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ 
ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)

iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replay
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI



日記(2565)

音楽(127)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(47)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(188)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188710816

この記事へのトラックバック