2020年11月02日

アルチュール・ルリエ という作曲家

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


2-1..JPG


 最近は例のあの配信サービスのおかげ(笑)で、いろんな音楽を聴きますが、以前このブログで、かなり前なんですが(2013年5月ーhttp://soboro.sblo.jp/article/67861296.html)、取り上げた作曲家 Arthur Lourié (アルチュール・ルリエ)というロシア出身の音楽家のことを取り上げて見たいと思います。

 彼は1892年にペテルブルグで生まれていて、亡くなったのは、1966年でアメリカのニュージャージーでした。ロシア革命以前に生まれて、革命後は政府の文化教育関係の委員を務めていたようですが、段々と反体制的になり、政府の仕事で行った、ドイツから帰らず、そのまま亡命のような感じになったため、反逆者として、彼の曲はその後、ロシア(ソ連)では演奏禁止になっていたらしいです。これが彼の知名度を壊滅的に低くする大きな要因になったわけです。

 その後ドイツからフランスへ移住し、ナチスの侵攻を機にアメリカに亡命しているのは、彼がユダヤ系の血筋だったためですが、フランスに移住した時点で、キリスト教に改宗していたようです。

 この作曲家を知ったのは、2013年のブログに書いた通り、Gidon Kremer が彼の曲を取り上げて、演奏し、録音した為ですが、その頃は曲は気に入っていたものの、それ以上この作曲家を研究することはなかったのですが、今回配信サイトで、2013年のブログに書いたアルバムを聴いていたら、他の彼の曲も出てまいりましたので、それを聴いて、新たに興味が湧いてきたわけです。

 今回ネット上を調べてみると、どうやら、私が聴いたKremer氏のアルバムが、ルリエ という作曲家の、ほとんど初めての録音らしく、それまでは完全に幻の作曲家として、名前だけが一部の専門家の間だけで知られていた存在だったそうです。
 Kremer氏はそう言った珍しい作家や、作品を好んで取り上げたり録音することがしばしばですが、Arthur Lourié (アルチュール・ルリエ)に関しては、まさに本当にレアな作曲家であったということを、今回知りました。

 Kremer氏の録音が1993年ですが、配信サイトで聴くことができる、それ以外の曲の音源が録音されているのは、ほとんどが2000年以降のものでした。そして、私が勝手に思い込んでいたのですが、Kremer氏が取り上げているので、Lourié という作曲家はバイオリニスト出身か、弦楽合奏のスペシャリストなのかと思っていたら、配信サイトにある曲はピアノ曲がほとんどだったんです。

 でも、彼の名前で、検索しても、経歴は出てきますが、「作品一覧」みたいなものは見当たりませんし、楽譜の販売サイトにも彼の曲は見当たりません。要するに、未だに謎の部分が多い作曲家と言って良いかもしれません。

2-2..JPG

可愛いので、トリミングして再登場です(笑)。↑

 活動時期としては、スクリャービンの後、そして「ロシア、アバンギャルドの最先端を走っていた作曲家」、、というコピーを見ることはできますが、その全貌はほとんど明らかにされていないようです。
 フランス時代には、同じロシア出身のストラビンスキーと親しく、彼を擁護していたそうですが、その後いろいろな事情で、仲たがいをしていたようです。

 アメリカに移住してからの彼の活動についてもあまり情報がなく、2本の映画の音楽を作曲したという記述がありましたが、それがどんな音楽だったのか、、?ということははっきりしません。75歳まで生きていたそうですが、それまで一体どうやって生計を立てていたのか、、ということも不明なのですが、生まれがユダヤ系の富豪であったという記述がありますので、もしかしたら、お金には困っていなかったという可能性はないわけではないのですが、それにしても謎だらけです。


 それと面白いのは、音楽だけでなく、美術にも造詣が深く、画家としても活動していたらしく、2、3のスケッチみたいなものも、ネット上で見つけました。セカンドネームをフランスに行ってからは、ゴッホと同じ、「Vincent」を使っていたそうです。

 そんな謎に満ちた作曲家の、今日初めて聴いたピアノ曲は、いろいろなスタイルのものがあり、少しドビュッシーに似たものもあれば、12音技法的なものもありました。そのどれも、独特の風格や、雰囲気があり、無名の作曲家の2流の作品という感じは、全くしません。

チェコ出身の作曲家兼ピアニスト、「 Giorgio Koukl( 1953年〜)」という人がArthur Lourié のピアノ曲の全集を出していますが、この人の名前も、初めて見ました。この曲集なのですが、かなり再生回数が少なかったです。やはりあまりにも知られていないので、聴いている人もかなり少ないということなのでしょう。

 なにやら、謎すぎるArthur Lourié という作曲家、、秋の夜長、、気になりすぎます、、(笑)。

 この作曲家にくらべたら、近年Kremer氏が良く演奏している、ポーランド生まれで、ロシアで活動していた、Mieczysław Wajnberg に関しては、情報が沢山あると言って良いほど、Arthur Lourié の幻度は高いと言って良いでしょう。


2-3..JPG


CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 

トリオHTKライヴ(終了しました)
10月29日木曜日 at GROOVE 21時〜
メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds 
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977



東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2375)

音楽(115)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(47)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(180)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188087896

この記事へのトラックバック