2020年10月10日

ここ数日の、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


10-1..JPG


今日は久しぶりに気温が30℃まで上がりました。午後2時くらいまでは湿度も低くて、爽やかでした。その後は曇って、蒸し蒸しするのかなと思っていたら、気温が28℃位に下がって、それほど暑くはなくなりました。まあ沖縄らしい感じになったということでしょうか、、この環境で、体を動かすと、それなりに汗ばむかもしれません。
 昨日の今頃はもう少し気温が低かったです。

 昨日は作曲家の話を書きましたが、あの作家はこれから、しばらく時々聴いて研究してみようと思います。これからもう少し音源化されて、いろいろな曲が聴けるようになるようになるかもしれません。でも、彼が有名になるきっかけは、アメリカの大学から、表彰されたのがきっかけだそうで、そういうことでもないとなかなか世の中に出ることができないのが、あの世界なのかもしれません。

 いかに良い作品を書いていても、その音楽が聴衆の耳に触れなければ、その作品はこの世に存在していないのと変わらないことになってしまいます。
 でもほとんどの曲を、演奏するためには、演奏者に賃金を払わなくてはなりませんし、演奏場所だってタダで使えるところは、ほとんど、ないでしょうし、録音して、音源化ということになると、セールスが見込めなければ、プロジェクトも動き出せないわけで、いろいろなハードルがあります。

 アメリカという国はいろいろな問題がある国ですが、事業をやって財を成した人が、多額の寄付をしたり、大学を設立したりという、日本では考えられないような、芸術文化に対する考え方がありますので、そういう営利活動ではないところから、芸術家が世にでるチャンスができることもあります。

10-2..JPG


 お金の使い方は、それを稼いだ人に任されているわけですが、日本ではあんまりそういう活動を聞きませんし、そもそも、芸術家の存在自体が曖昧、そして、芸術の存在意義をちゃんと規定できていない、そして、その価値を判断できる人が、とても少ない気がします。知名度やポピュラリティー、そういうことが作品の内容と関係なく重要視される、、そんなことがアンダーグラウンドな芸術の世界にまで及んでいる状況です。

 話は全く変わりますが、一昨日書いたオーディオの話ですが、少し内容がわかりにくかったと思うので、補足で書いておきたいのですが、スピーカーとアンプという存在は別々のものとして捉えられていることが多いですが、ハイファイオーディオの先駆けの時代では、スピーカーは専用のアンプで鳴らす、、というのが当たり前でした。ラジオや、レコードプレーヤーなどもそうですが、スピーカーと増幅装置を別にすることで、別々の機器を組み合わせられる、、というメリットはできますが、言ってみれば、どんなスピーカーを鳴らすのかわからないで、アンプを設計したり、どんなアンプで駆動されるかわからないままスピーカーシステムを構築することは大きなロスを生みます。

 効率的にスピーカーから空気中に音を発散させるためには、専用のアンプの設計は不可欠であり、スペースや予算の上でも断然有利なのです。現在、放送局や、多くのスタジオでは、そういう一体型のアンプ内蔵スピーカーがメインで使われており、ほとんどの場所で、もはやパワーアンプは滅多に見ない存在になっています。

 当然業務用でない、コーンシュマーオーディオの分野でも、これを実行することで、廉価で、性能の良いスピーカーシステムが出来上がるのですが、単体のアンプやスピーカーを売るため、売り上げの確保のため、そういう廉価で高性能な商品の存在を無視し続けているのが、今のオーディオ業界(メーカーとディーラー)なのです。

 これは私に言わせていただければ、間違いなく「悪質」という言葉以外で表現することはできません。

10-3..JPG


CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 

トリオHTKライヴ
10月29日木曜日 at GROOVE 21時〜
メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds 
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977



東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2355)

音楽(114)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(47)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(179)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188013419

この記事へのトラックバック