2020年10月08日

隠蔽された事実

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-1..JPG


 台風は夕方前には沖縄から離れて、こちらは暴風圏から外れました。というか、もともと昨日も今日もほとんど台風らしい風も雨もありませんでした。さすがに天気は少し悪かったですし、今でもにわか雨が降っていますが、荒れ模様ではありませんでした。
 これが今年の最後の台風になるのかどうか、、、ということはわかりませんが、そろそろ終わりにして欲しいです(笑)。もう10月半ばになりつつあるわけですから、、。

 昨日の真空管を始め、劣化しながらしか使うことができないもの、例えばレコード盤などもそうですが古くはテープ媒体もそうですが、こういうものの欠点をなくすべく、作られたのがCD盤などで、デジタル化によって、ほとんどの媒体が近代化された話です。真空管はトランジスタに変わり、ここ数日書いているように、特別な使い方のもの以外は多くの人々の研究と努力によって、改良近代化されています。

 音楽や映像を記録するメディアはいわゆる非接触メディア、、これはレコード盤を針でトレースするような、接触メディアが常に媒体を少しづつ削りながら使わなければならないのに対して、CDやハードディスクなどは、センサーが至近距離にありながら、決して接触しない方式で、媒体を傷つけずに情報を得られる方式を使っています。

8-3..jpg


 もうそんなことはあたりえで、今更誰も気にしていないことですが、これはそういう媒体、そういう方式がなかったことに比べれば、画期的なことで、それを目指すべくして、たくさんの人が研究し、実験を繰り返して、機器を完成させたわけです。

 そういうこととはお構えなしに、近年はアナログレコードの人気が高まり、新しい音源がレコード盤にプレスされて発売されていますが、趣味の分野とはいえ、そういう時代に逆行する傾向があるのは、私にとってはなんだかもったいない気がします。

 確かに、初期のCD盤や、CDプレーヤーは物足りないところがありましたが、たとえ元の音源がアナログ音源つまりテープで録音されたものでも、最新のシステムでデジタル化された音源は、レコード盤で再生することに比べて情報量があまりにも違いすぎます。

 音の特徴に関して、LP に魅力的なところがあるのは認めますし、私自身もかなり長い間アンチCD派で、レコード盤だけを聞いていましたが、せっかく素晴らしい技術を駆使して作られたデジタル機器や、最新のオーディオセットを無視して、アナログ盤こそが素晴らしい媒体だ、、みたいな風潮があるのは私には信じられません。

 多くの人にとって、少ない予算、小さな設置スペースで、一昔前には考えられないほどの質の再生音が得られる現代のシステムはたくさんの恩恵を与えられるはずなのですが、なぜかこの素晴らしさが、一般に広まっていないというところがあります。
 その理由は、より大きなシステム、金額の高い機器を販売して利益を得て、採算を採っていた販売店が、旧来のシステムに取って代わって、安価で高音質のシステムが普及してしまっては、困る、、ただそれだけの理由で、私が書いているような効率的なシステムの存在を隠蔽しているからです。

 業務用の世界では、音質とスペース、そして経済的な理由もあって、当たり前になっているアンプ内蔵の高音質のスピーカーシステムは、オーディオショップにはほとんど陳列されていません。これは、それを扱うと、単体のスピーカーや、アンプが売れなくなってしまう、、という理由でしかなく、ユーザーの利益は何処へやら、、全く残念な状況です。
 スピーカーのなかにアンプを入れたり、専用のアンプで鳴らすことは大昔のJBLやALTIC などでは当たり前にやっていたことで、これを、分離して、商売にしたのはオーディオ業界の利益を考えてのことなのです。

 オーディオ業界ぐるみで、近代化を阻止している、、、これが残念ながら現実と言わざろうえません。そういう状況のなか、これ幸いと、アナログ盤ブームを煽って、旧来の機器の売り上げを稼いでいるというのが、あさましい現状です。

8-2..jpg


CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 

トリオHTKライヴ
10月29日木曜日 at GROOVE 21時〜
メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds 
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977



東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2354)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(47)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(179)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188006872

この記事へのトラックバック