2020年10月06日

続く真空管の話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


6-1..JPG


 今日もさわやか天気、、しかも快晴でした。日中の湿度は昨日よりさらに下がって、昨晩80%くらいだったのが、朝には60%くらいに、、そして日中は58〜9%になりました。夕方になっても60%台で、かなり低めでカラッとしていますが、天気が良いのも、明日の夕方くらいまでで、その後は台風14号の影響で、天気は崩れる見込みのようです。

 今日の写真はそんな今日の昼間、、午前中というか、お昼前くらいに撮ったものです。空にはほとんど雲がありませんでしたので、雲の写真は撮ることはできませんでしたが、カラッとした空気感のある写真を撮ることができました。

 昨日の真空管の話ですが、一般には忘れ去られた過去の遺物というか、時代遅れの半導体素子である、「真空管」ですがギターアンプなどの分野では、未だに当たり前に使われています。本来は、真空管の欠点を克服しつつ、安価で、長寿命な部品として開発された、トランジスタをはじめとする、新しい半導体が存在するので、多くは真空管に取って代わっているのですが、ユーザーの中には、音質的な特徴が、トランジスタでは得られない魅力があるとして、真空管を使ったアンプを使っている人も少なくありません。

 ギターアンプや、マイクロフォンなどの比較的小型の機器の場合、音質を優先して真空管を使っても、機器として成立する大きさに収めることができるのですが、それ以外の電化製品などは、真空管を使ってしまうと、機器の大きさも大きくなってしまいますし、あまりにも多く出る熱のせいで、色々と弊害があります。

6-2..JPG


 黎明期の電子機器の研究所では、コンピューターも真空管で実験的に制作していた時代があり、当然軍用だったそうですが、倉庫一棟分の大きさがあり、真空管はなんと17468本も使っていたそうです。
 でも、そのコンピューターの性能は、今の電卓以下でしかなく、大砲の弾道計算をやろうとしていたそうですが、戦争が終わるまでにそのコンピューターは完成させることができなかったそうです。

 そういう真空管の回路で、スマートフォンにやらせている仕事をやろうとすると、いったいどのくらいの大きさの回路になるのでしょうか、、?。多分、体育館とか、野球場クラスの大きさになると思うので、そういうことを考えてみると、現代の技術の進歩には目をみはるものがありますが、上に書いた通り、ギターアンプや、マイクロフォンなどの分野では、未だに真空管が珍重されているというのが、とても面白い話ではあります。

 ここまで書いて、テレビ放送局の電波の発信にも真空管が使われていたのを思い出したので、ネット上で調べてみたのですが、デジタル放送に成った時に、真空管方式は廃止になったようです。でもデジタル放送になったのは、完全に移行したのが2011年で、まだ最近ですから、それまでは真空管のお世話になっていた、、ということですね。

 それまでは、ものすごく太い特注の真空管から出る熱を、水で冷やしていたそうですから、あのハイテクに見える放送局のどこかに、そういう施設があったのだと思います。これもなんだか不思議ですが、現在では真空管はスロバキア、ロシア、中国でしか生産されていないそうです。でもよく調べてみると、日本の京都で、オーディオ用の真空管だけを造っている会社があるようでした。会社の中に、試聴室もあるようですが、、ちょっと行ってみたい気もします、、。

 ギターアンプなどに使われているものは、現代に造られたものと、大昔に造られたものが倉庫などに眠っていたものなどがあるそうです。そして、そういうヴィンテージデッドストックは高い値段で取引されているそうですが、トランジスタと違って、真空管には寿命がありますからね、、、。 サックスのリード程ではないにしろ、はかない話です。

 なんだかんだ書いているうちに、今日もかなりオタクな話になってしまいました、、(笑)。


6-3..jpg


CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 

トリオHTKライヴ
10月29日木曜日 at GROOVE 21時〜
メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds 
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977



東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2353)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(47)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(179)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187999755

この記事へのトラックバック