2020年09月29日

なぜか九州の言葉を、、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


29-1..jpg


 のんびりしていたら、またまたブログ更新が遅くなってしまいましたが、昨日は「ちょっと自慢」とか言って、手前味噌な話を書きまして、お付き合いありがとうございました、m(_ _)m。大した話ではなかったのですが、突然に不意をつかれたようにもらったメールで、昨日は夕方以降、ハイになってしまいました。

 あんまり楽しい話は最近ないので、そういう感じになったのでしょうが、まあ、このブログもともと「CMSレコード」と言うCD
レーベルの広報のために書き出したわけですから、、多少の宣伝があっても良いのですが、その手の話題は最近は滅多にないですよね、、、( ;´Д`) 。
 実質レーベル休眠状態、、。それこそ配信の話を去年か、今年の始めにに書いたきり、その手の話題はほとんどなかった気がします。

 ところで、今日の沖縄、ここ数日の低湿度傾向が極まりました。昼間の時間はずっと60%くらいで、低いと言っても一瞬低めになる、、というわけではなく、昼前から、日が落ちてからもずっとそんな感じでしたが、だんだん少しづつ上がってきて、今はそれでも70%くらいです。
 今の気温が27℃くらいですから、こちらの夜としてはかなり快適な感じです。昼間は陽射しもあったのですが、低かった湿度のおかげで、ホント、ヨーロッパのごたる(様なという意味 九州弁)気候で、超快適でした。

29-2..JPG


 この「ごたる」という九州の表現は、標準語的に言うと、「ことがある(事が有る)」、つまり湿度に限らず、ある状態を表す、つまり、「〜ということである」という意味で、簡単に言えば、「〜の様な」という意味ですが、北部九州だと「ヨーロッパのごたる」、少し南に言って熊本あたりまでくると、音便がついて、「ヨーロッパんごたる」という感じで、フランス語のリエゾン(Liaison)みたいな感じの発音になる事があります。
 「CMSレコードはあんまり活動していない様だ、、」というのを、この言い方にすると、「CMSレコードはあんまり活動しとらんごたる、、」という風になります、、、って、なんで突然九州弁講座になるのかわかりませんが、、まああんまり話題もないので、、。じゃあ、沖縄の言葉、琉球語だと、、どうなるのか、、?。 

 これはまだ、私の知識では説明できません、、というか、日本語とは全く違う言葉なので、かなり勉強しないと、こちらに4年以上いても、そういう言葉を使う人にほとんどお会いしていないので、、。

 ちなみに、「〜の様な」と言う表現に、伝聞及び推量の表現をさらに付け加えると、「げな」という言葉もあります。この「げな」は伝聞推量を表す口語的な言葉で、人から聞いた、噂的な「〜らしい」というニュアンスになります。、「CMSレコードはあんまり活動しとらんごたる、、」という言葉を例にとると、このままでも、十分なのですが、、「CMSレコードはあんまり活動しとらんごたるげな、、」とか、、「ごたる」の代わりに「げな」だけを使って、「CMSレコードはあんまり活動しとらんげなよ、、(活動していないみたいよ、、)」、こちらの方がより口語的な感じになるのかもしれません。

 「 そんな使い方はせん!」(そんな言葉の使い方はしないよ!)という異論がある方が、もしかしたらいるかも、、ですが、、(笑)。私の知識だとこんな感じです。
 この「げな」という言葉、好きで時々九州にいた時には使っていましたが、鳥取なんかでも、「まげな」という言葉がありまして、これは「旨そうな、、」という意味だそうで、やはり「げな」は、伝聞推量を表すのですね、、。「美味しそうだね」、、という意味の言葉で、「まげなね」という言葉があるのだそうです。「旨い」という意味を、「ま」という言葉のみで表すのは、なかなか斬新な感じがしますが、昔から使われている表現なのでしょうね。

29-3..JPG


CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 

トリオHTKライヴ
10月29日木曜日 at GROOVE 21時〜
メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds 
〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977


東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2347)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(46)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(179)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187975345

この記事へのトラックバック