2020年09月13日

いろいろな会社から、、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


13-1..JPG


 昨日は、Gideon Kremerと、András Schiff の幻の音源、、というか、40年弱前のコンサートの実況音源の話でしたが、ああいう音源は、録音時の契約にもよるのですが、ほとんどの場合、再放送する場合は、演奏者の了解が必要で、その演奏がどんなに良くても、演奏者が再放送を希望していない場合、放送することはできません。

 ですから、あの二人の演奏者のどちらかが、演奏の内容に満足していなくて、「放送してほしくないなあ」、、というような場合は、放送できないことも多々あると思います。あの演奏は、私が聞く限り、素晴らしいものでしたが、もしかしたら、その後の二人のコンビによる演奏がなかったとしたら、音楽的には決裂していて、再放送はして欲しくない、、と思っているかもしれません。

 ただでさえ、当時は新進気鋭の演奏家であった二人でしたが、現代はそれぞれに巨匠と言われる、押しも押されもしない大スターになっていますから、若き日の過ち、、と言わないまでも、演奏内容に納得していなければ、「できれば放送して欲しくない、、」と思っている可能性はあります。そうなると、ああいう海賊版というか、YouTubeのようなメディアに上がっている音源の存在価値が上がってきます。それがたとえ、著作権上違法なものであっても、それを聞く人たちにとっては、貴重な音源としての存在意義がある、、ということになってしまいます。

 Kremerの場合、活動が多岐にわたっている上に、若い頃には、実にたくさんのレーベルに録音があったり、公式なのか、非公式なのかわからない音源がたくさん発売されていました。
 それらの多くは今では手に入らなくなったものもあるのですが、彼の性格として、大きなレコード会社と契約して、そこから何枚も作品をリリースしたり、より収益を得られるようなプロジェクトを提案され、それをレコード会社の言いなりになって、録音して、金銭を得るということを、極端に嫌っているので、「この作品はこのレコード会社から、でもあの作品は別の会社から、、」と言う感じで、あちこちから作品をリリースするので、その情報をつかむのに苦労することもあります。

13-2..JPG


 Kremer氏はフランス人のピアニスト、Lucas Debarugu と近年時々活動していて、そろそろ共演したアルバムが出るのでは、、と思っていたのでしたが、、Lucas Debarugu が今契約しているレコード会社と、以前Kremer氏がトラブルめいたものがあったため、、アルバムのリリースはDebarugu 氏がその会社と契約している限り難しいようです。

 Kremer氏自身は、「いろいろなレコード会社の嫉妬にあって、苦労した、、」みたいなことを著書の中で書いていますが、彼自身は常に、自分の出したい曲を、契約条件があう会社から出す、、と言うポリシーであるので、複数のレーベルから日付的に近い時期にアルバムがリリースされてしまうこともあり、そういうことが、レコード会社にしてみれば、売れ行きに影響がありますから、嫌われるところなのかもしれません。

「レコード会社の言いなりにならない」、「契約に縛られない」という態度は、実力と知名度、そして、強烈なポリシーがあってこそできる行いですが、そういう強固なポリシーを持って、活動を長年続けてゆくということは、とても難しいことだと思います。

 以前東京の割とオタクなCDアルバムを売っているお店で、私の全く知らない、フランスか、ベルギーのマイナーレーベルから出ている、Kremer氏とOreg Meisenberg氏による、フランクのヴァイオリンソナタのアルバムを見たことがありましたが、ああいう世界的な知名度がある一流演奏家のアルバムが、正規の録音にもかかわらず、とても小さな会社から出ているということはとても珍しいことだと思います。

 そのアルバムはとても珍しく、希少価値もありましたので、もちろん購入して、コレクションの中に加えましたが、あのアルバムが何かのメディアで、話題になったことは一度も見たことはありません。内容はもちろん素晴らしいもので、録音状態も、悪くはありませんでした。

 さすがに近年はCDアルバムのセールスが停滞しているので、そういうアルバムの存在は見ませんが、もしかしたら、私の知らないところで、いろいろな音源を録音している可能性はないわけではありません。Kremer氏はジャズの世界でいう、Chick Coreaの氏のように、レコード会社を介さずに、自分のスタッフを使って、音源を制作することもあるので、もしかしたら私たちの知らない間に、いろいろな音源を録りためている可能性もあります。

13-3..JPG



CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 


東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2334)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(43)å
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(177)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Gidon Kremer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187909696

この記事へのトラックバック