2020年09月08日

回想

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-3..JPG


 今日は台風一過的な感じなのか、昼間ほんのわずかな時間ですが、かなり湿度が下がった瞬間がありました。ほんの一瞬ですがなんと、50%台まで下がったのですが、これはどのくらいぶりでしょうか、、?。春以来、、?。とにかく、この夏としては初めてだと思います。晴れていましたが、さすがに、風がカラッと感じました。外を歩っていて、「なんか不思議な感じだな」、、と思って、スマホをみてみると、湿度は60%を切っていました。

昨日の Gary Peacock 氏 の話ですが、その後、昨日のアルバムを出している、ドイツのECMレコードから、彼が亡くなったという情報が発信されましたので、やはり間違いなく亡くなったということなのでしょう。

 85歳ということですから、まあ大往生と言えるかもしれませんが、私に関する彼の記憶を、ブログを書きながらたどってみると、、多分最初に彼の音楽を聴いたのは、中学生の時、渋谷のジャズ喫茶に行って、たまたまかかっていた Albert Ayler のアルバムで、だったと思います。そしてその後、、だと思うのですが、 日本に ピアニストのPaul Blay ときた時に、ラジオの生番組の放送を聞いた時か、その後出た日本でのライヴ盤を聞いた時だったと思います。

 昔すぎて記憶が曖昧ですが、それからハッキリしているのは、高校一年の時にやはりラジオで聞いた昨日書いた「Tales of  Another」を購入した時で、その購入した盤が、新品にもかかわらず、スクラッチノイズだらけで、交換してもらったという記憶があります。しかしよく考えてみると、あのマニアックな盤をFM放送だったのですが、「放送する」ということ自体が、とってもレアな話ではあります。

8-2..JPG


 そしてそれを、まだ高校の一年生の青年が聞いていて、それを購入しようというのも、なんとも、マセているというか、マニアックすぎるガキだなと(笑)、、、と思うのですが、とにかく、あれを当時手に入れて、先に手に入れていた Bill Evans のアルバムなどと比べ、自由な感じの演奏だなと感じていたことは覚えています。速い曲、当時のLPのB面の、Trilogy の速いテンポの Jack DeJohnette のシンバルレガートのスピード感に憧れたものです。

  当時は、ピアノの音や、ベースよりも、ドラムの演奏に興味があったような気がします。そして、ベーシストがああいうリーダー作を出すことは、割と珍しいことだという認識はなく、ただ購入した盤を貪るようにレコードプレーヤーのターンテーブルに乗せて、繰り返し聴いていました。

   その後の Gary Peacock 氏 に関する記憶は、以前このブログでも取り上げた、ドラマーのトニー・ウイリアムスの二枚目のリーダーアルバム「スプリング」(http://soboro.sblo.jp/article/105103895.html)を聴いたり、ピアニストのDon Pullen のピアノトリオのアルバムに、トニー・ウイリアムスとともに、参加しているものを聴いたりしました。

 そして、高校を卒業した頃に、Keith Jarrett のスタンダーズが出て、これもまたラジオで聴いて、その後あのグループの来日公演を二回生で見ました。今はもう無くなった、新宿の、厚生年金会館だったと思います。あのホールでは、ウエザーリポートも二回聴きましたが、今となっていは懐かしい思い出です。

Gary Peacock 氏 は何年か、日本の京都に住んでいたことがあって、当時日本のミュージシャンとの交流もあったようです。日本語もかなり堪能だったという話も聴いたことがあります。個人的に会ったり話したことは、ついに一度もありませんでしたが、、。


8-1..JPG



CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報 


東海関西地区ツアー 2020(コロナリベンジ)(終了しました)



8/19日水曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888


8/21金曜 20:00〜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 大森ひろ ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

8/22土曜 15時〜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

8/25日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
ソロピアノ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890
.
8/26日水曜日グラバー邸
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔 ゲスト ギター 辻元 重
〒540-0012  大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチビルディング9F
TEL:06-6768-5963


 


2020年 6月25日木曜日
 細川正彦ソロピアノat
「New Combo」終了

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日  
 細川正彦ソロピアノat
「九品寺Smile」終了

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2331)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(42)
Gidon Kremer(43)å
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(177)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187893786

この記事へのトラックバック