2020年06月13日

大胆なネーミング

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


13-1,,.JPG


 梅雨明けした途端に、夏らしい晴れ方で、気象庁の方々はホッとしていることでしょう。本当に、今までの中途半端な、梅雨的でも夏的でもない天気ではなく、温度も湿度も今日は、夏らしくなりました。最高気温は一瞬ですが32℃まであがりましたしね、、。

 気がつけば夜の7時をこえていて、ここ数日は早めに書いていたブログでしたが、今の時間になって、慌てて書いています。結局ナポリタンの話は3日続きましたが、こういう話って、いくらでも書けてしまうところがあります。

 何回も書いていますが、ナポリタンスパゲッティって、イタリアの料理のスパゲッティを真似して作った日本の料理、、というか、洋食だと思うのですが、この洋食っていうのが、洋風の食事という意味で、まあ、ハンバーグとか、カレーとか、スパゲティいとか、トンカツとか、そういう古来の日本の料理、、つまり和食ではないモノを指して、できた言葉だと思うのですが、ある意味これも立派な「和食=日本の料理」と言って良いですよね、、。

 ハンバーグの語源はドイツのHumbrg という地名から来ていて、要するに、ルーツはドイツなのでしょうが、それがアメリカ経由で、日本に入ってきたような気がしています。カレーは、誰でも知っているとは思うのですが、「インド」がルーツという感じなのですが、スパイス料理自体は、インドに限らずアラブや、東南アジアでもたくさん食べられています。

 そんな感じで、日本になかったモノを日本人向けに、そして日本で手に入る材料でできるようにローカライズして定着したメニューが、洋食屋さんとか、街のレストラン、、食堂みたいなところで定着していったということなんでしょうね、、。

13-2,,.JPG


 なので、私よりも少し上の世代、まあ私ぐらいの人もですが、昔はおウチではあんまり食べなかった、、というか、お母さんがあんまり造らなかった料理を、お外で食べる、、という楽しみがあったと思うのですが、そういうお「出かけ」してなにか食べる時のちょっとオシャレな食事みたいな位置づけのメニューって、今はあんまりないですよね、、。

 だいたい多くのウチで、ある程度料理をする人なら、だいたい何でも作ってしまうところはありますよね。ナポリタンとか、カレーとか、ハンバーグって、子供達に人気のメニューですし、コンビニのお弁当コーナーにもよく置いてある献立です。

 今の時代、お出かけして食べる、、とすると、焼肉とか、フレンチとか、イタリアンなのでしょうか、、。それからお寿司屋さんで食べるお寿司とか、、。
 そういえば、私の記憶では、大昔、、、私が子供の頃って、「焼肉」、、つまり韓国料理的なモノって、あんまり食べなかったような気がします。私が初めて焼肉やさんで焼肉を食べたのは、成人してからだったような気がします。

 焼肉に限らず、韓国的な料理、、冷麺とか、クッパとか、ユッケとかって、あんまり家では造らない料理ですよね、、。「うちではやりますよ」というお宅もあるのかもしれませんが、、。 こういう「おでかけして」食べる、、家族で食べるモノって、日本の中でも地域によっても、いろいろな違いがありますよね、、。いわゆる「ご当地食」みたいなモノがあって、それぞれの地域で、特徴があります。

 そして、そういう特徴の中に、もともとは日本ではあんまり食べなかった類の料理が入っていたりするということがありますね、、。テレビのケンミンショーで、紹介されて有名になった、新潟の「イタリアン」というモノは、ソース焼きそばに、ミートソースがかかったような食べ物で、まだ写真でしか見たことはないのですが、ナポリタンと似ていなくもない、料理ではあります。でも、この「イタリアン」は、値段的には3〜400円で、わざわざお「出かけして」という類の食べ物ではないですね、、。

 でも、もしどこの家でも作っている、、ということでなければ、一応「お出かけして」食べるモノの仲間に入っているのかもしれません。 一度は食べてみたいのですが、なかなか新潟に行く機会がないんですよね、、、(笑)。

 そういう意味では、ナポリタンは、完全に全国区の食べ物で、日本人の慣れ親しんだ食べ物と言ってよい食べ物ですよね、、。日本の食べ物なのに、「イタリアン」とか「ナポリタン」という名前というのは、なんとも大胆な感じでなかなか面白くはあります。

13-3,,.jpg


CMS レコード主宰
 細川正彦の演奏情報

 新着情報 

2020年 6月25日木曜日 20:00開演
 細川正彦ソロピアノ
  at 「New Combo」

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22
092-712-7809


2020年6月27日土曜日 19時30分開演 
 細川正彦ソロピアノ
  at 「九品寺Smile」

〒862-0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F  
096-362-3586


東海関西地区ツアー(中止になりました)

4/25土曜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 倉田大輔 ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914



4/26日曜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309


4/27日月曜 八戸ノ里 バー蓄音機
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔、ゲスト辻 元重g
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪5丁目6−5 06-4307-0080


4/28日火曜 大阪本町 燈門 (中止になりました)
 武井 努tsデュオ
〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町4丁目4−14 NIPPO ニュー本町ビル 06-4708-8844

4/29日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
武井 努tsデュオ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890


4/30日木曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888






CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replayあ
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2251)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(39)
Gidon Kremer(43)å
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(171)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187593358

この記事へのトラックバック