2020年03月17日

天気の話と、音楽の話の続き、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


17-1,,.JPG


 更新が今日も遅めになっていますが、天気の方は昨日と大体同じような感じでした。天気が良く気温は20℃まで上がりましたが、湿度は低めの最低40%」くらいでした。 朝から夕方までずっと湿度は50%以下でしたから、絶好の洗濯日和といってよかったかもしれません。でも天気が良いのは今日まで、、。

 明日は1日曇りのようです。その後も今の予報では曇りか雨が続くということをさっき知りましたが、そんなことならもっと屋外に出て、「もっと陽射しを満喫すればよかったな、、、」と、夜になってから思っても、時すでに遅し、、、ですよね、、(笑)。 まあ、少しは出かけましたが、風もあって薄着だとちょっと肌寒く感じましたが、長時間太陽の下にいると少し暑く感じることもありました。

 こちら沖縄は、とても紫外線が強く、見かけ本土の3倍くらいといいう感じがしますが、季節によっっても違うのかもしれませんが、実際のところ5倍くらいの強さがあるのではないのかな、、と思っています。梅雨時など湿度が高くても、陽射しが出た時に直射日光が当たるところに洗濯物を干すと、かなり早めに乾きます。

17-2,,.JPG


 こちらに移住したばかりの頃の夏に、自転車で、帽子もかぶらずに、2時間ぐらい走ったら、その短い間にすっかり肌が真っ黒になりました。本土なら、一週間くらい分の日焼けがたったの2時間くらいで、、。これはものすごいエネルギーですし、その時はしっかり熱中症にもなりました。
 あれ以来こちらでは、炎天下では、必ず帽子をかぶることにしています。

 昨日の音楽、クラシック音楽の演奏についての話ですが、その後YouTube を見ていて、日本人のとても優秀なバイオリン演奏家を見つけました。まだ20代半ばくらいの人なのですが、ハンガリーのオーケストラとブダペストのホールでブラームスのコンチェルトを演奏していました。ハンガリーのオーケストラといっても、地方都市のオーケストラが首都の大きなホールで演奏している映像で、これは珍しい事のような気がしましたが、若々しい日本人があちらのオーケストラと互角にわたり合っている姿に少なからず感激しました。

 ブラームスのバイオリンコンチェルトはとても難しく、音楽的にも技術的にも一筋縄にはゆかない曲ですが一楽章と二楽章まで聞いて、ほぼ完璧な演奏で、カデンッアもとても素晴らしい演奏でした。
 さて、最後の楽章をどう演奏するのかな、、と思って期待して続けて聴いていたのですが、3楽章が始まって少しびっくり、、、。

 それはテンポがかなり遅めだったのです。一楽章も二楽章も通常のテンポだったのですが、本来盛り上がらなければならないフィナーレで、かなり遅めのテンポでしたので、ちょっとビックリすると同時に、チョット落胆しました。演奏もまだ研究が足りなくて、仕上がっていないのか、これまでの楽章に比べてぎこちないところもありました。一楽章と二楽章のクオリティーで3楽章も演奏できていたら、これはもう若くして巨匠クラスだな、、と思ったのですが、そうはいかなかった、、。

 これが「世界の壁なのか、、?」と、その時私は思いました。 あの曲を本来のテンポで、完璧に弾くのは並大抵のテクニックでは無理なのでしょうか、、それとも、とても長い曲ですから、本番に備えての練習が十分ではなく、仕上がりが遅れていたのでしょうか、、?。

 かなりの才能と能力を持った演奏者だと思いましたので、残念でしたが、今後もその人の演奏はチェックして行こうと思いました。はたしてこれからどこまで成長してゆくのでしょうか、、楽しみです。

 その演奏者は日本人独特のこじんまりとしたところがなく、豪快な歌い方もできる感じがしましたし、あとは早い楽章もあの調子て演奏できれば、世界の有名コンクール上位入賞も夢ではないのではないのかな、、?と感じさせる演奏でした。


17-3,,.JPG




CMS レコード主宰 細川正彦の演奏情報



2月26日水曜日 19時半〜 細川正彦 伊澤隆嗣 Duo at 九品寺Smile (終了しました)
https://www.facebook.com/kuhonjismile/

〒862−0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F (終了しました)
096-362-3586
細川正彦 p 伊澤隆嗣 as ss


東海関西地区ツアー

4/25土曜 名古屋 キャバレロクラブ
ピアノトリオ 加藤雅史b 倉田大輔 ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914



4/26日曜 放出 ディアロード
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309


4/27日月曜 八戸ノ里 バー蓄音機
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔、ゲスト辻 元重g
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪5丁目6−5 06-4307-0080


4/28日火曜 大阪本町 燈門
 武井 努tsデュオ
〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町4丁目4−14 NIPPO ニュー本町ビル 06-4708-8844

4/29日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free
武井 努tsデュオ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890


4/30日木曜 神戸 ジング ミュージック ラボ
ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888






CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replay
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>



CMS Records web site  http://cms-records.biz



日記(2170)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(39)
Gidon Kremer(43)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(167)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」


シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187283228

この記事へのトラックバック