2020年02月10日

感覚の違いのつづき

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


10-2,,.JPG


 こちらとしてはかなり寒い14℃という気温に明け方になりました。少し体調不良を感じていましたので、とても暖かくして寝ていましたので、それには気づきませんでした。
 その後、日が昇って薄曇りながら18℃まで気温が上がりました。20℃を下回っているのに、それなりに暖かく感じたのは相対的な人間の感覚のおかげですが、湿度はどうかというと、沖縄にしては珍しい、ずっと50%以下が一日中続いています。

 風邪のウイルスが元気になってしまう気候ということが言えると思いましたが、元気に跳ね除けて生活してゆきたいと思います(笑)。心配していた新型肺炎ですが、私なりに情報を調べたりしてみましたが、流行のちからはインンフルエンザにくらべてかなり弱い上に、致死率も、インフルエンザの数十分の一である、、ということがわかりました。
 健康な生活をしていれば、かなりかかりにくいと言うことだと思います。

 それにしても、沖縄のホテルなど観光産業は、韓国との関係悪化で大きな影響を受けていましたが、それに今回の新型肺炎騒動が加わって、かなりの影響を受けています。どちらも、数年前から考えれば全く予想できない話です。

 昨日は国内の地域によっての料理の甘さが違う、、という話を書きましたが、これは海外に行くとさらに大きく違うということが言えますが、お菓子ではなく、料理ということだと、私の知る限りですが、海外にはそれほど甘い料理はない気がします。逆に言えば、日本に甘みの強い料理が結構存在しているということが言えることになりますね、、。

10-3,,.JPG


 海外で甘みが強い、、といえば、やはりお菓子の甘さですが、お菓子に関しては軒並み多くの国で、日本人の私たちにはちょっと甘すぎると感じるものが多いと思います。

 特に西洋では、普通のケーキやチョコレートなど、食べられないことはないけれど、これはちょっと甘すぎるのではないだろうか、、というものはたくさんあります。ひとによっては、うっかり食べて甘すぎて気持ちが悪くなる、、ということがあるような甘さのものも、確かにそれほど珍しくなく存在しています。

 どうしてそんなに甘いのか、、というと、やはりそれはそのくらい甘い方が美味しく感じるから、、、ということなのでしょうが、私たち日本人の感覚からすれば、「ちょっと甘すぎる」ということは否定できません。これが駄菓子的なもの、、だけではなく、割と高級なお店のケーキとかでも、かなり甘いことは普通にあります。 
 随分前のはなしですが、アメリカに数年住んで帰ってきた人に久しぶりに会ったら、随分太っていたので、「どうしたのですか?」きいたら、「甘いものがすきなのですが、アメリカではお菓子が甘すぎて美味しくなかったので、あんまり食べていなかったのですが日本は美味しいので、つい食べ過ぎてしまいました、、」と言っていた人がいました。

 要するに、おそらく西洋人の多くの人は甘みに対して若干鈍感なところがあるのかもしれません。まあ、向こうに言わせれば、日本人が過敏症的なところがあるとも言えるのでしょうが、、、。実はこれは甘いものに限らないところもあって、塩味に関しても、「少し塩辛すぎる」という感覚を得る国の料理も確かに存在していますし、日本人の舌はやはり繊細なんだと思います。

 私の経験では、台湾や韓国、インドネシアなどでは、塩辛すぎる料理には当たっていないので、この感覚はおそらく、東洋と西洋の違い、、ということのような気がしますがどうでしょうか、、?。距離が離れていればそれなりに味覚が違うのは当たり前ですし、好みは同じであることの方が違和感があると言えないこともないと思います。

10-1,,.JPG



CMS レコード主宰 細川正彦の演奏情報


2月2日 日曜日 21時〜 辻 元重 Group at Perkers Mood Jazz Club (終了しました)
沖縄県那覇市久茂地3丁目9−11 アーバンビル 5F ‎ Tel 098-861-2565
辻 元重 g 細川正彦 p 若井俊也 b

2月26日水曜日 19時半〜 細川正彦 伊澤隆嗣 Duo at 九品寺Smile
https://www.facebook.com/kuhonjismile/

〒862−0976 熊本県 熊本市 中央区九品寺2丁目8−14 ヴィラコスモス2F
096-362-3586
細川正彦 p 伊澤隆嗣 as ss


東海関西地区ツアー

4/25土曜 名古屋 キャバレロクラブ ピアノトリオ 加藤雅史b 倉田大輔 ds
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914



4/26日曜 放出 ディアロード ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309


4/27日月曜 八戸ノ里 バー蓄音機 ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔、ゲスト辻 元重g
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪5丁目6−5 06-4307-0080


4/28日火曜 大阪本町 燈門 武井 努tsデュオ
〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町4丁目4−14 NIPPO ニュー本町ビル 06-4708-8844

4/29日水曜 神戸 Jazz & Live Born Free 武井 努tsデュオ
〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−8 078-441-7890


4/30日木曜 神戸 ジング ミュージック ラボ ピアノ トリオ ベース山本学 ドラム 弦牧 潔
〒658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1丁目16−14 サンフォレストビル201号 078-413-4888





CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。

(サブスクリプション Subscription)
Apple Music
amazon prime Music
Spotify
LINE MUSIC
Google Play Music
kkbox
レコチョクBest
ひかりTVミュージック
dヒッツ月額コース
AWA
rakuten music

(ダウンロード Download)
iTunes Store
amazon music
ORICON
mora
レコチョク
dミュージック
Music Store
ひかりTVミュージック
dヒッツ
replay
Google Play
ドワンゴジェイピー
OTOTOY
mysound
着信★うたbyKONAMI
/span>



CMS Records web site  http://cms-records.biz



日記(2122)

音楽(113)
エンジニアの独り言(74)
アルバム紹介(6)
この一枚(39)
Gidon Kremer(43)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(159)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187144306

この記事へのトラックバック