2019年11月27日

最近食べた麺 158 つけそば醤油味

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


27-2,,.JPG


 なんかここのところ、更新が遅くなっていますが、ちょっと忙しい、、といえばそうなんですが、それほどでもない気もします、、(笑)。 沖縄の今日の気候は昨日とほとんど変わらずで、少しだけ気温が低かったのですが、一日中ほとんど変化がない過ごしやすい感じでした。

 でも、今日はほとんど外へ出かけませんでした。雨こそなかったものの、天気はあまりよくなかったですしね、、。

 更新が遅くなったのとは関係ないのですが、「最近食べた麺」ということで、麺の話を書いていますが、以前は週一くらいで書いていたものを、その後月一くらいになっていて、最近二週間に一度くらいのペース、、みたいになっていますが、前回は先週書いたばかりなのですが、今日はそんな気分なので、またまた麺の話を書きたいと思います。

 今日の麺は、いわゆるつけそば、、で、ラーメン屋さんのサイドメニュー的なもので、近年全国的に大流行している、麺を日本蕎麦のざるそばみたいに、汁につけて食べるタイプのラーメン的な麺です。
 ラーメン屋さんのサイドメニューといま書きましたが、さすがに、これをメインで出しているお店はほとんどないのですが、今日書く麺屋さんは、沖縄では珍しい鶏白湯(トリパイタン)ラーメンと、「つけそば」の二種類だけのお店でした。「つけそば」って苦手なんですよね、、というラーメンファンは多いみたいですが、好奇心旺盛なので、私は大丈夫です、、(笑)。

27-4,,.JPG


 まだできて二ヶ月未満の 新店で、ちょっと気になっていたので行ってみました。明るい店内と、入り口付近の券売機と、製麺機を配した製麺部屋が印象的でしたが、働いているのは、店主一人だけ。カウンターのみなので、一人でできるのかもしれませんが、席はカウンターのみの10席ほど。
 この感じでお昼にお客がいっぱいになると、大変かもしれませんが、その時はアルバイトがいるのかもしれません。

 さて、鶏パイタンではなく、つけ麺をオーダーしたのですが、すると、「つけ汁は、濃厚と、さっぱりがありますので、選んでください」と言われ、なんとなく、「濃厚」お願いしたのですが、カウンターのなかの調理をみていたら、ドロッとした「東京六本木の香妃園(誰もしらない?(笑))」を思わせる鶏そばのスープを鍋に入れて温める作業を見て、なぜか、「やっぱ、サッパリの方にしてください」と言ってしまいました。

 そういうわけで出てきたのが、下の写真のつけだれですが、なんと、薬味が入っていないんです。ふつうはネギとかそういうものが入っていると思うのですが、綺麗な醤油色に鶏の油が浮いているだけ、、。なんか懐かしい関東の昔の醤油ラーメンの汁の色ですよね、、。それにしてもや薬味なしは珍しいですし、よっぽどスープに自信でもあるのか、、。


27-5,,.JPG


 麺は入り口の製麺機で造ったと思われる、幾分黄色い、、というか、薄茶色の断面正方形の中華麺でしたが、最近流行りの、いわゆる「昆布水」とういうか、昆布だし汁に浸されてきました。これ、流行っているやり方ですが、あんまり美味しいと思ったことないんですよね、、、。「別になくてもいいじゃん、ダシならスープに入れてよ、、」という感じなのですが、、食べてみたらなかなか美味しかったです、、っていうか、昆布水の意味があるような味でした。羅臼昆布だそうですが、なかなか良いものを使っているようでした。

 具材は鶏のチャーシュウと、自家製の筍を使ったメンマ、それに彩のミツバと糸唐辛子でしたが、糸唐辛子にもちゃんと香りがしていました。比内鶏でダシをとっていると書いてありましたが、確かに比内鶏の味はしていました。

 麺がもう少し量があると良いのですが、お値段も安くないので、これで大盛りにしたら、ちょっと高すぎる感じですが、美味しかったので、もう少し食べたい感じでお店を出ました。次回は濃厚バージョンか、鶏白湯ラーメンですかね、、。後味もよかったですし、また行ってみようと思います。

27-5,,,.JPG

27-3,,.JPG

27-1,,.JPG


blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live (終了しました。)

9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




フルートパラダイス in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ (終了しました。)

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums
096-355-1001
 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001



辻 元重 g 細川正彦 p Duo Live in Jazz inn Okura (終了しました。)

10月30日水曜日 20:00 〜  

〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12 096-325-9209


ピアノトリオ Live in 徳之島 A-HOUSE

11月21日木曜日  20:00 〜   (終了しました。)

出演 高尾英樹 Bass 川原大輔 Drums 細川正彦 Piano

〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7315
電話: 0997-83-2981


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2073)

音楽(112)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)a
この一枚(38)
Gidon Kremer(43)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(157)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186854742

この記事へのトラックバック