2019年11月25日

噺家との遭遇

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


25-3,,.JPG


 気がつけば11月も25日なんですねえ、、、。今月もあと一週間ない、、というか、今年もあと一ヶ月とちょっと、、ということで、今年も押し迫りつつあります。
 「来年のことを言うと鬼が笑う、、なんてえことを言いますが、、」という、落語のセリフみたいな言葉がありますが、これ私は好きなんですが、でもナンデ「鬼が笑う、、」のか?ってえのがわかりません、、(笑)。

 かつて生まれてから30年間東京に住んでいましたが、地方に行くと、それぞれの土地の方から、「東京ですか、東京にいると寄席に簡単に行けるからいいですよね、、うらやましいなあ」とか、言われたりしますが、これちょっと恥ずかしいのですが、上野も新宿も浅草もかなり近いところで生活していたわけですが、当時ほとんど寄席に行ったことがなかったんですよね、、、。

 多分一度だけ行ったのが、たまたま仕事で知り合った落語家さんの高座にお付き合いで行った時でしたが、その方はまだ若くて、かなり緊張してしまっていて、噺がしどろもどろになり、知り合いのこちらも、聴いていて、すっかり緊張してしまい、結構疲れてしまったのを覚えています、(笑)。

 実は子供の頃少しだけ落語に興味があり、テレビやラジオで聴いたり、こっそり噺家の口真似をしてみたりしていたことがありましたが、音楽に興味がわいた途端に、その興味の対象は音楽に移り変わってしまいました。

 そんな程度の興味でしかなかったのかもしれませんが、今から数年前に、ものすごく久しぶりに、関西で、上方落語をききました。これは上方落語独特の、「鳴り物」と言って、話の中に、音の出る物を使った噺がある落語をききました。 これは笛とか太鼓みたいなものを演者以外の人が話の内容に沿って奏でる、、というか、音を出す出し物で、そのときは「鳴り物」を笛でも太鼓でもなく、なんとJazzバンドがやる、、、という催しでした。

25-2...JPG


 とても変わった試みですし、関西独特の落語に「鳴り物」入りの噺があるというのを、元関東人の私は、そのとき初めて知りましたので、とても興味深く鑑賞しました。
 知り合いが演奏者に混じっていた縁もあって、鑑賞しましたが、メインのバンド入りの噺のまえに、普通の落語も上演されて、それもとっても楽しめました。場所は、寄席ではなく、小さな町の公民館だったのですが、出ばやしも、録音ではなく、舞台の裏で、ちゃんと生で演奏していましたし、何十年か振りで聴く落語は、私にとってとても、リアルな娯楽としての楽しみに満ちたものでした。

 終わってから、演奏者に混じって、落語家の方々とちょっとお話をしたりもできたりして、なかなか面白い非日常空間を満喫できたわけです。

 それを書きながら、ふと思い出したのが、まだ東京にいた頃、ちょっとした仕事、、イベントのようなものに私が関わったときに、司会で来ていたある落語家の方と打ち合わせで、お話した時の印象が強烈でした。こちらはまだ20代で、なんというか、ぺいぺいの若輩者だったにもかかわらず、その落語家の方は40歳手前くらいだったと思うのですが、名門の出で、すでに真打になっているにもかかわらず、彼の腰の低さ、対応の丁寧さにとても恐縮したことがあります。

 巷で師匠と言われているような方に、あんな感じで、丁寧にへりくだって対応されたことにびっくりしましたし、「この人ってなんでこんなに謙虚なんだろう?」もしかして、結構、いや物凄く気が弱い人なんじゃないのかな、、?と思ったほどでした。

 その方とはそれっきりお会いしませんでしたが、約十年後にテレビで自殺してしまったということを知って、いろんなことを考えました。あの物凄く謙虚な態度は丁寧さだけでなく、臆病さも入っていたせいなのか、、。

 今日の写真はかなりの蔵出し物、、。1枚目は2014年の撮影ですから、もう5年も前に撮ったものです。残りの2枚は沖縄に来てからですが、これも数年前のもの。そろそろ晴れた日に一眼レフを持って、出かけた方が良いのかもしれません。

25-1,,.JPG


blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live (終了しました。)

9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




フルートパラダイス in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ (終了しました。)

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums
096-355-1001
 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001



辻 元重 g 細川正彦 p Duo Live in Jazz inn Okura (終了しました。)

10月30日水曜日 20:00 〜  

〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12 096-325-9209


ピアノトリオ Live in 徳之島 A-HOUSE

11月21日木曜日  20:00 〜   (終了しました。)

出演 高尾英樹 Bass 川原大輔 Drums 細川正彦 Piano

〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7315
電話: 0997-83-2981


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2071)

音楽(112)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)a
この一枚(38)
Gidon Kremer(43)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(157)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186843876

この記事へのトラックバック