2019年11月03日

言い間違い、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


3-2,,.JPG


 今日は久しぶりに少しだけですが雨が降りました。予報にはなかったのですが、午後3時くらいでしょうか、、ザッと降ってやみましたが、ちょうど良いお湿りなのかもしれません。

 時々このブログに書く、民間の気象サイトの気象速報が送られてくるように設定しているのですが、雨が降る少し前にスマホに速報がきました。やはりこの民間の気象予報会社は、気象庁より優秀です。無料でこういう情報が送られてくる一方で、膨大な予算=税金を投入しているにもかかわらず、それなりの活動はできていないと感ずる国の機関があるのは、やはり問題なのかもしれません。所詮お役者お仕事、、と言ってしまえば、それまでなのかもしれませんが、、。

 こんな話ばかりを書いていると、また豊かさとか、お金の話になってしまうので、昨日のブログの最後にかいたように、楽しい話を書きたいのですが、それほど「楽しい」というわけではないのですが、ちょっと面白い話がありますので、書きたいと思います。

 先日九州からの帰途につく飛行機の中で、いつもはヘッドフォンをしている(実は飛行機に乗った時だけ音楽を聞きます)のですが、かなり寝不足で、音楽を聴くのも億劫でしたので、普通に席で座って、眠っていたのですが、機内放送で不思議な言葉を聞きました。

3-1,,.JPG


 そのアナウンスで、「当機はこれから、沖縄空港に向かっての最終の着陸体制に入ります!」、、。これべつにおかしくはないじゃん、、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、なにが不思議なのかというと、「沖縄空港」ということばなんです。着陸する場所は確かに、沖縄ですし、そこにある空港に飛行機はつくのですが、その空港は「沖縄空港」ではなく、「那覇空港」です。

 これはある意味些細な事ですし、なにも害がないのかもしれませんが、機内にいる航空会社の専門家が、アナウンスで、空港の名前を間違う、、というのは、めったにないことですよね、、。別に間違えたところで、ある意味何も問題ないのかもしれませんが、、。 そもそも、なぜ、「那覇空港」を「沖縄空港」と間違えるのか、、?ということが不思議なのですが、その後のアナウンスでも、「当機はまもなく沖縄空港に到着します」とか、那覇空港ではなくて、沖縄空港という言葉を使ったアナウンスが続きました。存在しない「沖縄空港」という言葉をなぜ連発するのか、、?。

 普通なら、例えば、新人で、たまたまアナウンスをしていた人が間違った場合、周りのクルーの人が、教えてあげたりするはずですし、あの仕事をしている人が、那覇空港を、沖縄空港と間違えることは、まずあり得ない、、はずなのですが、なぜか「沖縄空港」という言葉がなんども続きました。これって本当に不思議なのですが、繰り返し書きますが、別になんの害もないのですが、どうしてそうなったのか、気になってしょうがないんですよ、、(笑)。

 どう考えても、起こりにくい、、というか、起こるはずがない間違いで、例えば、外国人が日本語でアナウンスしていた、、とかいうのなら、沖縄という言葉を知っていても、那覇という地名を知らなかったとか、、考えられなくはないですが、でもそういう人が、機内アナウンスは通常はしないでしょうしね、、。それに、実際のアナウンスは、別に外国語訛りではありませんでしたしね、、。慣れない人なら、原稿をつくって読むでしょうしね、、、。

 それじゃあ、どうして、「那覇空港」じゃなくて、「沖縄空港」といっていたのか、、、、?。どうしても、理由を見つけられないので、無理やり想像というか、創作?すると、、、。

 キャビンアテンダントが急病になって、欠員を生じて、誰か代わりの人を探したのだが、誰も穴を埋められる人がいなくて、困っていたら、関係者の知り合い、もしくは親戚の人で、長年海外で生活していた、帰国子女みたいな人(日本の地理や事情を知らない)がたまたま休暇で福岡にいて、その人が、たまたまアナウンスの経験があったので、飛行機に乗ってもらって、アナウンスをさせた?とか、、、。

 でも、全く経験のない人を、飛行機に乗せますかね、、、?。 考えれば考えるほど、謎な話です。

 文章が長い割に、大したことが無い話ですが、今日はこれで終わりま〜す、、(^^;; 。

3-3,,.JPG



blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live (終了しました。)

9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




フルートパラダイス in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ (終了しました。)

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums
096-355-1001
 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001



辻 元重 g 細川正彦 p Duo Live in Jazz inn Okura (終了しました。)

10月30日水曜日 20:00 〜  

〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12 096-325-9209


ピアノトリオ Live in 徳之島 A-HOUSE

11月21日木曜日  20:00 〜  

出演 高尾英樹 Bass 川原大輔 Drums 細川正彦 Piano

〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7315
電話: 0997-83-2981


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2053)

音楽(112)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)a
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(156)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186763878

この記事へのトラックバック