2019年10月26日

最近食べた麺 156 冷やしかけ、ざるうどんなど。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


26-4,,.JPG


 今日はとっても爽やか気候、湿度も低く、最高気温も26℃どまりでした。空には雲ひとつなく、超快晴。昨日の晩からそんなかんじでしたので、久しぶりにエアコンを切ってみましたが、昼間はさすがに少し暑かったのですが、超薄着、、というか半裸で過ごし乗り切りました、、(笑)。

 さて、今日は10月12日以来の「最近食べた麺」。10月14日のブログに書いたうどんやさんのお話です。
 毎度毎度、毎度、(笑)書いていますが、沖縄文化圏には昔から「うどん」を食べる習慣がなく、スーパーなどには一応うどん麺的なものは売っているものの、いわゆる関西や九州など、日本の西部全般にに根ずいている、うどん店はほとんどありません。それでも近年、いわゆるチェーン店系の全国どこにでもあるお店は存在してはいるものの、本格的、あるいは手造り的な個人経営のうどん店は数えるほどしかありません。

 沖縄そばや、ラーメンなど、それほど太くない麺に慣れている沖縄ネイティヴのひとたちが、太めの麺に親しみがないこともあり、うどん店があっても、本格的なコシのある太めのうどんを出していることもありません。

 そういうわけで、うどん大好き、讃岐うどん中毒(さぬ中)のわたしにとって、うどん飢餓状態が年中続いていて、以前は本土に行けば何かとうどん店に入り、中毒症状を緩和して息をついておりましたが、先日ブログに書いた通り、私の知らぬ間に、街の中心部に4ヶ月も前から、讃岐系うどん店が存在していることを知り、早速行ってまいりましたが、お店の見かけ、入り口やインテリアは、まるで、カフェや、イタリアンのようなお店で、なおかつお店の名前もカタカナ、あるいはローマ字で表記されている、なんともある意味疑わしい(失礼!)店舗形態でした。

 ちょっと気後れしながら、入って、メニューを見ると、いわゆる「ぶっかけ」とか「ざるうどん」に混じって「ひやしかけ」の文字が、!。「ひやしかけ」というのは、普通うどんのお汁の温かくないものが麺にかかっているもので、讃岐現地の代表的なメニューなんです。本来は出汁を取り返しと混ぜて作ったうどんつゆを保存する際に一度常温に戻ったものを、温めずに、茹でて水で〆た冷たいうどんかけた、時短というか、手間を省いた、忙しい生活の合間に自然と出来上がった献立です。

26-2,,.JPG


 関西や九州など、うどん食文化がある地域でも、この冷やしかけは元来というか、伝統的にほとんど食べられておらず、ましてうどん食文化のない沖縄や、チェーン店ではこの「ひやしかけ」を出しているおみせはありません。

 そういうわけで、まず入店一回目の注文は「ひやしかけ」をオーダーしました。麺はオーダーしてから茹でていて、それなりに時間がかかり、待たされましたが、これこそが、本格讃岐系の印。
 その上「ひやしかけ」が食べられるということで、否が応でも期待は高まりました。店の奥で、機械切りではありますが、おそらくは切りたて、もしくは打ってそれほど時間が経っていない生のうどんを、入口付近の釜にいれているところをみて、尚期待が高まりましたが、なにしろ麺だけでなく、「おつゆの質はどうなのか、、?」という不安と期待が入り混じった精神状態で、待つこと十数分、、。

 期待どうり、、というか、それ以上のうどんを食べることができました!。 これで、沖縄における、「うどん難民生活」から解放された!(おおげさか(^^;;)というわけで、久しぶりに美味しいうどんを堪能しました。ついでに言うと、うどんを二杯食べて、お腹パンパンで、お店を出ました!。どんだけ好きなの?と笑われるかもしれませんが、他にさしたる楽しみもありませんからねえ、、。

 その後何回か足を運びましたが、うどんのつゆは、ひやしかけとあつあかけ(普通の温かいうどんのつゆ)と、別の味付けになっており、なかなかマニアックなお店であることが判明しました。

 いやあ、麺の話は文章が長くなります。 ここ数日のお茶の話と、うどんの話、、このブログってなんのブログでしたっけ、、?。一応ジャズ系CDレーベルのHPの中にあるブログですので、そこのところ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m 。

26-5,,,.JPG


26-1,,.JPG


blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live (終了しました。)

9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




フルートパラダイス in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums
096-355-1001
 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001



辻 元重 g 細川正彦 p Duo Live in Jazz inn Okura

10月30日水曜日 20:00 〜  

〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12 096-325-9209


ピアノトリオ Live in 徳之島 A-HOUSE

11月21日木曜日  20:00 〜  

出演 高尾英樹 Bass 川原大輔 Drums 細川正彦 Piano

〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7315
電話: 0997-83-2981


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2043)

音楽(112)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)a
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(156)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186729974

この記事へのトラックバック