2019年10月25日

自然なこととは、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


25-1,,.JPG


 ここ数日紅茶の話から、日本茶の話へと、普段あんまり書かない類の話を書いていますが、以前はこのブログは、割と細かい話というか、色々とある意味ウンチクみたいな話題も多かったのですが、何年も書いていると、だんだんとネタ切れ的な感じになって、そういう話は少なくなってきました。

 その分読みやすい話が多いというか、もう完全におちゃらけてしまっている感がありますが、私自身毎日の日常のなかで、色々思うこともあり、昨日一昨日のような内容になったような気がします。

 昨日のお茶農家さんの話は、とても貴重な体験だったといまでもおもっていますが、あの自然な所作で着々と入れられた三煎のお茶は、お茶の苗を植えてから、色々な工程、時間と愛情をかけて、育てた末に収穫できた、お茶の葉を、長年の経験で得た技を使って、造った、言って見れば、渾身の作品なのだと思います。

 そこには関わった者にしかわからない苦労や、工夫がたくさん込められており、その最終段階、実際にお茶としてお湯とともに供されるということは、壮大なドラマのフィナーレの瞬間だったのだと思います。
 実際そのお茶農家さんの日本茶は何度も日本全体の品評会で、優秀な成績を納めているという話を聞きましたが、その味は、ある意味それ以上、、想像をはるかに超える味と香り、コクと風味、上質な飲み物や食べ物だけが持つ、例えようがないほどのさっぱりとした清涼感をもっていました。

25-2,,.JPG


 なのに、そのお茶農家さんのお茶を入れる所作はとてもシンプル、少しもうやうやしいところや、大げさなところもなく、淡々と無駄のない動きで、一見さりげなくさえありました。ここで私が言いたいのは、とにかく、その動作、つまりお茶を入れるという行為は、彼にとって全く特別なことではなく、極めて自然なこと、朝起きて布団から出るような、、と言ったら、おかしいでしょうか、、何かとっても自然な所作なのですが、それこそは、彼の生活、いや人生そのものが、あのお茶を入れることで成り立っている、、そういうことなのだと思います。

 全く普通のこと、一切肩に力が入らない、日常の動作、、。 茶葉を育て、収穫して加工し、それをお茶として入れて飲む、、。これがあの農家のご主人にとっての日常であるということに、驚きと羨望の念を持ちますが、それくらい自然なことからしか、本当に素晴らしいものは出てこないのではないのかと、私は思います。

 よく人に「頑張って」という声を私はかけますが、それは親愛の念とか、激励の気持ちから出る言葉なのですが、あの言葉は本当は「全く要らない言葉」なのかもしれません。人間は力が抜けていることが一番大切、自然体が一番自然で、あるべき姿だと思うのです。

 気合を入れて、、、なんて言って演奏をした時は「ろくな結果にならない」と、ある演奏家からきいたことがありますが、実際はそんなものなのかもしれません。

 何かを頑張ろう、と、力を入れた途端に、心は乱れ、体は硬直していつもやっていることができなくなるのではないでしょうか、、。 無論努力や、繰り返しは必要なのでしょうが、音楽や絵画など芸術も、本当に素晴らしいものは無意識の境地で自然に生み出されるものなのではないのか、、?。

 あのお茶の味と、それを入れる際の簡素な所作を思い出すたびに、私はそう思います。って、この下の写真って、ブログの内容にふさわしくないなあ、、´д` ; 。


25-3,,.jpeg


blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live (終了しました。)

9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




フルートパラダイス in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums
096-355-1001
 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001



辻 元重 g 細川正彦 p Duo Live in Jazz inn Okura

10月30日水曜日 20:00 〜  

〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12 096-325-9209


ピアノトリオ Live in 徳之島 A-HOUSE

11月21日木曜日  20:00 〜  

出演 高尾英樹 Bass 川原大輔 Drums 細川正彦 Piano

〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7315
電話: 0997-83-2981


CMS Records web site  http://cms-records.biz






日記(2043)

音楽(112)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)a
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(155)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186726615

この記事へのトラックバック