2019年08月04日

また冷やし担々麺の話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


4-1,.JPG


 すっかり更新の時間が遅くなってしまいました。昨日の能天気な担々麺の話って、興味のない人にはどうでもいい話でしたが、あれから色々考えてみて、感じることは、ラーメンという大衆食は多くの人に人気があり、日本全国どこにでもお店がありますし、いまや世界のいろいろな地域にまで、日本の料理として浸透していますよね、。
 ラーメンは中国発祥の中華料理の一種、、という風に多くの日本人は思っていますが、それは間違い無いのかもしれませんが、現代のラーメンはもう日本独自の中華系食べ物で、広い世界から見れば、日本の味、、、と言って差し支えない食文化になっています。
 そのなかでも担々麺は中国四川省発祥と言われていますが、実際には四川の汁なしたん担々麺的なものを、四川から移住した中国人が、ラーメン好きの日本人向けに、アレンジして出来上がったものらしいです。

 胡麻や唐辛子、八角やその他いろいろな香味を含んだスープはラーメンの一種、というカテゴリーを超えて、担々麺としてアイデンティティーを確立していますが、それでもなおまだ進化している形としての、昨日ブログに書いた、京都の「つけ担々麺」専門店の存在は、とても独特のものがあります。

 いわゆる「つけ麺」と言われる、中華そばの変化形、それも、日本のスタイルの麺、ざるそばや、ざるうどんのような、濃いめの汁に麺をつけて食べるというものは、これはまさに日本のスタイルですが、近年人気が出て、ラーメン店のメニューとして定着しつつありますが、ラーメンファンの間でも好みが分かれていて、ラーメンは好きだが、つけ麺は食べない人もたくさんいるというのも、事実です。

4-2,.JPG


 そんな状況の中、つけ麺専門店もないわけではありませんが、その数はそれほど多くはなく、一つの個性派であり、メインのラーメン系のメニューではない、、という位置にあるのが、つけ麺ではないのかと、私は把握していますが、その定番として位置をのがしつつ存在している、つけ麺カテゴリーの一種として、担々麺味のつけ汁に麺をつけて食べる、「つけ担々麺」の存在も稀有ですが、その専門店が存在していることに、とても興味を覚えます。

 インスタグラムをみてみると、そのお店のメニューは何種類かの坦坦つけ麺のみで、ラーメンとか他の料理は無いようで、このメニュー構成で、営業して行くことはとても難しいと思うのですが、これが連日満員という快挙を成し遂げているそうです。

 そして、つけ麺の専門店にもかかわらず、なぜか夏季限定で、だされているのが、昨日のブログにかいた、「冷やし担々麺」だそうで、これは普通のラーメン丼にはいった汁ありの担々麺の冷やしバージョンで、これまた珍しいメニューです。 私自身、「冷やし担々麺」という名前の料理を食べたことは何度かありますが、それらは、坦坦味の冷やし中華のような感じで、汁はあまりないか、あってもラーメンの様な、なみなみとしたスープのなかに、麺が入っているというものではありませんでした。

 でも、その京都の「冷やし担々麺」はスープがなみなみと注がれた冷やし担々麺で、そういうスタイルの独自性という面でも、とっても気になりますし、インスタグラムに書かれたレポートをみると、食べた人の絶賛する文章には目を見張らされます。

 この手のSNSや、ウエヴサイトに投稿された飲食店の評判は捏造されたものもあり、必ずしも信頼できるものではありませんが、これまでの経験で、インンスタグラムの複数の投稿を見て、評判のよかったものにはそれほどハズレはないと私は思っています。

 興味のある方はインスタのリンクを貼っておきますので、見てみてください、ネ。https://www.instagram.com/p/B0vZbvBgEnP/?utm_source=ig_web_copy_link


4-3,.JPG


blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live
9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




ダブル フルートライヴ in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums

 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001











日記(1972)

音楽(109)a
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(147)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186369919

この記事へのトラックバック