2019年08月03日

昨今興味のある話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


3-1,.jpg


 このブログ毎日書いていますが、いつも書いていますが、話題に困っていない、、といったら、真っ赤な嘘で、なかなかいつも大変なのですが、ほぼ「日記」という感じで毎日感じたこと、考えたことなど、いろいろ書いています。
 ご存知の通り、天気の話が多いわけですが、もうその話も、読んでいる方以上に書いているほうが、とっくに飽きていますが、移住3年とちょっと、、ということで、とりあえずまだこちらの気候が、私にとって珍しいので、書いています。

 面白いと思うこと、興味があることを書くようにはしていますが、昨今個人的には、ほぼ楽しいこともありませんし、とりたてて興味があることもありません。

 しかし、これ、ここまで書いて、いくら毎日書いているとはいっても、これほどに「書くことねえよ、、」的な書き出しは、如何なものか、、?とも思いますが、これも含めて、このブログそんなもんです、、(笑)。

 そんな実にくだらない書き出しで書き出して、「何を書こうかな、、」と困りながら考えていたら、ここ数日ちょっとだけ気になる話があります。 「どうせくだらない話だろう、、」とお察しだと思いますが、「そう、大した話ではございません!!」。

 その話とは、、、まあ、大した話ではないのですが(シツコイ?)、、担々麺の話!。

 このブログには「最近食べた麺」という、わざわざ麺の話を取り上げて書いているコーナーがありますが、そのコーナーでは文字通り食べた麺の話を書いているのですが、その担々麺はまだ、一度もたべていないものなのですが、ものすごく気になっています。なぜ気になっているのかというと、そして、なぜにサッサと食べに行かないのかというと、それは沖縄では食べられないからなんですね、、。

3-2.JPG


 すぐ近くにあれば、すぐに食べに行って、「最近食べた麺」でブログにかくわけですが、、、。 その担々麺にはイスタグラムで出会いました。多くの人がそうであるように、私もすっかりスマホ依存症で、暇な時はインスタをダラダラと漁っているわけですが、インスタグラムというやつは、よくできているというか、小賢しいというか、過去に私自身が検索したりしたものを、興味があるものと判断して、選んで見せてくれる、、みたいなことがあります。

 そこで発見したのが、京都にある、お店、それも「つけタンタン専門店」という、なんともマニアックなお店の麺なんです。そのお店は、いわゆるつけ麺タイプの麺専門店、しかも、つけだれが全て坦坦味、、つまりゴマとか唐辛子とか、八角とか、そういう感じの味のつけだれに麺をつけて食べるメニューだけのお店なんですね、、。これはなかなか珍しいタイプのお店で、沖縄はおろか、全国的にもかなり珍しいタイプのお店なんじゃないのか、、ということで、ものすごく気になってしまっています。

 しかも、そのお店には、夏季限定の「冷やし担々麺」となずけられた麺があり、それはつけ麺タイプではなくて、普通のラーメン丼に、冷たいスープ、冷たい麺という、冷やしラーメン的な担々麺なんだそうで、その写真を見ると、たっぷりの坦坦肉味噌と、多めのメンマが目に入り、これはもうたまらなく美味そうなんです。メンマは沖縄ではほとんど食べられない食材ですが、私は大好きなんですよ、、。

 この麺に関していろいろな投稿を見てみると、かなり評判が良く、「京都の夏の冷たい麺と云へば、これ!」みたいな記述もたくさん見られるんですよね、、。
 担々麺好き、、いや、担々麺マニアと言って差し支えない私の好奇心は、かなり強烈に刺激されました。

 と、まあ、かなり熱く語りましたが、「他に興味あることないのかよ!」とお叱りを受けそうですが、とりあえず、昨今興味のある関心事は他には、何にもありません!、、(笑)。

 というわけで、早く京都にいって、それを食べたいのですが、この夏は関西方面も本州も九州も、行く予定はないんですよね、、´д` ; 。ということは来年の夏までお預けえ〜?、、なの?。 って感じで、なんとも寂しいですが、、。 秋か冬にでも、「冷やし担々麺」はなくても、「つけ担々麺」というものを食べに行ってみるという手もあるかと思っていますが、どうしようかな、、♪( ´▽`) 。

 というわけで今日はオシマイ、、!。


3-3,.JPG


blanc de blanc Live  バー ブラン ド ブラン ピアノメインテナンス記念 Duo Live
9月23日月曜祝日 20:00 〜
出演 細川正彦 piano Emma Arcaya flute

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目19−1

電話: 098-943-9955




ダブル フルートライヴ in Kumamoto レストラン & ライブバー キーブ

10月29日火曜日 20:00 〜  
出演 小島のり子 大元 薫 flute 細川正彦 piano 明日正就 bass 武本強志 drums

 〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11−14 電話: 096-355-1001











日記(1971)

音楽(109)a
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(147)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186365378

この記事へのトラックバック