2019年07月12日

詳報、、(昨日のブログ)。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-3,.JPG


 というわけで今日2回目のブログ更新、本日分を書き出したのは、11時54分で、本日中に書き上げることはできそうにないのですが、あれから調べました、「ダンゴ三兄弟」について、、。

 あの曲は1999年の発表で、某N○Kの子供向け番組のオリジナルソングだったそうです。私の記憶は、半分は正解でしたが、広告クリエーターの人は作詞のみで、作曲家は別の人でした。もう20年も前の曲だったのですね、、。

 いろいろまあ、wiki とかですが、調べてみたら、テレビ番組で人気が出たということで、レコード会社からアルバムを、唄のお姉さん、お兄さんが録音して発表したのだそうですが、最初のプレス枚数が80万枚だったそうで、これって、すごく多いですよね、、。流行歌、アイドルとか、いろいろかなり有名な人たちが歌っていたわけではないので、、、。

 それと、テレビ番組でかなりの人気が出たので、最初から、80万枚という膨大な数をプレスしているわけですが、この時点では、「かなり売れるだろう、、」という見通しがあったにもかかわらず、具体的な数字の読みはできていなかったので、100万枚ではなく、80万枚にしていたのだと思います。

 ところが80万枚発売当日に、なんとそれが、あっという間に売り切れて、当日に追加注文を20万枚もしていたという記録をみて、ビックリしました。そして、なんとさらにビックリしたのは、発売後2日後には、総数250枚になっていたそうで、そのバカ売れ加減は半端じゃなかったみたいですね、、。

 そういうわけで、私の頭の中にも、20年前の記憶が鮮明に残っていた理由が、なんとなくわかりましたが、250万枚出したその二週間後にはカセットテープも出したと書いてありましたから、当時もうカセットはずいぶんマイナーなメディアになっていましたから、そのバカ売れ気味を象徴する話なのかもしれません。

12-2,.JPG


 ダンゴ三兄弟は、最終的には380万枚くらい売れたそうですが、これは「泳げたいやきくん」の500万枚にはかなわなかったそうです。500万枚というのもすごい数ですが、どちらもたいして制作費はかかっていませんし、宣伝費もほとんど無しで、あれだけ売っているわけですから、レコード会社としてはかなり美味しい話だったのでしょうね、、。

 ちなみに業界ネタとして有名ですが、「泳げたいやきくん」を歌った歌手の人は、印税契約をしておらず、たったの5万円でレコーディングの歌唱をしていて、全然儲からなかったということと、その後ご褒美的に100万円をもらったのだそうですが、500万枚も売れたのに、そんな雀の涙しかもらえないって、本当にひどいですが、実はまだましな話で、この手の話はたくさん存在しています。そのヒットの利益でレコード会社は、新社屋を建てており、何十億かの利益があったと思われますので、本当にどケチ極まりない話であります。

 ちなみに、「ダンゴ三兄弟」の方は、印税契約があり、作曲、作詞そして、歌った人も印税をもらっていますが、その率はわずかに2%で、その利益の大半はレコード会社などが持って行ってしまっているという事実があります。これが海外だと12〜3%くらいになりますので、日本のレコード会社の商習慣はは酷いと言えますし、アーティストは不当な搾取を受けていると、はっきりと言えるわけですが、この理不尽な契約方法は、今に至るまで、是正されていません。

 というわけで、今日はこれでおしまい!!。


11-1,.JPG


沖縄を代表するミュージシャンとCMSレコード主宰、細川正彦の演奏が那覇であります(終了しました)。

Trio NHK 2nd Live at 天妃 !  N ishkawa H osokawa K aptain 西川勲 bass 細川正彦 piano セバスティアン カプテイン ds

4月29日月曜祝日 20:00〜

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



東京からドラムの秀英 藤井学氏が来沖し、セッションライブがあります(終了しました)。

那覇市おもろまち4−19−1ルカフおもろまち2F 「Kanon」
4月16日火曜祝日 19:30〜
メンバー 藤井 学 ds 高尾英樹 b 高尾しおり tb 細川正彦 p






日記(1949)

音楽(109)a
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(146)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186262838

この記事へのトラックバック