2019年06月14日

最近食べた麺 146 サンマージャン麺

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


14-3,.JPG


 4日ほどの九州滞在で、食事の時間に、何度か麺を食べましたが、その中で、九州らしい「麺」ということで、友人が連れて行ってくれたお店のラーメンを取り上げたいと思います。
 この麺、場所は熊本郊外ですが、九州以外の地域の方々は、九州といえば「豚骨ラーメン」ということで、ひとくくりにされている事が多いと思うのですが、福岡と熊本では、麺事情、ラーメンのスタイル雰囲気がずいぶん違うということをご存知でしょうか?。

 何が一番違うのかというと、福岡は近年ものすごくたくさんの醤油ラーメン屋さんができてはいますが、基本的には豚骨原理主義、、というか、ラーメンといえば、「とんこつ」というのが基本概念で、その他の味はあんまり受け付けない、、という地元の方が多いです。政令指定都市で、全国から、企業の支店勤務の方がたくさん集まっていて、多様性のあるラーメン店のバリエーションが存在する一方で、福岡ネイティヴの人の豚骨支持率はかなり高いように思います。

 それを証明するかのように、いろいろなところから、全国区のチェーン店が来て開店しても、根ずくことなく、撤退したり、残っていても細々と、、というところがあります。それに対して熊本は、基本的には「豚骨」支持は根強いものの、ラーメン人口のフレキシビリティーは幅広く、いろいろなお店を幅広く楽しんでいるジモティーが多いというところがあります。

 今日取り上げるラーメンはいわゆる繁華街のものではなく、かなり郊外の国道付近、つまりジモティー率がかなり高い場所で開店しているお店で、歴史もそれなりにあるお店で出しているラーメンです。

14-1,.JPG


 このお店、近年福岡ではあんまり見なくなったような、濃厚な、ドロっとした豚骨ラーメンのお店で、お店に入った途端に、まるで厨房にいるような、激しい豚骨臭、、というか、慣れていな人とか、それが嫌いな人にはむせかえるような、臭みのある豚骨を煮込んでいる香り、、というより臭いがしてします。
 地元の人は別に気にする様子はないのですが、私のような元関東人その後九州、そして、現在沖縄という、言って見れば非豚骨文化圏の人間にはちょっときつめの臭いで、若干引き気味になりながら、連れて行ってくれた友人ご推薦のラーメンを食べました。

 豚骨ラーメンのお店なのですが、このサンマージャン麺は、白濁していないスープで、醤油の色で、言って見れば「二郎系」みたいな感じのラーメンでした。中太の麺、大盛りの茹でた野菜など、通常の九州ラーメンらしくないルックスですが、これを推薦してくれた友人はネイティヴ九州人で、転勤経験はあるものの、熊本で、生まれ育った人です。

 こちらにしてはちょっと変わったラーメンなのですが、テンポラリーなメニューではなく、数年前から出している、人気メニューで、ドロドロの豚骨ラーメンを食べている人が多いお店の中で、これを食べている人もそれなりの数いました。

 二郎系、、と書きましたが味は実際にはもっと繊細、、というか、柔らかいというか、上品というか、、二郎系ど真ん中ではなく、乗っているニンニクも粗みじん切りではなく、おろしにんにくで、強烈さ、、より、香りだし、、という感じのアクセントでした。野菜は、もやしより、キャベツが多くインゲン豆なども入っていて、他に、海苔や煮卵などもデフォルトで入っているラーメンでした。

 友人は麺の量250gでオーダーしていましたが、わたしは、最近ちょっと太り気味なので、180gを選択。値段は一緒で、盛り付けの見かけもあんまり変わりませんでしたが、それは多めの野菜のせいで麺が見えなかったからだったようです。

 全体の印象は似た野菜の香りといういみでは二郎っぽいところがありますが、スープはもっと繊細で、店内の臭いとは裏腹に臭みなしで、さっぱり目のラーメンでしたが、コクはちゃんとあり、美味しかったです。

 というわけで、もし熊本に行かれたら、ちょっと不便な場所ですが、興味のある方は是非!。って、お店の名前書いてませんが、、(笑)。


14-2,.JPG


沖縄を代表するミュージシャンとCMSレコード主宰、細川正彦の演奏が那覇であります(終了しました)。

Trio NHK 2nd Live at 天妃 !  N ishkawa H osokawa K aptain 西川勲 bass 細川正彦 piano セバスティアン カプテイン ds

4月29日月曜祝日 20:00〜

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



東京からドラムの秀英 藤井学氏が来沖し、セッションライブがあります(終了しました)。

那覇市おもろまち4−19−1ルカフおもろまち2F 「Kanon」
4月16日火曜祝日 19:30〜
メンバー 藤井 学 ds 高尾英樹 b 高尾しおり tb 細川正彦 p






日記(1926)

音楽(109)a
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(36)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(144)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186139254

この記事へのトラックバック