2019年01月08日

歌詞の意味

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-1,.JPG


 今日は昨日とは打って変わって、雨と曇りの一日でした。気温も19〜20℃でしたが、日が暮れてからは気温が下がって、いまは、17℃とちょっと。冷えてきた感じがします。

 天気図には高気圧だけで、低気圧はないのですが、沖縄の天気はあまり良くありません。昨日台湾は晴天と書きましたが、あちらは、今日もまあまあの天気だったみたいです。そんな機構を反映してか、今日のブログの写真は、晴れた空とか影とか、晴天を感じさせる、願望モードのもの。
 これ、三枚とも昨日撮影したものです。120枚ぴったり写真を撮りましたから、毎日3枚ずつ使うと60日、、。 二ヶ月も、保つじゃないですか、、、。
 まあ、そう上手くは行かなとは思いますが、、。

 でもやはり、これらの写真を見て思うことは、やっぱ、一眼レフで撮った写真て、いいですね、、(^ ^) 。

 雲とか、日差しの感じとか、何気に沖縄らしさも感じる、、ような気もしますが、気のせいでしょうかね、、、(笑)。

 話は変わりますが、今日フェイスブックのある方の投稿で、あるシンガーの演奏のYouTube のリンクをみつけて聞いてみたのですが、とても素晴らしい演奏、シンガーの歌もとても美しく感じるのですが、何せ歌詞の意味がわからない、、。 これって、とっても歯がゆいです。 アルバニア語らしいのですが、アルバニアという国がどこにあるのかさえ正確には知りませんし、、。

8-2,.JPG


 英語だと完璧に内容がわかるか、、というと、私の語学力ではそこまでは無理なのですが、単語や、言い回しはある程度わかるので、だいたい何を歌っているのかは、わかります。その理解では、作品を本当の意味で味わうのには、不十分ですが、アルバニア語の「音」はシンガーの美しい声せいもあり、良い印象ですが、言葉の意味がわからないというのは、とっても閉塞感があります。

 なので、聴きたいけど、聴くと閉塞感を感じて、息苦しい、、。 目隠しをして歩いているような不安感みたいなものを感じます。

 その昔、ビートルズの初めての来日公演が、日本武道館であった時、満員の聴衆は、狂喜乱舞して彼らを迎えたそうですが、その聴衆のうち、何人くらいの人が、彼らの歌う歌詞の意味を知っていたのか、もしくはそれを理解して鑑賞していたのか、、。 

 英語を話さない日本人が、自分たちの歌を聞いて、狂喜しているのを見て、彼ら自身は間違いなく違和感を覚えたはずです。これは、当時の日本の状況を考えれば、しょうがない、、当たり前な事なのでしょうが、今思うと、ちょっと滑稽な話でもあります。

 ヨーロッパの場合、ドイツ人でもスイス人でも英語は理解しますし、地域によっては、公用語以外の言語をある程度理解する事が出来る人が多いようです。
 アルバニア語を理解する人がどれだけヨーロッパにいるのかわかりませんが、こうやって、 Youtube などを通じて、日本にまでその音楽が伝わるということは、現代ならではの気がします。

 そのシンガーの作品はドイツのレコード会社からもリリースされていますが、ドイツ人がアルバニア語をどの程度理解できるかは、未知数ですが、少なくても商品として成立しているとしたら、もしかして、大昔にビートルズの音楽を喜んでいた、日本人のように、未知の作品にたいして、言語的な魅力以外の物を感じて、評価して鑑賞している人が多いのかもしれません。


8-4,.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、名古屋、大阪、岡山、熊本、福岡であります。


1/26土曜 天王寺 カクレンガ ピアノトリオ 光岡 尚紀b 弦牧潔 ds

1/27 日曜 放出 ディアロード 武井努 ts デュオ

1/28 月曜 八戸の里 バー蓄音機 ピアノトリオ 山本 学b 弦牧潔 ds

1/29 火曜 岡山 モグラ 榊原太郎 bトリオ(From France) 北川 類 ds 細川正彦 p

1/30 水曜 名古屋 ラブリー 小濱安浩(ts) ダブル鍵盤セッション 細川正彦 p 平手裕紀 p org 滑川博生 dr  

1/31木曜 熊本 スイング 榊原太郎 bトリオ(From France) 北川 類 ds 細川正彦 p

2/1 金曜 福岡 ニューコンボ 榊原太郎 bトリオ(From France)北川 類 ds 細川正彦 p


沖縄 那覇の「天妃」で、沖縄を代表するミューシャンと、CMS主宰 ピアニスト細川正彦が共演します。 (終了しました)

Trio N H K at 天妃 N ishkawa H osokawa K aptain
2018年9月24日月曜 祝日 2 0 : 0 0 〜
〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



日記(1787)

音楽(106)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(132)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」


シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185352338

この記事へのトラックバック