2018年10月26日

猫の話と、チェンバロの話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


26-1,.JPG


 今日も晴天、でも晴天すぎて、空に雲はなし。 雲が出るの待っているのって、世の中探しても、私ぐらいかもしれません。他にいるとすれば、図鑑か何かに、雲の写真を乗せるために撮影しなければならない、写真家くらいのものでしょう、、(笑)。

 雲がなくても、影があるさ、、とか思っているのも、私ぐらいで、これはもう、他にそういう写真を一生懸命撮っているのは、私くらいしかいない、と言うことは、容易に想像がつきます。そういうわけで、影の写真を何枚か撮りましたが、今日はテンション低めで、少しだけ、、´д` ; 。

 まあ、今100枚くらいはストックがあるので、しばらくそれでしのげそうですが、、。

 今日の一枚目は、先日載せた、苔の仲間の写真、、これ好きで、結構な枚数を撮っていますが、何度見ても飽きません、、わたしだけでしょうが、、、(⌒-⌒; ) 。

 二枚目は、昨日も一昨日も、ずっと登場している、猫ちゃん、、。 なんとも愛らしい猫ですが、食事の後で、どこかで、うんこしたみたいで、ちょっと、うんこ臭かったです、、(笑)。かわいい子猫でも、脱糞はしますからね、、。臭いもありましたが、ちょっとお尻に、それが、くっ付いていましたから、、(笑)。

 人間でもそういうことありますからね、、、。そういえば、こないだ買ったトイレットペーパーが、いつもと違うのを買ってしまい、とっても薄くて、拭きにくい、、って、これ、余計な情報ですが、、。 あっ、お食事中の方がいたらごめんなさい、、って書いてから言っても遅いですが、、(笑)。

26-2,.JPG


 そんなくだらない事を書きながら、昨日も今日も、なぜか、YouTube で、Bach の音楽をきいています。Bach を聞くと、文章がスラスラとかけます、、といっても、うんこの話も書いてしまうわけですが、、。「アイドルはうんこしない」、「可愛い子猫もうんこする」とか、言いますが、あの猫、オスみたいでした、キ◯◯◯マがついていましたから、、。って、今日はシモの話が多くなってしまっていますが、、どうしてなのかな、、?。

 昨日ブログを書きながら聞いていたのは、Bach の鍵盤楽器の曲を、チェンバロで弾いたもの、、。グールドのピアノの演奏を時々聞きますが、Bach が生きていた時代は、ピアノはなくて、チェンバロだけしかありませんでした。
 よく、ピアノとチェンバロって、どう違うんですか、、?、という質問を受けますが、一番違うところは、音の強弱がチェンバロだと出ないこと、、。 それと長い音符も弾けません。それはどうしてかというと、鍵盤をおすと、爪みたいなものが、弦をはじきます。はじくだけですから、ピン!とはじいて、音が出たらそれでおしまい、つまり鍵盤を押し込んだままにしても、音は一瞬で途切れてしまいます。

 ピアノだと、しばらく音が伸びますよね、、。あれは、鍵盤を押すと、ハンマーが弦を打って、それと同時に、音を切るための弦を押さえる、ダンパーという部品が弦から離れます。押している間は、離れたまんまなので、弦の振動が、自然に消えるまでは音が残ります。すぐに鍵盤から指を離せば、ダンパーが弦にくっいて、ミュートしますから、音は消える、、という仕組み。

 なので、ぴょんぴょんと、指を鍵盤からその都度離せば、スタッカート的に、音が短く切れますし、押し込んだままレガート奏法をすれば、一つ一つの音の長さを、弾く人が自分で決められます。だから、いろんな表現ができるというわけです。それにペダルがあるので、それを使えば、ダンパーが全部の弦から離れますので、音も伸びますし、弾いた音以外の弦に共鳴して、リッチな響きが出ます。
 これって、チェンバロでは絶対できない表現で、ショパンとか、ドビュッシーとかを、もしもチェンバロで、弾いいたら、ちょっと何の曲かわからないくらい、音楽が違って聞こえてしまうでしょう。

 Bach をピアノで弾く人はいますが、Chopin とか、Debussy をチェンバロで弾く人はおそらくいないと思います。でも、モーッアルトとかは、それほどおかしくはないかもしれません。実際、モーッアルトが演奏していたのは、ほとんどまだチェンバロだったらしいです。でもなぜか、、現代ではピアノで弾くことが多いですよね、、なぜかな、、?。

 猫のウンコのはなしから、チェンバロとピアノの違いの話まで、なんだか、変なブログですよね、、。って、今更の話ですが、、、(笑)。

 あんまり最近音楽の話書いていませんから、明日もこの話続けようかな、、。

26-4,.JPG


沖縄 那覇の「天妃」で、沖縄を代表するミューシャンと、CMS主宰 ピアニスト細川正彦が共演します。 (終了しました)

Trio N H K at 天妃 N ishkawa H osokawa K aptain

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡でありました。

9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング (終了しました)


細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら   (終了しました)


清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809







日記(1720)

音楽(106)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(126)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184778802

この記事へのトラックバック