2018年10月03日

雨の日の間奏曲

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


3-3,.JPG


 先週に引き続き、台風がこちらへ向かっていて、今日は午後から早々と、天気が崩れました。風はあまりないのですが、雨がパラパラ、、。今日の昼までは、劇的に低かった湿度は、うなぎのぼりで、今は90%を超えています。
 雨も風もまだそれほど強くないのですが、これからはどうなるのでしょうか、、。今度は弱めの台風であってほしい、、という願いがありますが、、もうこれは、ほとんど妄想、、ですが。

 いろいろあって、今日はかなりのローテンションですが、遠方からの仕事のオファーの連絡とか、いろいろと、連絡があり、ローテンションは少しだけ紛れた気もします。外の温度は、最高でも25、6℃で、こちらにしては涼しく、ローテンションと相まって、秋の虚しさみたいな、精神状態になってしまっていますが、まあ、そういう日もありますよね、、、(笑)。

 台風以外の話題を何か書きたいのですが、テンション低すぎて、何にも浮かばなくて、また少し遅めのブログ更新になってしまっいますが、、。

  こんな時は何か音楽でも聞いて、気を紛らそうかな、、と思って、このブログを書きながら、Brahms の間奏曲(https://www.youtube.com/watch?v=Az9c8Skylhk)をかけてみたのですが、これって、良い曲ですが、なんか、寂しくて、憂鬱な空気も漂っていて、なんか、逆効果、、かなあ、、という感じです、´д` ; 。

 まあ、演奏しているのが、Gould だっていうこともあるのかもしれませんが、、。

 演奏しているのは1960年で、これは初期のステレオ録音ですが、音質的にも、なんか枯れている、、というか、やはり寒しい感じの、「秋の夕暮れ」みたいな雰囲気の音楽ですね、、。

3-2,.JPG


 テンション上げたいなら、もっと元気の良い曲をかければ良いのかもしれませんが、こういうテンションのときに、あんあまりそういう音楽を聞くと、かえって、それに負けるというか、、なんというか、、。逆に疲れる感じがするので、「この曲さみしいな、、」と思いながら、あえて、変えないで聞いていますが、、一曲目が終わって二曲目になったら、なんか、なおさらしっとりして、雰囲気ありあり、、(笑)っていうか、こんなん聞いてテンション上がらんよね、、、、という感じですが、この曲は嫌いじゃないので、、。

 間奏曲、、というと、何かと何かの間に演奏するという意味ですが、これは、もともとはオペラの幕間に雰囲気を変える為に演奏する曲をつくってその曲の為に考えられた曲の言い方なんだそうです。

 なので、あんまり盛り上がらずに、淡々と、そして、それほど長くもなくという風につくられているので、だいたい5分くらいの曲が多いです。
ドイツ語ではIntermezzo インテルメッツォ、英語ではInterlude インタールードと、と言いますが、ブラームスはドイツ系の人ですから、Intermezzoかな、、と思ったら、Intermezzi という言葉を使っているらしいですが、これはIntermezzoとどういう違いがあるのかな、、とか考えますが、ちなみにイタリア語では、スペルは同じで、発音が少しちがうだけなんで、、どうなんでしょうか。語尾の変化がなにかを表しているのか、、詳しくないので、わかりません、、(笑)。

 そういえば、CMSレコードの第1作のアルバムタイトルも「Interlude インターリュード」(http://www.catfish-records.jp/product/617)でした。池田篤(as) 細川正彦(p) のデュオで、なかなか良い作品ですが、こちらもなかなか、しっとりめな作品ではあります。 あっ、ちょっと宣伝になりましたかね、、一応CMSレコードの広報ブログなんで、、、´д` ; 。

 秋の夜長、Gould もいいですが、CMS-1001の「 インターリュード」もよろしくお願いいたします m(_ _)m 。

 しかし、地味で、廃墟感のある演奏です、、、。あっ、Gould のほうね、、(笑)。 なんか、今日の写真も寂しそうですけどね、、。


3-1,.JPG


沖縄 那覇の「天妃」で、沖縄を代表するミューシャンと、CMS主宰 ピアニスト細川正彦が共演します。 (終了しました)

Trio N H K at 天妃 N ishkawa H osokawa K aptain

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡でありました。

9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング (終了しました)


細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら   (終了しました)


清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809







日記(1697)

音楽(106)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(126)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184587434

この記事へのトラックバック