2018年09月28日

ライヴビデオ ( Tony Bennett & Bill Evans - Together Again )

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


28-2,.JPG


 昨日のブログは実は出先で書いていて、いろいろと忙しく、途中で書くのをやめた、、みたいなことになっていました。 台風は、ゆっくりですが近づいていて、かなり風が強く吹いていますが、雨はほとんど降っていません。

 さて、昨日の続きですが、1975 1977と、デュオアルバムを発表していた、歌手のトニーベネットと、ビルエバンスですが、偶然私がユーチューブで見つけた映像(https://www.youtube.com/watch?v=TljjMBDJjMc)は、1976 年の9月の 27–30日に、サンフランシスコのコロンビアスタジオで録画されたものです、。

 出来上がりの映像は、30分に満たない長さのもので(昨日は一時間くらいと書いていましたがそれは、間違い)、すが、収録にはなんと4日間もかけています。

 ピアノだけのイントロなども含めて、8曲のスタンダードナンバー、、いずれも彼らのアルバムの中のレパートリーを演奏しています。これは、1975年に出したアルバムが好評で、その後録音された続編を製作した後に、録画されたものと、想像します。その理由は、レパートリーが、1枚目のレパートリーと、2枚目からの分が混じっている、、というのがその根拠なわけですが、もしかしたら、2枚目のアルバムを録音する直前、、ということも考えられなくはありません、。
 それは、2枚目のリリースが、77年で、この録画が、76年の後半ですから、2枚目の製作時期と、ごく近いということは間違いありませんので、二枚目のアルバム「Togather Again 」の正確な録音日を調べてみなければこの録画が、どの時点でおこなわれたのか、ということは、わかりませんが、2枚目の制作時期より前なのか、後なのか、ということは、はっきりしません。

 ところで、通常のライブビデオというと、ライブハウスとか、ホールでのパフォーマンスを撮影しているものがほとんどで、このようなスタジオで、わざわざセッションを組んでの演奏というのは、ほとんどありません。

28-1,.JPG


 トニーベネットは大スターですし、ビルエバンスも、トニーほどの一般的な知名度はないにしても、かなり有名なミュージシャンではありますが、この映像のようなしっかり作り込まれた映像が存在していたことは、少なからずびっくりしました。録画されたのは。サンフランシスコですが、制作会社は、カナダのテレビ局なので、カナダのテレビ放送のための映像ではないのかな、、と思います。

 演奏の内容は、アルバムのレパートリーとおなじで、アルバムでのパフォーマンスとそれほど変わらない、リラックスした雰囲気で、進んでいて、良い演奏だと思うのですが、画面を見ると、しっかりとした照明や、動きの多いカメラワークや、恐らくはスタイリストやヘアーメイクがきたされているであろう、二人の姿は、いつもの印象とは、ずいぶんちがいます。

 テレビ用の収録という想像は、ピアノには複数のマイクは立っていますが、あれは、あくまでも、ステレオではなく、モノラル収録用であろう、、ということからきているわけですが、ヴォーカルも、ピアノも、ほぼノーエフェクトで、完全に生音に聞こえますが、これはなかなかすごいことですね、、。二人の演奏のレベルが、かなり高いので、リヴァーブなどを使う必要がない、、ということで、名手ならではということと同時に、ライブの演奏が音の装飾なしに、素晴らしい映像とともに楽しめるという、大変貴重な記録だと思います。

 普通のライヴビデオとは、ずいぶん趣が違う映像ですが、わたしが個人的に気になったのは、ピアノのふたに、メーカー名がかいていないこと、、。この時期ビルエバンスは、スタインウエイではなく、ヤマハのピアノをよく弾いているのですが、この時はどうだったのか、、。音だけ聴くと、ヤマハみたいに聞こえるのですが、演出上、ヤマハの文字が見えない方が良いと思ったのか、、どうなのか、、。

 しかし、30分足らずの映像をとるのに、どういう時間の使い方で、4日間かけたのか、、その辺も、ちょっと興味がありますが、これに関しては、資料がないので、わかりませんね、、。

28-3,.JPG


沖縄 那覇の「天妃」で、沖縄を代表するミューシャンと、CMS主宰 ピアニスト細川正彦が共演します。 (終了しました)

Trio N H K at 天妃 N ishkawa H osokawa K aptain

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡でありました。

9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング (終了しました)


細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら   (終了しました)


清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809







日記(1692)

音楽(106)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(126)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184536982

この記事へのトラックバック