2018年09月02日

映画と音の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


2-1,.JPG


 昨日は珍しく、映画の話なんて書きましたが、映画というより、映画の音楽の話、というか、そういう製作にかんする、予算の話をチョット書きました。

 そう思っている人は以外と少ないのですが、映画の音楽の質だけでなく、音声全体の質が低いというか、あんまり考えられていない、、というところが、日本の映画や、テレビドラマなどに共通して、未だにある特徴だったりします。

 映像作品って、当然映像と、音声、、つまり音楽とか、セリフとか、効果音とか、、でできているわけですが、映像にはいろいろ凝ったり、予算をさく割に、音に関しては、映像に付加してするもの、、としか扱われていないことが多い気が、私にはします。

 もっと言うと、演出上、音というものは、セリフが聞こえて、タイミング的に必要なところに、音楽や、効果音がでてくれば、良い、、という感じで、。 音の質みたいなところで、表現するとか、演出上、何かしらの音をつかって、物語上重要な表現をする、、というような手法が日本の映像作品には少ない気がします。

 無論、インパクトのある、テーマ音楽とか、そういう風なことで、作品に色をつける、、というようなやり方がゼロではありませんが、ハリウッド映画のサウンドトラックのように、物語と、テーマ音楽の印象がくっついて、記憶に残っている日本映画って、どれだけありますか、、?。

 それぞれ、大切な場面で、音楽が演出として使われていることがあっても、その音楽が、作品のストーリー並みに印象に残る、、ということはとっても少ない気がします。今さっと思いつくものはゴジラの、伊福部晃氏のつくったテーマ曲ぐらいでしょうか、、、。

2-2,.JPG


 ようするに、乱暴に言って仕舞えば、日本の映像作家は、音楽や、効果音の使い方を今ひとつわかっていない、、という印象があります。

 それと業界全体の流れとして、音軽視の姿勢は感じざろうえません。 それは、そういうところに予算をかけていない、、ということが多いということ。 昨日の話もそうで、ロケセットを細かく組み上げたり、時代考証をして、衣装を選んだり、いろいろと、目に見えるところには予算を使うのですが、音楽に関しては昨日の映画の場合、まだそれように作っているからましな方で、多くの日本映画で、選曲、、つまり、出来合いの曲を、あてはめて、音響効果をつけるということを、普通にやっています。

 映画を見て、なんで、音楽だけ作らないの、、?と思うことが多いのですが、これは、予算の問題はもちろんなのですが、音楽業界と映像業界の構造の違いなどもあり、いろいろと、面倒な次元の話が関わっています。

 極論を言えば、音楽に大きな予算をかけることは、日本では習慣的にやってきていないので、監督をはじめ、制作のスタッフも、音楽で、演出効果をだす、、ということに、不慣れであり、音楽のことに詳しくない、、というところはある気がします。

 悲しい場面だから、悲しい音楽、、、楽しい場面だから、楽しい曲を、、というような、子供でもできる演出しか、音楽に関してできないところがあるきがします。 そもそも、世の中に数多ある、音楽をどの程度知っているのか、、?、、監督たるもの、いろいろなことに、精通しているはず、もしくは精通していなければならないはずですが、日本映画の音楽や、その他の音声に関する表現の幅の狭さを見るにつけ、そういう表現方法を実行できる監督がいないような気がします。

 書き出すと、長くなる話ですが、今日はこの辺で、、。

2-3,.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡であります。


9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング 

細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら  

細川正彦(p) 城間巧介 (g) Duo


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


9月5日水曜日 8時〜 場所 NewCombo

清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本と佐賀でありました。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/ 終了しました。

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708



日記(1669)

音楽(104)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(124)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184330482

この記事へのトラックバック