2018年08月27日

3日目です、´д` ; 。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


27-1,.JPG


 いくら季節の食べ物だからといって、冷麺の話を2日も書くなんて、「もうわかった、いい加減にしろ、、」と言われそうですが、もうそろそろ、終わりにしようとしたら、ネット上で、色々面白い情報を見つけてしまいました、ということを、昨日書きました。 その情報は、ウイキペディアの情報なので、どこまで、信憑性があるのかは、よくわかりませんが、あながち嘘ばかりも書いていないでしょう、、ということで、いろいろ読みましたが、なかなか興味深かったです。

 まず、私がこのブログに書いたことでもあるのですが、朝鮮半島北部発祥の、「冷麺」ですが、そこはとっても寒いところなので、なぜ、寒いところで、冷たいものを、、という疑問がありましたが、その答えがちゃんと載っていました。

 それは、なんと、冷麺はもともと真冬に食べるものだった、、ということ。 冬の寒さのかなり厳しい朝鮮半島では、オンドルという独特の床暖房があり、家全体をそれで温めていて、かなり暖房効果が強い暖房なのですが、その暖かい室内で、あえて、冷たい冷麺を、美味しく食べるというのが、もともとの食べ方だったそうです。
 昔、アメリカでは、セントラルヒーティングの暖かい室内で、真冬にアイスクリームを食べるという話をきいて、「なんか、おしゃれだな、、」と思ったことがありますが、朝鮮では、かなり昔から、そういう食文化があったんですね、、ちょっとびっくりしました。

27-2,.JPG


 それから、冷麺が名物の場所は実は二つあって、平壌(ピョンヤン)のほうでは、主に汁ありの冷麺を、そして、もう一つの咸興(ハムン)という場所では、汁なしを多く食べていたと言うことなんだそうです。咸興では、汁なし冷麺に、刺身を入れて食べたりもするそうで、それもなかなか美味しそうですね、、。この咸興(ハムン)という場所の出身の人が、盛岡に移住し、盛岡冷麺の元になるものを日本でつくったそうです。

 朝鮮北部の冷麺は、朝鮮戦争以降(1950年)に、朝鮮南部にも、つたわり、だんだん人気が出るのだそうですが、日本の盛岡冷麺は1954年に咸興(ハムン)出身の人が初めてお店を出しており、随分と早い時期に日本にも冷麺が伝わっていたということになりますね。

 朝鮮北部の冷麺が南部(韓国)経由で日本に伝わったわけではなく、北部出身の人が直接日本に伝えている、、というところが面白い歴史だなと、私は思います。長い時間を経て、いろいろ変化しているとは思うのですが、冷麺の本場から、直接盛岡に冷麺が伝わったというのは、なかなか興味深い話です。

 冷麺の麺はもともとは蕎麦粉で作られていたそうですが、現代では小麦が主のものとか、葛粉を使ったものなどもあるようで、いろいろなオルタネートバージョンがあるそうです。そういえば、昔東京で食べた冷麺で、明らかに葛粉が入ったようなチュルっとした麺がありました。

 というわけで、昔から好きだった冷麺ですが、いろいろ調べて、すっかり詳しくなってしまいましたが、このブログで冷麺の話を書く、きっかっけになった、那覇の盛岡冷麺屋さんには、まだ、行けていません、、。

 ナンダカナ〜、、ですが、ちかいうちに行って、「最近食べた麺」にでも書きましょうかね、、(笑)。

 今日は早めに更新できました。

27-3,.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡であります。


9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング 

細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら  

細川正彦(p) 城間巧介 (g) Duo


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


9月5日水曜日 8時〜 場所 NewCombo

清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本と佐賀でありました。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/ 終了しました。

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708



日記(1666)

音楽(104)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(124)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。冷麺のお話楽しかったです。
冬季はとても寒い朝鮮北部で冷たいネンミョンを
食するなんて、と歴史を知らない頃は思いましたが、
オンドルという家屋構造を実体験してから納得です。
ちなみに日本では冬季に最もアイスが売れ続ける地域が北海道だとのこと。北海道民は雪の日でも暖かい室内で美味しいアイスを食べる習慣があるとのこと。アイスの質も種類も上等です(沖縄弁)

冷麺専門店のオーナーさん是非体調復活して欲しいですね。焼肉よりも冷麺だけ食べたい派なので。
Posted by Maki at 2018年08月30日 12:14
Maki さん、コメントありがとうございました。今回は、早めに気付きました(笑)。
冷麺は大好物でしたが、今回ブログで書くまで、知らない事が沢山ありました。那覇の冷麺屋さんは、1日だけ臨時休業していたようで、店主の体調は回復しているようです。
今日のブログで、取り上げる、予定です、お楽しみに、。
Posted by えんこみ at 2018年08月30日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184275696

この記事へのトラックバック