2018年08月21日

肉の次は、ウニの話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


21-2,.JPG


 台風がだんだん近づいているわけですが、19号は、奄美大島のあたりにあり、沖縄からは少し離れているので、こちらへの影響は限定的、、、そして、20号は、九州ではなく、四国に向かっています。 どちらもあんまり被害がないと良いのですが、、。

 今日の沖縄は、さすがに少し曇っていたりしますが、晴れ間もありました。雨は未明から少し降ったりしましたが、それほどでもありませんし、風も少し強めですが、大したことはありません。

 肉の話を続けたのですが、今日書きたいのは「ウニ」の話、、。

 「ウニ」を食べたことがない人って、あんまりいないのではないのかな、、と思いますが、意外と「ウニが嫌い」という人も多い気がします。
 嫌い、、というからには、かつて食べたことがあって、それが口に合わなかった、、というわけだと思うのですが、それって、どんな「ウニ」だったのか、、?。

 一般に流通しているウニって、大体が、板の上に乗っている、「板ウニ」というやつ。あれって、海でとれたウニから、食べられるところを取り出して、それを生のまま、板の上に綺麗に並べて置いてあるやつなんですが、あれって、実は添加物が使ってあることが多いです。

 それはどんなものかというと、「みょうばん」なんです。なぜ「ミョウバン」を使うのかというと、ウニの身の色の変化とか、形の変化を抑制するためなんだそうです。取り出したウニの身をそのまま空気中にさらしておくと、変色したり、表面がどろっとして、溶けてきたりするんです。

 それでは、見かけ上みっともないですし、お寿司などの、軍艦巻きに入れたりするときも、彩りが悪いと、不味そうですよね、、。でも、そういうかたちで、ミョウバンをつかうと、見かけはよくても、味が悪くなります。多めに「ミョウバン」が添加してあると、味も変わってしまい、「苦味」を感じることもあります。

21-1,.JPG


 ウニを食べたけど、美味しくなくて、苦かった、、という体験を持っている人って、意外と多いのではないでしょうか、、、。でも、あれは、「ウニ」の味じゃないんですよ、、添加物の味、´д` ; 。

 だから、ウニが嫌いという人は、大概、新鮮なウニを食べたことがない人が多いです。

 私の知人にも、「ウニはちょっと、、」という人がいて、だったら、美味しいウニを食べさせてあげるよ、、ということで、海の近くにある、お寿司屋さんへ行きました。

 いろいろなネタを頼みましたが、ああ言う海の近くのお寿司屋さんの場合、近所の漁師さんから、とれたてのウニを買って、生かしたまま保冷庫に入れておいて、お寿司に乗っける直前に、殻を割って、身を取り出すことが多いです。 ああしたほうが、どこぞの業者からし入れるより、安いですし、間違いなく美味しいですよね、、。

 でも、そういう風にして手に入れたウニは長持ちしませんから、美味しく食べられるのは、いいとこ二日ぐらいが限界でしょうか、、。でも、良いお店なら、せっかく生きの良い「ウニ」が手に入るなら、、ということで、そういうウニを手に入れて調理しているところも、中にはあります。

 それで、そう言う新鮮なウニを食べた友人は、多分、食べた瞬間、まずかったら、口から出すわけにゆかなので、それを飲み込む覚悟で食べたと思うのですが、とっても美味しかったので、お代わりしていましたよ、、。
 ウニがこんなに美味しいとは思わなかった、、そう言っていましたよ、、(笑)。

 先日、某、SNS で、北海道に旅行中の知人が、「せっかく北海道にきたのだから、ウニをたくさん食べるぞ〜」とか言って、写真を載せていましたが、それがなんと、「板ウニ」の写真なんですよ、、。 え〜それって、違うんじゃないの!、、わざわざ北海道まで行って、板ウニだなんて、、、!。
 まあ、新鮮なものなのでしょうがね、、。 北海道では、殻から出したてのウニを食べなくちゃねえ、、。

 知らない、、ってことは、恐ろしいことですね、、。もったいなさすぎです。まあ、多分、ほとんど「ミョウバン」は使っていないのだと思いますが、、、。結構贅沢した(高かった)と書いてありましたが、、´д` ; 。

 そういえば、最近霜降りの牛肉の上に、ウニを乗せた、グルメ写真みたいのを見ますけど、あれって、美味しいんでしょうか?。 肉もウニも、美味しくても、合わないような気がするんですけど、、。

 どうなんですか、、? 、。ナンダカナ〜 。

21-3,.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡であります。


9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング 

細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間功介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら  

細川正彦(p) 城間功介 (g) Duo


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


9月5日水曜日 8時〜 場所 NewCombo

清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本と佐賀でありました。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/ 終了しました。

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708



日記(1660)

音楽(104)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(124)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184232174

この記事へのトラックバック