2018年08月17日

焼き過ぎは、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


17-1,.JPG


 今日はかなり久しぶりに、南国らしい青い空を見ることができましたが、昼過ぎには、曇ってしまいました。湿度も低かったのですが、雲が出たら、75%になってしまいましたが、湿度そのままで、その後晴れたり曇ったりって感じの天気でした。

 今日のブログ、2枚目の写真は、お昼頃撮ったもの、、。この時は空は、南国らしく、晴れていたのですがね、、。そういえば、また台風ができて、19号なんだそうですが、こちら沖縄に、じわじわ近づいています。沖縄の北の海上にも、台風がありますから、このまま行くと、19号が北上してくると、台風に挟まれる感じになりますが、そのころには、北にある台風はもう離れているのかもしれません、、。

 「本当は、、」というタイトルで、5回(5日)もブログ書きましたが、内容はタイトルに相応しいかどうかわからない感じで、いろんなことを書きましたが、このタイトルに飽きたのと、内容が必ずしもタイトルとふさわしくない気もするので、今日はそのタイトルはなしで、、(笑)。

 じゃあ、今日はどんな話を書くのかな、、というと、今思いついたのはやはり、食べ物の話。実を言うと、今から書こうとしていることを書こうとして、「本当は、、」が始まったのですが、結局書けずにきてしまったのですが、やはり書いておきたいな、、と思っているわけです。

 本当に良いものは実はなかなか手に入らない、質の高い美味しいものは、それほどたくさんは流通していない、、という話をここ数日何度か書きましたが、それは、私が経験した、いろいろな事から、いやがおうでもそれを思い知らされたからです。

 もうかなり前、、十年以上前に、ある知人が、マグロのトロとか、牛肉の油の多いところはあんまり好きではなくて、マグロの場合、炙ってもらってお寿司にしないと食べられない、、とか、牛肉も焼肉を食べるときは、レアーはありえない、、ということを言う人がいました。要するに、脂っこい部分が苦手、、ということなんだと思うのですが、本当にそうなのか、、。

17-2,.JPG


 食べ物の好みは、十人十色で、私が仮にものすごく美味しいと思っても、他の人にはそれほどでもない、、ということは当然あってしかるべきですが、ある程度親しい人が、上に書いているようなことを言っていると、「え〜本当は美味しいはずなんだけどな、、ちゃんとしたもの食べていないんじゃないのかな、、」というような、ことを考えて、余計なお節介を焼きたくなります。

 そこで、ちょっとした機会に、良いお肉を買ってきて、炭焼きで、焼肉、、というか、ステーキみたいなものをお家で、食べる会みたいなものをその知人とやりました。 

 良いお肉を扱っているお店で、かなり厳選して、購入した肉を食べやすい大きさに切って、自家製のタレとともにいただいたのですが、質の良いロースのお肉ですから、当然脂身はある程度あります。 そこで、同じような肉を、よく焼いたものと、生焼け(レア)にしたものを、食べ比べてもらおうとしました。

 その知人、肉を見たら、「うあ〜これは食べられない、、というか、よく焼かないとこれは、、」と、案の定言いました。 わたしは、「ちょっとでいいから、騙されたと思って、この二つ(よく焼きと、生焼け)を食べ比べてごらんよ、、」と言いました。

 半分迷惑そうに、、無言で二つの肉を、、。 最初は食べられる、よく焼いた、、というか、かなり焦げた、、って、これはその人のオーダーの元、私が厳格に焼いたものを、そして、次に、恐々と生焼けの、、というか、いい感じに赤みが残ったものを、、。

 両方とも、ちゃんと、無言で、まるで、罰ゲームの様に(笑)、食べて、胃袋に入ったころに、訊いてみました。 「どっちが美味しいの?」、、、と。

 嫌そうな顔で食べていたので、きっと、「よく焼いたほうが美味しいけど、生焼けも悪くない、、」くらいの感想かな、、という予想だったのですが、、。実際その人が言った言葉は、もう正確には昔すぎて、はっきりは覚えてはいませんが、「生焼けの方はすごく美味しかったけど、よく焼いた方は、あんまり美味しくない」、、、という意味の発言でした。

 生焼けのお肉でも美味しいということがわかってもらえて嬉しかったですし、良いお肉をあんまり焼きすぎるともったいない、、ということも理解してもらえたようでした、、(^ ^) 。

 「美味しいものを知る、発見することは、新しい天体の発見にも並び称される、素晴らしいことである、、」みたいなことを言ったのは、フランスの、なんとかいう(笑)食通の大家なんだそうですが、少し大げさな気もしますが、いっている意味は、わかりますよね、、。
 
17-3,.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡であります。


9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング 

細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間功介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら  

細川正彦(p) 城間功介 (g) Duo


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


9月5日水曜日 8時〜 場所 NewCombo

清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本と佐賀でありました。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/ 終了しました。

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708



日記(1655)

音楽(104)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(124)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184199233

この記事へのトラックバック