2018年06月24日

最近食べた麺 122 かき揚げうどんセット

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


24-1.jpg


 前回の「最近食べた麺」が十日前でしたが、誰かさんが、めんどくさい話はそろそろやめて、食べ物話でも書いたら?、、と言っていたので、今日は「最近食べた麺」を書きます、、(笑)。

 沖縄ではもともと麺といえば沖縄そば、、その歴史もそれほど長くはないらしいのですが、ラーメンなどのお店は比較的存在するのですが、私が大好きな「うどん」のお店がほとんどありません。

 と言っても、チェーン店なら、少しはあるのですが、「チェーン店じゃあねえ、、´д` ; 」という風に、基本的には思っていますので、なかなうどんが口に入ることはありません。

 先日もちょっとかきましたが、そういった事情で、最近はうどんを食べたい、、という欲求が枯渇、、というか萎縮しています。無い物ねだりをしますと、ストレスになりますので、、。

24-2.jpg


 そんな感じの最近なのですが、さる飲食関係の方から、あるうどん屋さんの情報を教えていただいたので、行ってきました。 そのお店は、官公庁のビルが立ち並ぶ地域にあって、こちらの人たちがうどんを食べる習慣がないはずなのに、随分と地の利の良いところにありました。

 それほど大きくはない、、というか、かなり小さいお店ではあったのですが、バス停も近くにありますし、さぞかし家賃も高いのではないのかな、、とおもったりして、「これはあんまり期待できないぞ、、」と思いつつお店の前にたつと、こちらでは珍しい暖簾が、、。 そして、入り口に置いてあるお品書きを見ると、なかなか手頃なお値段だったので、こう言ってはなんですが、「ますますそれほどの期待は禁物だな、、」と思いました。

 中に入るとお昼時で、かなりの混雑、、、。 混雑している割には、まだ注文した品が来ていなくて、何も食べていないお客さんが多いのですが、大きなテーブルで、相席している私のとなりのお客さんのうどんが運ばれてきたのを見ると、、。 少し細めなのですが、茹でたての麺が丼に入っています。

 「ほほ〜ここは忙しいお昼時なのに、茹で置きではないうどんの麺を出しているのだな、、」ということがわかった途端、いままでの、疑念、、というか、「あんまり期待しないほうが、、」という気持ちが変わってきました。

24-3.jpg


 かき揚げと稲荷のセットを注文したのですが、それは結構時間がかかってから出てきました。つまり、うどんは茹でたて、かき揚げは揚げたてだったというわけですが、まず最初に口をつけたのは、うどんの汁。
 なんと、出汁は炒り粉ベースで、昆布が強め、、鰹節は血合い抜きか、、?、で、完全な讃岐スタイルではありませんか、、。すりごまがかけてあったり、比較的香川県の都会の雰囲気のだし汁です。

 よく見ると、壁に「讃岐うどん」のポスターが、、。

 こんな表通りに、手作り感ありありの讃岐うどん屋さんがあったなんて、、!。

 そして私が座った席のすぐ後ろ、狭い店内で置き場がないからでしょう、、小麦粉の大きな袋が、、。 よく見ると、なんとそれは日清製粉の讃岐うどん用小麦粉の「金魚」でした。 これは、日清製粉が香川県の坂出市にある工場でオーストラリア産の小麦で(通常讃岐のうどんはオストラリアの小麦を使っています)讃岐うどん向けに製粉している粉です。こんな本格的な物を使ったうどん屋さんがあったなんて、2年間全く知りませんでした。

24-5.jpg

24-4.jpg


 かき揚げは、人参とか、三つ葉も入っているみたいですが、それらは少なすぎて、玉ねぎの味しかしないとか、うどんは自家製麺なのですが、ちょっと細すぎるとか、、おろし生姜が、チューブに入った既製品だとか、いろいろ文句を言えばキリがないのですが、愛しの「さぬきうどん」に出会えたのですから、目をつぶりましょう、、。 このままいろいろ書いていると、いくらでも文章を書いてしまいますので、この辺で終わりにしたいと思います。

 このお店、夜は、うどん屋さんというより、ちょい飲み屋さんなのですが、讃岐風の、味噌ダレのおでんもだしているということで、実に、讃岐らしい素晴らしいお店です。経営者の方は、どうやら、本場香川の生まれの方のようでした。

24-6.jpg


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本県と佐賀県であります。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪でありました。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)
終了しました。


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p
) 終了しました。




日記(1606)

音楽(94)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(122)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183629528

この記事へのトラックバック