2018年06月22日

気候の話とイディオロギーの話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


22-1.JPG


 なんか、今日はよく晴れて、暑かったのですが、なぜか、皆さん「暑い暑い」と言っているほどは、私は暑く感じませんでした。湿度も高く、まあ、簡単に言えば、もう夏、、という気候なのですが、こちらの本土と比べて低めの気温と、高めの湿度に、移住3年目に入って体が慣れたのかもしれません。

 この感じの気温で、今の私の体調ならば、それほど辛くない夏になりそう、、かもしれません。こちらの生活が長い方が言うには、去年は暑すぎた、、ということで、たしかに、33℃という気温が何日かありましたが、33℃というのは、こちらでは滅多にある気温ではないそうです。

 そういう意味では、昨日も、今日も最高で、31℃くらいですから、本土の夏に比べたら、大したことはありませんよね、、。風もありましたしね、、。35とか、36℃なんてい馬鹿げた気温には、決してならないのが、こちら、沖縄の亜熱帯気候というわけなのでしょうか、、。

 その点本土は辛い、、34℃なんていうのは当たり前ですからね、、。みんなエアコンを強めに、、そして、たくさんの室外機から、ものすごい熱風が出て、街中がいわゆる「ヒートアイランド現象」ってやつで、ものすご暑さになりますよね、、。コンクリートとアスファルトに囲まれた都市はどんどん気温が上がって行くわけなんでしょうが、海に囲まれた、島は、ものすごく強い陽射しにもかかわらず、そこまでは暑くならない、、。 これで、湿度が低めだったら、最高なんですがね、、、。

22-3.JPG


 話はかわりますが、昨日書いたイディオロギーの話、、。

 たくさんの人に一度に情報を伝えることができる、メディアが吐き出す告知は無意識のうちに、盲信されてしまう、、ということを認識している人は以外と少ない気がします。

 その根底にある概念というものは、メディアが取り扱っている情報は、常に正しい(にちがいない)というもの、、。「わざわざテレビが嘘をつくわけがない(のではないか?)」という、無意識のコンセンサスが、一般大衆にはまだまだ根強くある気がします。

 新聞にしても、雑誌にしても、もちろんテレビについてもですが、必ず広告を掲載していて、その広告主に対して、不利な情報は、絶対に載せません。 それが仮にどんなブラック企業だとしても、ワイドショウなどでは、それらしく取り上げられることは、ない、、ということです。

 音楽家、、つまりいわゆるアーティストと言われる人たちのほとんどが、大手のレコード会社や、音楽事務所や、芸能プロダクションに所属していて、そのコネクションで、メディアに登場します。これは、歌番組などだけでなく、広告などでもそうなのですが、一般の人たちは、優秀なアーティスト(音楽家)だけが、メディアに取り上げられる、、と無意識のうちに思っていますよね、、?。

 メディアに登場する多くの音楽家がひどいレベルだとまでは、言いませんが、メディアに登場しない音楽家達のなかにも、当然優れた人たちはたくさんいるにもかかわらず、それらの人々は、メディアに登場しない段階で、存在自体が、ほぼ無い、、というのと大して変わらない、、というところまで、マイナー化されてしまっています。

 有名ではないのは、実力がないから、、?、、テレビに出ないのは、それなりの存在感や、芸術性しかないから、、そう思っていない人がどれほどいるのかなあ、、、と思います。 

 こういう概念を、メディアは巧妙な情報操作で、作り上げています。

 ほんとうのところ、音楽家の評価に関しては、そこまで単純じゃないのかもしれませんが、コメンテーターが話す話、、アナウンサーが伝える情報には、ちゃんと台本があり、彼らは自由な発言はほとんどできはしない、、ということを、どれだけの視聴者が理解しているのでしょうか、、?。

 すべての事柄について、メディアは広告主や、そのほか様々な力に屈する形で脚色、演出された情報しか流していない、、と、これだけは、はっきり言えます。

 それをわかった上で、笑って、テレビを見ていられれば、まだマシなのですが、あれを真に受けているとしたら、それはもう、あちらの思う壺ですよ、、お客さん!(って、あんただダレ?)。

 今日みたいな「暑い日」は弦楽合奏でも聴きながら、涼みたいと思います。それではまた。

22-2.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本県と佐賀県であります。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪でありました。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)
終了しました。


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p
) 終了しました。




日記(1605)

音楽(94)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(120)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183609989

この記事へのトラックバック