2018年06月08日

ユーチューブ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


8-3.JPG


 今日の1枚目の写真は、昨日の空です。今日も似たような感じで、雲おおめですが、晴れてました。

 ところで、昨日の YouTube の音源の話。 いまやYouTubeを知らない人はいないと思うのですが、そこには、いろんな音源がアップされてますよね、、。

 音源、、と書きましたが、基本的には音楽と映像、つまり、動画がアップされていて、それに当然音楽がついている、、というわけなんですが、昨日の話の音源の場合、映像といっても、ずっと写真が動かない、むかしの田舎のコマーシャルみたいな感じで、音源をアップしたいけど、画像は特にないので、壁紙的に写真がずっと表示されています。

 言ってみれば、動画サイトなのに、動画は無しで、音楽だけっていうのが意外と多いわけなんですが、当然ミュージックビデオ的な、いわゆるライブ映像みたいなものもたくさんありますよね、、。有名プロの演奏から、アマチアとか、子供発表会の映像とか、、。 これらのものが、横並びに存在しているのも、YouTubeの面白いところでもありますが、映像や、音楽の版権とか、いわゆる著作権に関しては、めちゃくちゃというか、、全くの無法地帯です。

 でも、それが、なんというか、ある意味不謹慎な言い方ですが、YouTube の醍醐味というか、面白さなんだと思います。

 「違法著作権の世界的サイバースペース、、、。」 

 そんなこれも不謹慎な命名なのかもしれませんが、もうなんでもあり、、っていう感じで、暇つぶしには、もってこいのサイト、、それが YouTube なんですが、、。
 著作権ということを考えると、テレビの放送とか、ラジオなんかと違い、世界のどこからでもアクセスできるわけで、そういう意味では版権無視が世界に広がっている、、、とも言えるわけですが、そういう音源とかソースがまた、世界のどこから発信されるかということも、予測できないわけで、取り締まることもできにくかったりもします。

8-2.jpg


 というか、そういう著作権違反を、いちいち取り締まっていたら、とっても手間と時間がかかる、、、ということは、お金がかかる、、というわけで、それをしていない、、ことが多いのかもしれません。

 それでも、最近は、随分大手のレコード会社の音源とかそういうものは減ってきましたよね、、。一方で、正式な版権を持っているところが、アルバムをYouTube にあげていて、そこから、販売サイトに誘導する、、というやり方も出てきています。

 これは年寄り的な発言になりますが、最近の若い人と、そういう音源の話をすると、誰それのどういう曲の演奏が面白い、、という話は通じますが、あのアルバムの何曲目、、というような話になると、「アルバムで聞いていないのでわかりません、、」みたいな話になってしまって、会話が盛り上がらない、、ことがありますが、それって、YouTube で聞いているからなんですよね、、。

 いろいろ書いた、著作権的なマイナス面はもちろんたくさんあるのですが、YouTube の功績みたいなものもたくさんあるとは思います。

 お金を払わなくてもいろんな音楽が聴けるので、たくさんのレコードコレクションを持っていなくても、立派なオーディオセットを持っていなくても、いろんな音楽が、いつでもどこでも聴けてしまう、、。 こうなると、もう、わざわざラジオを聴いたり、CDを買う、、というようなことは、あんまりしなくなってしまう、、とうのが、自然な流れですよね、、、。 

 功績、、とかかいて、書いた文章が、あんまり功績と言えないようなはなしになってしまいましたが、企業側じゃない個人にしてみれば、「功績」なのでしょうが、、音楽ソフトを売って生計を立てている企業からすれば、それは、功績じゃなくて、「功罪」。

 でもこういう流れは変わりません、、。 ナンダカンナ。

 便利なツール、、パソコンとかスマートフォンとかって、そういう功罪と功績の両方を、世の中に持ち込んだ、、というわけなんですよね、、。これが、文化的にプラスなのか、、マイナスなのか、、?。

 それを今の時点で判断するのはちょっと難しいですね、、。

 ちなみに、わがCMSレコードのYouTubeもあるんですよ、、。下にリンク載せますから、、まだ見ていない方は見てみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=TgQDICd8_zc&t=82s

https://www.youtube.com/watch?v=nF6cLo9A1JI

https://www.youtube.com/watch?v=Y0sVlZLpOqY

https://www.youtube.com/watch?v=Z8SwCttZx2g

https://www.youtube.com/watch?v=erT2WHwOO4A&t=207s

 ちなみに勝手にあげられている、ものもあるのですが、そっちの方がアクセス数が多かったりします、、。

  ナンダカナ〜、、(笑)。

8-1.JPG



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本県と佐賀県であります。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)未定 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪でありました。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)
終了しました。


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p
) 終了しました。




日記(1595)

音楽(94)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(120)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183481385

この記事へのトラックバック