2018年05月12日

たまには音楽について 5

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


12-1.jpg


 沖縄は数日前から梅雨入りしていますが、気温がそれほど高くはなく、湿度も梅雨時としては低いほうなので、それほど、不快だ、、という感じはしていませんので、助かっています。

 「たまには音楽について」ということで、続けて書いていますが、どうしてこういうことを書いているのか、という理由については、「いつもくだらないことばかりかいているので、たまには真面目なことを、」という以外に、音楽について書かれた文章の多くは、アルバムのライナーや、雑誌の評論なども含めて、商業的な視点から、書かれているので、一種のフィルターがかかっています。

 音楽って、楽しい、、とか、この曲は素晴らしい、、というようなものが多く、音楽をめぐる環境の不条理さとか、作品の難解さ、理解するには、かなりの修練というか、努力も必要である、、、というようなことが、ほとんど書いていないということがありますので、音楽に関わるものとして、そのあたりの真実に近いところを、文章を通じて読んでいる方に伝えて、より良い音楽の理解とか、興味をもつことに生かしてもらいたい、という気持ちがあります。

 これは、私の趣味上のこととも関係があるのですが、食べ物を味わうということは、食べ物を口に入れれば、誰でもできること、のようですが、それを味わうには、ある程度の経験とか、感性というものが必要だ、というところがあります。

 この経験とか、感性というものは、遺伝子として継承したものも含めて、人それぞれがもっているもので、これまでの人類の歴史をも、背負っているということも言えるような次元のはなしです。

 これは、音楽についてもそういうことがある程度言えると思うのですが、食べ物、味覚に関しては、体に必要なもの、栄養的に優れているものに美味を感じるように、人間の体はある程度できていると思うのですが、基本的に、音楽の場合は、精神の健康に関わっている、、という側面もありますが、食べ物ほどは体に直接影響を与える要素は多くはありません。

12-2.JPG


 食物は、近代まで、人それぞれが生まれ、育った環境のちかくで、採取されたものを、料理しそれを食す、、ということで、人間の個体を維持してきましたが、音楽も食物も、現代においては、近くにあるもの、みじかなものだけを取り入れるというわけではなく、むしろ、周りにないもの、つまり、異国のものなどをありがたがって受け入れる傾向があります。

 それに関しては、日本はとても特殊な環境で、言葉の意味がわからない異国の音楽を、楽しんだり、全く日本になかった食べ物、チーズや、ワインも含めたそういったDNAがそれまで経験してこなかったと思われるものの良さを感じたり、分析したりしながら感性で味わうという、世界的に見たら、とてもかわった行為をしています。

 音楽については、日本人が音楽と呼んでいるものは、もはや、日本古来のものはほとんどなく、海外のもの、を音楽として、普通に受け入れていますし、もちろんそれらの音楽に使う楽器も、ほとんどが日本古来のものではありません。 このことはある意味残念な側面もありますが、だから、洋楽を聴くのはやめたほうが良い、、とか、好ましくない、、と言うつもりはありませんが、日本人は、そういうちょっと変わった音楽鑑賞の仕方をしている、、ということを意識することで、そこに、より良い音楽鑑賞のヒントがあるように私は感じています。

12-3.jpg


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪であります。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p)


日記(1576)


音楽(93)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(119)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183213952

この記事へのトラックバック