2018年05月11日

たまには音楽について 4

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-1.JPG


 少し沖縄を離れていましたが、その間に沖縄は梅雨入り宣言が出ました。 春真っ盛りの本土から、梅雨に入ったばかりの沖縄に戻ってきたら、超ジメジメで、かなり辛いことのなるのではないのかと思っていましたが、今日の天気は、晴れていて、しかも、湿度も高くありませんし、来週まで雨はなし、、。

 まあいいんですけど、快適だから、(笑)。

 音楽の話を続けて書いていましたが昨日はおやすみして、「麺」の話をかきましたが、出先での投稿で、操作を間違えて、FBの方じゃなくて、ブログのサイトの方の投稿を間違って消してしまい、投稿し直しました。

 いろいろ面倒な作業が続き、疲れもあって、ミスが起こったということなのだと思いますが、まちがって投稿を消してしまったのは、このブログ5年以上書いていますが、初めてかもしれません。今後は注意しま〜す。

 音楽の話の方は、FBの方にブログ読者の音楽家の方から、長めの投稿があり、ブログの文章に対する感想をうかがうことができましたが、私は一般的な聴衆、特に楽器などを演奏していない方達に向けて書いたつもりの文章だったのですが、意外なところからアクションがあって、すこし驚きましたが、これもありがたいことではあります。

 バッハのフーガを例にとって、どれだけの音楽の情報をどれだけの人が、どれだけ理解できるのか、、?ということを書きましたが、管楽器演奏家のブログ読者の方は、あまり内声を意識して聞くことはない、、というか、できない、、という意味のことをおっしゃっていらっしゃいました。

11-2.jpg


 演奏家でも、なかなか聞きとることができない複雑なフーガを作曲することは、かなりの技術が必要なのでしょうが、そのかなりの技術を使って出来上がった音楽を正しく理解することが、かなり難しい、、ということはかなり皮肉なことです。
 もちろん複雑で、難解な曲を理解することが、音楽を楽しむ醍醐味の全てではないのかもしれませんが、せっかく苦労して出来上がった音楽が、ほとんどの人に真っ当に理解されない、、としたら、それは残念な事ではあります。

 でも、複雑に絡み合ったフーガの全ての声部をしっかり理解していなくても、音楽としての、フーガの流れとか、雰囲気だけを感じて聞いても、素晴らしさとか、楽しさとしての音楽の魅力みたいなものは、感じることができるのかもしれません。でも、作曲者のメッセージは、フーガの全ての声部に込められており、それらの一音たりとも無駄な音はないはずなのです。

 この例に限らず、クラシックの交響曲など、楽器のパート数が多く、複雑なアンサンブルを形成している楽曲を聴いて、全てのパートの音符を理解して味わって聴く、、ということはとても難しいことなのかもしれませんし、ジャズバンドの私が思うに一番大切な役目をしているベースが演奏している音符が、音響的にも、音楽的にも聞き取りにくく、いわゆる上物、サックスとか、トランペットとか、ピアノのほか、シンバルのレガートなどに比べ、ベースパートが地味に聞こえてしまうということは、ある種のジレンマであると思います。

 人間が音楽を聴く欲求を持つ理由は、音楽を聞いて感じる豊かさとか、それを聞いて得られる癒しの感覚をほしいからだと前に書きましたが、それらの感覚を得るためには、必ずしも複雑な楽曲を100%理解できていなくても、音楽を楽しめることはできると言えるとは思います。

 だからといって、より深い理解を聴衆がもとめなかったら、音楽の送り手としては、ちょっと寂しい、、ですし、厳しい言い方をすれば、とっても残念で、腹立たしく思うことでもあるはずです。


11-3.JPG


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪であります。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p)


日記(1576)


音楽(93)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(119)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183208199

この記事へのトラックバック