2018年05月11日

たまには音楽について 3 。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


 このブログ(5月9日の)は一度誤って、削除されてしまったものを、改めて投稿したものです。

958A3951-EE6F-45B3-AD4C-60A9F18FDDBE.jpeg


 昨日は、人間は必ずしも音楽を聞かなくても生活できるが、何回も同じ音楽を繰り返し聴いて、理解を深めたり、それに、はまり込む様なききかたをすることがある、という話かきました。

 繰り返し聴くということは、音楽に魅力を感じて、何度もききたくなる、ということだと思うのですが、人間は音楽のどんなところに魅力を感じているのでしょうか?。

 音楽の音響的な要素、つまり、メロディーとか、リズムとか和音とか、そう言ったものが、人間の耳から入り、脳に到達したときに、人それぞれの感覚で楽しんでいるのだと思うのですが、実際のところ、それほど単純に音響的な要素を分析的に感じて音楽を耳にしている人は、ごく一部の人で、ほとんどの人は、リズムが軽快、つまり、適度な速さの楽曲であるとか、その曲を何度も聴いていて、よく知っているとか、演奏している演奏家について詳しいとか、そういう親しみやすさが、聴きたい音楽には必要なんだと思います。

 でも、中には、変わった音楽、聴きなれない特徴がある音楽に注目する様な、マニアックな音楽好きの人もいると思いますが、そういう人はそれほど多くはありません。

8AFC641D-6483-4C91-8288-C99658411DFA.jpeg


 ただ一概にそういうことを判断することは、少し安直なはなしで、音楽の聴き方は、10人十色で、例えば、バッハの5声のフーガを好きな人がいても、その人がバッハが紡ぎ上げた、複雑なフーガの全ての声部を聞き取れていなくても、全体の響きとか、独特の雰囲気を楽しんでいることも、充分にあり、音楽の情報をどこまで聞き取れているかと言うことと、音楽を楽しんでいるという事は、ある次元では、別の話なのかもしれません。

 このように、音楽というものは、作曲者や、演奏家から離れてしまえば、受け手の自由な形で楽しむことが出来る、とも言えますし、一度音楽家の手から離れた音楽は、必ずしも送り手の理想とは、かけ離れた形で鑑賞されてしまう、、という可能性もあると思います。

C63EEBAE-4B4F-44CE-8C8F-9C1F587C9258.jpeg


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪であります。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p)


日記(1579)


音楽(90)
エンジニアの独り言(73)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(119)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183207008

この記事へのトラックバック