2018年05月09日

最近食べた麺 119 中華そば(5月10日のブログ)。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


C07CE859-A4C7-4F70-A437-D8178F7F7B6F.jpeg


 ここのところ、音楽について、ということで続けて書いていましたが、今日はちょっとおやすみして、麺の話で、「最近食べた麺」をお送りします。

 実は今日は忙しく、かなり遅めに更新しようとして、一旦ブログを書き終わったのですが、久しぶりにポカをやってしまい、間違って文章を消してしまいましたので、また、一から書き直しています、( ; ; )。

 生まれが関東なのものですから、ラーメンといえば醤油味の中華そばとか、支那そばと言われているものを、子供の頃や、大人になってからもよく食べていましたが、九州に移住してからは、そういうものがあまりなかったので、少し寂しく思っていましたが、なぜか、私が沖縄に移住してから、九州福岡では、醤油ラーメンブーム的な状況になり、たくさんの関東あるいは、それより東の日本のラーメンの流れを組むラーメンのお店がたくさんできています。 

 今日取り上げるお店も、そういうお店の一つで、まだ開店して一年未満の中華そば屋さんです。このお店ちょっと変わっているのは、名前が「寿限無」という名前で、これは古典落語の演目の名前、、。

 中華そば屋さんの名前としては、別に、あっても良いような気がする名前ではあるのですが、お店に入ると、BGMがなくて、かわりに、おそらくは有線放送だと思うのですが、落語がかかっています。 昔のラーメン屋さんなら、ラジオそれもAMとか、テレビがどんと置いてあって一日中放送が流れていたり、最近のラーメン屋さんでは、ジャズがBGMで流れていたりしますが、いくら「寿限無」という名前だからと言って、音楽ではなく、落語がずっと流れている、、というのは初めての経験で、ちょっとびっくりしました。

1C2D71FB-989E-4166-B64D-7BA4FDC688A5.jpeg


 肝心のラーメンなのですが、写真の通り、いわゆる、「昔ながらの、、」というルックスの、中華そばでした。 具材は、チャーシュウと、メンマ(支那竹)ナルトと、茹でたほうれん草、それに海苔と、薬味は白ネギという、ホント昭和な感じのラーメンです。麺は黄色っぽい中細の縮れ麺で、絵に描いたような昭和な感じです。

 こういうスタイルのラーメンが九州でも食べられるようになったということには、未だに少し驚きを覚えますが、一方で、九州の昔ながらの食堂的なとんこつラーメン屋さんが経営者の高齢化で、閉店しているところも増えてきて、逆に九州ラーメンの存亡の危機を、九州の人でもないのに、少し感じます。

 先ほど書いたような具材のラーメンは、関東もしくはそれより東地区で、昔、日本そばを出していたお店で出していたラーメンの提供の仕方の名残で、チャーシュウ以外の具材は、日本そばの汁そばの具の影響を受けていて、海苔や、などは特にラーメンに彩りとして乗せていたものですが、そのまま、日本そばにもつかわれていたものです。薬味のネギも、白ネギで、これも日本そばの薬味をそのまま使っていた頃の、ラーメンのやりかたです。

 そして、スープの方も、カツオと昆布のだし汁に鶏や、その他の動物系の出汁を加えたもので、まさにそば屋さんのラーメンの流れをくむ昭和なルックスと、味を感じる、私にとっては、懐かしいというより、とっても親しみがある種類のラーメンです。

6473AB5E-069E-440B-8A9A-A797E5C98968.jpeg


00FAB1B4-18CB-4A71-8023-146C17856FA8.jpeg


 最初に書いたときは、もう少しいろんなことを書いていた気がしますが、中身を一旦消してしまってから、覚えていませんし、もう少しで、日付が変わってしまうので、この辺で終わりたいと思います。

794BCA31-6289-4D38-9C9F-40B0A4A20200.jpeg



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪であります。


5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p)


日記(1579)


音楽(90)
エンジニアの独り言(73)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(118)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183190433

この記事へのトラックバック