2018年05月07日

たまには音楽について。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


7-2.JPG


 あんまり毎日くだらないことばかり書いているので、今日は少し真面目なことを書こうかなと思います。どうせ、また下らない話になるかもしれませんが、とりあえず頑張って、、(笑)書いてみます。

 って、何について書こうかなと思っているかというと、「音楽」の話。 音楽の何について書こうというのかというと、「音楽」って一体なんなんだろう、、という話です。 

 そんな抽象的な話どんな風に書くのかな、、と思う方が多いと思うのですが、このブログ、CMSレコードというジャズ系マイナーCDレーベルのHP付属のブログで、毎日更新している割に、音楽の話題が少ない、、と思っていますので、この辺で、音楽の本質に迫る(ウソ!?)話を書いてみようかな、、とか、いっちゃって、、ナンチャッテ、、とか、書いてると、この辺りから読んでもらえなくなるかもしれませんが、一応真面目に書こうと思います、、´д` ; 。

 世の中、表面的には音楽であふれていて、どこにいっても音楽が鳴っている、、。 もちろんその多くが、録音され、再生されている、いわゆる音源というやつですが、毎日どこかで、生の演奏をやっているホールだとか、ライブハウスとかもあって、そういう公開の場所ではなくても、楽器を練習している場所とか、とにかく音楽というものは、現代社会において、とても珍しいものではないわけです。

 もちろん学校とかでも、教科の一つとして教えられていますし、音楽は一つの文化として、豊かなもの、生活の中に彩りを与える、大切なものである、という位置づけになってはいますよね?。

 音楽はほとんどの場合、人間が楽器を演奏して、奏でるわけですから、音楽があるところには、演奏者とか、楽器とか、音響装置とか、そういうものが存在していて、それから、聴衆というものの存在も、音楽には必要不可欠であるはずです。 だれも聴いていないところで楽器を演奏して、録音もしていなければ、それは音楽ではない、、とは言いませんが、現代の価値観でみれば、音楽としての存在意義がとっても薄い音楽となってしまうと言えると思います。
 
7-3.JPG


 この論法で言えば、音楽とは、演奏者もしくは作曲者という送り手と、聴衆との間に存在する、ものである、、ということが言えると思います。
 現代社会に存在する音楽のほとんどが、経済との結びつきの中で存在していて、これはなんの分野でもある程度言えることですが、人間が奏でる音楽は奏でる人間の労働とか、演奏している曲の楽譜とか、その音楽を演奏する場所や、楽器など、何かしらの経費がからんで、この世に存在している、、ということは間違いありません。

 音が出るものでも、風だとか、野鳥の声などは、一切経済が絡んでいない、自然なものなのに対して、音楽は音を出す為に何かしらのお金に換算できる労力がかかっていると言えると思うのです。

 細かい話を書けば、たとえ、職業演奏家でない人でも演奏するための楽器を購入する為にはお金が必要ですし、その楽器がたとえもらったものでも、それを製作するためには労力がかかっていて、それをつくった人は、材料を購入し、賃金をもらってそれを製作したはずです。

 ここまで書いて、この文章は、「音楽とお金」、、というタイトルが付きそうな、内容になっているような感じですが、それを書きたい訳ではなくて、お金を払って、楽器をかったり、その楽器で奏でる音楽をお金を払って聴く、、という行為をなぜするのか、、ということを考えれば、人間が「音楽」というものに「豊かさ」とか、「癒し」、、みたいなものを感じるから、それに見合った、対価を払おう、、という意思があると言っても良いと思っているからだ、、と言って良いと思います。

 良い音色を出したい、豊かな響きを出したい、、という欲求から、より高価な楽器を購入する、、。アマチュアの演奏より、巧みな職業演奏家の奏でる音楽を聞きたい、、という欲求があるから、演奏家にお金を払う、、という、言って見れば、豊かさを得るための投資をするという経済活動が行われています。

 ここから先は、この音楽をめぐる「豊かさ」について書きたいと思います。 っていうか、これ読んだ人が、「なんだ、これいつもと違う人がかいているか、他のサイトを間違ってひらいちゃった」、、と思うかもしれませんが、、いつもの「そぼろ」ですから、、(笑)。


7-1.jpg


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が大阪であります。

5/23(水) 20時 〜 天王寺 「カクレンガ」

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目3−43 アパートモナ 1F Tel 06-7182-0041

細川正彦(p) 畠山 令(b) 弦牧 潔(ds)


5/25(金)20時 〜 八戸ノ里「bar 蓄音機」

〒577-0803, 5丁目-6-5 下小阪 東大阪市 大阪府 577-0803 Tel 06-4307-0080

宮 哲之(ts) 松元 敬志(b) 弦牧 潔(d) 細川正彦(p)


日記(1579)


音楽(90)
エンジニアの独り言(73)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(118)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183176042

この記事へのトラックバック